ヒバ剪定をする時期と方法!育て方から料金のことまで|伐採・草刈り(草取り)・草むしりなどお庭のことなら1000円~|お庭110番
剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > ヒバ剪定をする時期と方法!育て方から料金のことまで

ヒバ剪定をする時期と方法!育て方から料金のことまで

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

 

ヒバ剪定の時期と剪定方法をまとめてチェック!ヒバが枯れる原因は何…?

ヒバは大きくなりやすいという特徴をもちます。適度な大きさに保つためには、剪定が必須の作業になります。とくにご自宅の生垣として利用されている方は、目立つぶん、定期的な剪定が必要といえます。1年に1回は剪定を行うことが大切なのです。

 

ここでは、ヒバ剪定に向いている時期、方法と手順を紹介していきます。ヒバが枯れてしまう…というトラブルの原因も確認していきましょう。

 

ヒバの剪定時期は年に2回

ヒバの剪定時期は年に2回

 

ヒバの剪定時期は年に2回、9月~11月初旬と5月~6月にあります。このうちメインの剪定は、秋の剪定です。状況によっては秋の剪定を行うだけで、5月~6月の剪定は必要がないこともあります。ただし、ヒバを生垣にしている場合は5月~6月に刈り込みをしておきます。

 

注意点は2点、冬や夏といった気温が極端な時期の剪定は枯れの原因になるので避けること、いずれの時期に行う剪定も強剪定は避けることです。地域によって気候の差があるので、臨機応変に対応していくことが大切です。

 

ヒバの剪定方法は3ステップで完了!

ヒバ剪定を難しく考える必要はありません。行うのはたったの3ステップです。

 

1.枯れ枝を取る

内側に枯れ枝がある場合は取り除く必要があります。日当たりが悪くなってしまうと枯れてしまう部分がでてくるので、大切な作業です。

 

2.間引く

込み合っている枝を間引きます。間引きとは枝の基部から切ることです。幹や枝が透けて見えるくらいになるまで間引くのがポイントになります。

 

3.樹形を整える

高さを決めたら、余分な枝を切り落とします。ヒバが大きくなってから手入れをすると、緑が映えなくなることがあります。こまめな刈り込みが必要です。

 

ヒバが枯れてしまう原因って何?不安なときは業者におまかせ

ヒバの緑は大きな魅力です。しかし、枯れることによって美しい緑を失ってしまうこともあります。枯れてしまうおもな原因は、以下の通りです。

 

 

  • ・葉が密集しているから=剪定をしていないから
  • ・葉先を鋏(ハサミ)で切ると枯れたように見える

 

ヒバの葉が密集してしまうと、日当たりや風通しが悪くなるので枯れの原因になります。しかし、こまめな剪定をしていればこの点の心配はいりません。また、葉先をハサミで切った場合に切り口が枯れているようになってしまうこともあります。正しい剪定をこまめに行うことで、ヒバの枯れを防ぐことができます。ヒバの緑を守りたい!枯れないように剪定したいというときは、業者にまかせると安心です。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

ヒバについてもっと詳しく!ヒバの特徴と育て方をマスター

ヒバ剪定の時期や剪定方法をチェックしたところで、ここからはヒバについての知識をもっと深めていきましょう。まずはヒバの種類や特徴をまとめていきます。育てているのに意外にも知らなかった…という情報があるかもしれません。

 

そして、ヒバの育て方についても触れていきます。庭木として取り入れやすいため、1から育ててみたい!という方も多いのではないでしょうか?必要になるお手入れについて、簡単に紹介していくので参考にしてみてください。

 

ヒバの種類と特徴をまとめます。ヒバの生命力に注意!

ヒバの種類と特徴をまとめます。ヒバの生命力に注意!

 

ヒバについての知識をもっと深めていくために、ヒバの種類(品種)、特徴を紹介していきます。

 

・ヒバの種類(品種)

ヒバはヒノキ科の植物です。そのため、ヒノキもヒバ類に含まれることになります。ヒバの品種は数多く存在します。代表的なのが、クジャクヒバ、オウゴンチャボヒバ、サワラヒバなどが挙げられます。それぞれ枝の生え方、葉の色や模様に特徴が表れています。品種によって仕立てる樹形の向き不向きが変わってきます。

 

・ヒバの特徴

ヒバは湿気に強い、腐りにくい、刈り込みにも耐える、病害虫にかかりにくいという生命力の強さから、育てやすい庭木として人気があります。庭木として育てるうえでデメリットがあるとすれば、「大きくなりやすい」ということです。手入れを怠ると大きくなり手がつけられなくなることもあるので、剪定が大切になります。

 

ヒバの育て方--1から育てるには?

