剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > ★記事コンテンツ

対応エリア

★記事コンテンツのハチ駆除・予防施工事例

お客様情報
ご年齢

代・

依頼種別

施工エリア

施工評価
代・

雑草の草刈りを楽に!便利グッズをまとめて紹介します

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

雑草の草刈りを楽に!効率よく!便利かつおすすめの道具を一挙ご紹介

気づいたら伸びている雑草は、すべて刈ろうと思うとなかなか根気のいる作業です。時間も手間もかかるので、草刈りは少しでも楽に早く終わらせられれば誰だって嬉しいもの。

 

 

手早く済ませてしまいたい面倒な草刈りは、便利グッズを使うことで何倍も早く終わらせることができます。インターネットショッピングやホームセンターで手軽に取り入れられるグッズをご紹介しますので、ちょっとでも簡単にしたいという方は参考にしてみてください。

 

 

面倒な草刈り…とにかく楽に作業したい!おすすめの便利グッズ7選

面倒な草刈り…とにかく楽に作業したい!おすすめの便利グッズ7選

 

 

面倒な草刈りをどうにかして楽にしたい!という方に向けて、草刈りの手間を格段に減らせる便利グッズを7つ紹介します。

 

 

 

 

【作業時に役立つグッズ】

・ねじり鎌

細かい草がたくさんある場合におすすめなのがねじり鎌です。最小限の力で草を刈ることができる優れものです。利き手とは反対の手で草をつかみ、利き手で持った鎌で根元を切り取ります。

 

  ・草刈り機

お庭が広い場合にも、電力を使って一気に草を刈ることができます。重いので男性に向いているイメージですが、スリムな形状で肩にかけて使えるタイプなど、女性でも使いやすいタイプも登場しています。

 

  ・三角ホー

先がとがっているので、根本を簡単に切り取ることができます。また、柄が1メートル~2メートルと長いので、長時間の作業でも負担が少ないです。腰を曲げるのがつらい方にも使いやすく、作業効率もアップします。

 

  ・草削り

刃で土をひっかくようにサクサクと草刈りできます。三角ホー同様に柄が長いので負担が少ないです。短く細い、伸び始めたばかりの草があるときにおすすめです。

 

 

 

 

【作業後に役立つグッズ】

・竹ぼうき

鎌などで刈った草を一か所にまとめる際や、台車の中に雑草を入れたいときに役立つ道具です。地面に散乱している雑草を掃くような感覚で草をまとめます。

 

  ・熊手

竹ぼうきと同様に使用します。手の部分が横に広がっているので、竹ぼうきよりも草を集めやすいです。柄が長く、調節できるものもあるので、腰を曲げずに作業したいときにも便利です。

 

  ・台車

刈った雑草を楽に運び処分することができます。刈ったあとの雑草をその場に放置しておくと、種子が落ちて草が増えたり、虫が群がってしまったりすることがあります。刈ったら処分することを心がけたいです。

 

 

草刈りするときは肌を守って!用意したほうがいい「身に着けるグッズ」

草刈りをするときはなにかと健康が懸念されます。女性にとってはお肌にダメージを与える紫外線が気になりますし、ご高齢の方はとくに中心に熱中症も心配です。さらに虫刺されなどの害虫被害も気になります。雑草の成長が早い時期は春・夏であり、炎天下の中作業をすることもあるので、体はしっかりと守りたいものです。体を紫外線や熱中症から守るために、身に着けたい服装・グッズをご紹介します。

 

  ・長袖の上下

虫刺されや紫外線を防ぐためにも、長袖の上下服は必須です。首が隠れるシャツを着るか、タオルを巻くなどして首元まで覆うようにしましょう。

 

  ・ゴム製の長靴

とくに雨あがりのあとの作業では足元が滑りやすくなっているので、滑り止めの長靴を履いて作業をします。

 

  ・ゴム手袋

草刈り機を使うときに重宝します。重量のある草刈り機は落とすと危険ですので、滑り止め機能の付いたゴム手袋で覆って落とさないように予防します。

 

  ・ゴーグル

虫から顔を守るために便利な道具です。また、草刈り機を使う場合に飛び散る雑草から顔を守ってくれる役割もあります。

 

  ・つばの長い帽子

暑い日にはつばの長い帽子が活躍します。暑い日差しを避けることができ、顔周りに害虫がやってくるのも防ぐ効果があります。

 

 

雑草の草刈りを効率よく!負担を軽減させるための選択肢3つ

安く楽に草刈りを済ませたいときには便利グッズが有効です。さらに草刈りを気軽にする方法が3つあります。

 

 

1つ目は草刈りの時期を選ぶこと。雨が降った翌日は地面が柔らかくなっており、草取りが格段に楽で早くなります。

 

 

2つ目の除草剤はとても便利です。液体や固体の薬剤をお庭に散布し、あとは雑草が枯れるのを待つだけという、とてもシンプルで手間のかからない方法です。しかし、多種多様な薬剤の中から適切なものを選ぶのは難しく、庭木や花、野菜も枯らしてしまう危険性があるので、取り扱いには注意しましょう。

 

 

最後の方法ですが、業者に頼んでしまう方法です。電話するだけで手間なく草刈りが終わります。また、草刈りのプロの手にかかれば、自分でやるよりも雑草をきれいに処理することができるでしょう。自分での作業を面倒に感じる方は、一度お見積りしてみてはいかがでしょうか?

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

雑草の草刈りを依頼したときの料金! 自分か業者か迷っている方におすすめなのは…

便利グッズを使ってもやっぱり草刈りは面倒くさい!そう感じたときの最終手段は草刈り業者です。業者に頼めば自分で手間をかける必要は一切なく、草刈りのプロの手で早く、効率的に草がなくなります。

 

 

しかし気になってしまうのが費用です。「自分で作業すればお金がかからないのに、業者に頼めば費用がかかる…」こういった理由で悩む方も多いのではないでしょうか?業者の費用やメリットを知ることで、案外業者でもお得に草刈りできることに気づくかもしれません。自分か業者か迷っている方は、料金の決まり方や草刈りを依頼するメリットをチェックして決めましょう。

 

 

草刈りを業者に依頼した場合の料金はどう決まる?

草刈りを業者に依頼した場合の料金はどう決まる?

 

 

草刈りの費用は業者によってさまざまですが、「面積」「作業量」が料金設定を大きく左右しています。

 

  ・面積

広範囲の雑草を刈る場合にはそれだけの手間と時間がかかるので、費用が高くなります。また、お庭の広さによって使う道具が変わる点も費用を左右するポイントです。草刈り機を利用するか、手作業でおこなうかなどで費用が変わる場合があるのです。

 

 

  ・作業量

雑草の量や草刈りにかかる時間が費用の決め手となることもあります。たとえば、草が長く大量に伸びている場合や、手早く終わらせたい場合には、多くの人数を要するので費用が高くなる可能性もあります。

 

 

その他に、基本料金以外でも費用がかかることがある点には注意が必要です。草刈り後に防草シートや砂利などを使った予防をしてもらうときは、その分の費用が追加されます。ほかにも、遠い場所へ業者が出向くときには出張費、高所作業や特別な重機を使用する際の重機の費用、雑草を処分する費用などがかかるケースもあります。

 

 

業者によって追加費用の料金も違うので、見積もりをとるなどして総合的な費用を比較することが大切です。

 

 

草刈りにはメリットがたくさん!面倒でも作業を放置しないで

草刈りが面倒だからといって雑草を放置しておくと、見た目が悪いだけでなく、害虫が増える、庭木や野菜の成長を妨げるといったことにつながってしまいます。こういった問題を避けたいと思って自分で作業すると決めても、炎天下の中の作業は健康面の心配や、虫刺されや腰への負担といった問題があります。

 

 

これらの問題をすべて解決するのが業者です。業者柄の依頼には、自分でやる面倒もなく、健康面の心配がすべてなくなるメリットがあります。

 

 

草刈り後のトラブルを回避できるのも業者ならではのメリットです。定期的に草刈りをすると、ついやりすぎてしまうことがあります。草を刈りすぎると害虫が増えてしまうかもしれません。草を刈りすぎることでほかの植物に日が当たりやすくなり成長することによって、その植物を鉱物とする害虫が増えるというケースがあるようです。

 

 

加減が難しい草刈りは、プロにおまかせするのが一番といえます。どの程度根元を残して刈るのか、いつの時期に虫が発生しやすいのかといったことを考慮して作業をするので、草刈り後のトラブルを回避することができるのです。

 

 

草刈りは自分?それとも業者…?無料見積もりの内容で判断してみる!

自分でやることもできる草刈り。ただし業者に頼るという選択もできます。お金がかかるからとためらってしまいがちな業者への依頼は、見積もりを依頼し業者比較することで思っているより安く済むかもしれません。サービス内容や提示料金を見てみると、自分でやる場合よりメリットが大きいことに気づくということもあるでしょう。

 

 

自分でやるか業者依頼をするか迷っている方は、一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

 

 

弊社では無料見積もりのご依頼を承っております。無料のお見積もりなら、「業者を利用するかはまだ決めていない」という場合にも気軽に試すことができます。さらに、ほかの業者様と相見積もりしていただくことも可能です。「業者を比較して相場を知りたい」という場合にも、ぜひ一度お見積もりをご依頼ください。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

お客様情報
ご年齢

代・

依頼種別

施工エリア

施工評価
代・

草取りを劇的に楽に!雑草を根絶させる3つのステップ

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

雑草とはこれでおさらば!雑草をなくすための「草取り・除草・予防」の3ステップ

「しつこい雑草とさよならしてしまいたい…」お庭をお手入れしたことがある方なら、一度は思うことではないでしょうか。どれだけ刈っても生えてくる雑草の草取りには終わりがなく、お庭の悩みの種です。

 

雑草を撃退するには、「草取り」「除草」「予防」の3つのステップが必要です。雑草のお手入れを楽にするため、効率よく作業をおこなうコツを順を追って紹介します。この章では、1つ目のステップ「草取り」についてみていきましょう。女性や高齢の方でも安心して草取りに取り組める、便利な道具もご紹介します。

 

雑草をなくすためにまず草取りを! 効率よく行うための知識一挙まとめ

雑草をなくすためにまず草取りを! 効率よく行うための知識一挙まとめ

 

雑草をなくすためには、まず今ある草を全て抜き取ってしまわなければなりません。面倒で時間のかかる草取り…楽に早く済ませるための3つのポイントをご紹介します。

 

 

【草取りの時期】

効率的な草取りの基本は、雑草が小さいうちに抜いてしまうこと。雑草は小さなうちは柔らかいため、比較的抜きやすく、成長力もそれほど強くありません。しかし、いったん大きくなってしまえばその後の成長はすさまじいです。葉は固く長くなり根は深く広がるので、引き抜くのが非常に困難になります。そして、花が咲きやがて実・種をつけるようになると、種が飛散したエリアに雑草の範囲が拡大してしまいます。

 

一年草は種類にもよりますが、春か秋に成長しはじめることが多いのです。お庭の雑草の状況をチェックして、できるだけ小さいうちに根っこから抜いておきましょう。多年草の場合は冬を越して成長を続けますので、根が伸びてしまっては抜くのが大変です。見つけ次第すぐに引っこ抜くようにします。

 

 

【作業の進め方】

草むしりに決まりはありませんが、ご自分の性格に合わせてはじめに取り掛かるエリアを決めるとよいでしょう。大きな達成感を味わうことでやる気が倍増する方は、とくに雑草が目立つ場所から取り掛かり、根気よく続けるとよいでしょう。

 

逆に「草むしりにすぐに飽きてしまいそうで不安…」という方には、家周りのちょっと生えた雑草や、ガーデニングエリアの雑草から抜きはじめるのがおすすめです。小さいエリアでも雑草を抜ききることで達成感を味わうことができ、もっと頑張ろうというやる気が湧いてくるでしょう。

 

 

【地面を湿らせてから抜く】

草取りは雨が降った日の翌日が最適です。これは、土が柔らかくなることで、根っこからするりと抜けやすくなるからです。しかし、雨の日の翌日は虫も増えますので虫対策は万全にしましょう。雨が降らないときは、水撒きをして地面を湿らせてから草を抜きます。

 

楽に草取りがしたいときは、便利な道具を使って作業をサクサク進めよう

草取りは、手で一本一本抜いていては時間も体への負担もかかってしまうもの。とくに力の弱い女性や体が心配な高齢の方にとっては、草取りはなかなかの重労働です。そんな草取り作業では、道具の活用はとても大事です。時短できるよう設計されたものや、力を使わなくても簡単に草抜きできるよう工夫された便利グッズがたくさんあります。お役立ちグッズをいくつかご紹介します。

 

●フォーク型の草取り

刃が四方八方に広がっている小さな雑草を抜くのに便利な道具です。フォークの隙間に雑草の茎を通し、てこの原理を使って簡単に根から引き抜くことができます。

 

●ねじり鎌

刃が地面と平行になるように使う道具です。根元が残ってしまいますが、葉茎がなくなると一気に成長力が弱まる一年草の草むしりにはとても効果的で、先のとがった部分を使えばレンガの隙間の雑草なども力も簡単に除草できます。ステンレス製のものなら研ぎ直しが可能なので、長期的に使うことができます。

 

●電動除草機

熊手のような道具に振動を加えながら草を取ることができる電動装置です。振動が根元から地面に伝わることにより、根を固めている土がバラバラと落ちるので、根元からしっかりと抜くことが可能です。

 

抜いた後の雑草、大量にあるけどどう処理したらいい?

雑草処理は、抜いた後も大変です。抜いた雑草はそのまま放置してしまいがちですが、抜いた雑草はまだ生きています。そのまま土の上に置いておくと、土に根付く可能性があります。雑草を処分する方法は大きく分けて2つです。1つがゴミとして処分する方法です。ゴミ袋の中に入れて処分場で処理してもらうことが可能です。もう1つは土の中深くに埋めてしまう方法です。

 

ゴミとして処分するにしても土の中に埋めるにしても、処分費用がかかったり穴を掘る必要があったりととても面倒なものです。雑草の量が多ければその分処分は大変になるでしょう。面倒に思ったら、思い切って業者に草取りを頼んでしまえば万事解決です。業者は草の処分まで責任を持っておこなってくれるので、処理が甘くて雑草がすぐに生えてきてしまう…という心配もなくて済みます。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

草取りをしたら次に行うのが「除草」と「予防」 雑草根絶まであと少し!

草取りという大変な作業、お疲れさまでした。草をすべて抜いた後は大きな達成感を感じますが、雑草撃退にはまだまだ十分ではありません。根絶するまではあと2ステップ必要です。やっとのことで草取りをしてお庭がきれいになっても、それだけではすぐに草が生えてきてしまうからです。

 

ここでは雑草を抜き取った後の「除草」と「予防」についてお伝えします。どちらも草を根絶するための大事なステップなので、しっかりと知識を身につけましょう。

 

もう草取りをしたくない…! 簡単にできる除草方法

もう草取りをしたくない…! 簡単にできる除草方法

 

●除草剤を使った方法

2つ目のステップである「除草」をするには除草剤の効果が絶大です。適量をお庭全体に散布するだけで、雑草を素早く枯らすことができ、草の予防にも適しています。除草剤はガーデン用品を販売しているショップで簡単に購入することができます。さまざまな種類の除草剤が販売されているので、お庭の雑草に合わせて適切な薬剤を選びましょう。

 

 

●「除草剤は不安…」身近なものでも対策できます!

除草剤は効果的ですが、その分お庭のほかの植物やペット、家族への影響が気になる…という方も少なくないと思います。その場合でも安全に試せる方法があります。家で用意できる身近な素材が代替品になることもあるので、ぜひ試してみましょう。

 

・除草シート

除草シートを隙間なく敷くことで、地面に日光が当たらなくなり草の成長を防ぐことができます。敷くだけで簡単に除草できるのが大きなメリットです。数年で効果が薄れてしまいますが、定期的に交換することで威力を取り戻すことができます。環境に配慮して天然素材でできたシートも登場しています。

 

・お湯

熱湯を草にかけることで、死滅させることができます。お湯を沸かすだけなので安く、どんなご家庭でも試すことができる方法です。草の種類・サイズによって効果が異なるため、お湯の量を調節しましょう。土壌の中の微生物や肥料に気をつけながらお湯をかけることも大切です。

 

除草をしたら最後は「予防」 効果的な方法とは?

除草をした後は、予防をすることで防草対策を万全にすることができます。土ではなくほかの素材をお庭に取り入れて雑草予防してみましょう。

 

●砂利

お庭を砂利に変えれば一段と草が生えにくくなります。5㎝程度の厚みでも効果は得られますが、しばらくすると隙間から生えてきてしまうことがあります。逆に予防を意識しすぎて10㎝の厚みにしてしまうと歩きにくくなるので、バランスを大切にしましょう。また、防草シートを敷いた上に砂利を敷くとより高い効果を得られます。

 

●コンクリート

地面をコンクリートで固めてしまう方法です。コンクリートは無機質で面白みがないと捉えられがちですが、お庭の一部だけをコンクリート舗装したり、隙間をつくり植物を植えたりといった工夫を加えることで、無機質すぎず住宅にマッチするような雰囲気に仕上げることが可能です。

 

●レンガ・石貼り

洋風の住宅での雑草予防にはレンガ貼り、和風の住宅には石貼りがピッタリです。草が生えて狭く感じていたお庭も、レンガを敷き詰めることによりスッキリと、広く感じるでしょう。レンガや石はデザイン性が高く敷き方のアレンジもしやすいので、上手に使えばお庭の景観を一気にアップさせることも可能です。

 

このほかにウッドデッキやタイルなどでも、景観を損なわない雑草予防ができます。

 

3ステップの一部だけ業者にまかせるのもあり!賢い選択を

これまでお庭の雑草とさよならするための3ステップをご紹介しました。しかし実際のところ、草取りから予防までのすべてを自分だけでおこなうのは結構大変だと思いませんか?

 

「雑草対策したいけれど面倒だし難しそう…」「予防・除草の方法がいくつもあって、どれを選んでいいのかわからない…」そうお考えの方は、業者に一度相談してみるとよいでしょう。雑草対策を知り尽くした草刈りのプロならスピーディに草取りするだけでなく、あなたのお庭にぴったりの方法で予防・除草してくれます。

 

とくに除草剤は健康に配慮する必要があるので薬剤を知識もなく選ぶのは危険ですし、予防となると大掛かりな作業になりますので自分でおこなうのは難しいです。ちょっと力を借りたいなと思ったら、気軽に電話してみましょう。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

雑草の草取り費用は? 信頼できる業者の見分け方

草取り・除草・予防は手間がかかるので、業者の手を借りたくなります。しかし、業者に頼むとなると難しいのが業者選びです。「信頼できる業者を見つけようにも判断基準がわからないし、そもそも費用って業者によって違うのだろうか?」と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

 

業者はたくさんありますが、それぞれの費用や技術はバラバラなので信頼度はどこも同じとは言えません。ここでは、業者依頼の際の費用や信頼度の高い業者の見つけ方をご紹介します。

 

雑草の草取り費用に影響するもの

雑草の草取り費用に影響するもの

 

草取りの基本料金はおもに2点が基準になります。

 

まずひとつ目が、お庭の面積です。お庭が広ければその分草の量も多く、作業が大変になるので草取り費用が高くなります。「1平方メートルごとに○○円」という明確な基本料金です。

 

ふたつ目が、作業量で決まる方法です。「1時間の作業に○○円」というように時間ごとに費用を決めている業者がこれに当たります。雑草が深く根付いていたり、伸びきっていると抜いて処分する作業にも手間がかかるので、結果的に費用が高くなるでしょう。

 

業者ごとに料金設定は異なります。基本の料金設定をしっかりと確認して、自分の場合はどの料金設定だとお得なのかを判断しましょう。

 

このほかにも、オプション価格が追加される場合もあります。たとえば、遠い場所での作業には出張料、草刈り機やトラクターなど重機を利用した作業には機械を運搬・使用する料金、予防・除草を草取り後にしてもらうときにはその分の費用がかかります。

 

また、「草取り」と「草刈り」の違いにも要注意です。草を根元から引っこ抜く「草取り」に対し、雑草をある程度まで切るのが「草刈り」です。草取りは手間がかかる分、費用を高く設定している業者も少なくありません。どちらが適切かを費用と効果を両方考慮して決めましょう。

 

雑草の草取りを行う業者は多数あり!信頼できる業者を見分けるポイント

少し探してみるとわかるかとおもいますが、草刈りをする業者は全国各地にたくさん存在します。その中から信頼できる業者を見分けるためのポイントをお伝えします。

 

・明確な価格

お金にあいまいさがない業者は、責任感が強く、作業においてもしっかりとおこなってくれる可能性が高いです。まずはホームページを見て料金がどのように決められているのかを知りましょう。そして実際に見積りを依頼してみて、不明な点がないかを確認することも大事です。

 

・過去に実績がある

業者の腕と経験は、実績から伺うことができます。過去にどのようなお庭の草取りをしてきたのかをチェックしましょう。とくに、同じような広さ・状況のお庭での施行例やお客様の満足度を見てみると、実際の業者に頼んだ場合にどのような仕上がりになるかを想像しやすいです。

 

・対応が丁寧で安心できる

あいさつや話し方は人柄を見極める大事なポイントです。業者のスタッフがどのような人なのかを知るには電話をしてみるのがおすすめです。実際の対応を自分で知ることができ、雰囲気を知ることで安心してまかせられるかを判断します。

 

費用の基準が知りたい方は、無料見積もりからはじめてみませんか?

草取りの費用は業者によって決め方が違います。草取り料金の相場や提示された費用が適切かを知りたい場合は、見積もりを取るのが一番。見積もりはご自分のお庭での費用をはっきりと示してくれるので安心です。

 

さらに数社に見積もりを取ることで、費用の基準が見え、業者を一目で比較することができます。業者の信頼度を計るという目的でも、実際に見積もりのために電話をして対応を見るのも効果的な方法です。

 

草刈り110番では無料見積もりが可能です。「手間がかかる草刈りは業者にまかせてしまおうかな…」「ほかの業者と相見積りしてみたい」とお考えの方は一度お見積りしてみてはいかがでしょうか?

 

「業者への依頼はまだ決めていないけれど、自分のお庭での草刈り費用が気になる!」という興味をおもちの方も、見積もりにお金は一切かかりませんので安心してご利用いただけます。お気軽にご連絡ください。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

お客様情報
ご年齢

代・

依頼種別

施工エリア

施工評価
代・

草刈りを依頼したい!あなたにぴったりな業者の選び方

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

 

草刈りを依頼したい!じゃあどこに依頼するのがベスト? その答えと選び方の手順

草刈り・草むしりを業者に依頼しようと決めたとき、まずするのは業者選びです。どのような業者がいて、どの業者なら安心してまかせられるのかを知ることが、費用に見合う満足な草刈り作業をしてもらうためには大切です。

 

大切なお庭をまかせられる信頼度の高い業者を見つけるために、本当に役立つ方法をご紹介します。業者とは一味違うシルバー人材センターでの草刈り依頼についても触れていきます。

 

口コミや業者のランキング・・・そこに答えはありますか?

口コミや業者のランキング・・・そこに答えはありますか?

 

インターネット上で業者の情報を探すときによく目にする口コミや業者のランキング。口コミを見れば実際に草刈り業者を利用したお客様の感想がわかり、ランキングではどの業者が頼りになるのか一目でわかるのでとても便利です。

 

しかし注意していただきたいのは、あくまで口コミは他人の意見だということです。ご自分の場合の草刈りとは事例が違うため、口コミで評判がいいからといって絶対に満足できるとは限りません。ランキングにしても、誰が何を基準に順位を決めているのかがわかりません。つまり、口コミや、ランキングに自分に適した業者の答えがあるとは限らないのです。

 

大切なのは、自分の耳や目で判断することです。自分で調べて情報を集め、自分が一番大切にしたい基準を軸に選ぶことが、本当に満足できる業者選びの方法です。

 

しかし、「自分で調べるのが面倒くさい…」という方や、「仕事やご家庭が忙しくて調べる時間がない」という方もいらっしゃるでしょう。そんな方のために、次に優良業者の選び方を伝授します!

 

納得のいく草刈り業者に依頼したい!まずは優良業者を見極める

●草刈り業者を選ぶポイント

まずはたくさんある業者から、いくつかの業者をピックアップしてみます。真摯に対応してくれる草刈りのプロを選ぶためには、以下のようなポイントに注目して信頼性を見極めるのがおすすめです。

 

  • ☑ わかりやすく、見やすいサイトか
  • ☑ 料金設定が大々的に、明確に示されているか
  • ☑ 施行例やお客様の声など、実績が掲載されているか
  •  

    これらの基準で見極めるときは、ホームページを参考にしましょう。草刈り業者の多くはホームページを活用して、お客様に業者についての情報を公開しています。

     

    業者のホームページをのぞいてみると、ホームページには作業内容や利用料金、対応エリアといった情報が掲載されていることが見て取れるでしょう。ホームページの情報を有効活用して、いくつかの業者に目星をつけることが、最適な業者選びをする第一歩です。

     

     

    ●業者を調べると出てくる「シルバー人材センター」って何?

    あなたの市区町村にもシルバー人材センターはあるでしょうか?シルバー人材センターとは、まだまだ元気でありながらも定年退職された高齢の方々が、地域の活性化のために精力的に活動できる公益社団法人です。

     

    シルバー人材センターではさまざまな依頼をすることができ、草刈り・草取りも例外ではありません。シルバー人材センターへ依頼をすると、芝生のお手入れやご自身の土地の雑草の処分などをおこなってくれます。シルバー人材センターへ依頼する場合にも、仕事をしていただくことには変わりはないので料金を支払います。

     

    業者を複数社ピックアップしたら…最後は見積もりで1社に絞る!

    口コミやランキングは役立ちますが、あくまでも他人の意見です。本当に自分の求める業者を見つけるには、ホームページ上の情報などを参考にして、自分なりの基準で業者選びをすると効果的です。

     

    いいなと思う業者を数社割り出したら、あとは見積もりで1社に絞ります。見積もりを出してもらえば実際の費用を確認することができ、気になる業者の料金とサービス内容を簡単に比較できます。

     

    弊社では無料で見積もりをさせていただきます。お見積もり後にキャンセルしていただくことは可能なので、費用を知りたいだけ…という方もお気軽にご利用いただけます。また、お見積もり確定後に追加料金が発生するようなこともありませんので、はじめて業者を利用する方も安心してお電話ください!

     

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

     

    草刈りを依頼する前に知りたい!「料金」と「依頼から作業完了までの流れ」を紹介

    草刈りを業者に頼む前に気になるのが、費用の問題ではないでしょうか?思い切って業者に依頼すると決めても、やはり安く済ませられればうれしいですよね。また、はじめて業者を利用しようと考えている方にとっては、「依頼した後の具体的な流れがわからない」「本当に業者に頼っても大丈夫なのか」と不安に思ってしまうことでしょう。

     

    安心して草刈りをまかせるために、依頼前に料金と作業までの流れをつかみましょう。

     

    草刈りを業者に依頼した場合の料金は? みんな気になる!お金に関する話

    草刈りを業者に依頼した場合の料金は? みんな気になる!お金に関する話

     

    多くの業者は以下の2点を基準に費用を決めているようです。

     

    ・面積

    「1平方メートルあたり○○円」というような、シンプルでわかりやすい料金設定です。面積の広さに応じて利用料金が増減するので、お庭の広さが重要になります。

     

     

    ・作業量

    具体的には、業者が作業をする時間や草刈り方法などで決まります。草刈りをする場所の広さや雑草の量によって、状況に応じた草刈り方法でおこなうことが多く、方法によって費用が大きく左右します。たとえば、手作業での草刈りや電動草刈り機を使った方法などがあります。

     

    これら基準のほかに、オプション料金がかかることにも注意が必要です。業者が遠い場合はお庭に駆け付けるときに発生する出張費や、高所や広大な土地の雑草を刈るために使う重機の料金などがあります。

     

    草刈りを依頼したときの流れ、気になりませんか?

    依頼したあとにどういう流れで進んでいくのか…。不安な方のために、業者利用の流れの一例をご紹介します。

     

  • ① 業者に電話し、悩みを相談し要望を伝える
  • ② 現地調査をおこなう
  • ③ 見積もりを出してもらい、費用やサービスについて比較・検討する
  • ④ 依頼を決めたら、施行日を決める
  • ⑤ 当日、草刈りをしてもらう
  • ⑥ 施工すべて完了後、費用を支払う
  •  

    無料でできることからはじめてみるのも手

    業者に依頼するのなら、「一番安心かつお得に草刈りしてくれる業者を見つけたい」と思うのは当然のことです。

     

    安心と安さを見極めたいときは、「相談・現地調査・見積もり」の3つを依頼してみましょう。費用や施工内容だけでなく、業者の人間性・対応力を見ることができるので、結果的により納得のいく判断をしていただけます。

     

    お庭110番では、これら3つの方法を無料で試していただけます。「いろんな業者を比較したい」「自分が希望している条件の費用や相場が知りたい」と思う方は、まずはお見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか?これら3ステップはすべて無料ですので、気になる方はお気軽にお電話ください。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    自分なりの草刈り業者の選び方!費用や信頼度の計り方

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    目次

     

    「草刈り業者に求めるのはなんですか?」 注目すべき3項目をチェック

    数々の草刈り業者のなかからベストな業者選びをするのは至難の業です。いろいろと調べてみたけれど、インターネット上には情報があふれていて、「結局どの業者がよいのかわからない」と悩んだり、「どこの業者に頼んでも結局一緒だろう」と考えてしまったりしていませんか?

     

    同業で似ている業者はたくさんありますが、一つとして同じ業者はありません。業者選びに大切なのは自分が一番求めるものを知ること。業者に求めるものはサービス内容なのか、お金なのか、信頼性なのか、考えてみることが大切です。まずはサービス・料金・安心の3つの軸を中心に、考えてみましょう。

     

    草刈り業者の「サービス」の質を求めたい

    草刈り業者の「サービス」の質を求めたい

     

    サービス内容が充実しているかという点は、大切なポイントのひとつです。まずなにより、やってほしい作業に業者が対応できなければ、依頼をする意味が全くありません。思い通りの方法でおこなってくれるのか、しっかりと確認を取る必要があるといえます。

     

    また、希望している草刈り以外の作業もおこなってくれるかが重要になることもあります。たとえば、庭木を育てているご家庭では、草刈りと合わせて庭木の剪定・伐採や害虫予防を頼みたい場合もあるでしょう。そのほかにも、雑草が生えてくるのを予防したい方にとっては、ただ刈るだけでなく、防草シートや防草剤による防草作業を一緒におこなってくれればうれしいですよね。

     

    ホームページ上に記載されているサービス内容の中に、自分のおこなってほしい作業が含まれているかをしっかりと確認しましょう。もしホームページ上などでも詳細なサービス情報がわからないなら、直接電話して聞いてみるのもひとつの手です。

     

    草刈り業者の「料金」にこだわりたい

    業者に依頼するということは費用を支払うのですから、費用に見合った作業を施してもらいたいと考える方もたくさんいらっしゃるでしょう。費用に納得するためにとくに注目したいのは、【わかりやすい料金設定か】と【見積りを出してくれるか】という2つの点です。

     

    ・わかりやすい料金設定か

    料金設定がわかりやすい業者は、費用に関してしっかりとした軸があり、「1時間の作業につき〇円」「1平方メートルにつき〇円」というような記載をしています。料金設定はホームページで確認できる業者もありますので、依頼を決める前に一度チェックし、だいたいどれくらいの費用がかかるのかを計算してみるのもよいでしょう。

     

    ・見積りを出してくれるか

    費用が作業内容に適した金額なのかを確認するには、見積りが重要です。業者に依頼するときは、必ず見積りを依頼してみましょう。見積りを出してくれない業者は料金設定があいまいで、費用をうやむやにしようとしている可能性があります。逆に、細かい費用まで明確に見積りに記載してくれる業者は、料金設定に自信があるといえそうです。

     

    草刈り業者から感じる「安心」を大切にしたい

    一口に安心といっても色々な切り口がありますが、以下のような点を参考に、「この業者なら安心できそう!」と思える業者を見つけてみるとよいでしょう。

     

    ・作業員の人柄がよく、対応がいつでも丁寧

    草刈り業者は草刈りの技術を駆使する「サービス業」ですから、お客様に対する対応が丁寧でなくては安心感があるとはいえません。気兼ねなく相談ができ、好印象な業者こそ、真の草刈りのプロなのかもしれません。

     

    ・対応が的確でスピーディ

    作業のスピードも安心感のひとつです。急いで草刈りしてほしいときに見積りや施工などの対応が遅いと、ちゃんと希望日までに草刈りできるのか不安になるばかりで、安心できません。

     

    ・定期的に作業をしてくれる

    お庭の雑草にもサイクルがあり、日に日に成長していくので、草刈り・草むしりは定期的におこなわなければなりません。1年に3回おこなうのが理想と言われる草刈りですが、1年に1回であれ、月に1回であれ、定期的な作業にも対応してくれる業者を見つけられれば、雑草の心配も少なくなります。

     

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    早速、草刈り業者をいくつかに絞ってみましょう。業者を選ぶポイントとは?

    草刈りをしてくれる業者はどんな地域でも多くあります。「たくさんある業者からどのように1つの業者を選べばいいのだろう…」とついつい悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

     

    まずは数ある業者の中から複数社に絞るために、2つのステップを試してみましょう。まずはホームページを見て数社の草刈り業者に目星をつけます。その後、「安心感」を基準に業者を絞るのがおすすめです。これらの2ステップを詳しくご紹介します。

     

    1. まずはホームページを見て草刈り業者をざっくり知る

    1. まずはホームページを見て草刈り業者をざっくり知る

     

    スマートフォンやパソコンは、草刈り業者を見つける際にも大切な情報源です。インターネット上のホームページを確認して、業者の善し悪しを判断してみましょう。

     

    ホームページの見た目だけで判断すべきとは言えませんが、ホームページ全体が充実しているほど、信頼できる業者が多いのは事実なようです。業者の紹介や費用についてのページ、お得な情報などコンテンツが豊富であるほど、お客様に業者を知ってもらおう、明確な情報を提供しよう!という思いが表れているのです。業者のホームページをチェックするときは、とくに以下の2点に注目します。

     

    ・料金がしっかり明記されているか

    信頼性が高い業者は、依頼する前から料金設定を明確に示しています。ホームページの中の見やすい場所に、さまざまなケースの料金を載せてくれている業者ほど、料金設定に責任と自信をもっていると考えられます。

     

    ・実績や施工例、利用者の声が載せられているか

    過去の実績や施工例は業者の腕を見るためにもぜひチェックしていただきたいポイントです。とくに施行例では、過去にどのような条件のお庭のお手入れをしたのか、どれくらいの範囲の草刈りをすることが可能なのか、機械を使っての草刈りも可能なのかなどを確認でき、ご自身のケースでも安心しておまかせできるかを判断できます。また、実際に業者を利用した方の感想を載せている場合、そちらもチェックするとよいでしょう。

     

    2. さらに隅々までチェック!信頼できる業者かどうかの見分け方

    業者の信頼性はホームページだけでは完全に見極めることができません。より深く信頼性を計るために、3つのポイントに注目しましょう。

     

    ・草刈りを専門にしているか

    草刈りを専門におこなっている業者であれば、さまざまな場所で草刈りを経験しているので豊富な経験を活かして草刈りしてくれるでしょう。草刈りに特化していれば重機の使用にも慣れており、スピーディかつ丁寧に作業することができます。しかし、草刈り以外にも選定などの頼みたいことがある場合は、草刈りのほかにも対応してくれる業者を選ぶのもよいでしょう。

     

    ・Q&Aに違和感はないか

    ホームページには、お客様からよく聞かれる質問とそれに対する答えを載せていることが多いです。Q&Aの中で、質問に対する答えがあいまいだったり、答えが世間一般の常識とは逸脱している場合は、信頼性に欠けるので注意しましょう。

     

    ・会社概要の明記はあるか

    悪質な業者ほど、実在を隠そうとして会社概要をあまり載せない傾向にあります。会社の住所や代表者の名前、会社の問い合わせ先など、基本となる情報がかかれているかをチェックしましょう。

     

    業者の雰囲気を知るなら、相談してみると早い!

