剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > ★ミエルカコンテンツ

対応エリア

★ミエルカコンテンツのハチ駆除・予防施工事例

お客様情報
ご年齢

代・

依頼種別

施工エリア

施工評価
代・

植木屋さんに依頼する時期を間違わないための基礎知識!剪定の方法と適した時期


植木屋さんに依頼する時期を間違わないための基礎知識!剪定の方法と適した時期

 

剪定を依頼する時、植木屋へ剪定すべき時期を聞く方もいるのではないでしょうか。

動物によってそれぞれ成長の仕方が違うのと同じように、木はそれぞれのタイミング・特徴を持って生長します。それゆえに剪定するタイミングは木の種類によって異なります。

避けるべき時期で剪定を行ってしまうと、木が弱り場合によっては枯れてしまうこともありますので、剪定をおこなう時期には十分に注意が必要です。

 

本記事では、木や花の剪定をすべき時期を、樹木の種類別に見ていきます。ご自宅の庭木の剪定時期やお手入れでお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

植木屋さんに剪定を依頼する時期

木のベストな剪定時期は種類によってさまざまです。

今回は、日本でよく見られる【常緑針葉樹】【落葉広葉樹】【常緑広葉樹】の3つのタイプの木々の剪定時期をご紹介します。

 

常緑針葉樹の剪定を依頼する時期

【特徴】

温帯~冷帯に分布する樹木で、この常緑樹は寒さには強いが熱さには弱いのが特徴です。

剪定時期は新芽が出る時期の春ごろに行うと、バランスのよい樹形に近づきます。

熱さに弱い常緑針葉樹は、木の体力が少ない夏に剪定をしてしまうと木が弱ってしまい、場合によっては枯れる原因になってしまいます。

木の健康を意識た剪定時期を選びましょう。

 

【代表的な木】

スギ マツ ヒノキ コニファー ゴールドクレスト など

 

【適切な剪定時期】

軽剪定:10月~11月、通常剪定:4月~5月

 

【避けた方が良い剪定時期】

7月~8月、11月中旬~2月

 

落葉広葉樹の剪定を依頼する時期

【特徴】

落葉広葉樹は日本でも広い地域に生息します。

落葉樹の基本的な剪定は、紅葉が終わり、葉がない状態の寒い時期がおすすめです。

冬といっても、春に近い時期は新芽が生える時期なのでその後の樹形を整えにくくなってしまう可能性があるので避けるようにしましょう。

また、春から夏前は木が活発化しているので、その時期に剪定すると樹液が漏れ出やすく傷みやすくなってしまいます。

 

【代表的な木】

モミジ サクラ ヤマボウシ イチョウ ハナミズキ など

 

【適切な剪定時期】

軽剪定:7月中旬~8月、通常剪定:11月中旬~2月

 

【避けた方が良い剪定時期】

4月~5月

 

 

●常緑広葉樹の剪定を依頼する時期

【特徴】

一年を通して葉を茂らせるタイプの樹木です。常緑広葉樹は寒さに弱いので、冬の弱った時期に剪定をするのはできれば避けたいです。

新芽が出る前、もしくは新葉が出て木が元気なころが適切な剪定時期です。

 

【代表的な木】

キンモクセイ サツキ ツバキ カシ サザンカ など

 

【適切な剪定時期】

軽剪定:9月~10月、通常剪定:5月~6月

 

【避けた方が良い剪定時期

11月~2月

 

花木の剪定は時期を間違えると花が咲かなくなるので注意


花木の剪定は時期を間違えると花が咲かなくなるので注意

 

それぞれの樹木の種類に適した剪定時期をご説明しました。

適切な時期に剪定をすると樹木の健康的な生長を助けることができ、逆に誤った時期に剪定してしまうと樹木が弱ってしまうおそれがあることがお分かりいただけたと思います。

 

こういったことの他にも特筆すべきこととして、花木の剪定時期があります。

花木の剪定は、花の開花を楽しむことを前提として剪定時期を決めることをおすすめします。

花木は花が枯れた後、すぐには次の花を咲かせる準備はせず、休憩期間を持ちます。その休憩時期に剪定すれば、花の開花準備を妨げることなく木の形を整えることができます。

 

逆に開花準備をしている時期に剪定をしてしまうと、花や実がつかなくなる可能性があるので注意が必要です。

つまり、花が終わった直後が花木のベストな剪定時期といえます。

花木の一般的な木の剪定時期と花の開花時期の両方を考慮してベストな剪定時期を見つけることが大切なのです。

 

