キンモクセイを正しく剪定するには?花と香りを楽しむコツ

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

 

キンモクセイ剪定の時期はいつ?希望に合わせた剪定方法を紹介

キンモクセイ(金木犀)はオレンジ色の小さくも華やかな花とその香りが魅力的な植物です。10メートル弱の大きさになることもあり、お庭で育てる木としては大きいので樹形を整える目的でも剪定が必要になりますが、きれいな花を咲かせるためにも、定期的に剪定をすることが重要になります。

 

キンモクセイは目的に合わせて剪定時期を選ぶことができます。時期と合わせて正しい剪定方法を学びましょう。

 

キンモクセイの剪定時期は、希望に合わせて2つから選択

キンモクセイの剪定時期は、希望に合わせて2つから選択

 

どんな庭木でも適切な時期に剪定することが大切ですが、キンモクセイの剪定時期には2つの決め方があります。開花を楽しむのにぴったりなタイミングと、樹形をしっかりと整えるための時期をそれぞれご紹介します。

 

【キンモクセイの花を楽しみたい場合の剪定時期】

開花を楽しみたい!という方は、花が咲き枯れ始めたときに剪定するのがベストです。キンモクセイの花が咲くのは秋なので、剪定時期は10月ごろということになります。

 

逆に、7月以降の時期は避けましょう。春から夏にかけて、とくに7月・8月は花芽がつきはじめるタイミングです。もし夏から開花までの時期に花芽がついている枝を切ってしまうと、それ以降に花芽がつくことはなく、花が咲かなくなってしまいます。

 

 

【花付きは関係ない!樹形重視の場合の剪定時期】

とにかく木の形が第一!と考えている方は、極寒の時期を避けてそのほかの時期に適切な分だけ剪定をおこないます。

 

キンモクセイは成長力があり、1年放っておくだけで15センチメートル程度枝を伸ばしてしまいます。枝が伸びてきた、樹形が崩れてきた、と感じたら適宜整えるとよいでしょう。しかし、寒い時期に剪定することと、切りすぎることには注意が必要です。寒い冬にはキンモクセイは葉がなく弱りやすいですし、切りすぎて葉がない状態にすると枯れやすくなってしまいます。

 

キンモクセイの剪定方法を確認!内側の剪定もお忘れなく

剪定方法も希望に合わせて決めることができます。

 

【花を楽しみたい場合】

キンモクセイは切った部分から3方向に伸びます。花を咲かせるためには、3方向に伸びている枝のうち、真ん中の長い枝を木バサミでカットしましょう。そして、残りの2つの枝は葉を数枚残すようにして切ります。次の年に生えてくる芽が、葉がついている部分の下にあるからです。

 

 

【樹形を整えたい場合】

樹形を整えるときは、刈り込むように剪定します。まずは刈り込みバサミを使って、全体の枝の長さを均等にするように枝を切っていきます。その後飛び出している枝があれば、木バサミを使って切っていきます。

 

これら以外にも、3~4年に1回は強剪定をして、内側の枝を剪定することも必要になってきます。

 

 

【内側剪定のやり方】

枝抜きと呼ばれる剪定方法で枝を減らしていきます。下向きに生える下り枝や、幹から伸びる胴吹き枝や腹切り枝などの太めの不要な枝も切ってしまいます。

 

外側の枝だけでなく、内側の入り組んだ枝を減らすことで、成長しすぎないようにコントロールすることができ、また、風通しがよくなり病気に強い樹木にすることにもつながります。花芽がつきはじめる前の3月ごろや、開花直後のタイミングにおこないましょう。

 

キンモクセイの剪定ははじめて、自信がないというときは剪定のプロにおまかせ!

キンモクセイには目的に合った剪定方法が2つあり、自分にとって開花が大事なのか、景観を意識した樹形が大切なのかを判断して、正しいタイミングと方法で剪定することが重要になってきます。しかし、自分では剪定に不安がある、という自信のない方もいらっしゃるでしょう。

 

剪定業者はキンモクセイという樹木の習性や切り方を熟知しているので、剪定方法や時期に疑問がある場合にも安心しておまかせできます。剪定のプロなら、「お花も楽しみたいけど樹形もきれいに整えたい!」という欲張りにも応えてくれるかもしれません。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

キンモクセイの特徴を理解して、もっと楽しむ!花が咲かないってどういうこと?

キンモクセイにもほかの植物と同じように、キンモクセイだからこその特徴があります。例えば梅の木を育て方を知っているからといって、同じように育ててもキンモクセイは思うように成長してくれないのです。

 

特徴をしっかりと確認できていれば、どう育てればいいのかがわかり、トラブルが起きたときにも冷静に対処することができます。キンモクセイの特徴をおさえながら、適した環境や育て方、トラブルの原因と対処方法をチェックしましょう。

 

キンモクセイの特徴と育て方

キンモクセイの特徴と育て方

 

キンモクセイの特徴

キンモクセイは丈夫な部類に入る植物です。8メートルくらいの大きさになるほど成長力があり、1年で15センチメートルも枝が伸びます。キンモクセイが好むのは、こんな場所です。

 

 

  • ・日当たりがよく、暖かい
  • ・空気がきれい
  • ・土の水はけがよい

 

 

寒さに弱いキンモクセイには、暖かい気候と日光がかかせません。また、大気汚染が進んでいる地域では花が減ってしまうことがあります。水分が多すぎる土は得意ではないので、水はけがよい土壌を選ぶか、川砂を混ぜ込むなどして土壌改良します。

 

 

キンモクセイの育て方

庭木を育てるうえでかかせない、植え付けや肥料、病気予防法をマスターしましょう。

 

