コニファー剪定の時期・方法・料金をまとめて解説!

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

 

コニファーの剪定時期はいつ?大きさを保つための剪定方法も一緒に確認

コニファーはクリスマスツリーの木としても活用される人気の植物。花を咲かせることは少ないですが緑の葉が美しく、洋風なイメージを作り出すことができるので、お庭に植えている方も大勢いらっしゃるでしょう。生垣として取り入れているご家庭も多いはずです。刈り込みに強いため、さまざまな樹形にして楽しむことができるのもコニファーの魅力です。

 

お庭のメインともいえる存在のコニファー。美しく保つことで、お庭の印象も変わっていきます。コニファーは、高く、大きくなる特徴があるため、適度な大きさにするためには定期的な剪定が必要になります。剪定時期や方法を確認して美しいコニファーを維持していきましょう。

 

コニファーの剪定時期は?強剪定は冬が終わったころに!

コニファーの剪定時期は?強剪定は冬が終わったころに!

 

コニファーにぴったりの剪定時期は、1年のなかで大きく2つあります。

 

まずはしっかりと刈り込みたい方へ。剪定は、3~4月の間におこないます。一年の中でも、コニファーを短く仕立てるための絶好のチャンスになります。冬が終わったこの時期は、強剪定をおこなってもコニファーの成長に影響を与えにくいといわれているからです。また、乾燥している時期でもあるので、切り口から菌が入り込む危険性が少ないのもメリットです。

 

軽く整える程度の剪定なら、夏を避けて6~10月ごろにおこなうこともできます。葉を摘み取る程度の剪定で、樹形を整えていきましょう。摘み取りに力がいる場合は、剪定に適さない時期だと判断し、時期をずらしてみましょう。適期であれば、少しの力で摘み取ることができます。

 

これらの時期を中心にこまめな剪定をおこなうことで、きれいな樹形と適度な大きさを保つことができます。ただし、真夏の時期(7月末~9月上旬)は、コニファーが弱ってしまうので、剪定をおこなわないほうがいいです。

 

コニファーの剪定方法と手順--はさみは使ってはいけないの?

コニファーの剪定の適期は、1年のなかでおもに2回あるということをご紹介しました。それぞれの時期で、どのような剪定をおこなうかを見ていきましょう。

 

【3~4月の強剪定の方法】

2年以上経っている枝を見つけたら、込み合っている枝を選別します。根本から枝を切り落として、全体の込み具合をスッキリとさせたら、葉を摘みとります。葉を摘み取る作業は、樹形を整えるためにおこないます。

 

【6~10月ごろに行う軽いお手入れ】

強剪定をおこなう時期ではないので、それ以外の簡単なお手入れをしていきます。お手入れは、葉の整理をする程度にとどめます。また、内部に枯れた葉が詰まっている場合は、取り除いておきましょう。害虫や病気の予防になるので、この時期以外にも気になればおこないます。

 

コニファーの剪定では、「ハサミを使っていいのか?」が問われることがあります。結論からいうと、使ってもいいけれど材質に気を付けることが大切です。金属製のハサミを使うと葉の色が赤や茶色に変色するので、コニファーの美しい緑が失われてしまいます。葉は手で摘み取り、ハサミを使う場合は金属製のハサミは避けます。木バサミや、セラミック製のハサミを使うのがポイントです。

 

コニファーの剪定は業者にまかせて、より美しくしましょう

コニファーの剪定は、基本は手でおこなうものです。そのため、手間がかかる、時間がかかるという点が問題になることがあります。自分でおこなう作業には限界があるでしょう。

 

とくに、コニファーを生垣にされている方は、本数も多いため作業が大変です。そのときは、業者の力を借りるのも手です。すべて自分でおこなうことも可能ですが、自分でやる部分と業者にまかせる部分を分けてみる、すべて業者にまかせてしまうなど、選択肢も多様です。

 

また庭木としてもっと楽しみたいときも、業者の出番かもしれません。さまざまなかたちにして楽しみたい、イベントで見栄えよくしたい!などのご希望は、剪定のプロにおまかせください。より美しいコニファーにするために剪定業者を活用してみましょう。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

コニファー剪定のポイント、きれいに育てるコツをチェック!葉が茶色くなる原因と対処法は?

コニファー剪定の基本がわかったところで、ここからはもっと詳しくコニファーについて掘り下げていきましょう。コニファー剪定におけるポイントとおこなってはいけないことを紹介していくので、剪定についてより詳しい知識をつけることができます。コニファーをきれいに育てていきたい!基本以外のポイントを知りたい!という方は、ぜひご一読ください。

 

また、コニファーでよくあるお悩み「葉が茶色くなってしまう、枯れてしまう…」という症状の原因と対処も紹介していきます。

 

コニファー剪定のポイント一覧!大きくなりすぎないように注意

コニファー剪定のポイント一覧!大きくなりすぎないように注意

 

☑品種によって刈り込み加減が違う

コニファーといっても、品種はさまざまあります。品種によって剪定方法が変わってくることもあるので、注意します。例えば、刈り込みが必要なものとそうでないものがあります。定期的な刈り込みが必要な「コニファー・ヨーロッパゴールド」「コニファー・ゴールドクレスト」などの品種があるのに対し、「コニファー・ブルーヘブン」といった一部の品種は頻繁な刈り込みは必要ありません。

 

☑大きくなるまで放置しない

大きくなりすぎてから剪定をすると、樹形が変わってしまいます。円錐形になっているコニファーを低くするために先端を切ると、台形のような形になってしまうことは想像できるかと思います。コニファーの剪定をこまめにおこなうことで、大きさを維持するだけでなく、樹形や葉の緑を維持することにつながります。大きくなりすぎるまで放置しないようにすると、これらのメリットを得ることにもなります。