    ホームページの充実度は信頼性を計るためには大切な判断材料ではありますが、信頼できると確信し業者の雰囲気までつかむのは難しいのが実のところです。また、口コミを調べることも可能ですが、調べるのが面倒なうえ、一人一人の意見は異なるため本当の業者の姿を見出すのは容易ではありません。

     

    しかし、電話などで実際にコンタクトをとって話してみると簡単に雰囲気をつかむことができます。ホームページ上で気になったことや不明な点は、直接業者に聞いてみるとよいでしょう。

     

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    草刈り業者を絞ったらどうする? 見積もりをして具体的な料金をチェックしましょう

    依頼する業者を信頼度が高い数社に絞ったところで、あとは気になる料金を確認します。ホームページに記載された料金表から自分でおおよその費用を計算することも可能ですが、追加費用などにより正確な費用を自分で導くのは難しいものです。明確な料金を知りたいときは、見積りが一番の近道です。

     

    気になる業者に見積りを依頼すれば、それぞれの業者を比較し、最終的にお得で高品質なサービスを提供してくれる最適な1社を絞り込むことができるのです。

     

    費用についても安心納得したうえで業者に依頼するために、料金設定の基準を知りましょう。業者利用の流れも確認して、予備知識を完璧にしましょう。

     

    雑草の草刈りでかかる費用はどう決まる?

    雑草の草刈りでかかる費用はどう決まる?

     

    草刈りの料金は業者ごとに異なりますが、【面積】や【作業量】を基準として料金設定を決めている業者が多いです。面積を基準にする業者に依頼するときは、草刈りする場所の広さが重要になります。お庭が広ければ広いほど費用がかかることになります。

     

    もうひとつの基準である作業量は、どのように草刈りをするのか、どれくらいの時間と作業員が必要になるのかが注目すべき点です。草刈りは手作業でおこなうこともできますし、草刈り機などの重機を使って刈ることも可能です。刈る方法を見比べ、施工スピードと費用のバランスに納得がいく方法を選びましょう。

     

    ほかにも、出張料金や、草刈り機などの重機を使うことによって発生する費用もあります。基本料金が安くても、追加費用で結果として割高になることも考えられるので、しっかりと費用を見比べましょう。

     

    草刈り依頼後の流れを知っておくと安心です

    信頼性のある業者を見つけ、費用にも満足できても、実際に依頼したことのない方は戸惑ってしまうこともあるでしょう。そこで、依頼の流れを知っておくと安心です。一例をご紹介します。

     

     

    • ① 業者に電話し、無料見積りを依頼する
    • ② 現地での無料見積りをする
    • ③ 費用や草刈り方法を知ったうえで依頼を検討する
    • ④ 依頼を決めたら、作業日を決める
    • ⑤ 作業をしてもらい、その後費用を支払う

     

     

    数社に業者を縛ったら、相談と見積もりをして業者を比較・選定する!

    信頼できるいくつかの業者のなかから一番の業者を選ぶとき、最後にポイントとなるのはやはりお金です。同じ作業でも、料金設定の違いから業者ごとの費用は違ってくるので、それぞれの業者を比較することがお得に草刈りするために大切なのです。

     

    一番お得で納得できる業者を見つけるために、まずは見積もりからはじめてみませんか?お庭110番では、無料でお見積りを依頼していただけます。お見積り後にキャンセルしていただくことも可能ですので、ほかの業者様との相見積もりする方も安心してご利用いただけます。

     

    ご依頼していただく際には、お見積り確定後の追加料金も一切発生しませんので安心です。お得に草刈りしたい方はぜひご利用ください!

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    竹の伐採の費用はどう決まる?業者選びのコツも紹介

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

     

    目次

    竹伐採にかかる費用はどれくらい?気になるお金の話

    竹は笹にもよく似ていますが、笹に比べて成長後の高さがあり、一度茂るとうっそうとした竹林を形成します。知らないうちに竹が増えて伸びていて、伐採しようと考えていらっしゃる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

     

    竹の伐採をお考えの方の多くは、費用面が気になっていることと思います。竹はただでさえ成長の勢いがすさまじく、お手入れにも手間がかかる植物です。一回ごとの費用をできるだけ少なく済ませたい…。そう考える方も多いでしょう。

    まずは、竹の伐採費用がどのように決まるのか、費用の目安はどのくらいなのかをご紹介します。

     

    竹の伐採にかかる費用はどう決まる?費用の目安は?

    竹の伐採にかかる費用はどう決まる?費用の目安は?

     

    ■料金の決定に影響する項目について

    竹の伐採費用の金額に影響する要素には、いくつかあります。その中でも、「竹ならでは」と思われるものには、

     

    ●竹やぶの広さ
    ●竹の密集度

     

    といった要素があります。

     

    ■費用の目安
    竹に限らず、伐採の費用は業者によってさまざまです。そのため、一概には価格帯を断言できないところがあります。

     

    竹は根っこ(地下茎)を伸ばして成長していくため、剪定などお手入れをしないと竹やぶはどんどんと広がり、密集度は高くなっていきます。広い竹やぶ、密集した竹林などでは作業が大変になるため、作業費が高くなります。

     

    裏を返せば、竹は手入れをせずに放っておくほど一回の伐採費用が高くなるとも言えます。

    「竹の伐採後にどうしたいか」が費用に影響します

    竹の伐採後にどのような目的があるかによって費用に影響します。おもに伐根、整地、根の処分をおこなう場合は、別途料金かかることもあります。

     

    ■伐根

    伐根とは、木の切り株を掘り起こして抜き取る作業のことです。

    竹は地面に根を伸ばしながら育っていく植物なので、いくら稈(※かん)や幹の部分を伐採しても、根を完全に抜き取らなければまた生えてくる可能性が高いです。根元から引き抜かなければ意味がないのです。

     

    重機を使っておこなうのが一般的ですが、重機を乗り入れることができない場所では手作業です。

    竹は地表から30㎝~1mのところに根を張り巡らしているので、手作業での伐根は非現実的。実際には小型の油圧ショベルなどを使うことが多いです。

     

    ■整地
    整地は伐根後におこなう地均しのことです。伐採した跡地に家屋を立てる場合だけでなく、綺麗に整えたい場合にもおこないます。

     

    竹はとても根が強い植物なので、しっかりと伐根しようとすると土をかなり掘り返す必要があります。この後、荒れた状態になった地面を整える整地はほぼ不可欠です。

     

    ■処分
    伐採した竹を処分する際には、基本的には可燃ごみという扱いになります。伐採後の竹をゴミの日の前に日干しして水分を抜き、細かく分割して、自治体ごとの規則に従って可燃ごみに出します。

     

    竹林の伐採・伐根ともなると、時におびただしい量の竹や竹根が廃棄物として発生する場合があります。その際は専用の竹粉砕機をしようすることもあり、この段階で費用が掛かります。

     

    竹は腐敗しにくいため、自然に土に還すには時間がかかります。伐採したまま放置しておくと害虫などが発生する原因にもなりかねないので、なるべく早く処分するのが賢明です。

     

    竹伐採にかかる費用の疑問点・ご不安な点はいつでもご相談ください

    竹は繁殖力が強く、徹底的な伐採には手ごわい植物です。

    また、しっかりと伐採して更地にしたいという場合も、再び繁殖するのを防ぐためには、徹底的な伐根が欠かせません。そして伐根は結果的に土地を深く掘り起こすことになり、結果整地の必要性も発生します。

     

    このように、繁殖力の強さに起因して、作業が大規模になりやすいのが竹の伐採の特徴です。

    伐採やそれに伴った伐根・整地・処分にかかる費用についての疑問点や、ご不安な点がありましたら、いつでも弊社にご相談ください。

     

    竹の伐採のプロが、お客様のご不安に寄り添い、丁寧で誠実なご説明をおこないます。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    竹の伐採は本当に必要?いまいち作業に踏み切れない方へ…

    竹の伐採の必要性があまり感じられない、なかなか決断に踏み切れない。そんなお客様もいらっしゃるかもしれません。

    いまいち竹の伐採に踏み切れない…。そんなお客様に、竹の伐採のメリットについてご紹介します。

     

    竹は素材としての機能性も高く、古来日本で好まれて使用されてきたものです。活用方法もさまざまですので、伐採後の用途を考えてみるのもいいかもしれません。

     

    竹を捨てるだけではもったいない?! 切った竹は竹チップに

    竹を捨てるだけではもったいない?! 切った竹は竹チップに

     

    伐採後の竹をただ捨てるだけではなんだかもったいない。そんなときにオススメなのが、「竹チップ」として再活用することです。

     

    ■竹チップのメリット

    竹チップとは、竹を細かく粉砕したもののことです。

    本来は、伐採した竹を処分する際に、かさばらせず効率的に処分するための処理です。伐採した竹や枝を一本ずつ、鋸などで細かく切って処分するよりも、粉砕機に投入して細かくした方が、作業効率も運搬回収の効率も上がるというわけです。

     

    ■竹チップの活用法

    最近では、この竹チップを歩道や通路に敷くなどして景観の向上を図ることもできます。

    竹チップを道路に敷くことで、道路の水はけが改善されるうえ、歩いたときに足腰に負担のかかりにくい柔らかい地面を作ることができます。バラスト(砂利)などを敷くよりも歩きやすく、環境にも優しいので、注目されている方法です。

     

    竹伐採をするメリットはこんなにたくさんある

    竹を伐採するメリットとして、「竹の暴走を発生させない」という重要なポイントがあります。竹の繁茂が暴走すると、栄養や日光を奪うことでほかの作物を枯れさせてしまったり、不良な竹林を作ってしまったりといった、さまざまな悪影響が起こります。

     

    竹は地下茎を伸ばしてどんどんと範囲を広げていくうえ、ピーク時には1日で1m伸びることもあるほど成長速度が速いのが特徴です。そんな竹の管理を少し怠っただけで、手が付けられないほど増殖し繁茂してしまうこともあるのです。

     

    現在、モウソウチクという種類の竹を中心に、竹林が暴走して雑木林・造林地、畑などに侵入して増殖していくという現象がみられています。「放置竹林」と言われる、手入れを放棄された竹林も問題化しており、うっそうとした印象の不良竹林が増えているのです。

     

    このような現象が起こると、ほかの作物の育成の妨害、景観・治安の悪化、他人の土地の侵害といった、さまざまなトラブルを招いてしまいます。

     

    このようなトラブルを回避するために、竹の伐採はとても効果的に作用するのです。

     

    竹伐採を依頼しようかな…ご検討の方はまず相談を

    地下茎を伸ばして増殖し、成長のスピードもすさまじい竹は、少し放置するだけで手が付けられないような状況を招くこともあります。

     

    竹を伐採しても、竹チップなど別の活用法もあるため、竹林を持て余してしまっている方や、コントロールを失いそうになっている方は、伐採をおこなうのがおすすめです。

     

    竹林の撤去にしても、竹林の整備にしても、伐採をすることによって自分にも他人にもよい環境づくりができるのです。

     

    竹の伐採をご検討中の方は、いつでもお気軽にご相談ください。お客様の気がかりなところや疑問点を、プロがしっかりサポートします。ご相談は無料のうえ、無理な勧誘などは一切おこないませんので、いつでもお気軽にお電話ください。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    信頼できる業者の見つけ方と竹伐採を依頼したときの流れ

    依頼先の業者が信頼できるかどうかが重要という点は、竹の伐採も同じです。信頼できる竹伐採業者を見つけるためのポイントと、依頼時の流れについてご説明します。

     

    竹の伐採をご検討の方の中には、竹林だけでなく、お庭や裏庭に少し竹が生えているという方もいらっしゃると思います。

    どのような方でも生かせる、竹伐採業者を選ぶ際のコツをご紹介します。

     

    竹伐採はどこに依頼?信頼できる業者を見分けるポイント

    竹伐採はどこに依頼?信頼できる業者を見分けるポイント

     

    ■価格が適切か
    価格が適切なのかは、優良業者を見分ける際の基本です。
    竹をはじめとした伐採作業では、木の大きさや土地の規模、土地の周辺状況などによって金額が変化したり、追加料金が発生したりすることが多々あります。そしてその過程で、初心者には不透明な部分が発生することは避けられません。

     

    そこに付け込んで、適切でない料金を設定しようとする悪徳な業者もいます。
    金額が高すぎる場合だけでなく、安すぎる場合も同様に要注意です。見た目の安さで契約を促し後から追加料金を請求されたり、でたらめな方法で不完全な伐採をされたりすることもあるといいます。

     

    優良な業者は、高すぎず安すぎず、職人作業にふさわしい料金設定を提示します。

     

    ■対応が丁寧か
    信頼できる業者か判断する鍵となるのは、対応の丁寧さも同じです。
    伐採という作業になじみのない依頼者には、さまざまな不安や疑問点が浮かぶもの。その点にきちんと配慮して、どのような相談や疑問点にも誠実に応えてくれる業者は、優良業者である可能性が高いです。

     

    ■実績があるか
    伐採業者としての実績があるかどうか、よく確認してみましょう。
    業者のホームページに作業レポートや依頼者の声が掲載されている場合は、実績があるということを確かめる1つの基準となります。また、ネットの口コミなども参考にして、悪評が多い業者は避けるようにするのが無難です。

    竹伐採を依頼したときの流れ

    業者に依頼してから作業の完了までの一例をご説明します。

     

    ① 重機を搬入
    ② 作業場を確保
    ③ 伐採
    ④ 根の撤去
    ⑤ 整地
    ⑥ 処分

     

    このような流れになります。重機の搬入は、大きな道などがある場合はスムーズにおこなわれますが、あまりにも狭い道などでは段取りは大きく変わることがあります。

     

    伐採の前には、業者が作業できる作業場の確保をおこないます。その後はチェーンソーなどで一本ずつ、倒れる方向を制御調整しながら竹を切断します。放置竹林などで竹が絡まっている場合は時間がかかることもあります。

     

    一般的には、伐採よりもその後の伐根・整地のほうが時間がかかります。

     

    だれでも気軽にできる!まずはお見積りからはじめてみましょう

    優良業者を見つけるには、お見積りが必要不可欠です。
    前述のとおり、優良業者は適切な施工費を設定しています。しかし、業者が提示された施工費が適切なのかどうかは、1社から話を聞くだけでは一般の人にはわかりません。

     

    適切な相場がどのくらいなのか知るためには、見積りの比較が必要です。目星をつけた業者数社に見積りを出してもらい、各社の金額や内訳を比較します。このとき、内訳が不明瞭だったり、見積り額に違和感を覚えたりした業者とは、契約を避けるのが安全です。

     

    弊社では、どなた様でもいつでもお気軽にお見積りを取っていただけます。万一お見積り額にご満足いただけなかった場合でも、ご契約前であればキャンセル料は一切かかりません。他社様との相見積りも可能ですので、いつでもお気軽にご相談ください。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    杉の伐採の費用の内訳と注意点をわかりやすく解説!

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    目次

    杉の伐採にかかる料金、その内訳は?

    杉の伐採にかかる料金、その内訳は?

     

     

    杉は山に生えている樹木という印象があると思いますが、中にはお家の庭木として育てていたという方もいらっしゃると思います。そんな杉の伐採を決めたとき、だれでも気になるのが伐採にかかる費用です。

    杉の伐採の費用は、大きく3つの要素に分類されます。

    中には、そのいずれかの費用に重点を置いて独自に金額を設定している業者もあります。

    伐採時に重要となるそれぞれの要素を細かく見ていきましょう。

    1.工事費

    実際に伐採作業をおこなう際にかかるお金のことで、木の高さや作業の難易度によって料金は変化します。

     

     

    ■計算方法

    業者の中には、木の種類によって一律の作業費を設定している業者もあります。そのような場合は、

     

    「一律の作業費×木の高さ×難易度」

     

    という計算方法で用いられることも多いです。

    木の大きさは、何メートルかごとに段階的に料金が設定されている場合が多いです。森林になると、平米での段階わけがされている場合もあります。

    ■難易度

    難易度を左右するのは、主に伐採の周辺状況です。

    ・周辺に木が密集している、建物や電柱があるなど、障害物がある場合
    ・狭い場所で、重機が入ってこられない場合
    ・チェーンソーなどの機械が使えないような環境
    ・木が腐敗し不安定な場合
    ・通常の伐採には用いられない特別な作業が必要な場合

    2.人件費

    人件費は作業費に含まれることもあります。伐採をおこなう人数にくわえ、重機の使用や運搬をおこなう人員に対する費用です。

    伐採は職人がおこなう専門的な作業なので、このような人件費が発生します。

     

    伐採業者の中には、日当制や時給制で費用を計算している業者もあります。そのような料金形態では、作業時間が長くなったぶん料金が高くなるということになります。そのため、わざわざ時間をかけることで費用を高く請求しようという悪質な業者もいるようです。

     

    日当制・時給制の人件費を中心に料金を設定している業者を選ぶときは、とくに注意して優良業者を選ぶ必要があるといえるでしょう。

     

    3.重機の使用費

    大規模な伐採には、さまざまな重機を使うことがあります。

     

    ・油圧ショベル:掘削や整地をおこなう

    ・ユニック:クレーンのついたトラック

    ・スイングヤーダ :切った木を吊り上げて移動させることができる

    ・ハーベスタ:木の伐採・枝払いなどを一台でおこなうことができる

    ・グラップル:木を束にして掴む・移動させる

    ・ラフタークレーン:木を束にして掴む・移動させる

    ・パッカー車:伐採で出たごみを収集する

     

    これらのほかにも、必要に応じてさまざまな重機が使われます。

    重機を自社で所有している業者ばかりでなく、レンタルした重機を使用する業者もあるので、その際はレンタル代もが重機の使用料として発生することになります。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    杉の伐採が終わったあとの費用の計算も忘れずに!

    杉の伐採では、上記の金額以外にも、追加料金が発生するケースがあります。

    追加費用のことを全く視野に入れずに業者に依頼すると、想像以上に作業料金が高くて驚くこともあるでしょう。

     

    また、ご自分で大体の費用の目安を付ける際など、実際の施工金額になるべく近い試算で予算を考えたいという方もいらっしゃると思います。

    杉の伐採の前準備として、どのような要素が杉の伐採の金額を上昇させる可能性があるのか、詳しく見ていきましょう。

    これらの作業予定お忘れではありませんか?

    これらの作業予定お忘れではありませんか?

     

     

    ■処分

    杉を伐採したら、伐採後の杉の処分費用がかかります。

    処分にかかわる一連の作業で発生する費用全般を指します。

    杉をトラックに積むために枝を落とす、切り分けるなどの作業をおこなったり、運搬したりする作業にかかる費用です。

    処分に使用するトラックの大きさや台数、移動距離で費用が変わります。

     

    ■造成

    造成とは、土地の状態を整えることです。杉を伐採した後の土地に手を入れて整えることで、その後に建物を建てるなどができるようになります。

     

    ■伐根

    伐採した後の木の根っこを抜く処理のことです。伐根をおこなわない場合は、切り株が地面から突き出したままになります。

     

    杉の伐根は本当に必要?

    杉の伐根の必要性を疑問に思う方もいらっしゃると思います。

    そんな方のために、杉の切り株を放置したときに起こりうるリスクについてご説明します。以下のような状況を防ぐためにも、しっかりと抜根する必要があります。

     

    ■新芽が生えて木が再生する

    せっかく木を伐採しても、切り株を残しておくことによってそこから新しく芽が出てくることがあります。あまりにも成長の程度が進むと、木が再生してしまう場合もあるので注意が必要です。

     

    ■成長し続けた根が地面の形を悪くする

    根を残しておくということは、木の心臓部を処理せずに放置しておくということです。幹から上がなくなっても根っこだけが成長を続けることがあります。根が成長し続けることによって地面が隆起したり、凸凹になったりして、足場が悪くなることがあります。

     

    ■シロアリやハチが発生する

    残した切り株がシロアリやハチの巣になってしまうことがあります。

    シロアリは湿気を含んだ木材が大好物なので、切り株を巣にして、その周辺の住宅の木材にまでも害を及ぼす危険があります。

    また、ハチの中でも狂暴とされるスズメバチも切り株などの穴の中に巣を作ることがあるため、切り株の放置によって住宅や命の危機を招くこともあるのです。

    杉伐採の作業内容については、業者に一度ご相談ください

    杉の伐採の作業内容がよくわからなかったり、各工程のリスクなどが気になったりするという方は、一度業者にご連絡ください。

     

    確かに伐採の工程には省くこともできる部分もあり、それらを省くだけ費用が安くなるのも確かです。しかし、省くことによってどのようなリスクが発生するかについては、伐採についてよく知らない一般の方は想像しにくいと思います。

     

    伐採を放置したときに起こるリスクだけでなく、造成をしなかったときのリスク、自分で処分しようとするときには、なにかしらのリスクを伴うことが多いのです。

     

    そのような、一般のお客様にはとっつきにくい疑問点も、弊社にお尋ねください。杉の伐採の作業内容に関する疑問・不明点に、いつでもお応えいたします。ご相談は無料ですので、お気軽にご連絡ください。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    杉の伐採、損してない?依頼前にチェックすることと優良業者の選び方

    いらない杉があるから伐採しよう!思い立ってすぐに行動すると、思わぬ損をしてしまうかもしれません。

    次は、杉の伐採時に気を付けたいチェック項目についてご紹介します。業者に依頼をする前に確認すべきポイントを押さえて、よりお得に杉を伐採してみましょう。

     

    依頼前に確認したい!杉伐採の補助金ってなに?

    依頼前に確認したい!杉伐採の補助金ってなに?

     

     

    杉の伐採には保証があるのをご存知でしょうか?

    杉の伐採において、受け取ることができる可能性のある補助金は次のとおりです。伐採前は自分の土地や地域に該当する要素がないか確認してみましょう。

     

    ① 取得保証

    ・購入した土地に杉の木がある

    購入した土地に杉が生えていた場合は、取得保証という保証が有効になることがあります。

     

    ② 立木補償

    ・公共用地のために移動した土地に杉の木が生えていた

    ・用材になる杉を公共事業にともなって伐採することで損失が生じる

    道路を拡大する、公園などを作るといった公共事業の一環で移転した土地の中に杉の木があった場合は、立木補償という制度が適用できることがあります。

     

    ③ 地域の寄付金

    杉の木は花粉症を持つ人が増加している問題もあって、杉の伐採を推奨している地域では、寄付金や補助金が受けられる場合があります。花粉症は年々深刻になっている病気で、杉を伐採し広葉樹を植え替える活動がおこなわれているほどなので、「杉を切る」ということを推奨してくれている地域もあるのです。

     

    杉の伐採はどこに依頼すればいい?優良業者の見つけ方

    ■実績がある

    業者としての実績があるかどうかが優良業者を見極めるポイントです。業者のホームページなどに、施工事例やお客様の声など、施工状況とそれに対する評価を掲載している業者は、信頼できる業者である可能性が高いです。自社の活動状況を公にする行為は、後ろめたいところのある業者にはリスクが高いからです。

     

    ■適切な価格設定

    価格設定を確認するのも、優良業者を見極めるためには当然必要です。

    優良な業者は、「高すぎず低すぎない」正しい料金設定を設けています。逆に悪徳な業者は、不必要に高い金額を請求したり、激安の施工費で気を引いて後からいわれのない追加料金を吹っ掛けて来たりします。

     

    ■誠実な対応をしてくれる

    疑問点などを問い合わせたとき、丁寧に詳しく教えてくれる業者は、優良業者である可能性が高いです。 逆に、疑問などに対して粗雑に応えたり、ごまかしたりする業者は危険ですので契約しないほうがいいと言えます。

     

    相手は伐採の知識のない一般人ということを理解したうえで親身に寄り添おうとしてくれる業者であれば、安心して契約できるでしょう。

    杉の伐採、正確な料金を知りたい!まずはお見積りからはじめてみませんか?

    杉の伐採業者に依頼しようというときには、見積りを取るのがとても大切です。

    見積りを取ることで初めて、その業者が適切な料金設定をおこなっているのか否かがわかるようになります。適切な料金がいくらなのか、自分の依頼内容ではだいたいいくらが相場なのかは、見積りを取った業者が多ければ多いほどわかりやすくなります。見積りを取る業者の数が多いほど、相場は明確になり、優良業者と契約できる可能性が高まるのです。

     

    杉の木の伐採の正確なお見積りを知りたいお客様は、いつでも弊社をご利用ください。弊社では、お見積りはいつでも無料のうえ、ご契約前であればキャンセル料は一切発生いたしません。お見積り金額に本当にご納得いただけた場合にご契約いただくことができ、しつこい勧誘などは一切おこないません。まずは無料のご相談から、いつでもお待ちしております。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    シュロの伐採方法はお庭の広さで変わる!費用もご紹介

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    目次

    シュロ伐採の方法! ~伐採する十分なスペースがある場合編~

    ヤシ科に属するシュロ(棕櫚)は、南国にあるようなイメージがありますが、ヤシの種類の中でも寒さに強いため、日本でも広い地域でお家の庭木として愛されている木でもあります。

     

    シュロはまっすぐと空に向かって伸びていき、やがて15メートルほどの高さに成長することもあります。葉や花がつく上部が重たくなるため、台風などによって倒れてしまうこともしばしば。

     

    そんなシュロは、周りに十分なスペースがあるかないかで伐採方法が変わります。まずは広いスペースがある場合の伐採方法を見ていきましょう。

     

    シュロの伐採で必要なのは斧!チェンソーの利用は危険?

    シュロの伐採で必要なのは斧!チェンソーの利用は危険?

     

    素早く効率的に樹木を伐採するときはチェンソーが使われることが多いのですが、シュロ伐採に関しては別です。シュロは斧を使って切り倒すのがおすすめです。なぜでしょうか?

     

    斧が最適だといわれる理由は、シュロの幹の硬さにあります。シュロの幹は毛のような繊維でおおわれていますが、繊維の奥には強靭な幹が隠れています。

     

    この硬い幹はノコギリの刃では太刀打ちできません。電気の力を備えたチェンソーならシュロにも太刀打ち出るかと思われがちですが、細かい刃がついているチェンソーに繊維が絡まってしまうため、チェンソーをうまく動かすことができないのです。

     

    しかし、斧を打ちつづける方法なら繊維も切ることができ、邪魔されることがありません。根気と労力が必要な作業ではありますが、チェンソーを使うよりも安全かつ効率的に切り倒すことができます。

     

    斧を使ったシュロの伐採と処分の方法

    シュロが倒れても問題がないほどスペースが十分にあるときは、狭いときほどの難しさはありません。シュロの伐採方法を見ていきましょう。

     

    【シュロ伐採の手順】

     

    • ① 安全に作業できるよう、上下長袖の服装に着替える
    • ② 切り倒す方向を決める
    • ③ 倒す方向とは反対の面を中心に、幹に穴をあけるように斧を打ち続ける
    • ④ 伐採した木から毛をはぐ
    • ⑤ チェーンソーなどで短くし、ゴミとして処分する

     

     

    このように、伐採の部分だけを見れば、斧で幹にダメージを与えていくだけなので単純な作業といえます。その反面、斧を幾度も幾度も幹に打ちつけるには相当な忍耐力と体力が必要です。

     

    また、伐採作業が終わった後にも長い木を細かく切り分ける作業があり、すべての手順を自分一人で終わらせるのはなかなか難しいといえます。

     

    広いスペースがあるとはいえ、高さのあるシュロの木を倒すときは方向を決めておくことが大切です。その方向に人や動物が通らないように気をつけて作業を開始します。

     

    あえて枯らすという選択も…まずは業者にご相談ください

    シュロを処分する方法として伐採の流れをご紹介しましたが、じつは剪定してからあえて枯らすという処分方法もあります。枯らす前提で剪定をするときは、上の方に生えていた葉や枝を全て切り落とします。枯れたシュロは毛の強度も弱まるので、処分がしやすくなるのです。

     

    スペースがある場合はさまざまな選択肢があります。「倒れそうなシュロはどう処分したらいいのだろう…」こう疑問に思ったときは、まずは業者に相談してみましょう。剪定・伐採のプロなら、状況に応じて一番よい方法で問題を解決してくれます。

     

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

     

    シュロ伐採の方法! ~伐採するスペースが限られている場合編~

    シュロの木の周りに空間が広がっている場合には先ほどのような伐採方法が効率的ですが、お庭の大きさによっては十分なスペースがない場合もあるでしょう。周辺に住居がある場合などは、木をなぎ倒す伐採はできません。

     

    そんなときは、狭い空間を上手に利用して伐採する必要があります。狭い分、周りに危害が加わらないよう高所での作業や切り倒す方向には細心の注意をはらわなければなりません。狭い場所での伐採方法と注意点をご紹介します。

     

    狭いスペースでシュロを伐採する方法

    狭いスペースでシュロを伐採する方法

     

    シュロは成長する前であれば小ぶりで小さいです。そのため、10メートル近い高さになるとは思わずに、住宅のすぐ横のお庭や道路わきに植えてしまうことがあります。シュロが植えられている場所が狭い場合は、高さを上手に利用して伐採をしていきましょう。

     

    【シュロ伐採の手順】

     

    • ① 梯子を木に立てかけ、梯子の上の部分はロープでくくる
    • ② 梯子にのぼり、葉・枝を剪定する
    • ③ 上から50~60㎝ごとの長さにチェンソーで切り分けながら短くする
    • ④ 切り倒せる高さまで短くなったら、根本近くの場所で切り落とす
    • ⑤ 切り落とした木を小さく切り分け、ゴミとして処分する

     

     

    スペースがない場合、上から下へと少しずつ切り落とし樹高を低くしていくことがコツになります。葉が生えている部分は繊維が少ないため、チェンソーを使うことが可能です。業者に依頼すると、梯子よりも安全なクレーンでの伐採をおこなう場合もあります。

     

    シュロ伐採ではここに注意!

    シュロの木を伐採するときに気をつけたいのはこの3つです。

     

    ・シュロの毛をめくってから作業する

    先ほどもご説明したように、幹には毛がびっしりと生えており、チェンソーを使うと絡まってしまいます。チェンソーが壊れる可能性があるだけでなく、上手に動かせないとケガの恐れもでてきます。チェンソーを使うときは、鉈などを使って必ず毛をめくるようにします。

     

     

    ・高所での作業になるので注意をはらって作業する

    シュロは樹高が高いので、作業には危険が伴います。木に括りつけた安全帯を腰にしっかりとつけ、作業中に落ちてしまうことがないように十分に気をつけながら作業します。

     

     

    ・幹の下の方が細いため、倒れる向きに気をつける

    シュロの木は上に行けば行くほど幹が太く重量も重くなり、下の方は幹が細いという特徴があります。倒す方向があいまいだったり倒したい方向に倒せなかったりすると、住宅やほかの庭木に倒れ掛かる、電線に引っかかってしまうなど危険があります。決めた方向に倒す技術も大切だといえます。

     

    限られたスペースでのシュロ伐採は、熟練の技が必要

    伐採に使える場所が限られているときは、少しずつ木を短くしながら作業を進めますが、梯子にのぼり、足場が危ういなかで作業しなければいけないこともあり、慣れていない人にとってはとても困難です。倒す方向や道具の使い方、そして伐採の手順も間違えると身に危険が及ぶ可能性があります。

     

    危ないシュロの伐採は、業者におまかせするのが無難です。業者は狭い場所でも安全に伐採するノウハウを持っていて、それを実行するだけの技量もあるので安心です。

     

    業者によってはクレーンを使うこともあり、より安全な作業が可能です。道具の使い方に慣れていない方、伐採を経験したことがない方はとくに、業者におまかせすることを前向きに考えてみてください。

     

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

     

    シュロの伐採を依頼したときの料金は?伐採後のシュロは有効活用できるかも

    危険で技術が求められるシュロの伐採は業者に頼みたいところですが、気になるのはその費用ではないでしょうか?シュロの伐採にかかる料金は業者によってばらつきがあるものの、いくつかの点を見てみると、費用が高くなりそうなのか、案外安く済みそうなのかを判断することができます。

     

    また、せっかく伐採した木を捨ててしまうともったいないと考える方もいらっしゃることと思います。じつはシュロの繊維はとても優良な素材で、さまざまな便利品に姿を変えて活用することができます。 ここでは気になる伐採費用と、シュロの木の活用方法をご紹介します。

     

    シュロの伐採でかかる費用と内訳

    シュロの伐採でかかる費用と内訳

     

    シュロ伐採を業者にまかせるときは、さまざまな費用がかかります。具体的な費用の内訳としては、

     

     

    • ・作業費:実際の伐採作業に対して支払う費用

    • ・処分費:切り倒したシュロを処分してもらうための費用

    • ・出張費:業者が伐採先まで出向く距離によって発生する費用

     

     

    などがあります。また、シュロの高さや本数、幹の太さ、周りの環境による難易度によって費用が左右されることも多いです。電柱やご近所の家など、作業に障害になるものがある場合は費用が高くなる恐れがあります。

     

    そのほかにも、場合によってはクレーンなどの重機の使用費などが必要になることもあるので、さまざまな面を考慮して費用を計算する必要があるといえます。とはいっても、業者によって費用設定の仕方が違います。比較することを大事にしましょう。

     

    シュロを伐採した後の使い道は?さまざまな利用例

    伐採をした後に有効活用することが可能なのは、シュロの特徴であり魅力です。

     

    たとえば、幹を覆う毛は束ねて整えることで高級なたわしやほうきに生まれ変わります。シュロのたわしは程よい硬さがあり、体のマッサージに活用すれば、肩こりや冷えなどのお悩みが解決できることもあります。毛を編んでいくと、丈夫なロープを作ることもできます。

     

    木の幹の部分も役立ちます。固く頑丈だという特徴を活かし、お寺で鐘をたたく棒として使用されることもあります。花や果実は高血圧など病気のための治療薬として、そして木の根や川は止血するための薬としても用いられてきました。

     

    このようなあらゆる方法で、伐採した後も活用することができる木、それがシュロなのです。

     

    シュロの伐採を検討されている方は、相談と見積もりからはじめてみませんか?

    シュロは伐採してしまったあとでもアレンジを加えることで楽しむことができる木です。倒れてきそうで怖い、近隣に邪魔になっている、と感じるシュロの木は、これを機に思い切って伐採し、有効活用してみてはいかがでしょうか?

     

    伐採を依頼するときには費用が気になりますが、納得がいく費用で作業をしてもらうには、見積もりが大切です。先ほどご紹介したようにシュロの伐採にかかる費用にはたくさんの内訳があり、業者によって費用設定の方法が違うので、複数の業者に見積もりを依頼して比較するとよいでしょう。

     

    お庭110番では、無料で見積もりを依頼していただけます。お見積り後のキャンセルも可能なので、「依頼にはまだ踏み切っていないけれど費用がどのくらいなのか知りたい」という方にも安心してご利用いただけます。ぜひ一度お見積りをご利用ください!

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    ブドウ剪定の時期と方法!育て方や費用まで確認しよう

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    目次

     

    ブドウ剪定に向いている時期と剪定方法の基本

    ブドウ剪定を自分でするとなったときに、一番気になるのはブドウ剪定に向いている時期と方法ではないでしょうか?正しい時期や方法を予備知識として入れておくだけでも、作業の効率がだいぶ変わってくるでしょう。

     

    ブドウの剪定は難易度が高いものです。まずは、ブドウの剪定時期を確認したうえで方法を確認していきましょう。剪定の基本や、ブドウの樹勢が整ってから行う「短梢剪定」「長梢剪定」についてもまとめていきます。

     

    ブドウに適した剪定時期とは?

    ブドウに適した剪定時期とは?