ヒバを育てるために必要なことを、ざっとまとめてみます。

 

【苗選びと植え付け】

苗を選ぶときに注目すべきは、幹がまっすぐ伸びているか、下枝がしっかりしているかの2点です。苗を手に入れたら、植え付けをします。真夏や真冬といった気温が極端な時期を避けることに注意すれば、いつ行ってもかまいません。日当たりと水はけがよい場所を選びましょう。植え付ける土の底には元肥を入れてから、作業を行います。水をやることを忘れないようにしましょう。

 

【肥料やり・水やり】

庭に植えてあるヒバの肥料やりは2月に行います。ポイントは有機質の肥料を選ぶこと、株元の周辺に埋めることです。寒い時期に行う寒肥は、暖かくなる時期を見据えて行う重要な作業になります。

水やりは土が乾くたびにたっぷり与えます。ただし、庭に植えてから2年以上経ったヒバの場合、水やりは不要です。

 

【さし木】

ヒバを増やしたいときに行います。2~3月ごろに行うのが最適です。まっすぐ伸びた枝の先端から10㎝くらいのところで切った枝を用意します。土に挿したら、あとは乾燥などの環境に気を付けて様子を見ていきます。直射日光は好まないので、明るい日陰に置くといいでしょう。

 

ヒバのことを知り尽くしたプロにまかせるのもおすすめ

ヒバの品種はたくさんあること、育てやすいメリットがある反面大きくなりすぎる特徴があるということを、ご紹介してきました。

 

ヒバをより丁寧に育てるためには、ヒバの品種に応じた対応が必要になることや、定期的な剪定が必要不可欠なことをお分かりいただけたのではないでしょうか?また、剪定以外にも植え付け、肥料やりなどのお手入れをしていくことも必要です。

 

「ヒバの品種に応じた細かい対応はできないものか…」「ヒバが大きくなりすぎてしまったので困っている」といったご相談、「お手入れに手間がかかるから剪定だけでもお願いしたい」といったご要望は、剪定のプロにまかせて解決してみませんか?ヒバに詳しいプロに対応してもらう安心感があります。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

ヒバの剪定を依頼したときの料金は?業者の選び方とお得に施工するコツ

ヒバ剪定を依頼したいときに、まず気になるのが料金のこと。それと同時に依頼する業者選びについても気になるところでしょう。ここでは、ヒバ剪定を依頼する前に気になることをぎゅっとまとめました。

 

ヒバ剪定でかかる料金について、優良業者の見つけ方、安く施工するためのポイントを順にご紹介していきます。依頼するか迷っているという方、依頼をしたいけどじっくり検討したい方、まずは必要な情報を確認していきましょう。

 

ヒバの剪定でかかる費用の計算方法はおもに2つ

ヒバの剪定でかかる費用の計算方法はおもに2つ

 

ヒバ剪定にかかる料金、調べても明確な金額がわからない!このような事態になるのは、各業者が設定している料金の計算方法に違いがあるのが原因のひとつです。

 

料金設定方法には、おもに2つあります。

 

  • 1. ヒバの高さや本数に応じて決まる料金
  • 2. 職人の人数や時間に応じて決まる料金

 

まずはヒバの高さや本数に応じて料金が決まるケースです。木の状態によって料金が変わるということです。ヒバを生垣にしている場合は、生垣の高さや幅によって料金が決まることが多いです。そしてもうひとつ、職人の人数や時間に応じて料金を決める業者もあります。人件費と考えるとわかりやすいでしょう。

 

料金設定によって、かかる料金が変わってくることも考えられます。そのため、明確な料金はこれ!と一概にはいえないのです。また、追加で料金がかかる場合もあります。肥料やりやごみの処分までまかせたい、一部を伐採したいなど、オプションをつけるとその分の料金がかかります。

 

信頼できる業者の見つけ方と安く施工してもらうコツ

ヒバ剪定を依頼するために、必ず行うのが業者探し。料金の価格帯もサービスもさまざまな業者から、いったいどのように選んでいけばいいでしょうか?困ったときは、優良な業者選びのポイントを参考にします。

 

  • ・実績があるか
  • ・見積もりに対して詳しい説明があるか

 

実績があるということは、お客様からの依頼があるということです。つまり、安心してまかせられるかの判断基準になります。また、見積もりに対して詳しい説明があるかも重要なポイントです。きちんと内容と料金について説明してくれることはもちろん、そのときの対応の仕方なども見ておくといいでしょう。

 

安く施工してもらうためには、早めの依頼をすることが大切です。ヒバは大きくなってしまう特徴があるというのをお伝えしてきましたが、大きくなるとその分料金が上がる傾向にあります。業者によっては、1メートル違うだけで料金がガラッと変わってしまうこともあります。そのため、剪定を放置しない、大きくなってしまう前に依頼をするというのがポイントになります。

 

ヒバ剪定、まずはお見積もり・ご相談からお気軽にどうぞ

業者をある程度選定したら、すべきことは相談と見積もりです。しかし、ここからがいまいち踏み出せない…という方もいるでしょう。業者に連絡をとったら絶対に依頼しなくちゃいけないんじゃないか、見積もりや相談をするとお金がかかるのでは…?もし、このようにお悩みでしたら、その心配はありません。

 

お庭110番では、無料の相談・見積もりを行っています。そのため、どなたもお気軽にご利用いただけます。これだけではありません。見積もり後でもキャンセル可能、見積もり確定後の追加料金なしという体制も整えています。まずは料金を知りたい、対応を見てから依頼を決めたい。そのようなご要望も大歓迎です。いつでも遠慮なくご相談ください。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!