 

☑剪定をやりすぎない

1回の剪定で大きく刈り込みすぎることは、コニファーにとってよいことではありません。枯れてしまうこともあるからです。コニファーの魅力である鮮やかな緑が失われてしまっては、楽しみも半減してしまいます。繰り返しになりますが、コニファー剪定は「こまめに」が基本です。

 

☑内側の枯れ葉は取り除く

コニファーの内側には、枯れ葉が詰まってしまうことがあります。これは定期的に取り除くようにしましょう。放置すると、風通りの悪さから害虫や病気を発生させてしまうこともあります。コニファーをゆすってみて落ちない場合は、手で取り除きます。安全のために軍手をはめて作業をしましょう。

 

コニファーの葉が茶色く枯れてしまう3つの原因とお手入れ方法

コニファーの葉や葉先が茶色く枯れてしまうというのは、よくあるお悩みのひとつ。ここでは、枯れる原因と枯れてしまった場合の対処を確認していきましょう。

 

▼枯れる原因

  • 1. 育てている環境の問題
  • 2. 菌による枯れ
  • 3. 金属製のハサミの利用などの誤った剪定

 

コニファーが嫌う環境におくことで枯れてしまうことがあります。例えば、乾燥している場所、温風や冷風が直接当たる場所、湿気のある場所などです。環境が整っているにもかかわらず枯れるときは、菌や金属製のハサミによる枯れを疑います。

 

▼枯れてしまった場合のお手入れ

枯れてしまった部分を取り除くことと、刈り込むことが大切です。まずは取り除く、それでも改善しない場合や菌による枯れの場合は刈り込む作業が必要です。状況によっては、殺菌剤を散布することもあります。

 

コニファーでお困りの時はいつでもご相談ください

コニファーの剪定や、育てるときに陥りやすい葉の枯れについてご紹介してきました。コニファー剪定の際は、上にあげたポイントにも考慮しながら進めていきましょう。葉が枯れてしまった場合は、その箇所を取り除き、刈り込むことで対処していきます。枯れの原因となるものは避けることも大切です。

 

しかし、コニファーを育てている方のなかには、すでに大きくなりすぎてしまって手が届かない、枯れてしまっていて自分での対処は不安…というお悩みを抱えている方もいらっしゃるでしょう。まずは剪定のプロに対処してもらい、今後から気を付けて育てていくという手段もあります。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

コニファーの剪定を依頼したときの料金って?優良業者の見つけ方

コニファー剪定を依頼するときに、まず気になるのが料金。このような方も多いのではないでしょうか?剪定を依頼したときにかかる料金について、ここで確認しておきましょう。業者によって異なる料金ですが、その設定方法は大きく2つにわかれています。業者選びの際に参考にしてみてください。

 

信頼できる業者の見つけ方についても触れます。業者選びを失敗しないために、確認すべきポイントを見ておきましょう。

 

コニファーの剪定でかかる費用の計算方法「お得に依頼するためには早めが肝心?!」

コニファーの剪定でかかる費用の計算方法「お得に依頼するためには早めが肝心?!」

 

コニファーの剪定料金は各業者によって設定されていますが、その方法はおもに2つあります。

 

●職人に対する料金で計算

職人さんの人数や作業時間によって、料金が割り出される方法です。

 

●コニファーに対する料金で計算

コニファーの本数や高さ、生垣の幅などによって料金が割り出される方法です。

 

大きくなったコニファーは作業時間がかかる傾向にあります。また、コニファーに対しての料金を出している業者では、木の高さがあるほど料金が高くなるのが一般的です。そのため、お得に依頼するにはコニファーが高くなりすぎないうちにおこなうことが大切です。大きくなるまで放置しない、というのは剪定におけるポイントとして上に挙げましたが、料金の面でみてもメリットがあるのです。

 

コニファーの剪定を安心してまかせるために…納得できる業者の見つけ方

コニファーの剪定を安心してまかせるには、納得できる業者選びが必須です。しかし、数多く存在する剪定業者のなかから選ぶというのは、簡単なことではありません。そこで、優良業者を見つけるためのポイントを確認しておきましょう。

 

 

  • ・相談しやすい雰囲気はあるか
  • ・対応は丁寧か
  • ・地域に根付いた業者か
  • ・剪定料金は適切か
  • ・見積もりをしっかりと出してくれるか

 

 

これらのチェックポイントをみてわかるように、まずは業者と接する機会を持つことでわかることもあります。直接話してみることで雰囲気をつかみましょう。見積もりをとってみて決めるのもいいでしょう。無料で見積もりをおこなってくれる業者を見つけて依頼してみましょう。

 

コニファー剪定の第一歩!まずはお見積りからはじめてみませんか?

お庭110番では、無料の見積もりをおこなっています。もちろん相談も無料でできるので、どなたにも気軽にご利用いただけるようになっています。

 

「たくさんの業者があるからまずは相談だけしてみたい」「依頼を決めたわけではないけど具体的な料金を知りたい」このようなご要望をお持ちの方は大勢いらっしゃるでしょう。

 

無料の見積もりと相談で、お応えいたします。見積もり後でもキャンセル可能なので、不安を感じることなくご利用ください。また、見積もり確定後の追加料金は発生しないのも弊社の強みです。金銭面のご心配がある方も、提示された料金についてじっくりと考えることができます。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-864

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

私たちが24時間365日サポートいたします

通話料無料!携帯電話・PHS OK

0120-949-864

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない
 場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-864
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