     

    ブドウの剪定は、1月中に行うのが望ましいです。寒さ厳しいこの時期に行うのはなぜか?理由は2つあります。

     

    まずは、葉っぱが落ちている時期になるので、枝が見やすく剪定を行いやすいという理由です。作業の効率を考えるとこの時期がベストなのです。

     

    もう1つは、春が近づき暖かくなってくると樹液が流れるようになるためです。樹液が流れるブドウを切ってしまうと、樹勢を弱める原因になってしまいます。

     

    冬の剪定は、剪定をする側の私たちと、される側であるブドウの双方にメリットがあるのですね。剪定時期を逃さないよう、1月中に行うということを忘れないようにしましょう。

     

    ブドウ剪定、基本のやり方!長梢剪定・短梢剪定の特徴と方法

    ブドウは植え付けてからの年数によって剪定方法が変わります。植え付けた最初の数年は、剪定の加減に気を付けて作業を行います。また、年数を問わず、行灯仕立て、一文字仕立てといった植え付け方の違いや品種によって、剪定や手入れ方法を変えていく必要もあるので注意しなくてはいけません。

     

    ここで紹介するのは、植え付けてから3年以上たった剪定方法です。まずはブドウ剪定の基本をおさえます。

     

    ●ブドウ剪定の基本

     

    • ・去年の枝、かつ元気に生きているところまで剪定を行う
    • ・芽と芽の節で切る(犠牲芽剪定を行う)

     

    ※犠牲芽剪定は芽と芽の節で切る作業のこと。この作業は枯れ予防になる。

     

    この基本を意識して、3年目以降は短梢剪定、長梢剪定を行っていきます。

     

     

    ●短梢剪定と長枝剪定

    短梢剪定は、シャインマスカットなどの2倍体の品種、樹勢が弱い品種、寒い地域で育つブドウに向いている剪定方法です。2倍体というのは、体細胞が性細胞の2倍あるブドウを指します。去年伸びた長い枝から、数えて2芽を残して切るのがポイントになります。

     

    対して長梢剪定は、樹勢の強い品種、温暖な地域で育つブドウに向いている剪定方法です。樹勢や枝の太さなどを考慮して枝を選んだら、5~10ほどの芽を残して剪定することがポイントになります。短梢剪定と比べて作業が難しいといわれているのは、切るべき枝を見極めなくてはいけないからです。経験や技術が必要になってくる剪定です。

     

    ブドウ剪定の時期には要注意!複雑な剪定はプロにおまかせ

    ブドウのためにも剪定時期を考慮しなくてはいけませんが、寒い時期の剪定になります。自身の体調が心配なとき、寒いなかでの剪定が煩わしく感じるときはプロにまかせてみるのもいいでしょう。

     

    またブドウは植え付けてからの年数や品種、植え付け方法によって剪定方法を変えなくてはいけません。毎年同じ作業をすればいいというわけではないので、なかなか慣れることができません。樹形が仕立て上がる3年目までは業者に依頼する、長枝剪定は難しいのでまかせてみるなど、うまく業者を活用してみるのもよい選択かもしれません。

     

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

     

    美味しいブドウの実をつけたい!そのポイントとブドウの育て方

    お庭でブドウを楽しむ目的はさまざまです。おしゃれな外観づくりのために…という方もいらっしゃるかもしれませんが、多くの方が楽しみにしているのが実の収穫ではないでしょうか?

     

    ブドウは全国で育てることが可能、しかも成長が早いとあって、近年では育てる方が増えているといいます。せっかく育てるのであれば、実を食べることを目標としたいもの。そこで、美味しい実をつけるためのポイントや育て方を確認していきたいと思います。

     

    美味しい実を作るために!3つのポイントを確認

    美味しい実を作るために!3つのポイントを確認

     

    美味しいブドウを作るためには、以下の3つのポイントが重要です。

     

     

    • ・枯れを予防する犠牲芽剪定
    • ・芽を出すための芽傷処理
    • ・実付きをよくするための摘房

     

     

    最初のポイントは、上でも少しご紹介した犠牲芽剪定です。美味しい実を作るために行うもの、というわけではありませんが、枝を切るときは犠牲芽剪定を心がけます。芽と芽の節で切ることは枯れの予防、そして枝の凍結も防いでくれるので、元気に実をつけてもらうために考慮したいポイントになります。

     

    2つ目は芽傷処理です。じつはブドウは芽が付きにくい植物です。そのために人為的に手を加えて発芽を促すことが大切です。目のすぐ上のところに傷をつけるこの作業は、発芽する1か月前に行います。地域の気候によって異なりますが、2月中旬が目安になります。

     

    そして3つ目が、摘房です。品種に応じて実の数を減らす作業です。葉20~30枚につき1果房を残すのが目安になりますが、必ず品種を確認して適切な摘房を行います。実は減ってしまいますが、その分木に栄養がまわるため、成長を促すことができます。翌年の実付きがよくなる効果もあります。

     

    ブドウの育て方ーー植え付け、水・肥料やり、摘果でおさえたいポイント

    ブドウを美味しく、そして何よりも健康に育てるためには、まだまだやらなくてはいけないことがたくさんあります。ここでは、植え付け(苗の選び方)、水・肥料やり、摘果についてまとめていきます。

     

    ●植え付け(苗の選び方)

    良いブドウ苗木を選ぶポイントは2つ、細い根がたくさんあるもの、芽がしっかりついているものを選ぶということです。植え付けは11月~3月の間に行います。日当たりがよく、水はけがよい場所を選んで、根を広げるように植えていきます。

     

    植え付けが終わったら、地表から40㎝のところで主幹をバッサリと切ってしまいます。植え付けてすぐに切ってしまうの…?と驚かれるかもしれませんが、今後の成長のために必要なことです。

     

     

    ●水・肥料やり

    土の表面が乾くたびに、たっぷりと与えます。庭植えの場合は、暑さが厳しい時期に様子を見て行います。水の与えすぎ、乾燥はともに注意しなくてはいけません。肥料は年に2回やります。6月の肥料はこれから大きくなる果実のために、9月には樹勢の維持のために与えます。植え方や時期によって、与える肥料を変えていくことが大切です。

     

     

    ●摘果

    摘果とは、ブドウの実を間引くことです。美味しい実を作るための作業になります。ブドウは6月ごろに花穂が落ち着くため、この時期に摘果を行います。膨らんでいない実や、実と実の間が狭いものを取り除きます。全体の形をよくするためには、まず頭の中でブドウを横に三分割してみてください。

     

    一番上の段には上向きの実、真ん中は水平になっている実、一番下の段には下向きの実を残すといいでしょう。摘果が済んだら、袋かけをすると害虫予防になります。必要に応じて行いましょう。

     

    美味しい実を味わうなら剪定業者にまかせて安心!

    美味しい実をつけるためには、剪定だけでなくその他さまざまな作業があることをお分かりいただけたかと思います。意外とやることが多いな…と感じた方も多いのではないでしょうか?

     

    すべて行うのは自信がないという方は、手間や作業時間を気にされていることでしょう。特定の作業だけ自信がないという方もいるかもしれません。

     

    どのような条件であっても、お庭のプロは皆様のお力になります。「この際ブドウのことは全部まかせたい」「やっぱり剪定だけ自信がないからそこをお願いしたい」あらゆるお悩み・ご要望にお応えします。ブドウの実のためにも、業者にまかせて安心です。

     

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

     

    ブドウの剪定を依頼したときの料金と優良業者の見つけ方

    ブドウの剪定を依頼しようとしたときに、気になるものはなんですか?多くの方が、料金や業者について気になるとお答えになるかと思います。

     

    ここでは、「お金」と「業者」に焦点を当てていきます。まずは、ブドウ剪定でかかる費用についてまとめていきます。「業者の選び方がわからない」「どこに依頼すれば安心なのか?」とご不安に感じている方のために、優良業者を見つけるポイントについても紹介していきます。

     

    ブドウの剪定でかかる費用ってどれくらい?

    ブドウの剪定でかかる費用ってどれくらい?

     

    ブドウ剪定を行うときにかかる費用は業者によってさまざま。目安はないのか、いったいどのように費用が決まっているのか、疑問に思ったことがありませんか?ブドウ剪定にかかる費用は、以下の2つのポイントから決められていることが多いです。

     

    • ・剪定スタッフにかかる料金
    • ・ブドウにかかる料金

     

    まずは剪定スタッフにかかる料金です。スタッフの人数、作業時間などによって料金が計算されていきます。人数×作業時間で決められる人件費、と考えるとわかりやすいでしょう。

     

    もう一つが、ブドウに対する料金です。高さや本数、あるいは作業の難易度によって料金が計算されます。その他、施肥などの別作業を依頼すると、その分の費用がかかります。

     

    同じ作業でも料金の計算方法によって、費用が大きく変わることもあります。目安を知りたいときは、複数の業者に見積もりを依頼して比較してみるといいでしょう。

     

    ブドウの剪定業者はたくさん存在…信頼できる業者を見つけるポイント

    ブドウの剪定を行う数ある業者から、優良業者を絞りだすにはどうしたらいいのか…。その答えは、優良業者がもつ特徴を知ることにあります。依頼しようとしている業者は、以下のような特徴に当てはまりますか?

     

    ・実績がある

    剪定を多く行っているということになるので、その分経験も豊富ということになります。また、それだけ多くのお客様のご依頼に応えたということでもあります。ブドウ剪定では、培った技術が必要になることもあります。安心してまかせるためには、実績に注目してみるといいでしょう。

     

     

    ・対応が丁寧か

    どうしても人対人のお付き合いになるので、コンタクトをとれば「この業者に依頼したい!」という直感のようなものが出てくると思います。自分が不安に思っていることや疑問点に答えてくれるか、相談しやすい雰囲気はあるか、過度に気を使わなくてはいけない雰囲気はないかなど、親しみやすさにも注目してみましょう。

     

    これら以外にも料金について、安すぎないか、あるいは高すぎないかもチェックします。その目安とするためにも、見積もりを活用することをおすすめします。

     

    ブドウ剪定の料金を具体的に知りたい、比較したい!まずはお見積りからしてみませんか?

    お庭110番では、無料の見積りでどなたも気軽に料金を知っていただける体制を整えています。「まずは料金の目安を知りたい」「他社と比較してみたい」というときでも、無料で利用できるのが強みです。

     

    また見積もりをすることで、上にご紹介した業者の対応力もはかることができます。直接話してみる、または見積もり書の内容について質問してみることで、業者の雰囲気をつかんでみましょう。

     

    見積もりをとったら依頼が確定してしまうんじゃないか…とご不安な方も、ご安心ください!

     

    見積もり後のキャンセル可能、見積もり確定後の追加料金はないので、本当に必要と思ったときだけ、利用していただくことができます。ご納得いただいてからの施工開始は、お客様にとってとても大切なこと。相談だけしたい、依頼するか迷っているという方も、お気軽にご相談ください。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    松の伐採前・伐採法・金銭面の重要ポイントを一挙確認

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    目次

     

    松の伐採前に確認したいこと! 「お祓い」と「伐採の補助金」について

    松を伐採する前に、確認しておきたいのは、「お祓い」と「伐採の補助金」についてです。補助金は少しでもお安く伐採をするために必要なものですが、お祓いについてはなぜ必要なのかわからないという方もいらっしゃると思います。

     

    まずは松にお祓いが必要といわれる理由をご紹介し、その後にお得な伐採方法についてみていきましょう。

     

    伐採前に行うお祓いの方法 「松の木を切ると縁起が悪いって本当?」

    伐採前に行うお祓いの方法 「松の木を切ると縁起が悪いって本当?」

     

    ●松を切ると縁起が悪いといわれれるのはなぜ?

    日本文化の中で、松は縁起のいい木として知られています。松は常緑樹なので、冬でも葉っぱを落とすことがなく、「恒久性」と結び付けられて考えられることが多かったといわれます。不老長寿や夫婦愛、繁栄、金運などが長く強くつづくという願いを、冬でも枯れない緑に込めたというわけです。

     

    また、その縁起のよさからか、神様が来るときの目印である「依り代」になるという意味もあるとされています。松林を通った風はストレスや心臓病・結核にも良いといわれることもあります。このように、運勢や神、健康と結び付けられやすい縁起のいい木として知られていた松を切る際は、縁起が悪いといわれるのも納得がいきます。

     

    とくに日本では古代からの自然信仰が今でも残っているので、木々と神様とを結び付けて考える「樹木信仰」の考え方によって、「木を切ると祟りがある」という考え方があります。その影響もあって、松を切ると縁起が悪い・祟りがあるといわれやすいようです。

     

     

    ●お祓いを自分でおこなう方法

    日本では、庭木は庭で家を守ってくれている神のようなものとも考えられています。木を切るときのお祓いには、それまで見守ってくれていたことへの感謝や、人間の都合で伐採しなければいけないことへの謝罪の心を籠めることが肝心です。

     

    ① お神酒をお供えする

    湯飲みやお猪口などにお神酒を入れたり、お酒を木の周りに撒いたり、カップ酒をそのままお供えしたりすることもあります。

     

    ② 塩で清める

    お神酒でお祓いした後は、塩を使います。伐採前に、直径5㎝くらいのお皿に、三角錐に盛り塩をします。霧吹きなどで徐々に水分を含ませながら盛っていくと、綺麗に整えることができます。盛り塩を作ったら、木の近くに置きます。神社でもらった清めの塩を使うという場合もあります。

     

     

    このほかにも、

     

     

    • ・お酒と塩を用意して木の四隅に撒いてから手を合わせる
    • ・お神酒をかけながら木を切る
    • ・お酒、塩、お米を用意して木の根元に撒き、手を合わせる

     

     

    など、地域によってさまざまな方法があります。

     

    松くい虫による被害はもはや社会問題?! 補助金がおりるケースも

    松を伐採する前に確認したいことのひとつに、「松くい虫」の被害に遭っていないかということがあります。お庭の松を大切にお手入れをして育てていたとしても、松くい虫の被害を受けると、伐採を余儀なくされることもあります。

     

    松くい虫は「松枯れ」とも呼ばれる伝染病です。マツノザイセンチュウと呼ばれる目に見えない微生物が松に感染し、結果松の木が枯れることになります。このマツノザイセンチュウの感染経路が、マツノマダラカミキリというカミキリムシの成虫です。このカミキリムシが、感染して枯れた松から健全な松へとマツノザイセンチュウを運び、感染を広げます。

     

    松くい虫に感染した木の特徴は、「傷つけてもヤニが出ない」ということです。ふつう、松は木の中に油分(松ヤニ)があり、枝を切ると汁となって滴ります。それが、松くい虫の被害に遭った木は、枝を折ったり幹を傷つけたりしても、ヤニは全く出てこないのです。

     

    松くい虫に侵された松は、8~10月になると急に赤褐色になって枯れ始めます。枯れ始めたのが11月頃であれば黄褐色になります。そしてどちらも、最終的には葉っぱがすべて落ち、最後は木全体が枯れてしまうのです。

     

    松くい虫はとても小さく駆除が難しいため、一度感染したらもう手立てはありません。しかし、木が完全に健康な段階から薬を樹幹注入することで、カミキリムシの食害やマツノザイセンチュウの増殖を防ぐことができるといわれます。松くい虫は日本全国で問題になっているので、自治体から防除の補助金が出る場合もあります。

     

    松の伐採前の疑問点・ご不安な点もお気軽にご相談ください

    松の伐採前に疑問点や不明点がある場合も、どうぞお気軽にご相談ください。松の伐採には、ただ伐採方法だけでなく、縁起や病気についての知識もかかわってきます。

     

    ご不明な点があれば、松の伐採に詳しい専門家の知識を頼るのがおすすめです。弊社の現地スタッフはそんなお客様のご不安もしっかりと解決いたします。不明点や疑問点があれば、いつでもお尋ねください。

     

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

     

    松の伐採方法と木の処分方法は?わかりやすくご紹介

    次に、松の伐採方法と木の処分方法をわかりやすくご紹介します。伐採は怪我をしそうだから自分でやりたくないという方もいらっしゃると思います。

     

    しかし、自分でやらない場合も、業者がどのようにしているか知るだけでも意味があります。松はどのようにして伐採し、後処理をどのようにするのか、その手順をひととおりご説明しましょう。

     

    松の伐採方法・手順をまとめます

    松の伐採方法・手順をまとめます

     

    松を伐採しようと思い立ったとき、実際にはどのような手順でおこなえばいいのかをご説明します。

     

     

    ① 松を切り倒す方向を決める

    まずは、松を切り倒す方向を決めます。なんとなく切ってしまうと、木が予想しなかった方向に倒れ、建物を破壊したり、誰かがけがをする可能性が出てくるからです。倒したい方向に倒れるよう、ロープで固定して、引っ張っておくと安心です。

     

     

    ② チェーンソーで伐採

    チェーンソーを使い、松の木に切り込んでいきます。あまりにも高い松の木の場合は、一度に丸ごと切るのは重くて危険ですので、最初は自分の肩のあたりで切っておき、後から根元近くの伐採をおこないます。

     

    根元近くといっても、あまりにも地面に近い場所で伐採すると最後の処分が大変になってしまうので、10㎝ほど残して伐採します。

     

    まずは「受け口」という切り込みを入れます。木が倒れる側の表面に、深く切り込みます。幹の直径3分の1ほどで、30~45度くらいの鋭角の切り込みを作ります。

     

    受け口とは別の側から、「追い口」という線状の切り込みを水平に入れます。ここで気をすべて切るのではなく、こちらも、幹の直径3分の1くらいを目安に入れるのがポイントです。

     

    上記の2つの切れ込みを入れたら、あらかじめ決めておいた「木を倒す方向」へ、木を押してみます。すると、木が自分の重みで倒れ、伐採は完了です。

     

    松を伐採するまでの手順は、ここで終了です。しかし、まだまだやらなければいけないことがあります。

     

    伐採後の松はどうする?木の処分方法と活用例

    松の木を切った後は、切り倒した木をその場に放置せず、きちんと処分することが大切です。可燃ごみ袋の中に入る程度のサイズだった、もしくはその程度のサイズまで小さくできた場合は、通常の可燃ごみと同じ要領でゴミに出すことができます。

     

    また、伐採した木が大きかったなどの理由でゴミ袋の中に入れての廃棄ができない場合は、前もって自治体に問い合わせておくと、自治体に可燃ごみとして捨ててもらえる場合があります。

     

    また、切った松を廃棄せずに、別のものとして作り変える方法もあります。多くの松を一度に伐採する場合は、ごみの運搬の費用だけでもかなりの金額になります。そこで、ごみとして運搬せずに用途を見つけて生かすと、一石二鳥ということになります。

     

    例としては、

     

     

    • ・お庭のテーブルや椅子にする
    • ・植木鉢置きにする
    • ・DIYの資材にする

     

     

    などなど、伐採した松をあれこれ使ってみるのも面白いです。劣化して朽ちてきたらそのまま土に還すなり、可燃ごみに出すなりするとして、しばらくは松の木を楽しんでみるのもいいでしょう。

     

    松の伐採や処分、うまくできるか不安…そんなときはプロがお助け!

    松の伐採には、チェーンソーを使用します。斧を使って地道に木を倒す方法もありますが、腕にかかる負担がとても大きいため、楽なチェーンソーを利用したいと考える方が多いと思います。

     

    しかし、チェーンソーはときに「キックバック」という現象が起こることでも有名で、場合によってはプロでも命を落とすことがある危険な道具です。素人が使うのは非常に危険なので、扱いに不慣れな方は、業者にお願いして作業してもらうようにしましょう。

     

    大きな松を伐採する場合は、伐採だけでなく切り倒した木の処理にもチェーンソーを使います。何度も大きな刃物を使うのに恐怖感を覚えるという方は、業者に作業を任せると、最初から最後まできちんと作業をおこなってもらうことができます。

     

    作業に少しでも不安がある方は、効率のためにも安全のためにも、プロの業者におまかせください。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

     

    必見!松の伐採を依頼したときの料金と優良業者の見分け方

    いざ松の伐採を業者にまかせようとしても、どんなポイントで業者を選べばいいかわからない。そんな方のために、松の伐採業者の賢い選び方をお教えします。優良業者の見分け方から、費用の相場まで、業者選びの疑問点にお答えいたします。

     

    松の伐採でかかる費用の計算方法‐‐内訳は?

    松の伐採でかかる費用の計算方法‐‐内訳は?

     

    松をはじめ庭木の伐採にかかる費用には、さまざまな料金が含まれています。大きくわけると、費用は2つにわけることができます。

     

     

    ① 作業にかかる費用

    木の伐採自体にかかる費用としては、職人さんの人数分の人件費や、伐採に必要な機械類のレンタル料が含まれます。基本的には、費用の計算方法は業者によって違うことも多いのですが、中には「一定の作業量×木の大きさ×伐採の難しさ」という計算式で費用を算出している業者も多いのが特徴です。

     

    伐採の難易度は、木の状態や、周辺環境で左右されます。木の老朽化や腐食などで倒れる方向が定まらない場合や、周辺に木や建造物といった障害物がある場合、道が狭い・場所がないなどでトラック等の重機が入らない場合などは、作業の難易度も高くなり、それにともなって作業の費用も高くなります。

     

     

    ② 処分にかかる費用

    処分に必要な費用というと、切った木材の搬出と処分に必要な料金のことです。ゴミをトラックに積むために木の枝を落とす、幹を切る、運搬するといった作業にお金がかかります。搬出・処分・運搬のそれぞれの過程にお金がかかるということです。

     

    どのような大きさのトラックが何台必要なのか、どれだけの距離を移動するのかによって、処分の費用も異なります。切り株の伐根などは、追加料金として加算されることもあります。

     

    自社で重機を所有している業者に依頼すると、重機のレンタル料分が安くなることもあります。たくさんの松を伐採しなければならず、必然的に料金が高くなってしまう場合は、そのような点で費用の削減を計ってみるのもいいでしょう。

     

    松伐採はどこに依頼しよう…、初めてでわからない…そんな方へ。優良業者の見つけ方

    松の剪定を業者に頼もうというとき、大切なポイントがいくつかあります。業者選びで大切なのは、優良業者を選ぶということです。

     

    伐採の業者の中には、適当な方法で木を切ったり、不要なまでに長い時間をかけて作業をして時給・日給を増幅させたりするなど、さまざまな悪質業者がいるようです。そのような業者を避け、安心してまかせられる業者を選ぶには、以下のポイントを押さえることが大切です。

     

    ●適切な料金設定を設定している

    業者の中でも、適切な料金を設定している業者を選ぶ必要があります。依頼しようとしている業者が適切な料金設定を敷いているかどうかは、見積もりを取ってみるとよくわかります。料金が高すぎる場合のみならず、安すぎる場合も要注意です。伐採は職人技なので、作業には本来それなりの料金がかかります。安すぎる場合は「安かろう悪かろう」に当てはまる場合もあると心しましょう。

     

    ●実績が豊富

    伐採業者の中でも、たくさんの依頼にこたえた実績がある業者に依頼すると、優良業者が見つかる可能性が高くなります。業者を実際に利用した依頼者の声や口コミも参考にしてみるといいでしょう。

     

    ●しっかりと相談に乗ってくれる

    優良業者を選ぶコツは、「誠実な業者を見つける」ということです。見積書の内容に疑問があった場合や、作業内容で相談したいことがある場合は、業者に電話やメールをしてみましょう。小さな疑問にも親身に応対してくれる業者であれば、優良業者である可能性が高いです。

     

    松の伐採依頼は何からはじめる? まずは見積もりからはじめてみましょう

    松の伐採を依頼するときは、まずは見積もりを取ってみることが大切です。先述のとおり、見積もりは優良な業者を選ぶときの大切な判断基準になります。もしも見積もりにある金額が高すぎる・低すぎる場合や、見積もりの内容が不透明だった場合は、注意したほうがいいとわかります。

     

    お庭110番のお見積もりは、一定の料金設定に基づいて作成されるため、お客様にもわかりやすい明朗会計です。さらに、お見積もり確定後の追加料金は一切かからないうえ、ご契約が確定するまではいつキャンセルしていただいてもかまいません。

     

    安心して契約できる松の伐採業者をお探しの場合は、ぜひ弊社をご利用ください。小さなご相談から受け付けておりますので、いつでもお気軽にご相談ください。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    竹の伐採の時期や方法!自分での伐採はリスクも要チェック

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    目次

     

    伐採前におさえるべきこと!竹伐採に適した時期と準備するもの

    日本らしさの代表ともいえる竹は、その美しさで人々を魅了します。成長の早さと油抜き後の品質の良さから、資材としても幅広く用いられてきました。竹の子供であるタケノコは食材としても人気ですし、笹竹は七夕にも欠かせないものになっています。

     

    竹は成長と増殖がとても速い植物です。少し放っておくと好き勝手に伸びてしまうので、目的に合った時期に伐採をしたうえで、しっかりとお手入れをして成長を管理する必要があります。竹の伐採に最適な時期や必要な道具など、伐採に取り掛かる前に知っておきたい基本事項をご紹介します。

     

    竹伐採に適している時期は、竹の使用目的によって変わる

    竹伐採に適している時期は、竹の使用目的によって変わる

     

    竹には伐採が欠かせませんが、適切な時期は目的によって異なります。ご自身がおこなう伐採にはどのような目的があるのかを明確にしてから剪定の計画を立てましょう。

     

    ●商品や建材として使いたい場合

    竹は木材として、さまざまな商品や建物で用いられます。商業用に使われる竹は、切ったときの状態が木材としての品質に大きくかかわります。竹の中は水が通るようになっています。水の流れは秋から冬にかけて止まるため、11月から3月ごろに伐採するとよいとされています。竹の中の水分量が少ないので締まりがよく、加工がしやすいのです。

     

    ●竹を伐採して土地の整備をしたい場合

    竹を木材として使用する必要がない場合には、特定の時期にこだわる必要はありません。別の方法で土地を利用したいだけという動機の場合には、竹藪から空き地を作る必要が出てきたときに植えられている場所から竹をすべて取り除き、伐採をはじめるとよいでしょう。

     

    竹の伐採をスムーズに!伐採前にすること・用意するもの

    長く、たくさん生えている竹を伐採するには、どうしても時間と手間がかかります。できるだけ手早く作業を終えるために、伐採前の確認と用意を万端にしましょう。

     

    【伐採前にすること】

    • ・竹の特徴や仕組みを知ること
    • ・足場の作成
    • ・切る竹の選定

     

    竹がどのように成長するのか、根の増殖の仕方、幹や枝の伸び方などを理解することが、効率的な伐採をするための近道です。まずは竹という木の特徴をおさえておきましょう。そのあと、伐採中に足元に落ちたものが作業を妨げることがないよう、足場を作ります。このときに切った竹を置く場所もつくっておくと、片付け作業もスムーズに進みます。

     

    ほかにも、竹をある程度残す場合は切る竹・切らない竹を見極めることも大切です。古い竹やまっすぐに伸びていない竹を中心に切り、親株を残すのがポイントです。

     

    【用意するもの】

    • ・作業服
    • ・虫よけスプレー
    • ・鉈(ナタ)
    • ・鋸(ノコ)
    • ・鎌(カマ)
    • ・チェーンソー

     

    まずは服装を整えます。全身を守るように上下長袖の服をまといます。靴はスニーカーもよいですが、足袋が動きやすくて便利です。竹はツルツルと滑りやすいので、滑り止め加工された手袋をはめます。

     

    虫よけスプレーは市販のものでも有効ですが、竹を炭火で焼くことで抽出する「竹酢液」を使うのもおすすめです。道具には鉈や鋸、鎌などを用意します。

     

    竹の伐採前に確認すべきことはたくさんあります

    竹を伐採するには、作業に取り掛かる前の確認事項がたくさんあります。服装はもちろんのこと、使用する道具をそろえたり、足場を作ったりと、どれも怠ることができない大切な作業です。また、目的に合わせて伐採時期を選ぶことも大切です。

     

    「商業用に伐採したいけれど冬は寒いし忙しい」「広い面積の竹を自分一人ですべて切るのは難しい」そんなときに頼りになるのが剪定・伐採のプロです。業者の手にかかれば、手間のかかる準備にも慣れているので段取りよく作業を進めてくれます。また、竹をどうしたいのか、目的をしっかりと伝えることで、適切な時期で伐採してくれるでしょう。

     

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    竹の伐採方法やポイントをまとめます!伐採後に必要な作業も確認

    準備が整い竹伐採を本格的にはじめるとき、伐採方法にポイントがあります。作業の手順をしっかりと身につけ、そして注意点に気をつけながら木を切っていきます。

     

    切った竹の処分も忘れてはいけません。竹を処分するにはいくつかのステップがあります。切り株・竹・根の3つのパートごとの処分方法をご説明しますので、正しく伐採を終えられるようそれぞれを確認していきましょう。

     

    竹の伐採方法と作業時のポイント

    竹の伐採方法と作業時のポイント

     

    ▼竹の伐採方法

     

    • ① 竹を倒す方向を決める
    • ② 根元に近い場所に受け口をつくり、切る箇所を定める
    • ③ できるだけ上の方で竹を支えながら、道具で竹を切る

     

    チェーンソーや鋸を使う場合は、切り口が地面と水平になるように切ります。鉈を使う場合は斜め上から下に向かって振り下ろすように切ります。勢いは大切ですが、勢いが強すぎるとケガの原因になるので十分に気をつけます。

     

     

    ▼竹の伐採をするときのポイント

     

    ・作業は上から下へ

    竹藪は斜面になっていることが多いです。竹を藪から出すときに滑りやすくなるよう、丘の高い位置から下に向かって伐採を進めていきます。

     

    ・倒す方向は同じ方向

    切り終わった竹を四方八方に向けて倒しておくと、足場が入り組んでしまいます。処分するときに持ち出す方向に向かって倒しておくと後が楽です。

     

    切り株や竹の処分はどうすればいい…? 3つの作業方法を紹介!

    ・切り株の処分方法

    竹には腐るのに時間がかかるという特徴があり、切った竹を放置しておいてもなかなか腐食しません。しかし、鉈を使って切り倒した竹の数個所に切り込みをつけることで、腐食を促すことができます。

     

    ・竹の処分方法

    伐採した竹は燃えるゴミとして処分することができます。ゴミに出すにはまずは枯らし、小さくカットします。機械があるのであれば、粉砕するのも効率的に処理する方法の一つです。

     

    ・竹の根を枯らす方法

    成長力が強力な竹は、根を残しておくとすぐに伸びてしまいます。伐採したあとは、竹の根元を引っ張り抜くための専用の重機を利用して根元を取り除きます。また、除草剤などの薬剤で枯らすことも可能です。

     

    竹の伐採には熟練の技が必要? 確実・迅速な伐採はプロにおまかせを

    竹伐採には、切るだけでなく、倒す方向をそろえたり、終わった後に根本や竹の処分をしたりと、たくさんやるべきことがあります。作業一つ一つはそれほど難しくないように思えますが、実際にすべてのポイントをおさえながら作業を進めていくのには、相当の技術が必要です。

     

    切るときには勢いをつけてカットする必要があり、慣れていないと足や手をけがしてしまう可能性があります。安全に、かつスムーズに作業を終わらせたいと思ったら、業者に依頼してみるとスムーズに作業を進めてくれます。

     

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    竹の伐採を依頼したときの費用は?業者依頼か自分での作業か…お悩みの方へ

    竹の伐採は手間と時間がかかる作業です。とくに広大な土地が竹藪になっている場合は、すべてを竹をカットするのは相当な重労働になるでしょう。

     

    自分では難しい、そう感じたときに頼りたくなるのが伐採業者ですが、切る竹が多ければ多いほど費用が気になってしまいます。費用を知ってから依頼するか決めたいという方に向けて、業者の費用の設定方法や見積りの大切さをご紹介します。業者に頼らないリスクについても今一度確認して、伐採の仕方を決めましょう。

     

    竹伐採でかかる費用はどう決まる?

    竹伐採でかかる費用はどう決まる?

     

    竹の伐採を請け負う業者は、以下のようなことを基準にして費用を決めている場合が多いです。

     

    • ・本数、高さ、太さといった、伐採する竹の特徴
    • ・竹藪の状態や難易度
    • ・竹藪の広さ
    • ・重機の利用有無など

     

    まず竹の本数や樹高などが基準になります。竹藪の状態が悪ければ足場を作るのに時間がかかるといったように、竹藪の状態や難易度によって費用が左右されることもあります。また、作業範囲が広ければ広いほど竹の数も増えますので、費用は上がります。チェーンソーや粉砕機などの重機を使うことで追加料金がかかる可能性もあるので注意が必要です。

     

    竹伐採をしないリスク・自分で行うリスクは要チェック

    「竹害」という言葉があるほど、竹は繁殖力があり、放っておくと周囲の環境へ悪影響を及ぼすため管理が大切です。しかし、逆に自分でとにかく竹を切ればよいというわけでもなく、誤った伐採は別のリスクを伴います。

     

    「自分で伐採するのは面倒、でも伐採にお金をかけたくない」、「費用は払いたくないから自分で作業しよう」と考えている方は、以下のようなリスクを考えて、今一度考えなおしてみましょう。

     

    竹を放置すると、地盤が弱くなり土砂崩れの原因になることがあります。竹はスギなどのほかの樹木とは違い支える力が弱いのです。

     

    また、増殖すると日が当たらなくなり、ほかの庭木や農作物の成長を妨げてしまいます。とくにモウソウチク(孟宗竹)と呼ばれる種類は成長力がすさまじく、根までしっかりと処分できていないと、繁殖エリアをどんどんと広げていきます。

     

    知らないうちにご近所の敷地内に侵入し、お庭からタケノコが生えてくるなど、ご近所トラブルに発展する危険性もあります。ご自分だけでなく、周りの人と環境のことを考えると、しっかりと管理することは必要不可欠なのです。

     

    自分で竹を伐採するときにもリスクは伴います。まずチェーンソーや鋸などの伐採道具は使い慣れていない人にが容易に扱えるものではなく、使い方や力加減がわかっていないとケガをする恐れがあります。また、伐採は予想以上の重労働ですので、人の手を借りずに自分で実行するには相当の気力と労力が必要です。

     

    ご自身だけでは難しいからと、伐採後のお手入れをおろそかにすると、せっかく伐採したのにもかかわらずすぐに竹が伸びてしまうこともあります。竹の成長力は油断できないほど強力なのです。

     

    まずは費用だけでも知りたい!そんなときは見積もりをご利用ください

    業者に依頼するときは誰しも費用面が気がかりだと思いますが、伐採にかかる労力やケガの危険性、放置することで発生するリスクを考えると、やはり業者に頼むのが一番効率よく、のちの心配事も減ります。

     

    お庭110番では、無料のお見積りをおこなっております。お見積りを依頼していただければ、お客様の竹の状況を確かめて、明確な費用を知ることができます。他社様との相見積りで費用や施工内容を比較していただくこともできますし、竹に関してのお悩みをご相談いただくことも可能です。

     

    竹藪を所有しているお客様、そろそろ竹伐採の時期かなと思ったら、お見積りから始めてみませんか?

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    椿剪定の時期や方法、害虫対処から料金まで一挙紹介!

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    目次

     

    椿剪定の基本!剪定の時期と方法・手順をまとめて紹介します

    椿は剪定の方法を間違えると枯れてしまう可能性もある、繊細な木です。また剪定の適切な時期を誤ってしまえば、翌年の花が付きにくくなることもあります。椿を剪定する前に、椿の剪定時期と正しい剪定方法について確認しましょう。剪定の時期や方法だけでなく、椿の理想的な形についても紹介していきます。

     

    椿の剪定に適した時期は?

    椿の剪定に適した時期は?

     

    椿の剪定時期は4月から5月がおすすめです。これは、椿の開花時期や芽が出始める時期に関係しています。冬から夏にかけて椿はどのように成長するのかを見てみましょう。

     

    • ・2月~4月:開花
    • ・4月~5月:花が枯れだす
    • ・6月以降:翌年咲く花の芽がつきはじめる

     

    4月から5月に剪定することで、咲いた椿の花を切ってしまうことなく、また6月ごろにつき始める花芽を切ってしまうこともありません。花が咲き終わった後の4月から5月ごろが、椿の剪定に適した時期です。

     

    椿剪定の方法と手順!剪定の基本とまず行うべき剪定とは?

    剪定では余分な枝葉を取り除くことで、害虫の予防や風通しを良くします。また、椿全体の見た目を整えることもできます。椿の剪定における基本は枝を切ることです。新芽や花芽は切らないようにしましょう。

     

    木の剪定は大きく2種類に分けることができます。1つは「透かし剪定」、もう1つは「切り戻し剪定」です。椿剪定のメインは透かし剪定です。透かし剪定では、木にとって余分な枝を付け根から切り落とします。これによって風通しもよくなり、結果害虫予防などに繋がります。

     

    椿の剪定では「徒長枝」「内側に伸びた枝」「交差している枝」「古い枝」「いくつかに分かれている枝」「チャドクガの卵がついている葉の枝」を付け根から切り落とします。なぜこれらを切り落とすのかを説明していきます。

     

    【切るべき枝】

     

    ・徒長枝

    これは枝が分岐することなく伸び、他と比べても長く伸びている枝のことです。椿の見た目のバランスが悪くなるため切った方がよい枝です。

     

    ・内側に伸びた枝

    これは、外側ではなく主幹に向かって伸びている枝のことです。この枝を放置しておくと木の中心部分が混雑してしまうため切った方がよい枝です。

     

    ・交差している枝

    これは他の枝と交差している枝のことです。放っておくと中心側の日当たりが悪くなり、風通しも妨げられます。交差しているうちのどちらかを付け根から切り落としましょう。

     

    ・古い枝

    もう葉や芽がついていないような古い枝を見つけたときは切り落としましょう。このとき枝の途中から切り落とすと、その切り口から椿が枯れてしまうことがあります。切るときは付け根から切り落とすようにしましょう。

     

    ・いくつかに分かれている枝

    枝先がいくつかの枝に分かれているものは、風通しの妨げになります。切るときは分かれ目から1本が残るように切り落とします。

     

    ・チャドクガの卵がついている葉の枝

    チャドクガというのは害虫の一種です。非常に危険な毒を持っており、卵にもその毒があります。チャドクガの卵が葉についているのを見つけたときは葉だけでなく、葉のついた枝ごと付け根から切り落としましょう。

     

    樹形を整えたいときは「切り戻し剪定」も行いましょう

    切り戻し剪定は透かし剪定と大きく異なり、枝を途中から切る剪定方法です。椿の場合は、枝を途中から切るとその部分から枯れてしまうことがあるため切り戻し剪定はあまり行いません。しかし、樹形を整えたいときには切り戻し剪定をおこないます。

     

    椿はひし形やダイヤ型にするのが理想といわれています。うまくこれらの形に整えることができれば、見栄えが非常によくなります。しかし、枝の途中から切ることで枯れることもある椿を自分で整形するのは少々難しい作業です。

     

    椿剪定に不安を感じる…そんなときは業者依頼が確実!