【植え付けと肥料】

お庭に植える場合は、春や秋に植えるのが理想です。土に肥料や川砂を混ぜて土づくりし、大きめに掘った穴に苗を埋めます。鉢植えに植える場合は、大きめの鉢植えを用意し、土の下に3分の1程度の鉢底石を入れます。化成肥料や窒素が含まれている肥料がキンモクセイには適していますが、肥料のあげすぎはよくありません。健康を損なう原因になるので、適切な量をあげるように心がけましょう。

 

【病気を防ぐためのお手入れ】

斑点ができるうどん粉病や褐斑(かっぱん)病、カビを発生させる炭疽(たんそ)病・先葉枯病などが、キンモクセイがかかりやすい病気です。

 

これらの病気にかからないようにするには、

 

 

  • ・水は与えすぎない、水が足りず乾燥させないことにも気をつける
  • ・定期的な剪定で風通しをよくする

 

 

というようにお手入れします。もし病気にかかってしまった枝を発見したら、すぐにその枝を切りましょう。

 

キンモクセイの花が咲かないのはなんで?原因と対処法

キンモクセイは正しく育てないと、花が咲かないことがあります。その原因は育て方の間違いであることが多いです。キンモクセイの開花を楽しむために、花が咲かない原因と対処方法を理解しましょう。

 

・剪定を間違えている

剪定の時期を間違えていたり、切るべきでない枝を切っていることが原因になることがあります。花芽ができる春から夏の時期の剪定は避け、剪定時には花芽ができる枝とそうでない枝を見極めながら切っていく必要があります。

 

・植えている環境が悪い

植える場所が悪いと思うように育ってくれません。花が咲かないだけでなく、病気になり最悪枯れてしまうことも考えられます。日当たりや水はけを意識して植える場所を決めましょう。

 

キンモクセイを育てるなかでの困った…!業者が力に

病気にかかってしまったり、花が咲かなかったりと、育てる過程にはさまざまなトラブルが潜んでいます。病気に負けない健康的な木にするには、剪定の方法や時期に気をつけるだけでなく、植えるときにも日当たりや土壌などの環境を整えることが大事です。

 

「手間なく花を楽しみたい」「育て方がわからない」という方の不安を取り除いてくれるのが剪定業者です。剪定のプロは、正しい方法で剪定するだけでなく、病気予防や育て方に困っている方の力にもなってくれます。育て方に不安がある方は、利用してみるとよいでしょう。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

キンモクセイ剪定を依頼したときの料金は?信頼できる業者を見つけるポイント

「剪定にも育てるにも気をつけることがたくさんあって難しそうだから、剪定のプロにまかせたい。でも費用が気になる…」というようなことは、剪定を業者に依頼するときに誰しもが考えてしまいます。キンモクセイは大きな庭木なので、よけいに剪定費用が高くなるのではないかと心配される方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、お金が理由で戸惑っている方も、依頼する前に費用がわかれば少しは安心できるのではないでしょうか?料金設定のカラクリを、業者の信頼性を計る方法とあわせてご紹介します。

 

キンモクセイの剪定でかかる費用の計算方法

キンモクセイの剪定でかかる費用の計算方法

 

キンモクセイの剪定にかかる料金は、多くの場合2つの方法のどちらかで決められます。

 

 

  • ・キンモクセイ1本単位での計算
  • ・職人の時給単位の計算

 

 

1つ目は、キンモクセイがどれだけあるかで費用が決まる方法です。キンモクセイ1本あたりいくら、というように業者によってあらかじめ料金を設定してあることが多いです。2つ目の方法が、職人1人あたりに一定の料金が発生する料金設定の仕方です。この場合、必要な時間と人数によって金額に差が出ます。

 

費用の設定方法によって、同じ状況のキンモクセイ剪定でも金額が大きく左右することになるので、複数の業者で比較することが大事です。その他、切り落した枝を処分してもらうなど剪定以外にかかるオプション作業などで追加料金が発生することもあります。見積もり書をよく確認するようにしましょう。

 

キンモクセイ剪定はどこに依頼?信頼できる業者を見つけるポイント

費用は気になるところですが、費用が安いからといってすぐに業者を決めてしまうのはよくありません。大切に育てているキンモクセイは、できるだけ安心できる業者におまかせしたいもの。次のようなポイントを確認して、信頼性の高い業者を選びましょう。

 

・適切な価格を明確に示してくれる

価格の設定がしっかりしているかは、見積もりをとると明確になります。何にいくらの費用がかかるのかを隅々までチェックしましょう。悲しいことですが、費用の安さを謳う業者のなかには、あとで追加料金を請求してくる業者もいます。「見積もり確定後は追加費用がかからない」と明言している業者を選ぶと安心です。

 

・過去に数々の実績がある

実績があるということは、その分の経験を今までに積んできたということになります。剪定方法は庭木の種類によっても変わってくるので、キンモクセイの剪定を考えているのであれば、今までにどれくらいキンモクセイ剪定をおこなってきたのかにも注目するとよいでしょう。

 

キンモクセイの剪定、できるだけ安くしたい!

オプションをのぞいたり、切った枝の処分など自分でできることは自分でおこなうことで費用をおさえることができます。しかし、それ以上に大切なのが見積もりです。いくつかの業者に見積もりを出してもらい、費用や施工内容を比較することで、一番安く済む業者を簡単に見つけられます。

 

信頼でき、かつ納得できる費用で剪定してくれるような業者を見つけたい。そんなときは、お庭110番での無料見積もりが便利です。誰もが気になる費用のことや、ご予算のことは、遠慮なくご相談ください。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-864

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

私たちが24時間365日サポートいたします

通話料無料!携帯電話・PHS OK

0120-949-864

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない
 場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-864
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