主な花木の花芽時期

花木の種類によって開花の時期は異なります。

花の鑑賞を楽しむためには、花が咲く時期や果実が実る時期とその直前はできるだけ避けたほうがよいでしょう。

代表的な花木とその開花時期をご紹介しますので、剪定時期を決める際の参考にしてみてください。

 

●初夏に花芽ができる木:サザンカ、ツツジ、ツバキなど

●真夏に花芽ができる木:ウメ、サクラ、モモなど

●秋・冬に花芽ができる木:アジサイ、ボタンなど

 

開花時期が特殊な花木

花木の中には、年に複数回花芽ができる木もあります。例えばクチナシは美しい白い花を梅雨と秋に2度咲かせます。

 

他にも、バラやナデシコなどの仲間に「四季咲き性」と呼ばれるタイプの花木が存在します。

四季咲き性の花は、木が健康に生長して気温が十分に暖かければ年中いつでも花を咲かせることができます。日本のような温暖な地域では、春・夏・秋ずっと咲き続ける、ということもあるようです。

 

四季咲き性の花を育てている方は、花をよく観察して剪定時期を見つけることがより大切です。

 

植物の生長サイクルに合わせた剪定が大切 

剪定に適した時期は、剪定する樹木の種類だけでなく、それぞれの木の生長サイクルや土地柄にも左右されます。

ご自宅の樹木を観察し、状態を考慮して剪定時期を決めましょう。

 

剪定は年に2回が理想

一般的に、剪定は年2回が理想だといわれています。年2回の剪定はそれぞれ切り方や目的が違います。

 

・軽剪定

夏から秋にかけて行われます。

軽剪定では、木の幹をカットすることで、木の根毛・株が太く健康的になるよう手助けします。

そして、伸びきった枝先を切ることで、新芽や枝の生長を促します。また、軽剪定をすることで美しい花や実が実るようになります。

 

軽剪定では、摘芯や摘花などの剪定方法で、枝だけでなく、実や花を適量に減らすことで、1つ1つの花へ水分と栄養が行きわたるようにします。枯れた花や葉を摘み掃除することも軽剪定で行う作業の1つです。

 

多くの樹木にとって適切な剪定時期である秋ごろには剪定屋は仕事が立て込んでいることが多いです。

思い立ったら早めに予約することをおすすめします。

 

・基本剪定(強剪定)

基本剪定は冬の終わりごろから春先に行われます。

木の健康と美しい見た目を促進させるために重要な剪定で、軽剪定に比べて切る枝数が多いです。

しかし、花木の剪定は花や実が実るのを妨げてしまわないように、むやみやたらに枝葉をカットしないように気を付けます。

 

基本剪定では、切り返し、枝抜き、切り戻しといった剪定方法で、横幅や高さなど全体の枝のバランスを整えます。

また、風通しがよくなるので、害虫や病気の予防も期待できます。

 

時期を気にせず剪定すると枯れる可能性も

本来なら剪定をすることで、木の健康をサポートすることができます。

しかし、剪定時期を考えずにむやみやたらに剪定をしてしまうと、樹木が枯れてしまう原因になってしまいます。

 

木は枝を切られることでダメージを受けます。

特に何年も剪定していなかった木の枝を、時期を考慮せずにバッサリと大量に切ってしまうのは、木のコンディションを大きく変えるため、木の種類によっては枯れる原因になります。

できるだけ木が弱りやすい時期を避け、健康を促進できるようにして挙げることが大切です。

 

「剪定は少なからずダメージを与える」「時期を見誤ると木が弱り、枯れる可能性があることをしっかりと頭に入れて剪定をしましょう。

 

まとめ

樹木の剪定時期についてご紹介しました。

 

・樹木の種類によって剪定に適した時期が異なる

・花木や実のなる木は開花や実のなる時期に気を付ける

・剪定は年2回(軽剪定と基本剪定)が理想

・木の生長サイクル、土地の特徴に適した剪定時期を見つける

 

これらのことを踏まえて、剪定で庭木の健康をサポートしてあげましょう。

お客様情報
ご年齢

代・

依頼種別

施工エリア

施工評価
代・

これだけ覚えれば安心!お庭のお手入れを任せられる植木屋さんの選び方


まずは植木屋さんの選び方を決める

 

大切な庭木を任せる植木屋さんは慎重に選びたいものだと思います。

植木屋さんは多数あるためどの庭師がよいのかを決めかねているという方も中にはいらっしゃると思います。

 

そこで今回は植木屋さん選びのために覚えておきたいポイントをまとめました。

ここでは植木屋さんの選ぶための手段について、植木屋さんが取り扱う幅広い業務とその仕事内容について、良い業者さんかどうか、自分に合っている業者なのかを見分けるためのポイントについて説明していきます。