    椿の剪定時期は、開花した花が枯れ始め花芽が付き始めるまでの間と非常に短いです。品種によって開花時期が多少異なるため、その見極めが必要です。椿は剪定方法を間違えると枯れてしまう可能性のある繊細な木です。ひし形やダイヤ型といった理想形にするのにも技術が必要になります。

     

    椿の剪定を自分でするのは不安、剪定時期が短く自分でやるには都合が合わないという方は、業者への依頼をおすすめします。24時間365日対応の当サイトをぜひご利用ください!

     

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

     

    椿の育て方をまとめます!恐ろしい害虫の対処方法と困ったときのQ&A

    椿を健康に育てるためには正しい育て方を知っておかなければなりません。また椿を育てているなかで、害虫被害にあう可能性は否定できません。ここでは椿を美しく育てるためにおさえておきたいポイントや、避けては通れない害虫駆除、困ったときのQ&Aを紹介します。これから椿を育てようと考えている方もぜひ参考にしてみてください。

     

    椿の育て方とは?主に必要なお手入れをまとめます

    椿の育て方とは?主に必要なお手入れをまとめます。

     

    ●正しい植え替え

    椿は正しい時期、方法で植え替えしなければ健康に育ってくれません。ここでは庭へ直接植え替える方法について紹介します。

     

    椿の植え替えに適した時期は3月中旬から4月、または9月中旬から10月中旬ごろです。3月中旬から4月は花後であるため、9月中旬から10月中旬はまだ花芽が固まる前であるため、植え替えに適しています。

     

    椿の植え替えにおいて重要なのは日当たりです。椿は比較的日当たりの悪い場所であっても育ちます。そのため日陰を気にすることはありませんが、日が当たりすぎることで枯れてしまうことがあります。とくに西日は椿にとって悪条件なので、植え替え場所は西日が当たらない半日陰程度の場所にしましょう。水はけのよい場所を選ぶことも大切です。

     

     

    【椿の植え替え手順】

     

    ・苗を入れるために土を掘る

    根鉢よりも2倍ほどの範囲、根鉢がちょうど収まる程度の深さを掘ります。

     

    ・掘り出した土に腐葉土を混ぜる

    掘り出した土7割、腐葉土3割ぐらいを目安に混ぜましょう。

     

    ・混ぜた土を入れる

    混ぜた土のうち3割程度を穴へ入れましょう。

     

    ・穴へ苗を入れる

    根についていた土を1/3ほど崩してから、穴へ入れた土の上に置きましょう。

     

    ・残りの土を周りに入れる

    土を入れる目安は根鉢の高さあたりまでです。

     

    ・シャベルで土を固める

    土が柔らかく苗がぐらついてしまわないように、シャベルで土を固めます。

     

    ・支柱を添える

    土になじみ根が張るまでに、椿がぐらついたり傾いたりする可能性もあります。それまでは支柱を添えて支えましょう。支柱は木にちょうど沿うように土にさし、ビニールバンドを使って数か所固定します。

     

    ・水をあげ肥料を置く

    苗と土がなじむように水をかけます。その後、肥料を土の上に置きます。

     

     

    ●水と肥料について

    水やりの頻度や肥料の種類は、椿を丈夫に成長させるために重要です。植え替えをしてから約2年間は、土が乾いたときにたっぷりと水をあげましょう。花が咲く時期にはいつもよりも多くの水分が必要になりますので、少し多めに水をあげます。

     

    植え替えから2年ほど経てば、わざわざ水をあげる必要はなくなります。しかし、あまりにも雨が降らない時期が続いた場合には水をあげましょう。肥料は緩効性肥料を使います。株元の周りに置きましょう。

     

    害虫被害に遭いやすい椿…厄介なチャドクガの特徴と対処法

    椿を育てるうえで悩まされるのがチャドクガという害虫です。チャドクガはツバキ科の植物に寄り付き、みるみる葉を食べつくしてしまう厄介な害虫です。また毒を持った毛を全身にまとっており、この毛が刺されば発疹が出てしまいます。また成虫だけでなく卵や幼虫にも毒の毛がついているため、卵を見つけた時点で処理しなければなりません。

     

    ●チャドクガを見つけたときは

    チャドクガの成虫や卵が葉っぱにいるのを見つけたときは、その葉がついている枝ごと切り落とします。毒の毛が刺さってしまわないために、足先から頭の先まで肌を出さないようにして作業しましょう。切り取った枝は誰かが触ってしまわないように、ビニール袋へ入れて処分します。

     

    ●予防方法と幼虫の対処

    チャドクガのいる葉を枝ごと処分した後は、薬剤を散布することで幼虫の発生を防ぎましょう。オルトラン系の薬剤やベルカ系の薬剤を使用するとよいです。また幼虫がすでに発生してしまったというときは、毒針凝固剤を使用するとよいです。木に残った毒針を固めてしまいましょう。幼虫駆除に薬剤を使う場合でも、肌を露出しない格好でおこなうようにしてください。

     

    椿の花が咲かない、何年も放置した椿…。困ったときのQ&A

    Q 椿の花が咲かないときの対処は?

     

     根切りをしましょう。花後である3月中旬から4月ごろにおこなうとよいでしょう。根切りをすることで、根から水分が吸収されるのを抑えられるため花芽が付きやすくなります。

     

     

    Q 椿を何年も放置してしまったときの剪定はどうすればいい?

     

     まずは椿全体を見て、好みの形になるように樹冠を整えましょう。長い間剪定されてこなかった椿は、内部が枝で密集しています。形を整えた後は密集した枝を間引いていきましょう。間引く枝の選び方は、透かし剪定の際に切り落とす枝の種類を参考にしてみてください。

     

    椿の美しい花を守るために!定期的な剪定はプロにおまかせ

    椿を健康な状態に保ち、毎年美しい花を咲かせるためには、剪定以外にもこまめなお手入れが必要です。お手入れというのは、上にご紹介した通りひとつではありません。

     

    害虫の対処、花が咲かないといった椿の状態に合わせた対処が必要で、手間と体力のいる作業になります。そのため、なかなか定期的におこなえない…、正しく手入れできているか不安…という方もいらっしゃると思います。

     

    椿を美しく健康的な状態に保つために、お庭のプロへ依頼するのも一つの手です。手間がかからない、大切な椿を安心してまかせられる業者へ相談してみませんか?

     

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    椿の剪定を依頼したときの費用ってどれくらい?信頼できる業者の見分け方

    椿の剪定を依頼するためには、まずどれくらいの費用がかかるのかを確認しなければなりません。業者により費用が異なることもあり、どのようにして信頼できる業者を見分けたらよいのか迷ってしまうと思います。

     

    椿の剪定を依頼する前に、まず確認しておきたいポイントについて知りましょう。ここでは剪定にかかる料金、安心してまかせられる業者選びについて紹介します。

     

    椿の剪定でかかる費用の計算方法--2パターン

    椿の剪定でかかる費用の計算方法--2パターン

     

    椿の剪定を依頼した場合、いったいいくらかかるのか…そうお考えの方も多いと思います。どの程度の費用がかかるのかを調べるために、剪定業者のホームページを確認してみても、なかなか料金にばらつきがありわからないかもしれません。業者によってなぜ料金が異なるのでしょうか?それは、何を基準に料金を設定するのかによって左右されるからです。料金設定の仕方は大きく2つあります。

     

    【パターン1】対応する職人の数や対応時間によって料金が決まるパターン

     

    庭の広さや椿の本数を基準とせず、職人が何人で対応するのか、剪定完了にはどの程度の時間がかかるのかによって料金を設定するパターンです。

     

     

    【パターン2】椿の本数や高さ、生垣によって料金が決まるパターン

     

    対応する職人の数や剪定にかかる時間を基準とせず、椿の本数や高さ、生垣かどうかなどによって料金を設定するパターンです。

     

    このどちらのパターンで料金を設定している業者なのかによって、同じ施工内容なのにかかる費用が違うケースが出てきます。また、椿に害虫がいるなど特殊な状況の場合は、さらに料金が必要になることもあります。一度業者へ直接確認して、正確な料金を出してもらうと安心です。

     

    椿の剪定に対応してくれる業者はたくさん!数ある業者からどこを選ぶべき?

    剪定業者と検索すると、非常に多くの業者が見つかると思います。椿に対応している業者は非常に多く、何をポイントに選べばよいのか迷ってしまうことでしょう。できれば納得のいく値段で剪定をしてくれる優良業者を選びたいものです。優良業者を見つけるために、確認したいポイントがいくつかあります。

     

     

    • ・これまでにさまざまな剪定をしてきた実績はあるか
    • ・見積もり価格が適切か
    • ・見積もり内容に関してきちんと説明をしてもらえるか
    • ・こちらの要望や悩みなどについて相談に乗ってくれるか

     

     

    これらのポイントを押さえている業者であれば安心してまかせることができるでしょう。まずは数ある業者の中から、以上のことを確認してみましょう。

     

    椿の剪定に関する相談・見積もりはだれでも気軽にできます

    椿の剪定方法や時期、育て方などについての知識を得たとしても、なかなか自分で剪定しようとすると難しいということがあるでしょう。また椿剪定について疑問に思うこともあるかもしれません。

     

    お庭110番では、24時間365日受付窓口で対応しております。椿の剪定に関するご相談はいつでも気軽におこなえます。些細な質問やお悩みも、いつでもご相談ください。ご相談はもちろん、無料の見積もりもおこなっております。見積もり確定後に追加料金が発生することもありませんので、多くのお客さまに安心してご利用いただいております。

     

    また、見積もり後のキャンセルも可能。「まずは料金だけでも知りたい」「料金を確認してから施工を決めたい」このようなご希望をお持ちの方もお気軽にご利用いただけます。

     

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    桜の伐採方法決定版!お祓いや業者選びの方法もご紹介

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    目次

     

    桜に適している伐採時期と伐採方法をまとめます。

    桜の伐採に適した時期とは、いつ頃なのでしょうか?伐採は木の所有者が望んでおこなう場合ばかりではありません。桜は落花も落葉も華やかで規模が大きいのが特徴なので、ご近所のクレームなどによってやむを得ず伐採するという場合もあることと思います。

     

    今まで大切にしてきた木を切らなければいけないかもしれない。そんなときにも、伐採の適期や手順がわかれば、少しは安心できるかもしれません。伐採に前向きな方だけでなく、心細く思っている方にもわかりやすく、桜の伐採について説明いたします。

     

    桜の伐採をするならどの時期?

    桜の伐採をするならどの時期?

     

    ・処分を考えると冬が最適

    桜の伐採に関して重要なポイントは、桜の木が吸い上げている水分量です。伐採した桜を炭焼きにして処理する場合、木の中にある水分量が少ないほど都合がよいということになります。木の中に水分が少なくなるのは、落葉後の11月下旬~春前の3月下旬くらいです。桜の伐採の際適期は、真冬ということになります。

     

    ・大つち、小つちの日は避けたほうがいいといういわれも

    「氾土」(つち、ぼんど)とは、「選日」といわれる暦のひとつです。この「氾土」には「大つち」「小つち」の2種類があります。「氾土」は、陰陽道において土をつかさどる神「土公人」が土の中で休んでいる期間なので、土を侵してはならないとされる日です。土を侵さないことが重要ということで、建築、土木、農業などは一切を控えるべきとされ、土を動かすと悪い出来事や影響が起きるといわれています。

     

    • 大つち:庚午(かのえうま)~丙子(ひのえね)の日までの7日
    • 小つち:戌寅(つちのえとら)~甲申(きのえさる)までの7日

     

    大つち、小つちの日は、ほぼ連続してやってきます。この二つの期間の間には1日だけ中日があり、それを「間日(まび)」と呼びます。間日は犯土の禁忌はないとされているので、伐採をふくめた「土」に関する作業はしてもいい日というわけです。昔からのしきたりなので科学的な根拠はないのですが、気になる場合はきちんと暦を守って伐採するのがおすすめです。

     

    桜の伐採方法を紹介!自分でもできる…?

    ▼桜の木の伐採方法・手順

    自分で木を伐採するためには、必要な道具があります。本当にご自身で作業をする場合は、まずは道具をそろえるところから始めます。

     

     

    • ① チェーンソーやノコギリ
    • ② シャベル
    • ③ ロープ
    • ④ ガムテープ・ゴミ袋など

     

     

    木を切る際はチェーンソーを使いますが、これらを素人が使うのは大変危険です。慎重に正しい方法で使わないとチェーンソー自体が使用者側に戻ってくるという、ときには熟練のプロでさえも死傷する「キックバック」という現象が起こりやすいのです。

     

    死亡事故が起こる可能性もあるので、もしも使うのであればしっかりと使い方を理解して慎重に取り扱わなければなりません。

     

    伐採する方法として、最初は、木を倒す方向を決め、倒したい方向にロープで引っ張っておきます。倒す方向を決めずに作業すると、間違って建物を破損したり、人にあたってけがをさせたりすることもあるため、ロープのくくりつけは必ずおこなってください。

     

    大きい木の場合は、まず、切り倒したい方向とは逆の方向から、地面に近いところに水平に、木の半分強くらいまでチェーンソーの歯を入れます。そのあと、切り倒したい方向から、30度~40度の角度を作るようにして、木に刃を入れ、木の3分の1ほどを切り取ります。このとき、先ほど入れた水平の切込みよりも下の高さに角を作るのがポイントです。

     

    このように切れ込みを入れると、重心が不安定になった木が、自らの重さで、倒れるべき方向に倒れてくれます。

     

     

    ▼自分で伐採できるのかの判断基準

    伐採の時期にもよりますが、桜の重さは相当重いので注意が必要です。直径20~25㎝の桜の木1mぶんの重さは、30~35㎏あるといわれます。1メートルの大きさでそれほどの重さですので、よほど小さなサイズの桜でもなければ、不慣れな人が自分で伐採するのは難しいといえます。

     

    桜の伐採が困難、寒い時期の作業は大変…!お困りのときは業者へ依頼

    桜の伐採は、想像以上に困難です。桜は大きな木も多く、そのぶん総重量も相当なものです。また、そのような木を伐採するのに適しているのが極寒の冬ということもあって、自分一人で作業するにはとても過酷だといえます。

     

    大きな木であればあるほど作業は大掛かりになり、チェーンソーなど不慣れな道具を使う必要が発生します。使い方を間違うと命にかかわる可能性も高いので、ちゃんと自分に自信を持てないうちは、自分でおこなう作業は控えた方がよいでしょう。

     

    桜の木は重く、作業は困難になりやすいので、お困りのときは業者に依頼するようにしましょう。お庭110番では、桜の伐採のご依頼をいつでも承っております。伐採に長けた現地スタッフが責任持って作業をおこないますので、安心してご利用ください。

     

    これまで剪定などをおこない大切に手入れしてきた庭木の桜を、ご近所付き合いの関係で伐採しなければならないという場合も、お客様のお気持ちを汲んだ丁寧な伐採をいたしますので、ご安心ください。

     

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    まさか…桜を切ると祟りがあるの?! 桜の伐採前に行うお祓いについて

    木を伐採する前にはお祓いをする場合も少なくありませんが、桜の木の場合はとくにその傾向が顕著です。桜の木はしっかりとお祓いをしなければ祟りがあるともいわれ、お祓いを軽んじたために大変なことになったという方もいらっしゃるようです。桜の木の伐採にまつわる噂の根拠と、お祓いの方法についてご紹介いたします。

     

    桜の木を切ると祟りが…?その根拠は何?

    桜の木を切ると祟りが…?その根拠は何?

     

    古来日本には、木には精霊が宿るという樹木崇拝の精神が根付いています。古い時代から、どのような木でもむやみに傷つけたり、切り倒したりすれば祟りがあると考えられていました。

     

    木の精霊は「木霊(こだま)」と呼ばれ、「やまびこ」のことを「こだま」というのも、人間の声を山の森の精霊が真似して返すと考えられていたからだとされます。山や木々の中に、日本人は神や精霊など神聖なものを感じるという精神性を持っているのです。

     

    その傾向は桜の場合はとくに強いといわれます。桜という名前の由来は、「サ神様」という田の神様の名前に、神の居場所を意味する「御座(みくら)」という言葉の「くら」が結び付いたという説があります。

     

    また、「古事記」「日本書紀」に登場する美しい娘「木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)」の「サクヤ」が語源となったといういわれもあります。桜はさまざまな木々のなかでも、とくに神様との結び付きが深いとされる木なのです。「桜を切ると祟りがある」といわれやすいのも納得できます。

     

    桜の伐採をする前に行うお祓いのやり方

    神様が宿るという桜の木の伐採をする前に、お祓いをおこないたいと思う方も多くいらっしゃると思います。お寺や神社の方を招いてお祓いをしてもらうのももちろん結構ですが、お祓いは自分でもできます。方法は地域によって違いますが、形式よりも気に対する感謝の気持ちを大切にしましょう。

     

    自分の土地での桜の伐採前に、お祓いを自分でおこなう際は、一般的には以下の手順になります。

     

    ① お神酒を供える

    神棚用のお酒をお供えしたり、清酒をグラスやお猪口のような小さな器に入れたりしてお供えする方法があります。お酒を木の周囲に撒いて供養する方法もあります。形式を厳密に守るというよりは、木がそれまで家を見守ってくれたことに感謝をし、礼儀を持って木と向き合うことが大切です。

     

     

    ② 盛り塩をする・塩を撒く

    お神酒をお供えした後は、盛り塩をします。木を伐採する前が盛り塩のタイミングです。塩を盛る小皿は、ホームセンターなどで手に入れることができます。直径5センチメートルほどの小皿を使い、霧吹きなどを使って少しずつ水分を含ませながら塩の形を整えて、三角錐に盛ります。

     

    桜の伐採でご不安な点は業者にご相談ください

    桜の伐採でご不安な点がある場合は、業者にご相談ください。桜のお祓いなどの面でも、実績のある作業員がお客様の不安に寄り添い、お客様にご安心していただける手順で施工いたします。

     

    お祓いなどの精神的な部分は、全く気にされない方もいらっしゃれば、とても慎重にお考えになるお客様もいらっしゃいます。お庭110番では、それぞれのお客様の気の持ち方に合わせて柔軟に対応してまいります。

     

    お祓いなども丁寧におこなってほしいというお客様も、とにかく早く終わらせてほしいというお客様も、どちらもご安心してご利用いただけます。ぜひ一度ご相談ください。

     

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    桜の伐採を依頼するときに気になるお金のこと。費用の内訳や業者の選び方をご紹介!

    桜の伐採を業者に依頼するときには、誰でも費用面が気になることと思います。本章では、桜の伐採を依頼するときに重要になる、費用の内訳や業者の選び方についてご紹介します。桜の伐採の費用を左右するポイントにはどのようなものがあるのか知って、ご自分にぴったりの業者を見つけてみましょう。

     

    桜の伐採でかかる費用の内訳は大きく分けて3つ

    桜の伐採でかかる費用の内訳は大きく分けて3つ

     

    桜の伐採費用の内訳には、おもに3つの要素が含まれています。

     

    ① 人件費

    桜の伐採をおこなうにあたっては、重機を使用したり、ものを運搬したりする際に、人件費が発生します。

     

     

    ② 作業費

    木を切り倒すことに発生するお金のことです。木の伐採作業に一律の料金設定を設けている会社も多いのですが、それでは、同じ木で太さや高さ、施工の難易度のバリエーションに対応しづらくなります。

     

    そのため、多くの業者では、「一律の設定料金」×「木の大きさ(高さ)」×「伐採の難易度」という計算方法で作業費を算出しているところも多いです。

     

     

    ③ 重機使用料

    重機の使用料は、切り倒した木の運搬に発生します。木の伐採は想像以上に廃棄物がでるので、トラクターや集材機を使用して運搬する必要があるのです。

     

    この3つの点のほかにも、周囲の障害物の有無や、重機の運び込みの難易度によって、オプション費用がかかる場合があります。

     

    桜の伐採をどこに依頼するか迷う!優良業者を選ぶ判断基準

    桜の伐採をどの業者に依頼するべきか迷う。そんな方のために、優良業者の見分け方をご紹介します。

     

    ① 実績がある

    基本的なことにはなりますが、実績が豊富な業者は信用に値すると判断してよいでしょう。伐採は、作業の質が目に見えてわかる業種でもあります。そのため、悪評の立つ業者の評判は落ちやすく、依頼数も減ります。

     

    多くの依頼を引きうけ、多くの満足を得られている業者を探して選ぶと、悪質な業者に当たる可能性が低くなります。業者のホームページなどにある実績数や、口コミなどの評判も参考にしながら選ぶとなおよいでしょう。

     

     

    ② 価格は適切か

    適切な価格を設定しているかどうかも、優良業者を探すうえでは大切なことです。伐採の適正な価格といっても、普段から業界について触れていない一般の人には、想像もつかないことも多いと思います。そのため、業者から見積もりを取ることが、適正な価格を知るための第一歩になります。

     

     

    ③ 誠実な雰囲気がある

    見積もりやその他の質問など、業者とやり取りをしたときに、こちらの疑問や要望にも丁寧に答えてくれる業者は優良な業者が多いです。逆に、質問への返答が粗雑だったり、見積もりを出すのを拒否したりする業者は、信用するのは注意したほうが良いでしょう。

     

    悪質な業者の場合は、顧客をせかすことで決断を急がせたり、質問をうやむやにしてとにかく契約へと急がせたりしがちです。丁寧に客に歩幅を合わせてくれる業者は、顧客への丁寧さを持つ余裕の裏付けである場合が多いのです。

     

    桜の伐採をできるだけ安くしたいなら…!見積もりが必須

    桜の伐採をできるだけ安くしたいのであれば、業者から見積もりを取ることが必要不可欠です。前述のとおり、日常的に業界に触れていない一般の顧客には、伐採業界の相場がわかりません。そのため、悪質な業者から提示された高い金額を相場と思い込んで、つい契約してしまうということも十分あり得ます。

     

    しかし見積もりを取ることで、業者の料金提示を客観的に見ることができます。とくに、数社の見積もりを比較することができれば、だいたいの相場と、見積もりの中での最高値・最安値を知ることができ、より客観的な選択が可能になるのです。

     

    お庭110番では、お客様への明確なお見積もりをはじめ、クリアな明朗会計を採用しております。実際に現場作業員がご依頼の場所まで赴き、現地での詳細なお見積もりをおこないます。

     

    お見積もり確定後は追加料金が一切発生しないのも安心のポイントです。ご契約が確定する前であれば、お客様はいつでも無料でキャンセルしていただけるので、お見積もり内容にご満足いただけなかった場合の辞退も簡単におこなうことができます。もしも安く桜を伐採したいのであれば、ぜひ一度弊社へお電話ください。

     

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    杉伐採前のポイント3つと伐採法・後処理!花粉知識も

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    目次

     

    杉伐採の時期や方法って…?安全に作業するための3つのポイント

    杉は日本の至るところ育っている樹木です。時間をかけて大きく育つ杉は、50年以上たつと20メートルを超える巨木に成長します。そんな巨木は、60年ほど成長したあとは木材にするために、そして病気にかかってしまったときには周りの木への感染を防ぐために、伐採する必要があります。では、どのように伐採するのでしょうか?

     

    ケガをせず伐採するには、正しい方法で伐採をおこなうことが欠かせません。また、伐採に適した時期を守ることも大切です。伐採時期や方法、身の安全を守る方法について知りましょう。

     

    杉の伐採で必要なものと適切な時期

    杉の伐採で必要なものと適切な時期

     

    ●杉の伐採で必要なもの

    • ・軍手
    • ・ヘルメット
    • ・作業服
    • ・はしご
    • ・ロープ
    • ・ノコギリ
    • ・ハンマー
    • ・ワイヤー
    • ・チェーンソー

     

    杉の伐採は大掛かりな作業で、さまざまな道具を必要とします。体を危険から守るためには、軍手やヘルメット、上下長袖の服装を身にまとうことも大事です。

     

    ●杉の伐採時期

    樹木が乾燥している時期の伐採が、杉に負担が少ないためよいとされています。しかし、近年では技術の進歩により湿度の高い時期でも乾燥させて伐採することも可能です。

     

    杉は木材として利用する場合、樹齢60年から70年を迎えたころに伐採するのが理想です。この時期の杉は立派に成長しており、材木としても十分な素材です。

     

    ほかには、杉が建築などで邪魔になってしまう場合に伐採することがあります。また、何らかの理由で枯れてしまったとき、病気にかかったときには、周囲の植物に病原菌を感染させないためにも早めに伐採しておく必要があります。

     

    杉の伐採方法と大切な前準備

    【杉伐採の前準備】

    • ・安全確認:杉の高さの2倍の範囲に人がいないか確認し、伐採中に落ちてきそうな枝も確認します。
    • ・方向決定:杉を切り倒す方向を決め、倒す方向にある障害物は取り除きます。
    • ・下草の除去:伐採の際の邪魔になるので、周りの草は取り除きます。
    • ・下枝の除去:人の肩の高さくらいまでの下枝を処理し、切り倒す方向の枝は減らします。

     

     

    【杉伐採の方法・手順】

    ① 半分より高い位置にロープやワイヤーを括り付ける

    木のバランスが悪いときや、けん引力が必要な場合にロープやワイヤーがあると、支えになり、倒すのも楽になります。

     

    ② チェーンソーで受け口を作る

    チェーンソーを使い、倒す方向とは反対側に3分の1以上の深さまで切り込みを入れ受け口を作ります。

     

    ③ ロープやワイヤーでけん引しながら引き倒す

    倒す方向の安全性を確認しながら、切り口の方向に杉を倒します。

     

    ④ 根を抜く

    伐採した後に残った根っこの部分を掘り起こします。深く根付いており伐根が難しいときは、薬剤を使って枯れさせます。

     

    杉の伐採を安全に済ませるために!ポイントは3つ

    杉はさまざまな樹木の中でも大きな樹高が高く、伐採をするには危険が伴います。そんな杉伐採では、安全におこなうために以下の3つのことが何よりも大切です。

     

     

    • 1. 安全確認をおこなう
    • 2. 伐採する方向を定める
    • 3. 業者に依頼する

     

     

    巨木が倒れることになるので、人がいないか、動物がうろついてないかを確認することが欠かせません。そして、切り倒す方向を決めていないと木がだれに襲い掛かるかわからず非常に危険です。必ず伐採方向に向かって倒れるよう、受け口を入れます。

     

    そして、伐採に慣れていない方にはぜひ業者への依頼をおすすめします。依頼すればお金がかかってしまいますが、ご自身や周りの方の安全には変えられません。安全を第一に考えましょう。

     

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    杉の伐採後には何をすべき?必要な処理をまとめます

    杉を切り倒したものの、木をどうすればよいのかわからずそのまま放置する方もいらっしゃるようです。しかし、放置しておくことはシロアリ被害やご近所トラブルなどを招く原因になります。

     

    「家に帰るまでが遠足」という言葉になぞらえるならば、「処分までが伐採」です。木の根や伐採した木材を放置すると起こりうるトラブルを確認したうえで、正しい処分方法を身につけましょう。

     

    伐採した杉を放置するとこんなトラブルが…

    伐採した杉を放置するとこんなトラブルが…

     

    伐採した木を放置すると、ときに恐ろしいトラブルに発展することがあります。以下のようなリスクがあることを気に留めておきましょう。

     

    ・シロアリが住みつくようになる

    シロアリは木材に住み着く生き物で、腐りかけていたり、枯れかけていたりといった状態の木をとくに好みます。このようなシロアリに最適な住処をお庭に放置しておくと、ご自宅の方に移り住むようになる可能性はゼロではありません。

     

     

    ・木材の捨て場だと勘違いされる

    本当にあるのか、と思うようなことですが、たとえご自身のお庭に放置していたとしても、そこを捨て場だと勘違いした方が木材を勝手に捨てに来る、という事例があったようです。

     

    杉を放置すればするほど、のちの処理が大変になります。ご近所に被害が拡大し、ご近所トラブルを引き起こす危険性もあります。できるだけ早く処分することを心がけましょう。

     

    伐採後はこの処理をすべし!

    伐採が終わったら、すばやく木材を処分し、根を枯渇させることが大切です。処分する方法をご紹介します。

     

    ・木の処分をする

    切り倒した杉は燃えるゴミとして、またはゴミ処理場に持っていくことで処分できます。しかし大きなままではゴミにだすことも運ぶこともできないので、切り崩す必要が出てきます。燃えるゴミとして出す場合は、お住いの地域が指定するサイズまで短く切り、ひもや縄をつかってまとめて出すよう心がけます。

     

    忙しいなどの理由で処分に時間がかかる場合は、ビニールをかぶせるなど雨に濡れないような工夫をし、できるだけ早く処分することが大切です。雨が降ると木の重量が増え、処分が大変になってしまうからです。

     

     

    ・伐根、根を枯らす

    残った根は必ずしも処分しなければならないわけではありませんが、放置することで再び芽が伸びて成長する場合があります。再度伐採などの作業が必要になると面倒な場合は、薬剤を撒いて根を枯らしておきます。

     

    杉の伐採は一から十まで業者におまかせください

    杉の伐採はただ切り倒すだけではありません。切り倒した杉は、長期間放置しておけば、その分被害が拡大してしまいます。自分で伐採するときには、根の枯渇や木の処分など、面倒なこともすべて自分でおこなわなければなりません。このことを踏まえたうえで、伐採を依頼するのか、自分でするのかを決めることが大切です。

     

    「処分には手間と時間がかかるので、自分ではできそうにない」そう思ったら、業者に依頼してみてはいかがでしょうか?業者なら伐採も処分も手馴れているので、手際よく作業を完了させることができるでしょう。

     

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    杉を伐採すれば花粉症から解放される?!なぜ伐採は進まないのか

    杉といえば花粉。そう答える方は多くいらっしゃるでしょう。日本はスギ花粉大国だといってよいほどで、森林が少ない東京などの都市部でさえ、人口の半分近くの人が花粉症で悩みを抱えているというデータもあります。

     

    日本では、なぜこれほどまでに花粉症の被害が大きいのでしょうか?同じく花粉症を招く樹木にヒノキなどがありますが、なぜ杉はこれほど苦しむ方が多いのでしょうか?杉の木の伐採が進まない原因とともに、スギ花粉についてご紹介します。

     

    こんなにも悩む人が多いのに…なぜ杉の伐採は進まない?

    こんなにも悩む人が多いのに…なぜ杉の伐採は進まない?

     

    「花粉症で深刻に悩む人が多いのなら、杉を全てなくしてしまえばいい」と思うかもしれませんが、全部の杉を日本からなくしてしまうのは難しいようです。なぜでしょうか?

     

    まずは日本に杉の木が多い理由からご説明します。

     

    日本でスギ花粉の影響が大きい原因は、第二次世界大戦後の資源不足にありました。戦争が終わり国中で建物を建て直そうとしたとき、成長が早く建築物にも適切な杉はうってつけの木材として大量に植えられました。しかしその後、大量に植林した杉の木は需要がなくなり、植えられたまま現在まで残っているのです。

     

    伐採が進まない理由は2つあります。1つ目が、杉は環境に欠かせない存在であるということです。空気中の二酸化炭素を多く吸収してくれる杉は、地球温暖化の防止に大きく貢献しています。また、山に植えられている杉は土砂崩れの予防にもなっており、そんな杉をむやみに伐採してしまうのは環境に良くないと考えられているのです。

     

    2つ目の理由が林業の状況です。伐採をするにはかなりのお金がかかり、その後に別の植物を植林するのにもコストがかかります。そのうえ、木材の需要が以前ほど高くありません。今の林業には、杉は減らしたいけれど、伐採しても出荷する場所があまりない、というジレンマがあるのです。

     

    花粉が少ない杉があるってご存知ですか?

    先ほども触れたように、二酸化炭素の吸収量が多い杉を日本から一掃してしまうのは、環境にとって望ましくありません。しかし花粉症の打開策がないわけではなく、最近は「花粉が少ない杉」が注目を集めています。

     

    花粉の少ない杉とは、品種改良によりできた品種です。カビの一種に花粉症の原因となる雄花の花粉をエサとするカビがおり、そのカビを応用することによって花粉の少ない杉を実現させているというのです。花粉の少ない杉は、木材としての品質は通常の杉に負けずとも劣らないだけでなく、本来は春に見られる黄色の雄花はほとんど咲かないため、花粉の飛散を最小限に抑えることができるのです。

     

    国は林野庁を中心として、無花粉のスギや少花粉スギ品種の開発と植え替えを進めているようです。しかし、1999年から始まった苗木の植え替えはいまだに完了しておらず、すべての植え替えを実現させるためには長い時間がかかるようです。

     

    花粉対策は業者に伐採を依頼することからはじめてみよう

    杉がお庭にあるという方のなかには、育てている杉から飛んでくる花粉で毎年春になると苦しんでいる、という方もいらっしゃるかもしれません。そんな方は、花粉症の原因になっている杉を伐採し、ほかの樹木に植え替えてみるのも一つの手かもしれません。

     

    お庭110番では、ご相談いただければ伐採から植え替えまでの作業に対応したします。家の杉を伐採して花粉症を軽減したい!そんな方がいましたら、お気軽にご連絡ください。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    ヤマボウシの剪定時期と方法!咲かない原因や気になる費用

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    目次

     

    ヤマボウシの剪定時期はいつ?剪定の方法と強剪定をするときの注意点

    ヤマボウシは淡いピンクや真っ白の美しい花を咲かせ、お庭でもシンボルツリーとして植えられることが多い庭木ですが、正しい剪定方法や時期をご存知でしょうか?

     

    ヤマボウシは成長とともに枝を縦にも横にも伸ばす植物です。お庭がおおそれほど大きくない場合には、しっかりと剪定しないとスペースを占領してしまいます。かといって、雑に剪定すると樹形が乱れてしまうという、繊細さも持ち合わせています。

     

    ヤマボウシを上手に維持するために、剪定時期や方法をチェックしていきましょう。とくに、ヤマボウシを強剪定するときは注意が必要です。

     

    ヤマボウシの剪定に向いている時期・向いていない時期

    ヤマボウシの剪定に向いている時期・向いていない時期

     

    ヤマボウシのベストな剪定時期は葉を落とした11月~2月ごろです。ヤマボウシ全体の骨格を作るために太めの枝を切り落とす強剪定は、この時期に終わらせておくとよいでしょう。反対に、春・夏は強剪定に向いていない時期になります。5,6月だと花が咲きますし、それまでの時期にも花芽が開花準備をしています。秋に実をつけるため、夏から秋の時期も太い重要な枝は剪定すべきでないのです。

     

    しかし、比較的細い枝の剪定は一年を通しておこなっても問題ありません。ヤマボウシの場合は上向きに伸びる徒長枝がぐんぐんと成長するので、放置して樹形を乱してしまうことがないように、目立ってきたら早めに剪定するのがおすすめです。

     

    ヤマボウシの剪定方法と強剪定をするときの注意点

    定期的な軽い剪定の際は、不要な枝を切り落としていきます。不要な枝とは、上向きに伸びる徒長枝や幹の根元から生えてくるひこばえなどです。樹形を乱すこれらの枝は、剪定バサミを使って根本からしっかりと切り落とします。

     

    強剪定の場合は、不要な枝を切り落とした後、太めの枝をカットします。太めの枝をカットするときは、出来上がる木全体の樹形ラインをイメージしながら切る枝を決めます。

     

    強剪定では、切った部分から徒長枝が生えてくるので、その点を踏まえたうえでバランスを考える必要があります。また、花芽を残して剪定することも重要です。冬には葉芽よりも膨らみかけている花芽が枝先についていると思います。花芽をすべて切り落としてしまわないように、枝を見極めましょう。

     

    ヤマボウシ剪定の定期的な剪定が手間…そんなときは業者が力に

    軽い剪定ならば年中おこなっても大丈夫ですが、強剪定の適切な時期は冬なのでその時期に終わらせる必要があります。そして、剪定方法をよく知り切る枝・切らない枝の判断をできないと、木全体のバランスが損なわれてしまいます。正しい剪定方法とヤマボウシに関する知識を十分に身に着けたうえで作業しなければなりません。

     

    ヤマボウシはお庭のシンボル的存在ですから、樹形には細心の注意を払いたいものです。自分で上手に剪定できる自信がない、そんなときは、年に一度おこなう強剪定だけでも腕のよい業者に依頼してみてはいかがでしょうか?

     

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    ヤマボウシの特徴を確認してお手入れに役立てる!花が咲かない原因って…?

    お庭で育てるヤマボウシは、剪定をはじめとしたお手入れが必須です。その理由をヤマボウシの特徴を絡めながら説明していきます。

     

    また、ヤマボウシを育てている方のお悩みのひとつ、「花が咲かない原因」についても触れていきます。正しく剪定していても、間違った育て方が花を咲かせなくさせているかもしれません。原因をご自身の場合と照らし合わせてみましょう。

     

    ヤマボウシの花芽と葉芽、ハナミズキとの違いは?特徴とお手入れの重要性

    ヤマボウシの花芽と葉芽、ハナミズキとの違いは?特徴とお手入れの重要性

     

    【ヤマボウシの特徴】

    ヤマボウシはそれほど成長力が強い樹木ではありませんが、数年たつと10メートルにもなることがあるので、剪定は欠かせません。剪定で不必要な枝を切っておかないと、上部が横に広がってしまいます。理想の樹形にするには、枝が伸びた時のイメージを持って剪定する枝を選ぶことが重要です。

     

    剪定の際に重要な特徴といえば、花芽と葉芽の違いです。ヤマボウシの花芽と葉芽は強剪定をする冬の時期にはすでについています。その違いは大きさです。花芽が丸みを帯びているのに対し、葉芽はツンとした形状で固いです。剪定時には花芽を残し余分な葉芽は切り落とす必要があるので、しっかりと見分けられるようにすることが大切です。

     

     

    【ハナミズキとの違い】

    花の形が似ていることから、ヤマボウシはハナミズキと混同されることがあります。ヤマボウシとハナミズキとの違いといえば、まず挙げられるのが花の形状です。ヤマボウシが花弁の先がとがっているのに対し、ハナミズキの花弁の先は丸く、切込みが入ったようになっています。

     

    花芽の時期にも違いがあります。ハナミズキは葉よりも花が先に開花するのに対し、ヤマボウシは葉が出はじめてから開花します。

     

    ヤマボウシの花が咲かない原因は何?対処法もご紹介

    ヤマボウシの花が咲かないときは、剪定に原因がある場合とお手入れに原因がある場合とが考えられます。両方の原因を詳しく見ていきましょう。

     

    【剪定が原因の場合】

    まず、剪定時期を誤っている場合が考えられます。ヤマボウシの花芽は7月ごろにつきはじめます。つまり、花芽がまだつきはじめていない開花後から6月前に剪定してしまうと、花芽の位置がわからないまま枝を切ってしまい、花芽をなくしてしまうのです。

     

    花芽が見極めができていない場合も、花が咲かない原因になります。樹形を整えるための軽い剪定をするとき、年中おこなってもいいとはいえ、花芽を全て切り落してしまっているようでは当然花は咲きません。花芽がある枝は残す剪定を心掛けます。

     

     

    【剪定以外に原因がある場合】

    お手入れで考えられる原因の一つが、ヤマボウシに適した環境でないということです。ヤマボウシは水はけがよい土と日当たりがよい場所を好みます。このような場所でない場合、十分な栄養が得られず花つきが悪くなってしまうのです。

     

    水分不足も深刻な問題になりかねません。土から水分が奪われる夏の時期はヤマボウシが花芽を付けるタイミングでもあり、水が足りず元気がないと花の準備ができなくなるのです。とくに鉢植えの場合はたっぷりと水分を与えるようにしましょう。

     

    病気が原因になることもあります。うどんこ病はヤマボウシに発症することもあり、花の開花を妨げます。病気を防ぐためには肥料や薬剤で病気予防をし、発病を確認したらすぐさま被害に遭った部分を切り取りましょう。

     

    ヤマボウシを正しく・健康的に育てるためには…プロが頼りになります

    花をきれいに咲かせるには、正しい剪定時期と方法を守ることも大切ですが、お手入れの方法にも気を使う必要があります。水やりから病気予防までやるべきことがたくさんあり、すべてを自分でおこなうのは難しいかもしれません。

     

    「与えるべき肥料がわからない」「お手入れ方法が合っているのか不安」「お手入れを全て自分でおこなうのは面倒だ」このように思っている方は、思い切って剪定のプロに相談してみるのがおすすめです。

     

    剪定のプロはヤマボウシをはじめさまざまな庭木についてよく知っています。枝を切ることだけでなく、水やり方法や状況に応じた肥料などを教えてくれることでしょう。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    ヤマボウシ剪定の料金、安くするためには?気になる「お金」についてまとめます

    剪定やお手入れや病気予防などなど…やるべきことがたくさんあるヤマボウシは、難しい剪定だけでも業者にまかせたい、こう感じる方も多くいらっしゃることでしょう。しかし、費用がかかるとなると躊躇してしまったり、業者が信頼できるか不安になったりする方も多いのではないでしょうか。

     

    ここでは、ヤマボウシの剪定費用の計算方法を中心に、信頼できる業者選びの方法をまとめてみました。業者への依頼を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

     

    ヤマボウシの剪定でかかる費用の計算方法

    ヤマボウシの剪定でかかる費用の計算方法

     

    ヤマボウシ剪定の費用を予想するには、次の2点がポイントになります。

     

    • ・職人1人当たりの料金

     

    • ・ヤマボウシ1本あたりの料金

     

     

    1つ目の基準が職人にかかる費用です。職人が剪定にかける時間や職人の人数で費用が決まります。もう1つの基準が、ヤマボウシ自体の状態です。何本剪定するのか、木のサイズはどの程度なのかが費用を見積もるうえで重要なポイントになってきます。

     

    このように、おもに2つのタイプの料金設定があるので、お庭の木が同じ条件だとしても、費用は業者によって変動します。費用を知りたいときは、まずは業者に見積りを依頼するとよいでしょう。さらに、時間に余裕があれば複数の業者に見積りを取って比較することもおすすめです。

     

    信頼できる業者の見つけ方を紹介!安く剪定するための2つのポイントは?

    ●信頼できる業者の見つけ方

    ・実績があるか

    実績は業者の技能・質を判断するうえで大切な要素です。ヤマボウシはとくに剪定のできが樹形のバランスを大きく変える樹木なので、腕が確かで、依頼主の要望や相談にしっかりと答えてくれるような業者を選びましょう。

     

    ・価格は適切か

    料金設定が高すぎると、剪定の技術に見合った料金であるのかが心配です。かといって、安すぎる業者だと、あとで追加料金を請求されるのではないかと不安になります。高すぎず安すぎない、そして、料金設定がしっかりとしている業者を選びましょう。

     

     

    ●安く剪定するための2つのポイント

    ・見積りをする

    先ほどもご紹介したように、業者によって費用の設定の仕方が違います。ベストな選択をするためには、見積りを依頼し、それぞれの業者の料金と施工内容を見比べることはとても大切です。

     

    ・ヤマボウシ剪定を放置しない

    剪定することなく放置すると、ヤマボウシは知らぬ間に大きくなり、四方八方に枝が伸びてしまいます。大きくなるほど太い枝が増え、剪定するのが難しくなって、作業に時間がかかります。定期的に剪定をしたほうが1度の費用が抑えられ、樹形もきれいに保つことができるのです。

     

    ヤマボウシ剪定をご検討の方はお気軽にご相談ください

    剪定にかかる費用や信頼性は業者によってまちまちです。剪定やお手入れをおまかせしたいけど、一歩踏み出せない、そんな方はまずはお見積りだけでもしてみませんか?実際に電話をして対応してもらうことで、インターネット上の情報だけではわからない、詳しい費用や業者の信頼性がわかります。

     

    お庭110番にお電話をいただければ、無料でお客様のヤマボウシ剪定にかかる料金をお見積りいたします。また、お見積りが確定した後は追加費用は一切かかりませんので、業者の信頼性を心配する方も安心していただけます。お手入れ方法についてお庭のプロに相談したいときにもお気軽に相談していただけます。思い立ったら、24時間365日、いつでもご連絡ください。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    ドウダンツツジ剪定法!花を減らさず健康に育てるには

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    目次

     

    ドウダンツツジ剪定の正しいやり方は?時期と手順をおさえて理想のドウダンツツジに仕上げる!

    ドウダンツツジは春に花咲く落葉樹で、白くて可憐な花だけでなく、秋の紅葉も美しい植物です。庭上だけでなく、鉢植えとしても人気の高い花木です。丈夫で比較的手間がかからないという理由で、ドウダンツツジを育てている方も多いのではないでしょうか?

     

    お家のドウダンツツジを美しく理想の姿に育てるために、剪定の時期と手順をおさえておきましょう。

     

    ドウダンツツジの剪定時期のキホンは花後!その理由は?

    ドウダンツツジの剪定時期のキホンは花後!その理由は?

     

    ドウダンツツジの剪定をしようというとき、まず大切なのは、剪定の時期です。

     

    ドウダンツツジの剪定には、花が咲ききって落ちた5~6月がおすすめです。ドウダンツツジは前年の夏に翌年の春の花芽をつけるため、花が枯れ次第早めに剪定をすることによって、来年の花芽を傷つけることなく剪定することができるのです。

     

    また、落葉期にも、軽い剪定をするのがおすすめです。夏の間に伸びた余分な枝や、込み合った枝、絡んだ枝をこの段階で間引きます。この季節には花芽も大きく膨らんでいるので、切り落とさないように注意しましょう。

     

    ドウダンツツジの基本的な剪定方法!希望に合わせた剪定も可能

    まずは、剪定の基本を見ていきましょう。ドウダンツツジの剪定の適期は年に2度あるということはご紹介しました。ここではそれぞれの季節の具体的な剪定方法をご紹介します。

     

    ① 花後の剪定

    本格的な刈り込みをおこなうならこのタイミングです。ドウダンツツジはさまざまな樹形を楽しむことができる植物です。

     

    枝の各所に葉を転々と丸くかためて残す「玉ちらし」や、木全体の葉っぱを丸くする「玉仕立て」、生垣の場合は全体を四角い箱のように整える「角仕立て」など、好きな形に剪定できます。

     

    生垣の剪定で角仕立てにする場合は、枝の分け目は気にせず、枝の途中から好きな樹形に刈り込みます。そのため、夏以降におこなうと枝についた花芽まで無差別に切り落とすこととなり、花が咲かなくなる原因になるので注意が必要です。

     

    また、自然に樹形を整える剪定をおこなうこともできます。伸びすぎた枝、古くて枯れた枝、絡まった枝などをおもに、付け根から切り落とします。無駄な枝があると病気になったり、花が少なくなったりするので、木の健康を保つためにも大切な作業です。「サラサドウダン」「シロドウダン」は刈り込みには適さない品種なので、自然樹形で育てる場合が多いです。

     

     

    ② 落葉期の剪定

    夏から後に発生した余分な枝は、10月ごろに剪定をするといいでしょう。葉が落ち切った12月ごろにも剪定をすることがありますが、その際は花芽を切り落としすぎないように気をつけます。次の年の花の数が激減してしまうからです。

     

    ドウダンツツジの剪定が不安、自分でできるだろうか…

    これまで、ドウダンツツジの剪定方法についてご説明しました。ドウダンツツジは樹高が高いですが、花の一つ一つはとても小さくかわいいのが特徴です。

     

    一輪一輪が大きな花ではないため、剪定時に間違って花芽を刈り込みすぎてしまうと、次の春には少量の花しか咲かず、とても物寂しい雰囲気になってしまいます。

     

    上手くドウダンツツジを剪定できるか不安だという方は、プロに相談するのがおすすめです。ドウダンツツジの特徴をよく知る剪定のプロが、適切な方法で剪定をおこない、来年の花にも最適の状態を整えてくれます。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    簡単にできる!ドウダンツツジのお手入れと上手く育てるポイントまとめ

    ドウダンツツジの剪定方法がわかったら、次は正しいお手入れ方法を知りましょう。ドウダンツツジを元気に育てるにはどのようなポイントがあるのか、ご説明します。

     

    春になっても花が咲かない!という悲しい事態を避けるためにも、できるだけ健康的にドウダンツツジを保ってあげるとよいでしょう。

     

    ドウダンツツジを育てるために必要なお手入れ

    ドウダンツツジを育てるために必要なお手入れ

     

    ドウダンツツジのお手入れは、比較的簡単といわれます。

     

    ●土づくり

    酸性で、保湿性がある有機性の高い土を好む植物です。したがって土を作る際は、

     

    • ・赤玉土(小粒):酸度未調整ピートモス:腐葉土=5:3:2
    • ・赤玉土(小粒)or鹿沼土(小粒):腐葉土=6:4

     

    のどちらかにするといいでしょう。

     

     

    ●肥料やり

    肥料やりに適した時期は、花が終わった後の5~6月と、9月、花が咲く前の2~3月です。9月の肥料は微量でよく、与えない人もいるほどです。骨粉:油かす=6:4くらいの割合で配合し、使うのがおすすめです。

     

     

    ●病害虫

    ドウダンツツジで気をつけなければいけない病気に、「サビ病」というものがあります。葉っぱのところに、錆の粉のようなものが発生する病気です。症状が出た葉っぱをすぐに摘み取り、殺菌剤を使って対処します。また、ドウダンツツジは同様に害虫の被害を受けやすい植物でもあります。

     

    • ・ハダニ
    • ・カイガラムシ
    • ・アブラムシ

    • ・カミキリムシ

     

    これらの害虫はドウダンツツジの大敵ですので、薬剤を使って予防しておく必要があります。カミキリムシは幼虫が木の幹を食い荒らして穴を開けるので、株元におがくずが見つかったら、幹にある穴を探して殺虫剤か針金で駆除します。

     

    ドウダンツツジを上手く育てるためのポイント

    ・日当たりをよくする

    ドウダンツツジを日陰に植えてしまうと、枝の茂りが粗くなってしまって貧相な外観になるうえ、秋の紅葉もあまり綺麗に色づかなくなります。

     

    元気なドウダンツツジを育てるには、完全に日当たりが良いか、もしくは半日陰の場所で育てるのが好ましいです。夏場の灼熱の日光や西日には当たらない場所を選ぶのもポイントです。

     

    ・酸性の土で育てる

    先ほども言及したとおり、ドウダンツツジは酸性の土を好む植物です。逆に、中性の土でも窒素の多いところでは、葉っぱばかり茂ってしまって花は少なくなりがちです。

     

    これは肥料にもいえることですので、ドウダンツツジが何性のものを吸収するのかに意識してお手入れしてあげると、より健康に保つことができるでしょう。

     

    ・水をたっぷりあげる

    ドウダンツツジには乾燥が大敵です。普段の水やりの段階から、土の表面が乾いたらたっぷり水をやっておきましょう。

     

    また、夏場に土が乾燥しすぎるときには、腐葉土やワラなどを株元に敷き詰めて、乾燥するのを防ぐという方法もあります。

     

    日々のお手入れは自分で、技がいる剪定は業者にまかせるという選択肢も

    ドウダンツツジは、普段のお手入れは特別難しい植物ではありません。とくに誰かの力を借りなくても自分でできる、という方も少なからずいらっしゃるでしょう。そこで、難しい部分だけを業者に頼み、ほかのお手入れは自分でおこなうという方法も有用です。

     

    剪定など、来年の花付きを左右する難しい部分や、やってはいけない行動がある箇所だけは業者にやってもらうと、ドウダンツツジをより健康に保つことができるでしょう。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    ドウダンツツジ剪定を依頼したときの料金は?依頼前に不安を感じたときの解決策

    ドウダンツツジの選定を業者に依頼しようと思ったとき、だれしも気になるのが費用だと思います。一度も業者に依頼したことがないという方は、優良業者を見つけられるか不安に思っている方も少なくないでしょう。

     

    樹木の剪定費用の相場はどの程度なのか? 何によって値段が決まるのか? 料金決定のポイントを知って、業者に依頼する前の不安を解消しましょう。

     

    ドウダンツツジ剪定でかかる費用の計算方法

    ドウダンツツジ剪定でかかる費用の計算方法

     

    ドウダンツツジの選定において、費用決定にかかわる重要なポイントは、おもに2点あります。

     

    【作業スタッフの人件費】

    日当や時給での契約の場合は、剪定業者に対する人件費が発生します。金額は都会ほど高くなる傾向にあります。

     

     

    【ドウダンツツジの費用】

    庭木1本に対する費用が決まっている単価制の場合もあります。このケースでは、ドウダンツツジが1本の樹なのか、生垣なのかといったポイントや、どのような樹形に整えたいのかという要望によっても費用は変化します。

     

    庭木の場合は、剪定の対象となる木がどれくらいの高さなのかによって価格帯が設けられている場合も多いのが特徴です。低木・中木・高木の三種類に分けられ、7m以上の木は個別の見積りがおこなわれるケースが多いです。

     

    ドウダンツツジの剪定、どこに依頼したらいいかわからない…信頼できる業者の見分け方を知る

    ドウダンツツジをはじめ木の選定を生業としている業者のなかには、簡単に信用できない悪質な業者があるのも事実です。剪定のノウハウも無視してめちゃくちゃに枝を切ったり、すぐに終わる作業を何日もかけて日当を稼いだりする業者もあるというので、業者選びは慎重におこなう必要があります。

     

    どのようなポイントに気をつけて業者を選べばいいのかは、以下のとおりです。

     

    ・実績がある

    剪定は業者の腕前が目視でき、わかりやすい業種でもあります。そのため、不評な業者・悪質な業者にはおもったような実績が伴わないことが多いです。依頼数が多いという点だけでも、ある程度の判断材料にはなります。

     

    ・見積りをしっかり出してくれる

    見積りを出してほしいと依頼したときに、渋ったり、話を濁したりする業者は、価格設定や費用算出の点で後ろ暗いところがあるのだと考えられます。

     

    ・価格が適切

    ドウダンツツジの剪定にも相場があります。その相場から大きく外れた料金設定をしている会社は、その費用が高すぎる場合だけでなく、安すぎる場合にも注意が必要です。剪定は職人技です。あまりにも安い費用設定には、それはそれで理由はあるはず。「安かろう悪かろう」は剪定業界でも当てはまることが多いです。

     

    ・雰囲気がいい

    電話などで連絡を取ったとき、雰囲気の良さを感じたら、顧客を丁寧に扱う優良な会社である可能性が高いです。

     

    ドウダンツツジ剪定で提示された料金に不安を感じる…見積りで比較をしてみる

    業者から提示された料金に不安を感じたら、複数社から見積りを取って比較をしましょう。

     

    見積書の状態からも業者の雰囲気を推し量ることができるうえ、見積書同士を比較することで、ドウダンツツジの剪定の相場をつかむこともでき、より安い施工費の信頼できる業者を見つけることにもつながります。

     

    見積りの比較をおこなう際には、ぜひお庭110番もそのなかに加えてください。弊社の見積りは細かい料金設定に基づいて決められている明朗会計で、見積り決定後の追加料金は一切かかりません。よりクリアな料金設定で安心できる業者にまかせたいという方は、いつでも弊社にご相談ください。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    サツキの剪定方法と時期を確認!病気を防ぐお手入れも

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    目次

     

    サツキの剪定方法と行う時期、ポイントは花が落ちるタイミング

    ピンクや紫、白など色とりどりの花を咲かせるサツキは、庭木として愛されている植物の一種です。お庭でたくさんの花を咲かせているのを見る方も多いかもしれませんが、サツキは剪定時期や切る枝を間違えると、花が咲きにくくなってしまうことがあります。

     

    お庭のサツキには剪定がかかせません。切るべき枝を放って剪定のタイミングを逃すと、景観が悪くなるだけでなくお花も咲きにくくなってしまうからです。剪定時期と方法を知って、サツキがきれいに花咲く準備をしましょう。

     

    サツキの剪定時期はいつ?花が落ちるタイミングを見逃さない!

    サツキの剪定時期はいつ?花が落ちるタイミングを見逃さない!

     

    サツキの剪定は、花が枯れ始めてから花芽をつくるまでの間におこなうのが理想です。そしてこの期間は非常に短いです。

     

    サツキという名前が旧暦の皐月(さつき)からつけられている通り、サツキが開花するのは5月ごろです。4月・5月に開花したサツキは、数週間で花を終わらせ、6月・7月になるとすぐに花芽をつけはじめ翌年の開花の準備をします。つまり、サツキのベストな剪定時期はわずかしかないのです。

     

    この時期を逃してから剪定をすると、花芽がついている枝も切り落とすことになり、翌年の花が咲きにくくなってしまいます。サツキの剪定は、タイミングよくおこなう必要があるのです。

     

    親戚でありとても似ている花にツツジがありますが、サツキとツツジは開花時期や花芽の時期が違うので注意が必要です。ツツジはサツキよりも1か月程度早く花咲き、枯れた後に花芽をつけはじめます。似ているからといって同じ時期に剪定をしてしまわないように、剪定のタイミングは分けましょう。

     

    サツキ剪定の基本は2ステップ!こんな枝は切りましょう

    1. 不要な枝を切る

    不要な枝とは、「細すぎる枝」「飛び出ている枝」「下向き・内側に生えている枝」などを指します。

     

    細い枝は、花や葉が育ちにくくなりますので切ります。また、周囲に比べて飛び出してしまっている枝も見た目が悪く、害虫が寄り付く可能性もあるので切ってしまいます。下向き・内側に向かって伸びる枝のほかに、ほかの枝に絡むように伸びる枝なども成長と開花の妨げになります。不要な枝は思い切って切りましょう。

     

     

    2. 刈り込んで形をつくる

    2つ目のステップである刈り込みは、樹形を整えるために大切な作業です。刈込バサミと剪定バサミを使い分け、全体の枝を減らすように切っていきます。表面がなめらかな弧を描くような半円になるように、全体の形状を意識しながら剪定していきます。

     

     

    ●剪定のポイント

    お庭のサツキは丸い形になるよう剪定されることが多いです。大きさを維持して丸く整えたいときは、ある程度思い切った剪定をすることが大切です。太く丈夫な枝は切るのを躊躇してしまうかもしれませんが、切らなければどんどん大きくなってしまいます。サツキは花が咲いた部分の横から新芽を伸ばすので、大きさを維持するのであれば、花がついていた部分を切り落とすイメージで剪定していくのがポイントです。

     

    剪定時期は忙しい、数が多くて剪定が大変…こんなお悩みは業者が解決!

    サツキの花を楽しむには花芽がつくまでのわずかな間に、適切な方法で剪定する必要がありますが、忙しくてお庭にかまっていられない方にとっては、剪定に時間をつくるのは難しいかもしれません。「花は咲かせたいけれど剪定に時間は割けない」「生垣にしているから数が多くて時間がかかる」とお悩みの方は、業者に依頼するのがおすすめです。

     

    また、お庭110番なら24時間365日対応なので、思い立ったらすぐにご依頼いただけます。「花芽がつくギリギリの時期になってしまっているし、今からでは間に合わないかもしれない…」というときにも、可能な限り迅速に対応いたします。

     

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    毎年花を咲かせるためにはお手入れもかかせない!サツキの育て方

    サツキには、剪定以外のお手入れも必須です。上手に育てるために最適な環境や、肥料・水やりをご紹介します。サツキが健康に成長できるように配慮してお手入れをおこないましょう。

     

    また、サツキはさまざまな害虫や病気に脅かされることもあります。大切に育てているサツキが枯れてしまうようなことにならないように、脅威の原因と対処方法を確認していきましょう。

     

    サツキの育て方と必要な2つのお手入れ

    サツキの育て方と必要な2つのお手入れ

     

    【サツキの育て方】

    サツキは比較的簡単に育つので初心者向きの庭木だと考えられていますが、育てる環境に配慮することは大切です。以下のような条件に合う環境がサツキには最適です。

     

     

    • ・水はけがよい
    • ・日当たりがよい

    • ・冷たい風が当たりにくい場所

     

     

    サツキを植えるベストな時期は春か秋です。根をほぐしながら、浅めに植えて軽く土を盛ります。鉢植えの場合は鉢が小さいと根の成長を妨げてしまうことになりますので、大きくなってきたら、2,3年ごとに一度は植え替えをします。

     

    【サツキに必要なお手入れ】

    サツキに必要なお手入れはおもに2つ。水やりと肥料やりです。サツキは乾燥が苦手な植物なので、水分が少ない土では弱りやすくなります。

     

    とくに春や夏といった、よく成長する時期には、水分が不足しがちです。お庭に植えている場合はそれほど頻繁に水をあげる必要はありませんが、鉢植えの場合は朝夕の時間に水をたっぷりあげましょう。

     

    肥料は、開花後の5,6月から花芽がつく頃にかけて、白く丸い緩効性化成肥料を与えるのが効果的です。油かすや骨粉などを配合した固形の肥料を与えるのもおすすめです。

     

    サツキがかかりやすい病気と害虫…被害と対処は?

    さまざまな種類の害虫や病原菌が、サツキを侵食してしまうことがあります。普段のお手入れをきちんとおこなうことも大切ですが、脅かされたときにはすぐに対処することも重要です。サツキを脅かす病気と害虫を対処方法とともにご紹介します。

     

    【病気】

    褐斑(かっぱん)病:葉に褐色の点がいくつもできる病気です。一度かかると一気に広まってしまいます。

     

    炭疽(たんそ)病:サツキ全体を脅かす病気で、穴あきの葉や実の落下などの症状が起こります。

     

    うどん粉病:葉の表面に白い粉のようなカビがついてしまう、若い葉や茎に起こりがちな病気です。

     

     

    【害虫】

    ツツジグンバイムシ:乾燥する時期に発生する虫で、葉を白っぽく変色させてしまいます。

     

    ハダニ:同じく乾燥すると増加する、0.5㎜ほどの小さな害虫です。

     

    ベニモンアオリンガ:枝に住みつき、花芽や葉芽を食い尽くしてしまう害虫です。

     

    ハマキムシ:春から秋にかけて、芽や葉を侵食する虫です。

     

     

    虫や病気が発生したことに気づいたら、まずは早急に被害を受けた部分を切り落とすことが何よりも重要です。その後、害虫用スプレーや治療剤を散布し、病気からの回復を試みます。予防策としては、いらない枝を切って風通しを良くする、殺虫剤を散布するなどの方法が効果的です。普段のお手入れにほんのひと手間を加えて、病気と害虫に負けないサツキに仕上げておくとよいでしょう。

     

    サツキのお手入れが大変と感じたら…お庭のプロにまかせてみませんか?

    サツキは初心者でも気軽に楽しめる庭木と言われますが、お手入れを怠ると健康的でたくさん花を咲かせるような木には成長してくれません。また、普段からきっちりとお手入れをおこなっていても、病気・害虫にかかってしまうことはあります。そんなときはすぐに適切な方法で対処することが大切です。

     

    しかし、「種類が多すぎて、どの薬剤を使ったらよいのか判断できない」「忙しいので普段のお手入れをすることが難しい」と感じる方もいらっしゃるでしょう。そんな方は、お庭のプロの力を借りましょう。お庭のプロにおまかせすれば、薬剤選びから適切なお手入れまでを心配する必要もなく、春の開花を楽しめるでしょう。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    サツキの剪定を依頼したときの料金は?依頼前に確認しておきたいこと

    時期に制限があったり剪定方法が難しかったりするサツキの剪定は、自分では難しいと思ったら迷わず業者に依頼したいところです。しかし、費用が気になってしまう方も少なくないのではないでしょうか?そんな方に、剪定費用がどのように決まるのか、その基準をご紹介します。

     

    せっかくお金を支払って剪定してもらうのですから、信頼できる業者におまかせしたいものですよね。安心できる業者の選び方もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

     

    サツキ剪定でかかる費用はどのように計算される?業者によって異なるので注意

    サツキ剪定でかかる費用はどのように計算される?業者によって異なるので注意

     

    サツキ剪定にかかる費用は、多くの業者が以下のどちらかの点を基準に決めています。

     

    ・職人一人当たりで計算される料金

    職人の人数や剪定にかかる時間が多いほど、費用がかかる料金設定です。

     

    ・サツキ1本あたりで計算される料金

    サツキの本数や高さ、横幅で費用を細かく設定している業者も存在します。

     

    このほかにも、丸い形に整えたい、短く刈り込みたいなど、剪定方法によって費用が異なることもあるので、予算と相談しながら決めていくものよいでしょう。費用は料金設定の仕方に大きく左右されます。ベストな選択をするためには、ぜひ複数の業者に見積もりを出してもらい比較しましょう。

     

    「サツキの剪定、どこに依頼するか迷ってしまう…」 信頼できる業者の見つけ方

    以下のような条件を満たしている業者なら、信頼性の高い業者といえそうです。

     

    ・相談に乗ってくれる

    どんな悩みを抱えているのかを分かってくれる業者でなければ、依頼主にとってのベストな剪定をおこなうことができません。

     

    ・見積もりをしっかりと出してくれる

    見積もりが明確であるかは、その業者がお金に関して責任感があるかを表します。見積もり後の追加料金が発生しないかも確認しておくとよいでしょう。

     

    ・過去の実績が多い

    実績の多さは業者の腕を図るうえで大事な材料です。業者のサイトや口コミを頼りに実績をチェックしましょう。

     

    ・満足いかなければ剪定しなおしてくれる

    また、剪定後に気になる部分がある場合に剪定をやり直すと明言している業者からは、責任と自信を感じられます。

     

    サツキ剪定の具体的な料金を知るために、まずはお見積りからはじめてみませんか?

    費用を知るためだけでなく、業者の信頼性を計るためにも、見積もりは大切です。複数の業者に見積もりを出してもらえば、費用や施工内容を比較し、一番信頼できる業者を簡単に見つけることもできます。

     

    お庭110番では、お電話いただければ無料でお見積りをさせていただきます。費用を聞いてから依頼するかを決めたい、という方でも安心してご利用いただけます。また、お見積りが確定した後の追加料金は一切かかりません。まずは一度、無料見積りを体験してみてはいかがでしょうか?

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    もちの木の剪定・お手入れ方法と優良業者の探し方

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    目次

     

    もちの木剪定の時期・剪定方法をわかりやすくまとめます

    もちの木はこれといった特色のない平凡な外見ながら、日本のお庭には欠かせない存在感を発揮する人気の樹木です。激暑の時期以外はとくに水やりもいらない手軽な木なので、お庭にもちの木があるという方も少なくないと思いますが、いったいどのようにお手入れをしているでしょうか?

     

    まずは、もちの木の剪定時期と剪定方法をわかりやすくご説明します。

     

    もちの木剪定に適した時期は?1年で3つのタイミング

    もちの木剪定に適した時期は?1年で3つのタイミング

     

    もちの木の剪定には、1年のうちに3回のタイミングがあります。

     

    【メインの剪定】

    時期:6~7月

    メインの剪定は初夏におこないます。このころになると、春に新しく芽吹いた葉っぱが伸び切っているので、剪定に最適な条件が整います。もちの木自体が育成が早くない木のため、2年に一度程度の剪定でも十分です。

     

     

    【必要があればする剪定】

    時期:10~11月

    秋の剪定は、伸びてきた葉っぱや枝をそろえることで、樹形を整えるという目的があります。もちの木の花芽は前年の枝につくことと、結実は二年枝に起こるので、できて1~2年の枝を秋の剪定で切り落としすぎないようにしましょう。

     

     

    【木を小さくしたいときの剪定】

    時期:2月

    木を小さくしたい場合は、枝などを大きく剪定する「強剪定」をおこないます。強剪定をおこなう時期を間違うと、木に大きなダメージがかかってしまうため、木が枯れてしまうこともあります。

     

    強剪定をするのに適しているのは、木が休眠状態に入っている真冬です。それ以外の季節は木が枯れる原因にもなるので、木を小さくするのであれば剪定は冬に限りましょう。春が来る前の冬に強剪定をおこなうと、木の回復も早くなります。

     

    もちの木剪定は重要?基本的な剪定方法を確認

    ●モチノキ剪定は重要?

    もちの木は剪定せずに放置していてもあまり樹形が崩れない木ではあります。露骨に樹形が崩れないがゆえに、何年も放置してしまう方がいらっしゃるかもしれませんが、それは別の危険があります。

     

    もちの木は、大きなものになると10メートルほどに育つこともあります。あまり樹形が崩れないから大丈夫と思って放置していると、いつの間にか手が付けられないほど大きくなっていたという事態にもなりかねません。

     

    いくらこまめな剪定が不要な木だからと言って、完全に何年も放っておくのは危険といえるでしょう。

     

     

    ●もちの木の剪定方法

    もちの木は枝葉が密集しやすい傾向にあるので、木の内側に枝や葉が込み合ってきたら、透かすように剪定してあげましょう。そうすることで、樹形の内部まで日光が届いたり、風が通ったりできるようになります。

     

    不要な枝を切り、小枝を落として、新梢や芽を少し残して切り詰めます。そうすることで小枝がより茂るようになり、秋の樹形の整姿につながります。

     

    もちの木剪定に不安を感じるときは業者にまかせてみるのもあり!

    もちの木の剪定に不安があるという方は、プロの剪定業者にまかせてみるのもおすすめです。

     

    もちの木は枝が密生しやすいので、切り方によってはどんどんと枝が出てくる方法もあります。たくさん発生した枝をどのように処理したらいいかわからなかったり、枝がより少なくなるように剪定してほしいといったご要望があったりする場合は、不慣れな人がおこなうよりも、プロにまかせたほうが安心といえます。

     

    ご要望通りにもちの木を剪定してほしいという場合は、お庭110番にご連絡ください。熟練の現地スタッフが、もちの木を健康的かつ美しく剪定いたします。

     

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    もちの木が枯れるのは病害虫の仕業かも…被害と対処・対策法

    モクセイ、モッコクとならんで「庭木の三名木」と親しまれるもちの木は、生け垣などとしても人気が高く、育てやすい木として有名です。花や実を付ける丈夫な木ですが、ただひとつ弱みがあるとすれば、特定の病害虫の被害を受けやすいという点です。

     

    次では、もちの木が影響を受けやすい病害虫についてご紹介します。

     

    もちの木が被害に遭いやすい害虫と対処・対策

    もちの木が被害に遭いやすい害虫と対処・対策

     

    【カイガラムシ】

    もちの木だけでなく、多くの庭木の天敵として知られるカイガラムシ。大きさは1~3ミリ単位なので、よく見ないと虫だとわからない場合もあります。

     

    体の表面に毛がついたようなふわふわした種と、体が甲羅のように固い種があります。植物を吸汁するほか、草木に病気を伝染させることもあります。

     

    体が硬い種類のカイガラムシは、薬剤が効かない場合が多々あるので厄介です。主な駆除方法は、とがったヘラや割り箸を使い、カイガラムシをもちの木からこそぎ落とすことです。

     

    カイガラムシは暗くて風通しが悪い場所を好むので、もちの木周辺をなるべく日当たり・風通しの良い環境にしてあげることもよい予防になります。

     

     

    【ハマキムシ】

    ハマキムシは、ハマキガと呼ばれる蛾の幼虫の総称です。糸を吐いて葉っぱを2~3枚巻き込み、その中を巣として、木の新芽・つぼみ・実などを食べます。

     

    食害の影響は被害を受ける部位によって異なります。新芽が被害に遭うと、草木の生育がおくれ、つぼみに被害が起これば奇形の花が咲きます。果実を食い進めて、落果の原因となることもあります。

     

    また、直接的に食害から受ける影響だけでなく、営巣による被害も大きいのが特徴です。葉っぱを巻き込んで巣を作るため、美観を損ねるのみならず、光合成を妨げてもちの木の生育に悪影響を及ぼします。

     

    ハマキムシの駆除方法は、「怪しい葉っぱは摘み取る」ということです。葉っぱを巻き込んで作られた巣は薬剤が届きにくいので、丸まった塊があったら、丸ごと摘み取って処分しましょう。葉っぱの表に卵を発見した場合も同様です。もしも大量発生した場合は、薬剤をまんべんなくかけるのが効果的です。

     

    予防には、防虫ネット、薬剤の使用が効果的です。また、ハマキムシの成虫は夜の光に集まる習性があるので、もちの木の近くにある電気を消すことも大切です。冬のうちに、冬眠している幼虫の巣(葉っぱ)を摘み取っておくことも有効です。

     

    もちの木がかかりやすい病気と対処・対策

    【すす病】

    もちの木がかかりやすい病気が、すす病です。カビが原因の病気ですが、この病気が伝染する原因になるのがカイガラムシなど害虫の排泄物・分泌物です。すす病菌はそれらを餌として増殖するのです。

     

    すす病は、植物の葉っぱや幹が黒くすすで汚れたようになる病気です。すす病の病原菌が直接木の養分を吸い取るわけではありませんが、美観が損なわれるだけでなく、光合成や植物の皮膚呼吸が妨げられ、植物の生長に著しく悪影響を及ぼします。すす病になった植物を放っておくと、最悪枯れて死んでしまうこともあります。

     

    すす病が発生していることに気づいたら、黒くなっている葉っぱや実を取り除きます。そして、殺菌剤や殺虫剤などの薬剤をかけて対応します。

     

    すす病を予防する際は、害虫を発生させないようにすることが不可欠です。月に数回は殺虫剤を使うなど、病原菌を増殖させないようにしましょう。害虫が好むのは高温多湿の場所なので、風通しと日当たりの良い場所を選んでもちの木を植える・置くようにするのが大切です。

     

    もちの木の病害虫駆除も業者にまかせることができます

    もちの木の病害虫に対する対策も、業者にまかせると安心です。もちの木を育てている方のなかには、できる限り農薬は使いたくないという方もいらっしゃるでしょう。

     

    また、カイガラムシはとても小さいうえ大群で発生することも多い害虫なので、発見した瞬間に嫌悪感を覚えて近寄りたくないと思う方もいらっしゃいます。

     

    そんな病害虫対策も、プロの業者に依頼すれば安心です。お客様のご希望に沿って、確実に病害虫を除去できるよう、最適の方法をご提案・施工いたします。

     

    病害虫対策だけを業者にまかせ、ほかの作業は自分でおこなうといった部分的な依頼も可能なので、ご検討の方はいつでもお庭110番にご連絡ください。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    もちの木剪定を依頼したときの料金は?信頼できる業者を探すポイントも紹介!