 

 

 

まずは植木屋さんの選び方を決める

情報があふれる近年ではさまざまな方法によって植木屋さんを選ぶことができます。

植木屋さんを決めるためにはその植木屋さんについての情報を集める必要があります。情報収集の方法はインターネットやチラシ、知人や近所の方からの紹介、植木屋さんへ直接聞いてみるなどがあります。

ここではそれらの方法におけるメリットなどを説明します

インターネット・チラシ

インターネットでは自由に知りたいことを知ることができるため、ウェブサイトを持っている植木屋さんも多くあります。

その場でおおよその見積りを行えるサイトも多いため、いろんなサイトを見比べて値段の比較やサービスを比較することもできます。

 

チラシを見て決めるという方法もあります。

チラシの場合はお住まいの地域に対応している植木屋からのポスティングということが多いため、自分の地域に対応しているのかなどを心配する必要はありません。チラシに乗っている番号へかけ、電話にてざっくりと見積もりを

取れるという植木屋さんもあります。

 

インターネットにおいてもチラシにおいても無料で見積もりをしてくれるところがほとんどですので、気になった場合は一度見積もりをしてみるのもよいでしょう。

 

知人・ご近所さんからの紹介

知人やご近所さんからの紹介の場合は植木屋さんの対応がどのようなものだったか、どの程度の値段がかかったか、施工にかかった時間や出来上がりがどのようなものかを詳しく知ることができるというメリットがあります。

知人やご近所さんにどの植木屋さんを利用しているかを聞いてみるのもよいでしょう。

 

しかし、紹介してもらったけれど自分には合わないなと思った場合、紹介してもらった以上なかなか断りづらいということもあるようです。

 

植木屋さんと話してみる

実際に剪定をしている人などに直接話を聞ける機会があるのであれば聞いてみるのがよいでしょう。人柄はどのようなものか、どんな方法で剪定するのか、資格を持っているのかどうかなどを直接聞けるため安心してまかせることができます。

 

チラシやウェブサイトでの宣伝だけでなく、セールスを行っている植木屋もあるそうです。そういった際に施工方法や値段などを詳しく聞いてみるという手段もあります。

 

お庭のお悩みに幅広く対応!植木屋さんの取り扱い業務


お庭のお悩みに幅広く対応!植木屋さんの取り扱い業務

 

近頃植木屋さんでは植木に関する施工だけではなく様々な業務を行う業者が増えてきました。

庭全体のお手入れサービスや定期サービスなど豊富なサービスがあります。

ここでは木のお手入れサービスがどのようなものなのか、庭のお手入れサービスでは何をしてもらえるのか、その他にはどのようなサービスがあるのかについて紹介します。

 

木のお手入れサービス

木のお手入れをお願いするといっても、木のお手入れにはさまざまな方法があります。どのようなものがあるのかを説明していきます。

 

●剪定

樹木の不要になった枝や葉を切り取って整えることで、生育を促したり見た目を美しくしたりする作業のことです。

この作業をすることで花や果実の成長促進、病害虫の予防、新芽が出やすくなるなどの効果が期待できます。

 

●伐採・抜根

伐採と抜根は混同されてしまいがちですが、伐採は木の根元を10cmほど残して木を切る作業のことです。

一方抜根は木の根元から抜き取る作業のことです。伐採の場合は根元が残っていますが抜根の場合は根っこも残らないため、木のあった場所へ草花を植えることも可能です。

 

●植込みの剪定

植込みの剪定では木の剪定のように不要な枝や葉を切り落として形を整え、成長を促進させるものです。

木だけでなく植込みの剪定も行ってくれる植木屋さんも多くあります。

 

●移植

移植とは植木を抜根して別の場所へ移し替える作業のことです。リフォームや日陰の調節などで木の場所を変えたいという理由で移植する方もいます。

大がかりな作業ですが移植にも対応している植木屋さんもあります。

 

●消毒

木は伝染病などの病気にかかり生育が悪くなったり枯れてしまったりすることがあります。

そうならないために行うのが木の消毒です。きちんと消毒しておくことで伝染病への感染を防ぎます。

 

庭のお手入れサービス

庭のお手入れは主に以下のものがあります。

 

●草刈り

お庭の草は放っておけばどんどん伸びていき景観を損ねてしまいます。

そのため定期的に草刈りをする必要がありますが一人で草刈りを行うのはなかなか大変な作業です。そのような作業も行ってくれる植木屋が多くあります。

 