    持て余したもちの木があるから業者に対応してもらいたい。剪定だけでも頼んでみようかな。そうお考えのお客様のなかにも、費用面が気がかりだという方も少なくないでしょう。もちの木の剪定を業者に依頼したときの料金設定や相場はどのようなものなのか、信頼できる業者の探し方にも触れながらご紹介します。

     

    もちの木の剪定でかかる費用の計算方法

    もちの木の剪定でかかる費用の計算方法

     

    もちの木の剪定費用の計算方法は、おもに2種類あります。

     

    【作業スタッフにかかる料金】

    作業スタッフにかかる料金から費用を算出する方法では、剪定をおこなう職人さんの日当・時給によって費用が決められます。

     

    こちらの料金形態を持つ業者の場合は、業者選びにはとくに慎重になる必要があります。悪徳な業者と契約してしまうと、予定通りに終わるはずの作業にわざわざ何日も時間をかけて作業料金を増幅させるという手口が取られる可能性も考えられるためです。信頼できる業者をきちんと見極める必要があります。

     

     

    【もちの木にかかる料金】

    もちの木1本につきいくらという費用の算出方法です。もちの木という木の種類は変わらなくても、高さによって値段が変化します。

     

    0~3メートル未満を低木、3~5メートル未満を中木、5~7メートル未満を高木として、3種類の価格帯を設けている業者が多いです。7メートル以上に育った木は個別の見積もりをおこなっている業者がほとんどのため、安く施工を済ませたい場合は「伸びすぎないうちに剪定する」ということが大切です。

     

    もちの木の剪定はどこに依頼する?信頼できる業者の探し方

    もちの木剪定に最適の、信頼できる業者を見つけるためには、以下のポイントに着目してみましょう。

     

    【実績があるかどうか】

    業者の実績数は、その業者がいかに顧客からの信頼を受けているかを計る重要なポイントになります。

     

     

    【適切な価格設定を設けている】

    ここで言う適切な価格設定とは、「高すぎない」という意味だけにとどまりません。不必要に高すぎる費用を請求してくる業者は当然悪質ですが、一方で安すぎる値段を設定している業者も要注意です。「安かろう悪かろう」が剪定業者にも当てはまってしまうことは十分あり得ます。

     

     

    【顧客対応が粗雑でない】

    顧客への対応が丁寧な業者は、優良業者である可能性が高いです。細かいことを質問するなど、業者へ問い合わせをおこなった際、粗雑な受け答えをされた場合は、その業者を利用するのはやめたほうがよさそうです。

     

     

    【見積もりを出してくれる】

    見積もりが欲しいと希望したとき、内訳などもしっかりと教えてくれる業者は、優良業者である場合が多いです。見積もりを希望しても断られたり、詳しい内訳を答えてくれなかったりする業者は、利用しないほうが安全といえます。

     

    ご相談・お見積りはだれでもお気軽にしていただけます

    もちの木の剪定業者をお探しの際は、しっかりと見積もりを取ることが大切です。

     

    見積もりを取ることによって、その業者に依頼するとどのような金額がかかるかわかるのみならず、その業者がどの程度親身に対応しているのか、どの程度クリアな料金設定を設けているのかを知ることができます。結果として、その業者の信頼度を自分で判断することができるのです。

     

    また、信頼できる業者が複数見つかった場合でも、より安い費用でおこなってもらえる依頼先を探すのにも役立ちます。きちんと見積もりを取ることによって、より安全に、よりお得に剪定を依頼できる可能性が高くなるのです。

     

    お庭110番では、クリアで細かな料金設定を設け、お客様にしっかりと見積もりを提示しております。また、お見積り・ご相談はいつでも無料ですので、どなたでもお気軽にご利用いただくことができます。

     

    お見積り確定後の追加料金は0円、ご契約前のキャンセル料も0円の明朗会計で、お客様にご安心してご利用いただける料金形態を設けております。もちの木の剪定で優良業者をお探しの際は、いつでもお庭110番にご相談ください。お電話お待ちしております。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    ヒバ剪定をする時期と方法!育て方から料金のことまで

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    目次

     

    ヒバ剪定の時期と剪定方法をまとめてチェック!ヒバが枯れる原因は何…?

    ヒバは大きくなりやすいという特徴をもちます。適度な大きさに保つためには、剪定が必須の作業になります。とくにご自宅の生垣として利用されている方は、目立つぶん、定期的な剪定が必要といえます。1年に1回は剪定を行うことが大切なのです。

     

    ここでは、ヒバ剪定に向いている時期、方法と手順を紹介していきます。ヒバが枯れてしまう…というトラブルの原因も確認していきましょう。

     

    ヒバの剪定時期は年に2回

    ヒバの剪定時期は年に2回

     

    ヒバの剪定時期は年に2回、9月~11月初旬と5月~6月にあります。このうちメインの剪定は、秋の剪定です。状況によっては秋の剪定を行うだけで、5月~6月の剪定は必要がないこともあります。ただし、ヒバを生垣にしている場合は5月~6月に刈り込みをしておきます。

     

    注意点は2点、冬や夏といった気温が極端な時期の剪定は枯れの原因になるので避けること、いずれの時期に行う剪定も強剪定は避けることです。地域によって気候の差があるので、臨機応変に対応していくことが大切です。

     

    ヒバの剪定方法は3ステップで完了!

    ヒバ剪定を難しく考える必要はありません。行うのはたったの3ステップです。

     

    1.枯れ枝を取る

    内側に枯れ枝がある場合は取り除く必要があります。日当たりが悪くなってしまうと枯れてしまう部分がでてくるので、大切な作業です。

     

    2.間引く

    込み合っている枝を間引きます。間引きとは枝の基部から切ることです。幹や枝が透けて見えるくらいになるまで間引くのがポイントになります。

     

    3.樹形を整える

    高さを決めたら、余分な枝を切り落とします。ヒバが大きくなってから手入れをすると、緑が映えなくなることがあります。こまめな刈り込みが必要です。

     

    ヒバが枯れてしまう原因って何?不安なときは業者におまかせ

    ヒバの緑は大きな魅力です。しかし、枯れることによって美しい緑を失ってしまうこともあります。枯れてしまうおもな原因は、以下の通りです。

     

     

    • ・葉が密集しているから=剪定をしていないから
    • ・葉先を鋏(ハサミ)で切ると枯れたように見える

     

    ヒバの葉が密集してしまうと、日当たりや風通しが悪くなるので枯れの原因になります。しかし、こまめな剪定をしていればこの点の心配はいりません。また、葉先をハサミで切った場合に切り口が枯れているようになってしまうこともあります。正しい剪定をこまめに行うことで、ヒバの枯れを防ぐことができます。ヒバの緑を守りたい!枯れないように剪定したいというときは、業者にまかせると安心です。

     

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    ヒバについてもっと詳しく!ヒバの特徴と育て方をマスター

    ヒバ剪定の時期や剪定方法をチェックしたところで、ここからはヒバについての知識をもっと深めていきましょう。まずはヒバの種類や特徴をまとめていきます。育てているのに意外にも知らなかった…という情報があるかもしれません。

     

    そして、ヒバの育て方についても触れていきます。庭木として取り入れやすいため、1から育ててみたい!という方も多いのではないでしょうか?必要になるお手入れについて、簡単に紹介していくので参考にしてみてください。

     

    ヒバの種類と特徴をまとめます。ヒバの生命力に注意!

    ヒバの種類と特徴をまとめます。ヒバの生命力に注意!

     

    ヒバについての知識をもっと深めていくために、ヒバの種類(品種)、特徴を紹介していきます。

     

    ・ヒバの種類(品種)

    ヒバはヒノキ科の植物です。そのため、ヒノキもヒバ類に含まれることになります。ヒバの品種は数多く存在します。代表的なのが、クジャクヒバ、オウゴンチャボヒバ、サワラヒバなどが挙げられます。それぞれ枝の生え方、葉の色や模様に特徴が表れています。品種によって仕立てる樹形の向き不向きが変わってきます。

     

    ・ヒバの特徴

    ヒバは湿気に強い、腐りにくい、刈り込みにも耐える、病害虫にかかりにくいという生命力の強さから、育てやすい庭木として人気があります。庭木として育てるうえでデメリットがあるとすれば、「大きくなりやすい」ということです。手入れを怠ると大きくなり手がつけられなくなることもあるので、剪定が大切になります。

     

    ヒバの育て方–1から育てるには?

    ヒバを育てるために必要なことを、ざっとまとめてみます。

     

    【苗選びと植え付け】

    苗を選ぶときに注目すべきは、幹がまっすぐ伸びているか、下枝がしっかりしているかの2点です。苗を手に入れたら、植え付けをします。真夏や真冬といった気温が極端な時期を避けることに注意すれば、いつ行ってもかまいません。日当たりと水はけがよい場所を選びましょう。植え付ける土の底には元肥を入れてから、作業を行います。水をやることを忘れないようにしましょう。

     

    【肥料やり・水やり】

    庭に植えてあるヒバの肥料やりは2月に行います。ポイントは有機質の肥料を選ぶこと、株元の周辺に埋めることです。寒い時期に行う寒肥は、暖かくなる時期を見据えて行う重要な作業になります。

    水やりは土が乾くたびにたっぷり与えます。ただし、庭に植えてから2年以上経ったヒバの場合、水やりは不要です。

     

    【さし木】

    ヒバを増やしたいときに行います。2~3月ごろに行うのが最適です。まっすぐ伸びた枝の先端から10㎝くらいのところで切った枝を用意します。土に挿したら、あとは乾燥などの環境に気を付けて様子を見ていきます。直射日光は好まないので、明るい日陰に置くといいでしょう。

     

    ヒバのことを知り尽くしたプロにまかせるのもおすすめ

    ヒバの品種はたくさんあること、育てやすいメリットがある反面大きくなりすぎる特徴があるということを、ご紹介してきました。

     

    ヒバをより丁寧に育てるためには、ヒバの品種に応じた対応が必要になることや、定期的な剪定が必要不可欠なことをお分かりいただけたのではないでしょうか?また、剪定以外にも植え付け、肥料やりなどのお手入れをしていくことも必要です。

     

    「ヒバの品種に応じた細かい対応はできないものか…」「ヒバが大きくなりすぎてしまったので困っている」といったご相談、「お手入れに手間がかかるから剪定だけでもお願いしたい」といったご要望は、剪定のプロにまかせて解決してみませんか?ヒバに詳しいプロに対応してもらう安心感があります。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    ヒバの剪定を依頼したときの料金は?業者の選び方とお得に施工するコツ

    ヒバ剪定を依頼したいときに、まず気になるのが料金のこと。それと同時に依頼する業者選びについても気になるところでしょう。ここでは、ヒバ剪定を依頼する前に気になることをぎゅっとまとめました。

     

    ヒバ剪定でかかる料金について、優良業者の見つけ方、安く施工するためのポイントを順にご紹介していきます。依頼するか迷っているという方、依頼をしたいけどじっくり検討したい方、まずは必要な情報を確認していきましょう。

     

    ヒバの剪定でかかる費用の計算方法はおもに2つ

    ヒバの剪定でかかる費用の計算方法はおもに2つ

     

    ヒバ剪定にかかる料金、調べても明確な金額がわからない!このような事態になるのは、各業者が設定している料金の計算方法に違いがあるのが原因のひとつです。

     

    料金設定方法には、おもに2つあります。

     

    • 1. ヒバの高さや本数に応じて決まる料金
    • 2. 職人の人数や時間に応じて決まる料金

     

    まずはヒバの高さや本数に応じて料金が決まるケースです。木の状態によって料金が変わるということです。ヒバを生垣にしている場合は、生垣の高さや幅によって料金が決まることが多いです。そしてもうひとつ、職人の人数や時間に応じて料金を決める業者もあります。人件費と考えるとわかりやすいでしょう。

     

    料金設定によって、かかる料金が変わってくることも考えられます。そのため、明確な料金はこれ!と一概にはいえないのです。また、追加で料金がかかる場合もあります。肥料やりやごみの処分までまかせたい、一部を伐採したいなど、オプションをつけるとその分の料金がかかります。

     

    信頼できる業者の見つけ方と安く施工してもらうコツ

    ヒバ剪定を依頼するために、必ず行うのが業者探し。料金の価格帯もサービスもさまざまな業者から、いったいどのように選んでいけばいいでしょうか?困ったときは、優良な業者選びのポイントを参考にします。

     

    • ・実績があるか
    • ・見積もりに対して詳しい説明があるか

     

    実績があるということは、お客様からの依頼があるということです。つまり、安心してまかせられるかの判断基準になります。また、見積もりに対して詳しい説明があるかも重要なポイントです。きちんと内容と料金について説明してくれることはもちろん、そのときの対応の仕方なども見ておくといいでしょう。

     

    安く施工してもらうためには、早めの依頼をすることが大切です。ヒバは大きくなってしまう特徴があるというのをお伝えしてきましたが、大きくなるとその分料金が上がる傾向にあります。業者によっては、1メートル違うだけで料金がガラッと変わってしまうこともあります。そのため、剪定を放置しない、大きくなってしまう前に依頼をするというのがポイントになります。

     

    ヒバ剪定、まずはお見積もり・ご相談からお気軽にどうぞ

    業者をある程度選定したら、すべきことは相談と見積もりです。しかし、ここからがいまいち踏み出せない…という方もいるでしょう。業者に連絡をとったら絶対に依頼しなくちゃいけないんじゃないか、見積もりや相談をするとお金がかかるのでは…?もし、このようにお悩みでしたら、その心配はありません。

     

    お庭110番では、無料の相談・見積もりを行っています。そのため、どなたもお気軽にご利用いただけます。これだけではありません。見積もり後でもキャンセル可能、見積もり確定後の追加料金なしという体制も整えています。まずは料金を知りたい、対応を見てから依頼を決めたい。そのようなご要望も大歓迎です。いつでも遠慮なくご相談ください。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    ツツジ剪定の知識を大公開!花が咲かない原因と育て方

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    目次

     

    ツツジの花が咲かないのはなんで?剪定時期と方法をチェック!

    育てやすいといわれ、道端で見かけることの多いツツジですが、花が咲かなくなることがあります。それはなぜでしょうか?

     

    ツツジが咲かなくなるのには、肥料をあげすぎたり、枝を切りすぎていたりといった、お手入れの仕方が関係していることが少なくありません。美しく咲くツツジを楽しむために、咲かない原因やお手入れとして欠かせない剪定のタイミング、剪定方法を確認しましょう。

     

    ツツジの花が咲かない!原因は4つ

    ツツジの花が咲かない!原因は4つ

     

    ツツジが咲かなくなる要因には、次のようなことが挙げられます。

     

    • ・日光不足
    • ・過度な肥料

    • ・剪定のしすぎ

    • ・剪定の時期を間違えている

     

    日光浴を愛するツツジは、日当たりが悪い場所では花を咲かせてくれません。それほど栄養を必要としない植物なので、栄養を与えて花をたくさん咲かせようと肥料をあげすぎるのも見当違いになります。また、樹形を整えようとするあまり、枝を切りすぎて花芽をなくしてしまう方もいます。そして、一番多いのが剪定時期の間違いです。せっかく開花の準備をしているのに、それを知らずに剪定してしまう方が多いのです。

     

    花を咲かせるための剪定時期と剪定方法

    【剪定時期】

    ツツジの剪定は花が終わった数週間後、つまり5月から6月の間におこなうのが理想とされます。ツツジは4月~5月にかけてピンクや紫の花を咲かせ、花が終わり6月~7月になると花芽をつけはじめるからです。

     

    花芽をつけはじめる時期以降に枝を切ると、せっかく開花を待っている花芽を切り落としてしまうことになります。短い期間ではありますが、5月・6月に剪定するようにしましょう。

     

    剪定時期についてもう1つ注意していただきたいのが、サツキとの違いです。ツツジの親戚であり、見た目のよく似ている木にサツキがありますが、ツツジとサツキは開花時期が違い、剪定の時期も違ってきます。

     

    サツキと同じだろうと思って同じタイミングで剪定をすると、ツツジだけ開花しない、ということになりかねませんので注意しましょう。

     

    【ツツジの剪定方法】

    ツツジ剪定のコツは、一回り小さくするように切り込んでいくことです。太めの枝を、小枝の手前で切り戻しします。枝を短くしていくようなイメージです。ある程度切り戻しができたら、全体が丸くなるように刈り込んで樹形を整えます。剪定するときは、枝を切りすぎないことに注意しましょう。

     

    花芽の位置に気を配りながら、どのように花が咲くのかを想像しながら形状を整えるのもポイントです。

     

    花が咲かない原因を特定できない、ツツジの花を確実に咲かせたい!方へ

    育成しやすい庭木として愛されるツツジですが、剪定の時期や方法を間違えると花を楽しめなくなってしまいます。花が咲き終わってから花芽ができる前までの短い間に、全体を小さくするように切り戻し・刈り込みをおこなうことが大切です。

     

    花が咲かない原因が自分ではわからない、初めての剪定は不安だ、ツツジの剪定時期は忙しくて手が空かない…といったときは業者へ相談してみるとよいでしょう。また、最適な剪定時期を過ぎてしまっているけれど花芽を残して樹形を整えたい、というときでも、腕のある剪定業者に相談すればお悩みを解決してくれるかもしれません。

     

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    ツツジを健康に育てるために!剪定以外に必要な基本知識

    古くから庭木として愛されているツツジは、花がいくつも並ぶように咲くこと、花が筒のような形状をしていることから「つつじ」という名が付けられたといわれています。そんなツツジは、時代とともにさまざまな種類が生まれており、落葉性のツツジと常緑性のツツジでは性質が多少異なります。

     

    しかし、育て方やお手入れの仕方はどれもほとんど同じです。ここでは、ツツジの植え方や病気予防法など、健康的なツツジを育てる方法をご紹介します。

     

    ツツジの育て方って?ツツジは挿し木で増やすことも可能!

    ツツジの育て方って?ツツジは挿し木で増やすことも可能!

     

    【ツツジの植え方】

    ツツジは春または秋に植えるのがよいとされています。大きな植木鉢とツツジの苗を用意し、水はけがよく柔らかい土を入れます。(ツツジ専用の土がおすすめです。)土から10㎝ほど枝が出るように、浅めに苗を植えます。植えたあとは水をたっぷりあげましょう。

     

    【水・肥料のやり方】

    ツツジは水分が大好きで、反対に乾燥が苦手です。お庭に植えている場合はそれほど水やりに気を遣う必要はありませんが、土が乾いているようであれば、朝夕に1回ずつ水をあげるのが適量です。

     

    もともと養分がない場所でもたくましく育つ庭木なので、養分はそれほど気にしなくても大丈夫です。逆に与えすぎると花が咲かない要因になるので注意しましょう。肥料を与える場合は、花が枯れたあとや秋・冬に緩効性の化成肥料を離れた場所に撒きます。

     

    【挿し木による増やし方】

    挿し木によって植木を増やすこともできます。7月ごろに花芽がついた新しい枝を10㎝分切り、先の方に生えている葉だけを数枚残して水につけておきます。

     

    数時間経ったのち、水はけのよい土を入れた植木鉢に挿します。毎日水を与え、風がよく通る場所で次の春になるまで育てます。

     

    ツツジがかかりやすい病害虫と有効な対処

    【かかりやすい病気】

    褐斑(かっぱん)病やうどん粉病、炭疽(たんそ)病 、もち病などがツツジを脅かす病気の代表格です。これらの病気には、塩基性硫酸銅またはチオファネートメチルと呼ばれる成分が入った薬剤を使うと病原菌を効率よく撃退してくれます。

     

    【被害を与えやすい害虫】

    とげを持つケムシやイラガ、葉を白っぽくするツツジグンバイなど、あらゆる害虫が葉や枝を蝕みます。手軽に手に入れられる園芸用の薬剤から、スプレータイプや液状、固形のものなど、さまざまな農薬が有効ですので、害虫の被害を見つけ次第すぐに対処しましょう。

     

    ツツジでお庭を華やかに!業者を利用して健康的なツツジを楽しもう

    苗から育ち、大きくなれば挿し木で増やすことも容易なため、ツツジは育てるのは簡単に見えますが、じつはその過程には、いろいろと注意すべき点があります。水を好む性質なので水をたくさん与えることは大切ですが、肥料はそれほど必要ないので与えすぎはよくありません。また、病気や害虫に脅かされたときには適切な対処が必要です。

     

    「育て方がわからない」「合っているか不安だ」というときには、業者に相談してみるとよいでしょう。万が一病気にかかってしまったときにも、すぐに業者に対応してもらえば元気なツツジを取り戻せる可能性が高まります。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    ツツジの剪定を依頼したときの料金ってどれくらい?気になるお金のこと

    自分でツツジ剪定をするのは不安…というときに頼るべきは、やはり剪定業者でしょう。しかし、料金がかかるという理由から依頼をためらってしまう方や、業者の信頼性を疑っておまかせしないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

     

    ツツジ剪定を安心して業者にまかせるには、料金をあらかじめ予測することと、信頼度の高い業者を選ぶことが大切です。料金の決められ方と業者の選び方を見ていきましょう。

     

    ツツジの剪定でかかる費用の計算方法は大きく2パターン

    ツツジの剪定でかかる費用の計算方法は大きく2パターン

     

    ツツジ剪定の費用は業者によって違います。多くの業者が取り入れている2つの料金設定をご紹介します。

     

     

    • ・対応する職人さんに対する料金
    • ・ツツジに対する料金

     

     

    まず、職人さん1人にかかる料金で決められているパターンがあります。この場合、剪定を終わらせるのに必要な時間や人数が多いほど費用が高くなります。ツツジ自体を料金の基準にしているパターンもあります。高さや本数はもちろんのこと、生垣の場合は横幅や長さが関係してくることもあります。

     

    つまり、ツツジの状態や切り方の要望が同じでも、業者ごとの料金設定の違いによって費用が変わるということです。また、消毒や木の枝の処分などのオプションをつけたり、ツツジの切り方を変えたりすることによっても料金が変動してくる場合があります。 依頼を決める前に見積もりをとって、料金を比較するとよいでしょう。

     

    ツツジの剪定業者はどう選ぶべき?信頼できる業者の見つけ方

    剪定費用の安さだけが業者選びの基準ではありません。【料金設定の適切さ】と【実績の多さ】にも注目して、業者の信頼度を計ることが重要です。

     

    【料金設定の適切さ】

    料金設定が一律で決められており、しっかりとした見積りを出してくれるような業者は信頼性が高いです。不明瞭な点は電話などで質問して明確にしておくことも大切です。

     

    【実績の多さ】

    実績が多いというのは、つまり経験と知識が豊富であるということです。ツツジの剪定を何度もおこなってきた業者なら、あなたのお庭のツツジも花咲くように丁寧に剪定してくれるでしょう。

     

    この剪定費用は妥当?そんなときはお見積りからはじめてみませんか?

    費用を調べてもその費用が妥当かわからない、目安の費用しか知りえない…そう思っている方もいらっしゃるかもしれません。そんな方にぜひおこなってほしいのが、見積もりです。

     

    業者に見積もりを出してもらうことで、費用を明確にすることができ、作業ごとにかかる料金が目に見えてわかるようになります。さらに、相見積りをすれば複数の業者の費用の差が簡単にわかります。

     

    お庭110番では、無料で見積もりをご依頼していただけます。さらに、見積もりで提示された料金から増額することもありません。初めて業者を利用するという方も安心してご依頼いただけます。ツツジの剪定は、業者におまかせしてみてはいかがですか?

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    コニファー剪定の時期・方法・料金をまとめて解説!

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    目次

     

    コニファーの剪定時期はいつ?大きさを保つための剪定方法も一緒に確認

    コニファーはクリスマスツリーの木としても活用される人気の植物。花を咲かせることは少ないですが緑の葉が美しく、洋風なイメージを作り出すことができるので、お庭に植えている方も大勢いらっしゃるでしょう。生垣として取り入れているご家庭も多いはずです。刈り込みに強いため、さまざまな樹形にして楽しむことができるのもコニファーの魅力です。

     

    お庭のメインともいえる存在のコニファー。美しく保つことで、お庭の印象も変わっていきます。コニファーは、高く、大きくなる特徴があるため、適度な大きさにするためには定期的な剪定が必要になります。剪定時期や方法を確認して美しいコニファーを維持していきましょう。

     

    コニファーの剪定時期は?強剪定は冬が終わったころに!

    コニファーの剪定時期は?強剪定は冬が終わったころに!

     

    コニファーにぴったりの剪定時期は、1年のなかで大きく2つあります。

     

    まずはしっかりと刈り込みたい方へ。剪定は、3~4月の間におこないます。一年の中でも、コニファーを短く仕立てるための絶好のチャンスになります。冬が終わったこの時期は、強剪定をおこなってもコニファーの成長に影響を与えにくいといわれているからです。また、乾燥している時期でもあるので、切り口から菌が入り込む危険性が少ないのもメリットです。

     

    軽く整える程度の剪定なら、夏を避けて6~10月ごろにおこなうこともできます。葉を摘み取る程度の剪定で、樹形を整えていきましょう。摘み取りに力がいる場合は、剪定に適さない時期だと判断し、時期をずらしてみましょう。適期であれば、少しの力で摘み取ることができます。

     

    これらの時期を中心にこまめな剪定をおこなうことで、きれいな樹形と適度な大きさを保つことができます。ただし、真夏の時期(7月末~9月上旬)は、コニファーが弱ってしまうので、剪定をおこなわないほうがいいです。

     

    コニファーの剪定方法と手順--はさみは使ってはいけないの?

    コニファーの剪定の適期は、1年のなかでおもに2回あるということをご紹介しました。それぞれの時期で、どのような剪定をおこなうかを見ていきましょう。

     

    【3~4月の強剪定の方法】

    2年以上経っている枝を見つけたら、込み合っている枝を選別します。根本から枝を切り落として、全体の込み具合をスッキリとさせたら、葉を摘みとります。葉を摘み取る作業は、樹形を整えるためにおこないます。

     

    【6~10月ごろに行う軽いお手入れ】

    強剪定をおこなう時期ではないので、それ以外の簡単なお手入れをしていきます。お手入れは、葉の整理をする程度にとどめます。また、内部に枯れた葉が詰まっている場合は、取り除いておきましょう。害虫や病気の予防になるので、この時期以外にも気になればおこないます。

     

    コニファーの剪定では、「ハサミを使っていいのか?」が問われることがあります。結論からいうと、使ってもいいけれど材質に気を付けることが大切です。金属製のハサミを使うと葉の色が赤や茶色に変色するので、コニファーの美しい緑が失われてしまいます。葉は手で摘み取り、ハサミを使う場合は金属製のハサミは避けます。木バサミや、セラミック製のハサミを使うのがポイントです。

     

    コニファーの剪定は業者にまかせて、より美しくしましょう

    コニファーの剪定は、基本は手でおこなうものです。そのため、手間がかかる、時間がかかるという点が問題になることがあります。自分でおこなう作業には限界があるでしょう。

     

    とくに、コニファーを生垣にされている方は、本数も多いため作業が大変です。そのときは、業者の力を借りるのも手です。すべて自分でおこなうことも可能ですが、自分でやる部分と業者にまかせる部分を分けてみる、すべて業者にまかせてしまうなど、選択肢も多様です。

     

    また庭木としてもっと楽しみたいときも、業者の出番かもしれません。さまざまなかたちにして楽しみたい、イベントで見栄えよくしたい!などのご希望は、剪定のプロにおまかせください。より美しいコニファーにするために剪定業者を活用してみましょう。

     

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    コニファー剪定のポイント、きれいに育てるコツをチェック!葉が茶色くなる原因と対処法は?

    コニファー剪定の基本がわかったところで、ここからはもっと詳しくコニファーについて掘り下げていきましょう。コニファー剪定におけるポイントとおこなってはいけないことを紹介していくので、剪定についてより詳しい知識をつけることができます。コニファーをきれいに育てていきたい!基本以外のポイントを知りたい!という方は、ぜひご一読ください。

     

    また、コニファーでよくあるお悩み「葉が茶色くなってしまう、枯れてしまう…」という症状の原因と対処も紹介していきます。

     

    コニファー剪定のポイント一覧!大きくなりすぎないように注意

    コニファー剪定のポイント一覧!大きくなりすぎないように注意

     

    ☑品種によって刈り込み加減が違う

    コニファーといっても、品種はさまざまあります。品種によって剪定方法が変わってくることもあるので、注意します。例えば、刈り込みが必要なものとそうでないものがあります。定期的な刈り込みが必要な「コニファー・ヨーロッパゴールド」「コニファー・ゴールドクレスト」などの品種があるのに対し、「コニファー・ブルーヘブン」といった一部の品種は頻繁な刈り込みは必要ありません。

     

    ☑大きくなるまで放置しない

    大きくなりすぎてから剪定をすると、樹形が変わってしまいます。円錐形になっているコニファーを低くするために先端を切ると、台形のような形になってしまうことは想像できるかと思います。コニファーの剪定をこまめにおこなうことで、大きさを維持するだけでなく、樹形や葉の緑を維持することにつながります。大きくなりすぎるまで放置しないようにすると、これらのメリットを得ることにもなります。

     

    ☑剪定をやりすぎない

    1回の剪定で大きく刈り込みすぎることは、コニファーにとってよいことではありません。枯れてしまうこともあるからです。コニファーの魅力である鮮やかな緑が失われてしまっては、楽しみも半減してしまいます。繰り返しになりますが、コニファー剪定は「こまめに」が基本です。

     

    ☑内側の枯れ葉は取り除く

    コニファーの内側には、枯れ葉が詰まってしまうことがあります。これは定期的に取り除くようにしましょう。放置すると、風通りの悪さから害虫や病気を発生させてしまうこともあります。コニファーをゆすってみて落ちない場合は、手で取り除きます。安全のために軍手をはめて作業をしましょう。

     

    コニファーの葉が茶色く枯れてしまう3つの原因とお手入れ方法

    コニファーの葉や葉先が茶色く枯れてしまうというのは、よくあるお悩みのひとつ。ここでは、枯れる原因と枯れてしまった場合の対処を確認していきましょう。

     

    ▼枯れる原因

    • 1. 育てている環境の問題
    • 2. 菌による枯れ
    • 3. 金属製のハサミの利用などの誤った剪定

     

    コニファーが嫌う環境におくことで枯れてしまうことがあります。例えば、乾燥している場所、温風や冷風が直接当たる場所、湿気のある場所などです。環境が整っているにもかかわらず枯れるときは、菌や金属製のハサミによる枯れを疑います。

     

    ▼枯れてしまった場合のお手入れ

    枯れてしまった部分を取り除くことと、刈り込むことが大切です。まずは取り除く、それでも改善しない場合や菌による枯れの場合は刈り込む作業が必要です。状況によっては、殺菌剤を散布することもあります。

     

    コニファーでお困りの時はいつでもご相談ください

    コニファーの剪定や、育てるときに陥りやすい葉の枯れについてご紹介してきました。コニファー剪定の際は、上にあげたポイントにも考慮しながら進めていきましょう。葉が枯れてしまった場合は、その箇所を取り除き、刈り込むことで対処していきます。枯れの原因となるものは避けることも大切です。

     

    しかし、コニファーを育てている方のなかには、すでに大きくなりすぎてしまって手が届かない、枯れてしまっていて自分での対処は不安…というお悩みを抱えている方もいらっしゃるでしょう。まずは剪定のプロに対処してもらい、今後から気を付けて育てていくという手段もあります。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    コニファーの剪定を依頼したときの料金って?優良業者の見つけ方

    コニファー剪定を依頼するときに、まず気になるのが料金。このような方も多いのではないでしょうか?剪定を依頼したときにかかる料金について、ここで確認しておきましょう。業者によって異なる料金ですが、その設定方法は大きく2つにわかれています。業者選びの際に参考にしてみてください。

     

    信頼できる業者の見つけ方についても触れます。業者選びを失敗しないために、確認すべきポイントを見ておきましょう。

     

    コニファーの剪定でかかる費用の計算方法「お得に依頼するためには早めが肝心?!」

    コニファーの剪定でかかる費用の計算方法「お得に依頼するためには早めが肝心?!」

     

    コニファーの剪定料金は各業者によって設定されていますが、その方法はおもに2つあります。

     

    ●職人に対する料金で計算

    職人さんの人数や作業時間によって、料金が割り出される方法です。

     

    ●コニファーに対する料金で計算

    コニファーの本数や高さ、生垣の幅などによって料金が割り出される方法です。

     

    大きくなったコニファーは作業時間がかかる傾向にあります。また、コニファーに対しての料金を出している業者では、木の高さがあるほど料金が高くなるのが一般的です。そのため、お得に依頼するにはコニファーが高くなりすぎないうちにおこなうことが大切です。大きくなるまで放置しない、というのは剪定におけるポイントとして上に挙げましたが、料金の面でみてもメリットがあるのです。

     

    コニファーの剪定を安心してまかせるために…納得できる業者の見つけ方

    コニファーの剪定を安心してまかせるには、納得できる業者選びが必須です。しかし、数多く存在する剪定業者のなかから選ぶというのは、簡単なことではありません。そこで、優良業者を見つけるためのポイントを確認しておきましょう。

     

     

    • ・相談しやすい雰囲気はあるか
    • ・対応は丁寧か
    • ・地域に根付いた業者か
    • ・剪定料金は適切か

    • ・見積もりをしっかりと出してくれるか

     

     

    これらのチェックポイントをみてわかるように、まずは業者と接する機会を持つことでわかることもあります。直接話してみることで雰囲気をつかみましょう。見積もりをとってみて決めるのもいいでしょう。無料で見積もりをおこなってくれる業者を見つけて依頼してみましょう。

     

    コニファー剪定の第一歩!まずはお見積りからはじめてみませんか?

    お庭110番では、無料の見積もりをおこなっています。もちろん相談も無料でできるので、どなたにも気軽にご利用いただけるようになっています。

     

    「たくさんの業者があるからまずは相談だけしてみたい」「依頼を決めたわけではないけど具体的な料金を知りたい」このようなご要望をお持ちの方は大勢いらっしゃるでしょう。

     

    無料の見積もりと相談で、お応えいたします。見積もり後でもキャンセル可能なので、不安を感じることなくご利用ください。また、見積もり確定後の追加料金は発生しないのも弊社の強みです。金銭面のご心配がある方も、提示された料金についてじっくりと考えることができます。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    ハナミズキの剪定を失敗しないために重要なポイントは

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    目次

     

    ハナミズキ剪定で失敗しない!適切な剪定時期と手順・ポイントをチェック

    まずは、ハナミズキの剪定はどのような時期に、どのような方法でおこなえばいいのかをご説明します。ハナミズキは、剪定に失敗すると最悪枯れてしまうこともある樹木です。きちんと剪定時期と剪定方法を知って、正しくお手入れしてあげましょう。

     

    ハナミズキ剪定の強剪定は落葉時期に!その他の時期は剪定できる?

    ハナミズキ剪定の強剪定は落葉時期に!その他の時期は剪定できる?

     

    ハナミズキは、秋~冬になると葉を落とす落葉樹です。そのため、剪定時期は葉っぱのない冬におこないます。木にも休眠の期間があり、主に冬が休眠期にあたります。休眠時期に剪定をおこなうと、木へのダメージが少なくて済むのです。

     

    基本的には夏に剪定はしませんが、枝が伸び放題、葉が茂り放題という場合には、風通しの改善と見栄えの整頓を目的に、多少であれば剪定することもできます。樹形がどうしても気になる場合だけ、花が終わった5月の下旬ごろになら剪定できます。

     

    日差しが強い環境下での剪定は樹勢が衰える原因になるので、6月以降の剪定は極力おこなわないようにしましょう。暖かい時期に無理やり剪定すると、最悪失敗して木が枯死することがあります。基本的には冬の剪定にし、そのほかの季節での剪定は極力実施しないという心構えで、年間の計画を組んでおく必要があります。

     

    ハナミズキ剪定の方法と手順–ハナミズキの花が咲かない事態を防ぐポイントは?

    落葉時期にハナミズキを剪定する際の手順をご説明します。

     

    ①理想樹形を知る・高さを決める

    このくらいの高さにしたい、と思った高さよりちょっと低めに剪定するのがコツです。葉っぱが茂った後にちょうどいい高さになります。

     

    ②透かし剪定で不要な枝を切っていく

    高さを決めたら、その高さに近い枝分かれしている部分のすぐ下で主幹を切ります。木全体を確認しつつ太い枝を剪定し、次に細い枝を付け根から剪定します。基本的に剪定に弱い植物なので、剪定が終わったら切り口に癒合剤を塗って保護します。

     

    ●花が咲かなくなる事態を避けるためのポイント

     

    ①強すぎる剪定をしない

    太い枝をとても短く切る、たくさんの枝や葉っぱを切るような剪定のことを「強剪定」といいます。この方法で剪定してしまうと、ハナミズキの花が咲かなくなったり、最悪木が枯れてしまったりすることもあります。とくに若い木は強い剪定に弱いので、慎重に剪定しましょう。

     

    ②花芽を剪定しない

    冬のハナミズキをよくよく観察すると、2種類の芽があることがわかります。細いものが「葉芽」で、春に葉っぱになるつぼみ。丸く膨らんだ形のものが「花芽」で、春に花が咲くつぼみです。花芽を剪定すると、春になっても花が咲かなくなるため、きちんと残して剪定するようにしましょう。また、2種類のつぼみを見分けられるくらいの時期に剪定をするのもコツです。

     

    ハナミズキ剪定の放置は禁物?!こんなリスクを抱えることも

    ハナミズキの剪定を放置していると、さまざまなリスクを抱えることもあるので、注意が必要です。

     

     

    • ・樹高が高くなる
    • ・枝葉が横に広がる
    • ・しばらく放置した後の強剪定で樹形が乱れる

     

     

     

    ハナミズキは、放っておくと樹高10メートルほどにまでなってしまう木です。そのうち剪定しよう、と思って放置した結果、どうにも手が付けられなくなるということも多いようです。ハナミズキはそれほど急激に成長する木でもないため、なかには剪定をせず放置している方もいます。

     

    いつまでも自然の姿のまま楽しみたいという方は良いのですが、のちのちきちんと整備したいと思っている方は、こまめな剪定をするようにしましょう。自分での剪定は手間がかかってなかなかできない。体力的にもこまめな剪定がむずかしい。そんな場合は、プロの業者を利用してみましょう。

     

    知識の豊富な剪定のプロが、お客様のご要望にしっかりとお応えして、ハナミズキを正しく丁寧に剪定いたします。いつでもお庭110番にご連絡ください。

     

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    ハナミズキのことをもっと知ろう!特徴と健康的に育てるために大切な手入れ

    樹木・花木を健康的に美しく育てるには、その木のことをよく知るのが一番。大切な手入れ方法を知って、ハナミズキをより綺麗に育ててみましょう。

     

    ハナミズキの特徴とヤマボウシとの違い

    ハナミズキの特徴とヤマボウシとの違い

     

    ●ハナミズキの特徴 ・春に花咲く人気の花木

    ハナミズキの開花時期は4月中旬~5月中旬です。桜が散るのと同じころに咲く花で、とても人気です。晩夏~初秋には実を付け、秋には紅葉を楽しむこともできます。

     

    ・品種が豊富

    ハナミズキには品種が多いのも特徴です。花には紅色と白色の2種類があり、それぞれに数種類の品種があります。花が小ぶりなもの・大ぶりなもの、白地に黄色のまだら模様が入るものや、紅色の花の真ん中に白いぼかしが入るものなど、品種ごとに特徴ある綺麗な花をつけます。

     

    ・日本全国で栽培可能

    ハナミズキは日本では全国での栽培が可能です。肥沃で湿った土を好む一方で、夏場の乾燥した空気を嫌います。日当たりのいい場所に植えると、花をたくさんつけるようになるうえ、秋の紅葉が綺麗になります。鉢植えでの栽培は、北海道南部から中部くらいの地域まででおすすめです。四国以南の温暖な地域では、冬も比較的暖かいため、木が十分に休眠できず、生育が悪くなります。

     

    ●ハナミズキとヤマボウシは「花」で見分けられる!

    ハナミズキによく似た花木に、ヤマボウシがあります。花の付き方も花弁の質感もよく似ているので間違えやすいのですが、コツをつかめば見分けるのは簡単です。主に、花に違いがあります。

     

    ハナミズキは、白い花びらのように見える「苞」と呼ばれる部分の先に、小さな切れ込みのようなくぼみがあるのが特徴です。ヤマボウシは、苞の先が細くとがった形をしています。

     

    ハナミズキの育て方と病害虫の被害・対処法

    ●ハナミズキの育て方

    ハナミズキのおもな育て方は以下のとおりです。

     

     

    • ① 苗木の植え付け:2月中旬~3月中旬、10月下旬~12月上旬(寒冷地では4月中旬~5月中旬)
    • ② 剪定:12月~2月
    • ③ 肥料やり

     

    • ・元肥:11月中旬~2月
    • ・寒肥:12月~2月
    • ・施肥:5月下旬~6月上旬(寒肥を与えなかった場合のみおこなう)

     

    ●病害虫の被害と対処法

    病気

    【うどんこ病】

    発生時期:4~10月

     

    症状:葉っぱや新芽の表面が、白い粉をふりかけたような質感になります。最初は小さな白い斑点が出始め、しだいに葉っぱ全体が白くなります。葉っぱの表面がどんどんと白くなるため、光合成が不十分になり生育不良をおこします。

     

    対処法:初期は、症状が出た葉っぱをちぎって破棄します。発生初期から1週間くらいおきに2度、薬剤を吹きかけるのも効果があります。

     

    害虫

    【アメリカシロヒトリ】

    発生時期:6月、8月下旬~9月中旬

     

    生態:白い色をした蛾です。幼虫は糸を使って枝先に巣を作り、たまに巣から出てきて葉っぱを食べます。

     

    対処法:幼虫が小さいうちに薬剤を吹きかけておきます。1週間おきに2~3回のペースでおこないます。

     

    【コウモリガ】

    発生時期:4月~7月

     

    生態:孵化したばかりの幼虫は木の周りの草むらで生活していますが、初夏になると樹木の幹に住み着き、垂直方向にトンネルを作るようにして木を食害します。

     

    対処法:木の穴に薬を注いで封をする、駆除液をしみこませた紙や布を穴に差し込んでおくといった方法が有効です。

     

    ハナミズキの特徴を知り尽くしたプロにならまかせて安心

    ハナミズキの育成には、ハナミズキの特徴を知り尽くしたプロが頼りになります。

     

    ・難しい剪定もしっかりおこないます

    ハナミズキは開花時期も比較的短く、剪定にもコツがいります。とくに剪定は間違った方法でおこなうと木が枯れてしまう場合もあるので、剪定はプロにまかせる方が無難でしょう。ご希望の樹形などあればもちろん対応いたします。

     

    ・病害虫対策も万全

    病害虫は、少し対応が遅れると甚大な被害につながってしまう可能性があります。プロは病害虫への正しい対応も心得ているので、被害を最小限に抑えることが可能です。人工の薬剤を使いたくないという方には、人体に無害なものを代用するなど応用を利かせることも可能です。

     

    ハナミズキの剪定業者をお探しの方は、いつでもお庭110番にご相談ください。庭木を熟知した腕の良いプロのサービスを、安心の明朗会計でご利用いただけます。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    ハナミズキ剪定を依頼するときに気になる「お金」の話

    ハナミズキの剪定を業者に依頼するときは、いったいどれくらいのお金がかかるのでしょうか。プロに頼むのが便利なのはわかっているけど、料金しだいでは自分でやりたい。そう思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは、ハナミズキの剪定の費用について深掘りしてみましょう。

     

    ハナミズキの剪定でかかる費用、業者によって違うワケ

    ハナミズキの剪定でかかる費用、業者によって違うワケ

     

    ハナミズキの剪定には、主に2つの要素が影響してきます。

    ① 職人の日当に対する料金

    職人の人数や作業時間によって料金を算出します。

     

    ② ハナミズキに対する単価料金

    職人への日当ではなく、ハナミズキ1本単位で何円という費用の算出のしかたもあります。本数や高さ、幅などによって単価が決まることが多いので、大きな木が大量にある場合はそれだけ費用が高くなります。

     

    ハナミズキの剪定をお得にする2つの方法

    ① 【信頼できる業者を探す】(日当制の場合)

    職人の腕によっては、1日で終わる予定の作業に何日もかかり、金額が膨れ上がるといったケースも少なくありません。悪質な業者の場合は、簡単な作業にも長く時間をかけることでより多くの料金を取るところもあるようです。そのため、日当制で業者を雇う場合は、依頼先をとくに慎重に見定める必要があります。

     

    ② 【ハナミズキが大きくなってしまう前に依頼する】(単価制の場合)

    ハナミズキは、長く放置しておくと10メートル以上になることもあります。庭木の剪定の場合は、高さ5~7メートル未満の木を「高木」として、最大の料金設定を設けている業者が多いです。7メートル以上になる庭木には個別の見積もりをしている業者が多いので、施工の費用を抑えるにはハナミズキの高さを延ばしすぎないことが大切といえます。

     

    ハナミズキの剪定を依頼してみようかな…まずはお見積りからはじめてみませんか?

    ハナミズキの剪定を業者に依頼しようと思ったら、まずはお見積りからするようにしましょう。料金形態が主に2種類あることからもわかるように、剪定にはさまざまな費用の算出方法があり、依頼者には不透明な点もあるでしょう。そのため、見積りを取るということは、信頼のできる業者を見つけるうえでは必要不可欠になります。

     

    ・優良業者を見つけやすくなる

    見積りを取ると、その業者がどのような料金形態を持っているのかがわかりやすくなります。不明瞭な点があれば気づけるようになるため、業者に質問することもできるようになります。その時に曖昧な返事をしたり、濁すような対応をする業者であれば、依頼しないほうがいいということになります。

     

    ・お庭110番の見積りの良さ

    お庭110番では、剪定の依頼をお考えのお客様に安心してご利用いただける明朗会計を行っております。

     

    • ・お電話でのご相談から無料です
    • ・細かな料金設定の料金プランに基づいて見積りを算出・施工いたします
    • ・現地スタッフにより、かならずお見積りをご提示します
    • ・お見積りにご納得いただけた場合にのみ、ご契約いただけます
    • ・ご契約が完了するまでは、一切キャンセル料はかかりません

     

    ハナミズキの剪定業者選びに困ったら、ぜひお庭110番にご相談ください。24時間365日、年中無休でお電話をお待ちしております。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    ビワ剪定の時期や方法は?おいしい実を作るための知識

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    目次

     

    ビワの剪定は「間引き剪定」がキホン!大切なのはおこなう時期

    ビワ(枇杷)の剪定は難しく感じることも多いようですが、コツを知っておくことでスムーズに作業を進めることも可能です。実をつけたいとお考えの方のために、ビワ剪定の時期と方法を確認していきます。適切な時期に、正しい剪定をおこなうことが、実付きに影響していきます。

     

    「ビワの実がつかない原因は?」「ビワが大きくなりすぎたら強剪定をしていい?」といったよくある質問についてもお答えします。原因や対処方法を知り、これからのビワの生育に役立てましょう。

     

    ビワの実を楽しむための剪定時期

     

    ビワの実を楽しむためには、剪定を正しい時期におこなう必要があります。2月中旬から実がついているまでの間です。なぜその時期なのかを理解するために、ビワの1年のサイクルを見てみましょう。

     

    • 【6月~8月ごろ】…花芽がつく
    • 【11月下旬~1月】…開花
    • 【3月中旬~4月】…実がつく
    • 【5月~8月】…収穫

     

    実は花の部分につきます。開花後の2月中旬であれば、花に気を付けて剪定することができます。また、実がついてからも剪定は可能です。実がついている状態なので、今年の実を減らすことなく剪定ができます。ただし、2点注意があります。果実に気を付けて間引くのみの作業をおこなう、3月中旬以降の強剪定は避けるということです。

     

    木の負担を少なくするために9月に剪定をすることもありますが、この時期はすでに花芽がついています。実をつけたい場合は注意しなくてはいけません。

     

    ビワの剪定方法は「間引き剪定」がメイン!強剪定はしても大丈夫?

    ▼ビワの剪定方法

    ビワの剪定でまずおこなうべきは、間引き剪定です。間引き剪定とは、枝を基部から切り落とす作業を指します。この作業によって、込み合っている枝を除くことができ、日当たりの改善も見込めます。高さと幅を決めてから、上から下へ向かって作業を進めて枝を切り落としていきましょう。

     

    ビワを小さくする場合は、切り戻し剪定もおこないます。切り戻し剪定とは、枝の途中で切り落とす作業を指します。避けたいことは、小さくしたいからとハサミをどんどん進めてしまうことです。ビワは枝の先端に花芽をつけるため、切りすぎてしまうと実付きに影響が出てしまいます。

     

    ▼大きくなりすぎたときは強剪定をしていい?

    ビワの実付きを考えると、強剪定は避けたほうがいいです。枝を間引きすぎてしまうと、実がつかなくなることがあります。それだけではなく、日当たりがよくなりすぎることで幹焼けを起こしてしまうこともあります。幹焼けが進むと、最悪の場合枯れてしまうこともあります。

     

    ビワの実がつかない原因は…?剪定は業者にまかせるのも手

    ビワの実がならないというのは、よくあるお悩みのひとつ。実がならない原因を確認して、リスクを避けることも重要です。主な原因は、以下の通りです。

     

    • ・ビワの成長や植えている環境の問題
    • ・適切な肥料を与えなかった
    • ・剪定時期を間違えている
    • ・そもそも剪定をしていない

     

    このようにみていくと、剪定という作業が実付きのためにいかに大切かが、おわかりいただけると思います。実を楽しみたい場合は、正しい時期に正しい剪定をおこなってくれる業者にまかせると安心です。

     

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    美味しい実を味わいたいなら!ビワの育て方と特徴をつかみましょう

    せっかくビワを育てているなら、美味しい実を味わいたいですよね。ビワの実をつけるために必要な剪定の時期や方法がわかったところで、美味しい実を育てるためのポイントを見ていきます。

     

    まずは、美味しい実をつけるために必要な作業を紹介し、ビワの特徴をお伝えします。特徴を知っておくことで、うまくビワを育てるための知識として生かすことができるでしょう。ビワの栽培の、さらに上のレベルを目指してみましょう。

     

    美味しい実をつけるためにできることはたくさんあります

    美味しい実をつけるためにできることはたくさんあります

     

    ビワを育てるなら美味しい実を楽しみたい!そのようにお考えの方は、ビワの育て方を見直してみるのもいいでしょう。種の植え方から肥料、摘房、花もぎというお手入れについて説明します。

     

    ●種の植え方

    種は購入するのもアリですが、食べた後に残った種も発芽の可能性があります。3月下旬ごろに2~3㎝の深さの穴を掘ったら、そこに種を入れて適度な水を与えるのみという簡単な作業で完了です。乾燥に弱いので根付くまではこまめな水やりが必要ですが、水が多すぎるのもよくありません。加減をみておこないましょう。

     

    ●肥料

    ビワが花芽をつけるために必要としている養分は、リン酸です。これを多く含む肥料を与えます。反対に窒素を多く含む肥料の場合は、葉が茂るばかりで花芽がつきにくくなってしまうので注意します。

     

    ●摘房

    摘房とは、房を間引く作業のことです。花房数は1/3から半分程度まで減らします。この作業は、開花前の10月下旬ごろにおこないます。摘房をおこなう目的は、必要な房に栄養を届けて着果量を安定させることです。上のほうの房を摘房しておくと、ビワの収穫がいくらか楽になるでしょう。

     

    ●花もぎ

    花もぎは、上記で紹介した摘房と摘蕾という作業のことを指します。10月下旬ごろの開花前におこないます。摘蕾は、花の数を減らすことです。この作業によって、限られた実に栄養を送れるようになります。大きく高品質、しかも美味しい実をつけることができます。

     

    ビワの2大特徴は特徴は大きくなる、害虫に弱いこと!

    ビワの2大特徴、それは大きくなることと、害虫に弱いということです。ビワの特徴を知り、うまく育てるヒントにしましょう。

     

    【ビワは大きくなる】

    ビワの剪定などのお手入れを怠ると、8mほどの樹高になることも珍しくありません。一般的な庭で育てる場合は、この高さがあると何かと面倒です。ビワは高さがでるだけでなく、葉が大きく萌芽力も強いため圧迫感を感じることもあるかもしれません。お庭にあった大きさ、そして収穫がしやすい樹高に仕立てましょう。

     

    【ビワは害虫に弱い】

    上で紹介した通り、ビワは成長力が強いですが、一方で害虫に弱いという一面もあります。カナブンやカメムシといった害虫に気を付けなくてはいけません。定期的にビワの様子を確認して、害虫被害がないかを見てあげることが必要です。袋かけで予防することもできますが、防げなかった場合や大量発生してしまった場合は、薬剤の散布が必要になります。

     

    ビワが大きくなりすぎてしまった、害虫がいる…このようなお悩みはありませんか?

    剪定以外にも必要なお手入れはいくつかあります。その作業のなかで、困ってしまうことも多々でてくるでしょう。初めて育てている方、まだ慣れていない方はどう対処したらいいかわからなくなるのも当然です。

     

    作業の方法がわからないというお悩みだけでなく、ビワの現状に悩まれている方もいるかもしれません。「大きくなりすぎてしまった」「害虫に侵されてしまって自分では手の施しようがない…」このようなときは、剪定のプロの出番!まずはお客様のお悩みをお聞かせください。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    ビワの剪定を依頼する前に知っておきたい!料金や業者選びのこと

    ビワ剪定を依頼するには、業者選びをしなくてはいけません。「数多く存在する業者からどう選べばいいのだろう…」「提示された料金って適切なの?」とお悩みの方も大勢いらっしゃることでしょう。

     

    ここでは、ビワ剪定を依頼する前に知っておきたいことをまとめていきます。気になる料金のことや、業者選びのコツ、そしてビワ剪定を安くするためのコツまで、幅広く取り上げます。依頼する前に一度確認しておくといいでしょう。

     

    ビワ剪定でかかる費用の計算方法をチェック

    ビワ剪定でかかる費用の計算方法をチェック

     

    ビワ剪定には一体いくら費用がかかるのか…。これはだれしも気になるところです。料金を知るために、まず業者のホームページを参考にすることが多いと思いますが、料金にばらつきがあってわかりにくいこともあります。その理由は業者が定めている料金設定にあります。料金設定は、おおきく2つあります。

     

     

    • ・人件費(職人さんの作業時間や人数)

    • ・木に対する料金(本数や高さ)

     

     

    人件費、すなわち職人さんの作業時間や人数で料金が決まる方法がまず一つです。これ以外には、木の本数や高さに応じて料金を決めていく方法があります。どちらの料金設定を採用しているかによって、同じ依頼内容でも料金に差が出ることがあります。1社にとどまらず、じっくりと比較・検討してみてください。

     

    ビワの剪定を安くするコツ、業者の見つけ方を知っておくと損はない!

    ビワ剪定を安くするコツを2つ紹介します。まずは、大きくなりすぎないうちに依頼するということです。大きくなればなるほど作業時間がかかり、料金がかかってしまうことがあるからです。もう1点は、優良業者を見つけるということです。適切な料金で確実な作業をおこなってくれる業者、つまりコストパフォーマンスが良い業者に依頼すれば、かけたお金を無駄に感じることも少ないでしょう。

     

    ▼優良業者を見つけるポイント

    • ・親身に悩みや要望を聞いてくれるか
    • ・対応は丁寧か
    • ・見積もりは適切か
    • ・見積もりに関してしっかりと説明があるか

     

     

    これらを参考に、まずは業者とコンタクトをとってみましょう。

     

    ビワの剪定のお見積り・ご相談からはじめてみませんか?

    ビワ剪定するには、まずは優良な業者を見つけることが大切です。そのために、上に挙げたポイントが参考になりますが、見極めるにはやはり直接話をしてみなくてはいけません。相談や見積もりをとることで、業者の雰囲気をつかみましょう。

     

    お庭110番では、無料の見積もりをおこなっています。もちろんご相談も無料です。見積もり確定後の追加料金なし、見積もり後のキャンセルも可能なので、皆様に安心して活用いただけます。いつでもお気軽にお問い合わせください。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    桜剪定の時期や方法を確認!病害虫も気を付けましょう

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    目次

     

    桜剪定のウソホント–桜は切ってはいけないって本当?正しい剪定方法・時期は?

    桜をお庭で育てている方は、剪定に関するさまざまな情報に困ってしまうこともあります。例えば、「桜は切ってはいけない」というような噂を聞いたという方もいるでしょう。

     

    ここでは、桜剪定をしたほうがいいのか否か、その答えを説明します。また、剪定をするときに最も大切な時期や剪定方法といった基本情報も網羅していきます。桜を育てているけど、基本的なことがいまいちわかっていない…このような方は、まずご一読ください。

     

    桜は剪定してはいけない?!

    桜は剪定してはいけない?!

     

    「桜は剪定してはいけない」このような噂を聞いたことはありませんか?

     

    放置したほうがいいのか…と思われるかもしれませんが、じつはこれは間違いです。確かに、桜を剪定すると、その切り口から菌が入って腐る原因になることもあります。しかし、切り口に塗る癒合剤を活用する手があるので、この点は安心してもいいでしょう。

     

    桜を枯らせてしまうことを恐れるあまり、剪定を避けていては桜を健やかに育てることができません。剪定を放置すると、病気を誘発するリスクが出てきます。また、徒長枝によって樹形も乱れてくるので、狭い場所で桜を育てていたり、庭木にしていたりする場合は見た目のためにも剪定したほうがいいのです。

     

    桜の剪定に適した時期を確認していきましょう

    桜剪定に適した時期は、11月ごろです。この時期に剪定するのには、理由があります。

     

    ・落葉しているので剪定がしやすい
    ・切り口の痛み、腐敗を防ぐために一番適している

     

    11月に行う剪定は、作業のしやすさ、そして桜にとってもよい環境であるという2つのメリットがあります。剪定する側・される側、双方にメリットがあるということです。

     

    桜の正しい剪定方法は?桜を枯らさない方法と剪定でやってはいけないこと

    ■桜を枯らさない剪定方法

    桜剪定で怖いのが、枯らしてしまうということ。そのリスクを避けるための剪定方法は、以下の通りです。

     

    【間引き剪定】

    1. 不要な枝を取り除いていきます。対象の枝は、枯れている枝や込み合っているもの、逆さに生えている枝など、今後の成長に必要のないものです。付け根から剪定し、切り口は直角にすることを意識しましょう。

     

    2. 徒長枝の横枝にも、間引き剪定を行います。間引きとは、枝を根本の部分から切ることです。

     

    ●桜剪定のポイント

    剪定のなかで太めの枝を間引く必要が出てきたときは、付け根で切ることと、切り口に保護剤を塗布することが大切です。太めの枝というのは、500円玉の直径より小さな枝のことです。それ以上太さがある枝、剪定バサミでは切れないような太さのものは、剪定を避けます。桜にやさしい剪定のために、使用するハサミは消毒済みのものを利用します。

     

    ■桜の剪定でやってはいけないこと

    ・桜が活発に活動する春夏や、乾燥する冬に剪定してしまう
    ・枝を途中で切る
    ・枝を切りすぎる
    ・太い枝を切る
    ・手で折って枝を除く、消毒していない剪定バサミで切る

     

    これらは、桜剪定でやってはいけないことです。デリケートな桜には、正しい方法で軽い剪定を行うことが大切になります。

     

    桜剪定のさじ加減がわからない、絶対に枯らせたくない…そんなときは業者にまかせて安心!

    桜剪定の時期、方法を間違えることが桜の枯れにつながることがあります。

     

    春になると美しい花を咲かせてくれる桜は、お庭の主役といっても過言ではありません。桜を健やかに育てていくためにも、剪定を正しく行っていきましょう。ただし、桜剪定には不安もつきものです。

     

    「桜剪定を軽くやる加減がわからない」「剪定が桜の負担になって枯らせてしまったらどうしよう…」このようにお悩みの方は、剪定業者にまかせるのもいいでしょう。プロならではの技術で、安心感が違います。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    桜をもっと楽しむ方法まとめ!桜を増やす方法と病害虫の対処法

    桜をもっと楽しみたいという方は、「挿し木によって増やすこと」と「病害虫に対する知識」という、2つの点にも注目してみましょう。

     

    挿し木をすることによって桜を増やすことができるので、桜をより楽しめるようになります。春になるとお庭をピンクで染めてくれる桜が増えることで、より華やかなお庭になりそうです。

     

    美しい桜を育てるためには、桜の健康にも気をつかわなくてはいけません。桜の体調がよくないとき、病害虫の被害にあったときは、適切な処置をしていきましょう。

     

    桜の挿し木をする方法。桜をもっと増やすために!

    桜の挿し木をする方法。桜をもっと増やすために!

     

    ●用意するもの

    去年伸びた枝(10センチ程度)、水、鹿沼土、鉢

     

    枝は、切り口を3時間ほど水につけておきます。その間に、鹿沼土を入れた鉢を用意しておきます。枝に水を吸わせたら、土の中に挿していきます。枝の3割程度が土から出るくらいまで、押し込みましょう。あとは、土を乾かさないように注意しておきます。根が生えて安定してきたら、仮植えを行います。

     

    ご自宅の桜は大丈夫?病害虫の被害に遭ったときの対処

    桜が被害に遭いやすい病害虫として、てんぐ巣病とモンクロシャチホコが挙げられます。ここでは、この2つの被害と対処、対策法についてまとめます。

     

    ‐てんぐ巣病

    【被害】・・・細かいたくさんの枝がほうき状に発生し、花が咲かなくなってしまいます。また、放置すると木全体に被害が広がっていきます。
    【対処】・・・感染した枝は根元から切り落とします。切り口には、薬を塗布します。
    【対策】・・・周辺にこの病気に感染した桜がある場合は、植えることを避けます。さらなる被害防止のために、感染した枝は焼却しましょう。

     

    ‐モンクロシャチホコ

    【被害】・・・8~9月ごろに発生、葉が食べられるのが大きな被害です。放置すると、開花にまで影響してきます。
    【対処】・・・被害に遭っている葉をすべて取り除きます。
    【対策】・・・6~9月ごろに薬を散布します。早めの発見が大切になるので、発生しやすい時期が近付いたら注意しておくことも大切です。

     

    桜を増やしたいけど手間がかかる、病害虫の被害が大きい…そんなときは

    挿し木をして桜を増やすことで、春がもっと楽しみになりそうです。比較的簡単な方法で行うことができるので、試してみてもいいかもしれません。ただし、増やした後の手入れが手間になるとお思いの方もいらっしゃるでしょう。そんなときは、自分ひとりですべてをやろうとする必要はありません。業者へ依頼することで、心強い味方になってくれます。

     

    桜が病害虫に侵されてしまった…というときも同様です。自分では対処できない、何よりも害虫が気持ち悪い…。このようにお困りのときは、業者に相談してみましょう。早めの対処が桜を救うこともあります。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    桜の剪定を依頼したときの料金とは?業者に依頼するメリット

    桜の剪定や害虫駆除などの依頼をしてみたいけど、お金のことがやっぱり気になる。このような方は多いのではないでしょうか?それもそのはず、お金がかかるというのは誰にとってもひっかかるもののはずです。

     

    ここでは桜剪定にかかわるお金の話や、業者にまかせるメリットを確認していきます。業者依頼へ今一つ踏み出せないという方は、一度参考にしてみてください。

     

    桜の剪定でかかる費用はどれくらい?業者によって料金が違うのはなぜ?

    桜の剪定でかかる費用はどれくらい?業者によって料金が違うのはなぜ?

     

    業者によっておもに2パターンの料金設定があるため、料金に幅がでてきます。

     

    ・職人一人あたりの料金
    ・桜1本あたりの料金

     

    職人さん単位で料金が決まる場合には、その人数や作業時間によって料金が割り出されます。桜1本単位で料金が決まる場合は、木の本数、高さなどによって料金が決まります。状態によってどちらがお得かは異なります。まずは見積もりをとってみるといいでしょう。その他、オプション、主張料、処分費がかかることもあります。見積もり書をしっかりと確認したうえで、施工を依頼しましょう。

     

    業者なら桜剪定だけでなく、消毒や害虫駆除も一緒にまかせられる場合も

    桜を育てるなかで病害虫の発生に気づくこともあるでしょう。樹高が高い桜や被害がある程度進んでいる桜は、自分での対処が困難になることがあります。どうしようか、困った…というときは、業者にまかせることも大切です。業者のなかには、剪定だけでなく病害虫にも対処してくれるところもあるからです。

     

    剪定と一緒に病気の対策や、害虫駆除を行ってもらうことで、不安で面倒なことを一気に片づけることができます。そのときの桜の状況に応じて、ベストな作業を行ってくれるのも業者に依頼するメリットです。もちろん、費用面の問題も出てくるので、そこは業者とよく相談して施工内容を決めていきましょう。

     

    桜の剪定をご検討の方!まずは相談だけでもしてみませんか?

    桜剪定、その他害虫駆除などの作業を検討されている方がまず行うのが、業者への相談です。とはいえ、業者とコンタクトを取るのは緊張する、お金がかかるのでは?と不安に感じている方も大勢いらっしゃるでしょう。

     

    お庭110番では、皆様に安心してご相談していただける体制を整えています。

     

    ・無料の相談・見積もり
    ・見積もり後でもキャンセル可能

     

    このように、見積もりや相談をする段階では料金が発生しない、安心できる仕組みです。いつでもお問い合わせください。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    紫陽花の剪定で知っておきたいベストな時期や剪定方法

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    目次

     

    紫陽花の剪定をする前に知っておきたいこと!剪定に適した時期とは?

    梅雨に落ちこみがちな心を晴れやかにしてくれる紫陽花(あじさい)。実は、きれいな紫陽花を咲かせるためには剪定が欠かせない、というわけではありません。しかし、好き勝手枝が伸びた紫陽花は見た目が悪く、伸びた枝が近所の土地に侵入する可能性もあるので、定期的な剪定が必要です。

     

    そして、剪定する時期にも注意が必要です。紫陽花は繊細で、花を咲かせる準備をしている最中に枝を切ってしまうときれいな花が咲かなくなってしまいます。美しい花を咲かせるために、紫陽花の特徴と剪定に適した時期をご紹介します。

     

    剪定をする前に!紫陽花の特徴をおさらい

    剪定をする前に!紫陽花の特徴をおさらい

     

    剪定をするうえで、紫陽花の特徴を知り、それに合わせた切り方をすることは重要です。紫陽花にはこのような特徴があります。

     

     

    • ・剪定をしなくても花が咲く

    • ・生長がはやいので枝が伸びやすく、樹形も変わりやすい

    • ・枝を切りすぎると花が咲かなくなる

    • ・新しく伸びた枝には、2年後に花が咲く

    • ・寒い冬に耐えられず花が咲かなくなることもある

     

     

    枝を整えなくても花を咲かせますが、紫陽花は成長力が強いため、樹形を保つには剪定が欠かせません。しかし、逆に枝を切りすぎたり切る枝を間違えると花がなくなってしまうので注意が必要です。

     

    紫陽花の剪定をする目的と剪定に適した時期

    鉢植えに株を植えているわけでなければ、紫陽花は必ずしも剪定しなければならないわけではありません。しかし、枯れた花と枝を切り落とすことで、早めに翌年の開花への準備を促し、より美しい花を咲かせることができます。また、余分な枝を減らせば風通しや日差しがよくなるため、病気や虫に強くなります。

     

    紫陽花は花がしおれてきた、6,7月に剪定します。9月ごろになると次の梅雨に向けて花芽をつけはじめるので、その前には剪定を終わらせるのがポイントです。また、秋の終わりから春前までの時期に2度目の剪定をし、花芽より先の枝を切り落とすと、よりきれいに花を付けることができます。

     

    しかし、品種によって剪定時期に多少の差異があります。たとえば、アジサイ・アナベルという品種はベストな剪定時期が遅いので注意が必要です。枝を切るのが早すぎると、花が咲かない枝が伸びてしまいます。アナベルを育てている場合は、花が枯れた後か、2月ごろのどちらかに剪定するのが一番よいとされます。

     

    剪定は紫陽花のことを知り尽くした業者に頼むのもおすすめ

    美しく開花する紫陽花を楽しむには、時期の見極めが欠かせません。紫陽花には独特の育ち方があるので、紫陽花ならではの枝の伸び方や開花の準備に合うような剪定時期を見計らう必要があるのです。

     

    自分では時期の見極めが難しいと思ったら、剪定のプロに相談してみるのが無難です。紫陽花に詳しい業者なら、どんな剪定をどの時期におこなえばよいのかよく知っているので、美しく開花するように剪定してくれます。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    紫陽花の花を毎年楽しむための剪定方法とは?剪定後にすべきこと

    紫陽花が美しいと、梅雨のせいで憂鬱な気分も晴れやかになりますよね。その美しさからか、母の日のプレゼントとして贈る方も増えてきています。花を楽しむには、正しいやり方で剪定する必要があります。また、剪定をし終わったあとには植え替えやさし木など、ほかにするべきこともいくつかあります。

     

    花芽を残しながら枝を切りそろえる方法と、剪定後にするべきことをご紹介します。正しいお水のあげ方や植え替え方法についてもしっかり確認していきましょう。

     

    紫陽花剪定の基本と花を咲かせるための剪定方法

    紫陽花剪定の基本と花を咲かせるための剪定方法

     

    きれいな花を咲かせるための剪定のポイントは、2回剪定することです。花が枯れはじめるときにおこなう1回目の剪定では、花から枝をたどって、3,4枚目の葉の上で切ります。

     

    こうすることで、花芽を残しながらも翌年に花が咲かない部分をカットすることができます。不必要な枝をカットし形状を整えたいときは、下や内側に伸びている枝や、細めの枝を切っていきます。

     

    秋以降におこなう2回目の剪定では、1回目に切った部分からさらに伸びた枝を切ります。1回目にカットした位置より少し下の部分を狙いつつ、花芽ができる部分を残して切ります。

     

    紫陽花の剪定後にやるべきこととは?

    紫陽花の剪定後にもすべきお手入れがいくつかあります。

     

    ■植え替え

    紫陽花は成長速度が速い植物なので、植木鉢で育てつづけると根が土の中でつまってしまいます。このようなことを防いで健康的な成長を促すために、年に1回、花が枯れたあとに植え替えをおこないましょう。

     

    ■葉っぱが落ちたあとの水やり

    秋に葉が落ちたあとも、枝や根は生きています。紫陽花は水分を多く必要とするので、水やりは欠かせません。雨が降らない日がつづくときは、水をたっぷりあげましょう。

     

    ■挿し木

    さし木をすれば紫陽花を増やすことができます。6月の初めころに、花を付けていない枝を先端から30センチメートルくらいのところでカットし、さらに先端から15センチ分の余分な枝を切ります。残った枝の下部分を挿し木として鉢植えに植えて育てます。

     

    ■肥料

    肥料は夏・秋・冬にあげるのが効果的です。夏から秋の時期にあげるときは、新芽の成長を促すための化成肥料を与えます。冬には紫陽花が寒さのなかで力強く耐えるために必要な養分を長く与えられる、長期的な効果がある肥料がおすすめです。

     

    紫陽花を育てる楽しみは花を楽しむこと!確実に花を咲かせたいなら…

    新しい枝からは2年たたなければ花が咲かないという特徴をもつ紫陽花は、古い枝と新しい枝を見分ける目がないと毎年きれいな花を咲かせることができません。また、花芽ができる場所を予想して剪定しないと、花を咲かせるのは難しいでしょう。

     

    紫陽花のだいご味は花を楽しむことです。自分では枝の見極めが難しいと思ったら、剪定のプロに頼んでみるのが無難です。紫陽花をはじめとしたさまざまな種類の庭木に詳しい業者なら、紫陽花の形を整えつつも、翌年に美しく開花するように剪定してくれます。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    紫陽花の剪定を依頼したときの料金

    紫陽花の剪定を業者におまかせすれば楽に花を楽しむことができますが、費用と業者選びには慎重になりましょう。

     

    依頼する業者によって剪定料金の設定方法が違います。同じ本数・大きさの紫陽花の剪定でも、依頼先によって費用が大きく左右することがあるので、見積もりをしてしっかりと比較することが大切です。また、剪定業者がたくさん存在するので、信頼度を計って業者選びをすることが重要です。費用の計算方法と賢い業者選びの方法をご紹介します。

     

    紫陽花の剪定でかかる費用はどのように決まる?