●芝刈り

庭を綺麗に見せることができる芝生は、芝刈りに適した時期やそろえる長さなど注意すべき点がたくさんあります。

また芝刈り機を使用しても庭の端が雑になってしまうなど綺麗に仕上げるのにも一苦労する作業です。そのため植木屋へ芝刈りをお願いするご家庭も多くあります。

 

●除草・草むしり

花壇などを綺麗にしていても隙間からどんどん雑草は生えてきます。

雑草を根から抜くのは根気のいる作業で、一通り綺麗に雑草を抜いたとしてもまた生えてきてしまいます。

このような面倒な作業も植木屋は行ってくれます。

 

●砂利敷き・除草シート

砂利や除草シートを敷くことで生えてくる雑草を減らしたり生えないようにしたりすることができます。

砂利や除草シートは隙間なく隅々まで敷く必要があるため慣れてない方には難しい作業です。このような作業も植木屋へお願いすることができます。

 

その他の様々なサービス

剪定や抜根、除草などだけではなく、枝や草の処理や定期的お手入れサービスを行っている業者も存在します。

定期サービスでは自分で剪定や草むしりをする手間を省くことができ、定期的にお手入れをしてくれるためよい景観を保つことができます。

 

選んだ植木屋さんが「良い業者さん」なのか見分ける方法

ご自身の大事な庭を預ける植木屋さんは、できれば良い業者であってほしいものです。

施工してもらったこともないのに良い業者かどうかをどう判断するのかと疑問に思う方もいると思います。

 

ここでは電話での見積もりや依頼相談時に良い業者かどうかを見分ける方法を下記で紹介します。

 

小規模な依頼でも請け負ってくれるか

木1本だけを剪定してほしいなどの依頼の場合は、植木屋さんにとってあまり利益にはなりません。

できれば一度に何十本もの剪定を依頼される方が植木屋さんとしては利益を上げることができます。

しかしお客様に満足してもらおうと小規模な依頼でも請け負ってくれる業者もあります。このように小規模な依頼でも快く受けてくれる植木屋さんを選ぶとよいでしょう。

 

施工前にきちんとした見積りをだしてくれるか

施工にかかる費用は単純な剪定費だけでなくゴミの処理費用や雑費などさまざまなものがあります。

事前の見積りにはどの程度細かい費用まで書かれているのかを確認しましょう。

見積り内容がすべて剪定一式とまとめられている場合は、何にどれほどの値段がかかっているのかがわからず料金が適切なのかを判断することができません。

 

施工前の見積りはきちんと確認し、良い業者さんなのかどうかを判断しましょう。

 

依頼者の質問・相談にしっかり答えてくれるか

依頼をする際、いくつか質問してみたり相談したりするのは良い業者さんかどうかを判断する方法の1つです。

剪定に関しての知識がなければ質問に答えることはできず、相談されたとしても技量がなければ相談内容を解決させることはできません。

質問や相談をした際には返事が曖昧でないか、的確な返事かどうかを確認するとよいでしょう。

 

過去の事例は自分の理想とマッチしているか

業者によってはウェブサイトなどに過去の事例を載せているものもあります。

それらの事例を見ることでどのような傾向の剪定をするのかを確認できます。

事例によって依頼者の願望に合致しているかどうかを知ることができ、自分に合った植木屋さん選びをしやすくなります。

 

造園関係の資格を持っているか

聞ける機会があれば、造園関係の資格を持っているかどうかを聞いてみるのもよいでしょう。

造園関係の資格はさまざまなものがあります。資格の種類や所持数によって得意分野やその剪定者の得意分野や植木屋さんの能力を判断する材料になります。

 

ウェブサイトやチラシに掲載されていることもあるので気にしてみるとよいでしょう。

 

まとめ

植木屋さんを探している場合は以下のことをポイントにしてみてはいかがでしょうか。

 

・植木屋さん選びの方法にはインターネットやチラシ、知人や近所の人からの紹介、実際に植木屋さんと話すなどの放送がある

・植木屋さんによるお手入れサービスは伐採や移植、消毒など様々なものがある。

・選んだ業者の過去の事例を知ることで自分に合っているかどうかを判断することができる。

・小規模な依頼でも請け負ってくれる業者、施工前の見積りが細かい業者、造園関係の資格を持っている業者は優良業者であることが多い

 

以上のことをポイントに、自分に合った植木屋さん探しをしましょう。

  • ※弊社加盟店の年間合計件数

  • ※当社受付の満足度調査によるもの

  • ※拠点数は弊社加盟店を含めた合計数

よくいただくご相談 よくいただくご相談

やむを得ず対応できない場合もありますので、ご了承ください

追加料金が一切不要