    紫陽花の剪定でかかる費用はどのように決まる?

     

    剪定の料金設定は、業者によって変わります。しかし、以下のような2つのパターンで費用を決めていることが多いです。

     

    ・職人一人あたりの料金

    まず、職人の人数や腕前で料金を定める方法があります。腕のよい職人だと費用が高くなることがあります。職人の人数と剪定にかかる時間が増えるほど費用が高くなります。

     

    ・1本あたり、高さ、幅による料金

    剪定する紫陽花の本数や大きさを基準に料金を設定している業者もあります。紫陽花の本数が多ければ多いほど、そして紫陽花が大きければ大きいほど費用がかかります。

     

    そのほかには、どのような形状にしたいのかといった要望に応えてもらうために料金がかかる場合や、切った枝を処分してもらうために追加費用がかかることもあります。

    依頼を決める前に見積もりをして施工内容と金額を確認することが大切です。

     

    紫陽花の剪定を依頼するならここ!優良な剪定業者の見つけ方

    大切な紫陽花の剪定は、信頼できる業者におまかせしたいものです。優良で安心してまかせられる業者選びをするには、いくつかの点に注目しましょう。

     

    まず、実績があるかというのは重要なポイントです。実績が多いほど経験のある業者といえますし、リピートで利用されるお客様がいるなら信頼できる腕を持っていると考えられるでしょう。実績は業者のホームページや口コミなどを利用してチェックすることができます。

     

    また、料金を明確に示してくれるかという点も大切です。見積もりを依頼したときに、費用の内訳がはっきりとさせてくれているのであれば、料金設定がしっかりとしていると判断できます。また、施工をしたあとに追加料金がかからないかも確認しておくと安心です。料金について不明な点があれば、ためらわずに質問してみましょう。

     

    紫陽花の剪定をご検討の方は、まずは相談だけでもしてみませんか?

    お庭110番では、無料でお見積もりをおこなっているので、費用を知ってから業者に頼むかを決めたいという方も安心してご利用いただけます。

     

    また、相談をしていただくことも無料です。「適した肥料がわからない」「剪定方法がわからない」などの初心者さんが抱きがちな質問から、ベテランさんが抱く専門的な疑問まで、庭木に詳しい剪定のプロに相談していただけます。疑問点を払拭したうえで依頼すれば、安心感が違うでしょう。

     

    紫陽花を育てている方、これから育てようと考えている方は、一度お見積もりのご依頼や相談をしてみてはいかがでしょうか?

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    キンモクセイを正しく剪定するには?花と香りを楽しむコツ

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    目次

     

    キンモクセイ剪定の時期はいつ?希望に合わせた剪定方法を紹介

    キンモクセイ(金木犀)はオレンジ色の小さくも華やかな花とその香りが魅力的な植物です。10メートル弱の大きさになることもあり、お庭で育てる木としては大きいので樹形を整える目的でも剪定が必要になりますが、きれいな花を咲かせるためにも、定期的に剪定をすることが重要になります。

     

    キンモクセイは目的に合わせて剪定時期を選ぶことができます。時期と合わせて正しい剪定方法を学びましょう。

     

    キンモクセイの剪定時期は、希望に合わせて2つから選択

    キンモクセイの剪定時期は、希望に合わせて2つから選択

     

    どんな庭木でも適切な時期に剪定することが大切ですが、キンモクセイの剪定時期には2つの決め方があります。開花を楽しむのにぴったりなタイミングと、樹形をしっかりと整えるための時期をそれぞれご紹介します。

     

    【キンモクセイの花を楽しみたい場合の剪定時期】

    開花を楽しみたい!という方は、花が咲き枯れ始めたときに剪定するのがベストです。キンモクセイの花が咲くのは秋なので、剪定時期は10月ごろということになります。

     

    逆に、7月以降の時期は避けましょう。春から夏にかけて、とくに7月・8月は花芽がつきはじめるタイミングです。もし夏から開花までの時期に花芽がついている枝を切ってしまうと、それ以降に花芽がつくことはなく、花が咲かなくなってしまいます。

     

     

    【花付きは関係ない!樹形重視の場合の剪定時期】

    とにかく木の形が第一!と考えている方は、極寒の時期を避けてそのほかの時期に適切な分だけ剪定をおこないます。

     

    キンモクセイは成長力があり、1年放っておくだけで15センチメートル程度枝を伸ばしてしまいます。枝が伸びてきた、樹形が崩れてきた、と感じたら適宜整えるとよいでしょう。しかし、寒い時期に剪定することと、切りすぎることには注意が必要です。寒い冬にはキンモクセイは葉がなく弱りやすいですし、切りすぎて葉がない状態にすると枯れやすくなってしまいます。

     

    キンモクセイの剪定方法を確認!内側の剪定もお忘れなく

    剪定方法も希望に合わせて決めることができます。

     

    【花を楽しみたい場合】

    キンモクセイは切った部分から3方向に伸びます。花を咲かせるためには、3方向に伸びている枝のうち、真ん中の長い枝を木バサミでカットしましょう。そして、残りの2つの枝は葉を数枚残すようにして切ります。次の年に生えてくる芽が、葉がついている部分の下にあるからです。

     

     

    【樹形を整えたい場合】

    樹形を整えるときは、刈り込むように剪定します。まずは刈り込みバサミを使って、全体の枝の長さを均等にするように枝を切っていきます。その後飛び出している枝があれば、木バサミを使って切っていきます。

     

    これら以外にも、3~4年に1回は強剪定をして、内側の枝を剪定することも必要になってきます。

     

     

    【内側剪定のやり方】

    枝抜きと呼ばれる剪定方法で枝を減らしていきます。下向きに生える下り枝や、幹から伸びる胴吹き枝や腹切り枝などの太めの不要な枝も切ってしまいます。

     

    外側の枝だけでなく、内側の入り組んだ枝を減らすことで、成長しすぎないようにコントロールすることができ、また、風通しがよくなり病気に強い樹木にすることにもつながります。花芽がつきはじめる前の3月ごろや、開花直後のタイミングにおこないましょう。

     

    キンモクセイの剪定ははじめて、自信がないというときは剪定のプロにおまかせ!

    キンモクセイには目的に合った剪定方法が2つあり、自分にとって開花が大事なのか、景観を意識した樹形が大切なのかを判断して、正しいタイミングと方法で剪定することが重要になってきます。しかし、自分では剪定に不安がある、という自信のない方もいらっしゃるでしょう。

     

    剪定業者はキンモクセイという樹木の習性や切り方を熟知しているので、剪定方法や時期に疑問がある場合にも安心しておまかせできます。剪定のプロなら、「お花も楽しみたいけど樹形もきれいに整えたい!」という欲張りにも応えてくれるかもしれません。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    キンモクセイの特徴を理解して、もっと楽しむ!花が咲かないってどういうこと?

    キンモクセイにもほかの植物と同じように、キンモクセイだからこその特徴があります。例えば梅の木を育て方を知っているからといって、同じように育ててもキンモクセイは思うように成長してくれないのです。

     

    特徴をしっかりと確認できていれば、どう育てればいいのかがわかり、トラブルが起きたときにも冷静に対処することができます。キンモクセイの特徴をおさえながら、適した環境や育て方、トラブルの原因と対処方法をチェックしましょう。

     

    キンモクセイの特徴と育て方

    キンモクセイの特徴と育て方

     

    キンモクセイの特徴

    キンモクセイは丈夫な部類に入る植物です。8メートルくらいの大きさになるほど成長力があり、1年で15センチメートルも枝が伸びます。キンモクセイが好むのは、こんな場所です。

     

     

    • ・日当たりがよく、暖かい

    • ・空気がきれい

    • ・土の水はけがよい

     

     

    寒さに弱いキンモクセイには、暖かい気候と日光がかかせません。また、大気汚染が進んでいる地域では花が減ってしまうことがあります。水分が多すぎる土は得意ではないので、水はけがよい土壌を選ぶか、川砂を混ぜ込むなどして土壌改良します。

     

     

    キンモクセイの育て方

    庭木を育てるうえでかかせない、植え付けや肥料、病気予防法をマスターしましょう。

     

    【植え付けと肥料】

    お庭に植える場合は、春や秋に植えるのが理想です。土に肥料や川砂を混ぜて土づくりし、大きめに掘った穴に苗を埋めます。鉢植えに植える場合は、大きめの鉢植えを用意し、土の下に3分の1程度の鉢底石を入れます。化成肥料や窒素が含まれている肥料がキンモクセイには適していますが、肥料のあげすぎはよくありません。健康を損なう原因になるので、適切な量をあげるように心がけましょう。

     

    【病気を防ぐためのお手入れ】

    斑点ができるうどん粉病や褐斑(かっぱん)病、カビを発生させる炭疽(たんそ)病・先葉枯病などが、キンモクセイがかかりやすい病気です。

     

    これらの病気にかからないようにするには、

     

     

    • ・水は与えすぎない、水が足りず乾燥させないことにも気をつける
    • ・定期的な剪定で風通しをよくする

     

     

    というようにお手入れします。もし病気にかかってしまった枝を発見したら、すぐにその枝を切りましょう。

     

    キンモクセイの花が咲かないのはなんで?原因と対処法

    キンモクセイは正しく育てないと、花が咲かないことがあります。その原因は育て方の間違いであることが多いです。キンモクセイの開花を楽しむために、花が咲かない原因と対処方法を理解しましょう。

     

    ・剪定を間違えている

    剪定の時期を間違えていたり、切るべきでない枝を切っていることが原因になることがあります。花芽ができる春から夏の時期の剪定は避け、剪定時には花芽ができる枝とそうでない枝を見極めながら切っていく必要があります。

     

    ・植えている環境が悪い

    植える場所が悪いと思うように育ってくれません。花が咲かないだけでなく、病気になり最悪枯れてしまうことも考えられます。日当たりや水はけを意識して植える場所を決めましょう。

     

    キンモクセイを育てるなかでの困った…!業者が力に

    病気にかかってしまったり、花が咲かなかったりと、育てる過程にはさまざまなトラブルが潜んでいます。病気に負けない健康的な木にするには、剪定の方法や時期に気をつけるだけでなく、植えるときにも日当たりや土壌などの環境を整えることが大事です。

     

    「手間なく花を楽しみたい」「育て方がわからない」という方の不安を取り除いてくれるのが剪定業者です。剪定のプロは、正しい方法で剪定するだけでなく、病気予防や育て方に困っている方の力にもなってくれます。育て方に不安がある方は、利用してみるとよいでしょう。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    キンモクセイ剪定を依頼したときの料金は?信頼できる業者を見つけるポイント

    「剪定にも育てるにも気をつけることがたくさんあって難しそうだから、剪定のプロにまかせたい。でも費用が気になる…」というようなことは、剪定を業者に依頼するときに誰しもが考えてしまいます。キンモクセイは大きな庭木なので、よけいに剪定費用が高くなるのではないかと心配される方もいらっしゃるでしょう。

     

    しかし、お金が理由で戸惑っている方も、依頼する前に費用がわかれば少しは安心できるのではないでしょうか?料金設定のカラクリを、業者の信頼性を計る方法とあわせてご紹介します。

     

    キンモクセイの剪定でかかる費用の計算方法

    キンモクセイの剪定でかかる費用の計算方法

     

    キンモクセイの剪定にかかる料金は、多くの場合2つの方法のどちらかで決められます。

     

     

    • ・キンモクセイ1本単位での計算
    • ・職人の時給単位の計算

     

     

    1つ目は、キンモクセイがどれだけあるかで費用が決まる方法です。キンモクセイ1本あたりいくら、というように業者によってあらかじめ料金を設定してあることが多いです。2つ目の方法が、職人1人あたりに一定の料金が発生する料金設定の仕方です。この場合、必要な時間と人数によって金額に差が出ます。

     

    費用の設定方法によって、同じ状況のキンモクセイ剪定でも金額が大きく左右することになるので、複数の業者で比較することが大事です。その他、切り落した枝を処分してもらうなど剪定以外にかかるオプション作業などで追加料金が発生することもあります。見積もり書をよく確認するようにしましょう。

     

    キンモクセイ剪定はどこに依頼?信頼できる業者を見つけるポイント

    費用は気になるところですが、費用が安いからといってすぐに業者を決めてしまうのはよくありません。大切に育てているキンモクセイは、できるだけ安心できる業者におまかせしたいもの。次のようなポイントを確認して、信頼性の高い業者を選びましょう。

     

    ・適切な価格を明確に示してくれる

    価格の設定がしっかりしているかは、見積もりをとると明確になります。何にいくらの費用がかかるのかを隅々までチェックしましょう。悲しいことですが、費用の安さを謳う業者のなかには、あとで追加料金を請求してくる業者もいます。「見積もり確定後は追加費用がかからない」と明言している業者を選ぶと安心です。

     

    ・過去に数々の実績がある

    実績があるということは、その分の経験を今までに積んできたということになります。剪定方法は庭木の種類によっても変わってくるので、キンモクセイの剪定を考えているのであれば、今までにどれくらいキンモクセイ剪定をおこなってきたのかにも注目するとよいでしょう。

     

    キンモクセイの剪定、できるだけ安くしたい!

    オプションをのぞいたり、切った枝の処分など自分でできることは自分でおこなうことで費用をおさえることができます。しかし、それ以上に大切なのが見積もりです。いくつかの業者に見積もりを出してもらい、費用や施工内容を比較することで、一番安く済む業者を簡単に見つけられます。

     

    信頼でき、かつ納得できる費用で剪定してくれるような業者を見つけたい。そんなときは、お庭110番での無料見積もりが便利です。誰もが気になる費用のことや、ご予算のことは、遠慮なくご相談ください。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    梅の剪定はいつどうやって?方法や時期、業者の費用も

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    目次

     

    梅の剪定時期は夏と冬!花後に切るのは適切なのか?

    梅の剪定は年に2度おこない、それぞれに大切な役割があります。種類や木の状態によって時期に多少の違いはありますが、剪定の目的や大まかな流れは同じです。初めて梅剪定をする方は、まずは剪定の大筋をつかむことからはじめましょう。

     

    毎年剪定をおこなっているというベテランの方も、やり方を再確認しながら剪定の時期を振り返ってみましょう。夏剪定と冬剪定の違い、選定をおこなうタイミングの計り方、業者にまかせるべきときの判断基準などをご紹介します。

     

    夏季剪定・冬季剪定の具体的な時期

    夏季剪定・冬季剪定の具体的な時期

     

    梅の木の剪定は夏と冬におこなうのが理想とされています。夏季剪定と冬季剪定の目的や大まかな流れを確認しながら、違いを知りましょう。

     

    ・夏季剪定

    7月~夏の間におこなう剪定です。夏の枝や葉が生い茂る時期に、日当たりをよくして栄養が十分に行き届かせるためにおこないます。間引き剪定が中心になります。

     

    ・冬季剪定

    12月落葉後~芽吹くまでにおこないます。古い枝には梅の実や花は付かないため、古い枝を剪定し、新しく枝が伸びてくるように促します。夏季剪定とは違い、実の付き具合、花の付き具合を調節する目的もあります。

     

    梅を育てるうえでとくに欠かせないのは、冬季剪定です。その理由は、春に樹勢を取り戻す前に剪定をして枝の形を整えておくことで、美しく、健康的な成長を促進できるからです。

     

    また、葉が落ちた後の木は枝の状態が見やすいので、今後も必要な枝と切り落としてもよい枝を的確に判断しながら剪定をすることができる、樹勢がとどまっているので木を痛めることなく安心して剪定できる、という点でも、冬は梅の木にとって適切な剪定時期といえます。

     

    梅の剪定を花後に切るのは間違い?その答えとは…

    先ほど夏と冬が梅の木にとってベストな剪定時期だとご紹介しましたが、「ほかの時期におこなってはいけないのか?」と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。また、夏・冬の時期以外にもどうしても剪定しなければならない状況に陥ることもあります。

     

    適切な剪定時期を待てない場合は、ほかの時期に剪定することも可能です。しかし、梅が開花した後に枝を切ってしまうと、翌年に花を咲かせなくなってしまう可能性がある点には注意が必要です。

     

    庭木の梅の場合、花芽の数が確定するのは7月・8月とされています。この花芽は10月ごろまで待たなければ安定しません。夏を通り過ぎる前に花芽がある枝が切られると、梅の木は切られた分枝を伸ばそうとして花芽を葉芽に変えてしまうので、結果として春になっても花が咲かなくなるのです。

     

    しかし、盆栽や鉢植えであればそれほど樹勢が強くないため、花後に切ることも問題ありません。安心してお手入れをしましょう。

     

    梅の剪定は、こんなときにプロにまかせてみるのもいいでしょう

    梅の木の剪定には適切な時期があり、樹形をよくするだけでなく、花を咲かせ実を収穫するためにもしっかりと見極める必要があります。「梅の剪定時期を逃してしまった!」「剪定時期はちょうど忙しいから大変…」「冬の剪定は体に堪える…」など、さまざまな理由で梅の木を放ったらかしにしておくと、健康的で美しい木にするのは難しいです。

     

    剪定時期にお手入れができないけれど春にはきれいな梅を咲かせたい!このようなときは剪定のプロにまかせれば楽でもあり安心です。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    梅の剪定方法と流れを紹介!安全のために注意点も合わせてチェック

    「桜切る馬鹿 梅切らぬ馬鹿」ということわざでも言い表されているとおり、梅の剪定は非常に重要です。梅にはほかの木と同じように、さまざまな害虫がやってきます。

     

    枝を間引いて日当たりを良くし風が通るようにしておかないと、虫が蔓延し、病気や枯れの原因になります。また、伸びっぱなしになっている徒長枝を放置しておくとほかの枝が成長しにくくなってしまうこともあり、花や実の付きが悪くなってしまいます。

     

    このように、美しい梅を目指す方にとって剪定作業はとても大切です。剪定するうえで知っておくべき知識である、基本的な剪定方法や流れ、注意点を確認しましょう。

     

    梅の剪定方法と流れをまとめます

    梅の剪定方法と流れをまとめます

     

    梅の剪定では、剪定すべき枝だけを正しい方法で切ることが重要になります。基本的な作業方法をご紹介します。

     

    【剪定すべき枝とは?】

    • ・枯れてしまっている枝
    • ・内側に伸びてしまっている枝
    • ・根元に生えてくる若い芽(ひこばえ)
    • ・徒長枝など、ほかの枝と交差している枝

     

     

    【強剪定の方法】

    花が咲き終わってすぐの4月~6月には、強剪定をします。古く、太めの枝を切ってあげることで、次の年に花や実がよく付くようになります。伸びた枝を短く整えるように、3分の2程度の長さを思い切り切りましょう。そうすると、芽が5つほど枝に残ることでしょう。

     

    枯れた枝に今後花や実は見込めませんし、内側に伸びている枝や徒長枝は美しい樹形の妨げになります。蕾がある場所や量を確認しながら、余分な枝を剪定していきましょう。

     

    梅の剪定で気をつけなくてはいけないこととは?

    梅を剪定するときには、以下のポイントに注意しましょう。

     

     

    • ・枝が固いので剪定バサミでも切れないことがある

    • ・短くとがった枝には注意する

    • ・作業には三脚をつかう

    • ・けがをしにくい服装で作業する

     

     

    枝が固いと、剪定用のハサミとはいえ簡単には切り落とすことができません。思い切り力を入れた拍子に枝が勢いよく落ちてきたり、ハサミが思わぬ方向に動いてしまってうまく切れないことがあります。固いからといって力任せに切らないようにしましょう。

     

    枝は鋭いので、不注意で足にささることが考えられます。また、高い場所にある枝を切る場合、背伸びして剪定するのは不安定で危険なので脚立が必須です。けがの危険から身を守れるよう、長袖長ズボンでしっかりとした靴を履くなどできるだけのけが予防をして剪定をはじめましょう。

     

    梅の状態に合わせて剪定することも大切!そのためにはプロの目が必要

    剪定をするときは、梅を植えてからの年数、時期やその地域の気候など、さまざまな面を考慮して剪定をすることが重要です。とくに冬季剪定は花芽に注意して必要な量の枝を切るのはなかなか難しく、腕と経験がものをいう作業です。梅の状態によっては適切な剪定時期がズレたり、方法が変わってくることもあり、一歩間違えれば花が咲かなくなってしまう原因になるかもしれません。

     

    初めて梅を育てる方、自分での剪定が不安な方は剪定のプロにおまかせしてみてはいかがでしょうか?失敗を恐れる必要がなく、そのうえ手間をかける必要もありません。自分では難しい梅のお手入れは、業者に頼めば安心です。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    梅の剪定を依頼したときの料金

    梅を自分で上手に剪定する自信がない、冬季剪定が大事なのはわかるけど寒いし面倒だ、と感じればやはり業者への依頼を考えることでしょう。しかし、費用が気になってしまう方も少なくないのではないでしょうか?また、安心してまかせられるか、というのも重要なポイントです。

     

    ここでは、業者が費用を決めるときの基準と業者の選び方をご紹介します。業者選びが仕上がりや費用を大きく左右することもありますので、しっかりと見極めてご自身にぴったりの業者を選びましょう。

     

    梅の剪定でかかる費用の計算方法

    梅の剪定でかかる費用の計算方法

     

    梅を業者に剪定してもらうときは当然費用がかかります。その費用は業者によってさまざまですが、多くの業者が以下の2つを費用を決める基準としています。

     

     

    • ・職人さんの人件費で決まる

    • ・木に対して決まる

     

     

    1つ目の基準では、剪定にかかわる職人さんの人数や、作業時間が費用を左右します。2つ目の基準では、剪定する木の本数や高さによって料金が決まります。このように業者によって費用の決め方が違うので、同じ状況でも依頼先によって剪定費用が大きく変わることがあります。

     

    ほかにも、剪定した枝を処分してもらうための料金など、オプション料金が発生することもあります。細かい料金設定が知りたい!というのであれば、業者に見積もりを依頼し、実際にかかる費用を計算してもらうことをおすすめします。

     

    梅の剪定はどこに依頼すると安心?信頼できる業者の選び方

    いくら費用が気になるといっても、料金設定の安さだけで選ぶのは得策とは言えません。業者を選ぶときは、料金のほかに4つの点をチェックしましょう。

     

     

    • ・過去に梅剪定で実績がある

    • ・価格が適切に設定されている

    • ・剪定に納得がいかなければ剪定しなおしてくれる

    • ・庭木に詳しく、気軽に相談できる

     

     

    信頼できる業者にはこのような共通点があります。梅の剪定を数多くこなしていればノウハウがあると言えますし、価格が高すぎず、安すぎないことも重要です。剪定に責任を持っている業者ならば、納得がいかないときにはやり直してくれるでしょう。

     

    また、お客様に寄り添って親身に相談に乗ってくれるような態度も、よい業者の特徴です。これらの点を参考にして、数ある業者のなかからベストな選択をしましょう。

     

    梅の剪定をする前に、まずはお見積りからはじめてみませんか?

    業者に依頼するときは、なによりもまず見積もりで明確な料金や施工内容を知ることが大切です。

     

    お庭110番では、お見積りを無料でご依頼いただけます。「ほかの業者と比較がしたいのでとりあえず料金だけ知りたい」「自分で剪定するか剪定のプロにまかせるか迷っているのでまずは費用が知りたい」という方も安心してご利用ください。

     

    また、見積もりで料金が確定した後は追加費用が一切かかりませんので、弊社でのご依頼を決めていただいた後もご安心いただけます。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    イチジク剪定の基本!剪定方法・時期・費用を伝授

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    目次

     

    イチジク剪定に適した時期や剪定方法をまとめます

    イチジクを育てるときも、ほかの植物と同じように、木の特徴や成長のサイクルに合わせて剪定してあげることが大切です。イチジクにベストな剪定のタイミングをチェックして、適切な時期に正しい剪定をしましょう。

     

    適切なタイミングは、イチジクの成長度や状態によって変わることがあるので、必ずしもイチジクは同じ時期に剪定しなければならないとは限りません。状態に合わせた剪定時期と切り方もマスターしましょう。

     

    イチジクの剪定時期はいつ?

    イチジクの剪定時期はいつ?

     

    イチジクの剪定は寒い冬におこなうのが一番よいとされています。イチジクは秋に実をつけ熟す植物で、なかには冬が始まるぎりぎり前まで実をつけ続けることもあります。実をつけるために、イチジクは春から準備をはじめます。春には枝を伸ばし、夏ごろから実をつけはじめ、秋に熟れるのです。

     

    つまりイチジクは、春から秋の間は実をつけるために一生懸命成長し栄養を蓄えようとしています。そんなときに枝を切ってしまうと、健康を害すだけでなく、実を作るために全力を注いでいる木を邪魔してしまいます。

     

    しかし、冬なら安心です。秋に実が落ち成長力が弱まっている時期なので、実の成長を邪魔せず、木への負担も最小限に済みます。

     

    イチジク剪定の方法とポイント!イチジクを植えてからどれくらい経っていますか?

    イチジクを挿し木などで一から育てている方もいらっしゃるでしょう。イチジクは育ちはじめの状態から実を実らせるほど立派に成長するまでに、2、3年を要します。しっかりと成長していないときには、大人のイチジクと同じような剪定はおこないません。イチジクの成長過程と植え方に合わせた剪定方法を選びましょう。

     

    ▼鉢植えのイチジク

    挿し木を鉢に植え、夏に一度3本になるまで主軸を減らします。1年目の冬に鉢植えの枝を30㎝程度にまで短くし成長を促します。長さを整えるときは、外芽の下をカットするのがおすすめです。2年目からの剪定では、枝が入り組んでいる部分だけを間引きするように剪定します。

     

     

    ▼露地植えのイチジク

    苗木を土に植え付け、支柱を使って地面と垂直になるように固定します。冬がやってきたら、3,4本の主枝だけを残して他は切り落とし、残った主枝の先を少し切ったあと、枝を地面に向かってヒモなどで固定し樹形が斜め横に広がるようにします。次の冬に主枝から伸びた枝の先端を切り、成長を促進します。

     

     

    ▼一文字仕立て

    1年目の冬に主軸となる枝を2本だけ残し、ほかの枝をすべて剪定します。2年目には残った2本を半分ほどの長さに短くし、地面と水平になるようにパイプなどを使って枝を固定します。こうすることで、次の夏には2本の枝から上へ上へと複数の枝が成長し、実をつけるようになります。

     

    1年目も2年目も実と葉を落としてから冬が終わる前までに剪定・固定をおこないますが、枝を減らすと寒さで枯れてしまう危険性があるときは、極寒時期が過ぎた直後におこないます。

     

    冬の剪定は辛い、剪定がややこしい…業者の手を借りることも選択肢

    イチジクの剪定は基本的に冬におこなうものです。冬に枝を切ることで、木に負担をかける心配もなく、実の成長を邪魔することもないからです。

     

    しかし、寒い中で剪定するのは大変なもの。剪定バサミで枝一本一本の状態を確認しながら剪定していくには、手間と時間がかかります。雪が降る日もあり、外に出るのすらも億劫だと思うのも無理がありません。また、おいしい実をつけてほしいけど自分で剪定してうまくいくのか不安…という方もいらっしゃるでしょう。

     

    真冬に剪定をしたくない方、自分で枝を切り落とすのはまだ難しいと感じる方は、業者に依頼すれば安心・簡単です。手間のかかる作業はお任せすれば、煩わしいことは避けておいしい実だけを堪能することができるでしょう。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    イチジク剪定で美味しい実を作るコツ!イチジクの種類と特徴をまとめます

    イチジクがおいしく実るには、剪定の腕があるかどうかはもちろん大切ですが、同じくらい大切なのがイチジクに関する知識です。イチジクは品種によって実や育ち方に特徴があるので、違いを踏まえたうえで育てていくことが重要になります。

     

    糖度が高くておいしい実を収穫するために必要不可欠な知識である、イチジクの品種やお手入れ方法、注意点を知り、イチジク栽培への理解を深めましょう。

     

    イチジクの種類と苗木の選び方–イチジク栽培をしたい方へ

    イチジクの種類と苗木の選び方--イチジク栽培をしたい方へ

     

    イチジクは、アラビアが原産のクワ科の植物です。比較的簡単に育つ植物なので、お庭での栽培にも適しているといわれています。しかし、寒さに弱いため北東の地域での自宅栽培は容易ではないかもしれません。

     

    イチジクには様々な種類があります。日本で代表的なのが「桝井ドーフィン」で、一回の収穫量が多いのが特徴です。日本の寒さに耐えられるように品種改良されたものもあり、「日本種」と呼ばれるものがそれにあたります。ほかにも、夏果を収穫するための品種や、甘みは強い品種など、多種多様です。

     

    ご自分に一番合った苗木を選ぶには、【糖度】【形状と色】などに注目します。

     

    【糖度】

    糖度は、イチジクの果実をどう食べるかという点で重要な項目です。そのまま食べるのなら糖度が高い、甘い品種がおすすめですが、ジャムなど加工品を作る目的で栽培するのであれば、酸味のある種類がおすすめです。

     

    【形状と色】

    品種によって、実の大きさや色が異なります。スーパーなどで売られているイチジクは表面が赤いのが一般的ですが、ものによっては実がとても小さく、緑色のイチジクも存在します。主幹がまっすぐ伸びている、根が多い苗木は良い状態にある証です。

     

    美味しいイチジクの実を作るには?ポイントと注意点

    美味しいイチジクを収穫するには、剪定はなくてはならない作業です。なぜイチジクの剪定をすると美味しい実ができるのでしょうか?イチジクは、伸びてきた枝すべてに実をつける植物です。枝をある程度切って減らしておかないと、大量のイチジクが育つことになってしまい、一つ一つの実に栄養が行き届かなくなってしまいます。

     

    また、枝がたくさんあると日が当たらず、健康的に育つことができません。甘くおいしい実をつけるには、イチジクの量をコントロールすることが不可欠なのです。

     

    美味しい実を収穫するために気をつけたいポイント・注意点は以下の通りです。

     

     

    • ・夏果を育てるときは、前の年に芽を切らず、栄養が足りていない枝だけを切り落とすようにする

    • ・根がぶつかり合い伸びにくくなるのを防ぐために、十分な間隔をあけて苗を植える

    • ・成長し根も強くなってきたら、土にドリルで穴をあけて根の張りをよくする

     

     

    イチジクを美味しくするには剪定以外にも手入れが必須!

    剪定以外にも、立派な実をつけるうえで必須なお手入れはたくさんあります。たとえば、通気性を高めるためにも、数年に一度植え替えが必要ですし、木がまだ小さく、枝が少ないときにはとくに、摘果と摘心が重要です。肥料を与えるのも大切な作業ですが、与えすぎるのはよくないので適量を知っていなければなりません。

     

    このような作業をすべて自分でおこなうのは面倒で難しい…と思ったら、イチジクに詳しいお庭のプロにおまかせするのも一つの手です。剪定だけをおまかせし、ほかの作業は自分でおこなうというように、上手に使い分けることもできます。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    イチジクの剪定を依頼するとどれくらいの費用が必要?

    イチジクを栽培するときは、正しい知識を身につけたうえで剪定しなければなりません。知識をつけることと剪定の実施。このように手間がかかってしまうと、剪定だけでも業者に依頼したいなと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?

     

    しかし、どなたでも気になるのが費用です。イチジクの剪定費用がどのように設定されているのか、そして安心しておまかせするにはどうやって業者を選べばよいのかを確認しましょう。

     

    イチジク剪定でかかる費用の計算方法はおもに2パターン

    イチジク剪定でかかる費用の計算方法はおもに2パターン

     

    剪定費用の設定方法は業者によってそれぞれですが、多くの場合以下の2パターンで決められています。

     

    ・職人一人あたりの料金

    こちらは職人の人数によって剪定料金が変わる方式です。腕のある職人だと料金が高くなる場合や、イチジクの本数によって剪定する作業員の人数を決める場合もあるようです。

     

    ・1本あたり、高さ、幅による料金

    木の本数や大きさによって料金に幅ができるよう料金設定している業者もあります。この場合、イチジクの木が大きければ大きいほど費用が高くなります。ほかにも、剪定以外のオプションの作業や、主張料、切った枝・葉の処分費がかかることもあるので、しっかりと見積もりをとり、業者ごとに比較することが大切です。

     

    どこに依頼すると安心?イチジクの剪定をまかせる業者を上手に選ぶコツ

    はじめて業者に依頼するときは、どの業者なら安心してまかせられるかの判断は難しいところです。業者選びのコツをご紹介するので、見極める際にぜひ役立ててみてください。

     

     

    • ●実績:イチジクの剪定を過去におこなっており、こなした案件が多いほど安心できるでしょう
    • ●価格:適切な料金設定がされているかは、複数業者に相見積もりを依頼するとわかります
    • ●口コミ:実際に業者を利用した方の感想を見聞きすれば、客観的に業者の良し悪しを判断できます

     

     

    イチジク剪定の具体的な費用を知りたい方!まずはお見積もりだけでもしてみませんか?

    「冬に剪定するのは面倒だ…」という方も、「剪定が正しくできるか心配」という方も、まずは一度お見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか?

     

    お庭110番では、無料で見積もりでき、相談も無料でお気軽にしていただけるので、まだ業者にまかせるかは決めていないというような方でも安心してお電話いただけます。お見積もり後のキャンセルも可能で、見積もりを確定した後は追加料金は一切かかりません。「業者に剪定してもらうのもいいかも…」と思ったら、24時間いつでもご連絡ください。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    もみじ剪定の時期と方法!うまく育てていくコツとは?

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    目次

     

    もみじは剪定する時期に要注意!希望別もみじの剪定方法とは?

    庭木でもみじを育てている方にとって、楽しみなのは毎年の紅葉ではないでしょうか?秋になると鮮やかな色を見せてくれるもみじは、大切に育てたいものです。お庭に適した大きさの状態で楽しむために、剪定が必要になります。まずは、剪定をする時期の基本を紹介していきます。はじめて剪定をする場合は、あらかじめ確認しておきましょう。

     

    もみじの樹形を整えたい、適度な大きさの樹木を維持したいという希望に合わせた剪定方法もまとめていきます。理想のもみじに仕上げてみたい!など、ちょっと上級者の方にとっても必見の内容です。

     

    もみじを冬に剪定する理由

    もみじを冬に剪定する理由

     

    もみじ剪定にベストな時期は、冬です。もみじは冬になると葉を落とす落葉樹です。葉が落ちると剪定すべき枝も見やすくなるので、剪定作業がしやすくなるメリットがあります。また、冬はもみじの休眠期にあたるので、剪定をするのにちょうどいいタイミングでもあります。もみじが活動しはじめる2月までに終わらすことがポイントです。

     

    春や夏に剪定したいとお思いになる方も多いようですが、あまりおすすめできません。切った以上に枝が伸びるため剪定の意味がなくなるというのが主な理由です。成長をおさえるためには、新芽を間引く必要が出てきます。樹勢が強いというもみじの特徴を考えると、効率よく剪定するには冬が適しているということが分かります。

     

    もみじの樹形や大きさを整えるための剪定方法

    もみじを剪定する方法は、ひとつではありません。希望に合わせて、剪定方法を選びましょう。

     

    ・樹形を整えたいときの剪定方法
    冬の剪定では、樹形を整える剪定が必要です。樹勢が強いもみじが眠っているこの時期は、強剪定をする絶好のチャンスになります。太い枝を少し残して、細い枝で樹形を作っていくように剪定するのがポイントです。枝をどんどん伸ばす夏に備えて、込み入った枝をすき、枝と枝との空間を空けておくことも大切です。

     

    ・適切な大きさを保ちたいときの剪定方法
    冬の枝の剪定時に一工夫を加えます。まず枝が分岐している場所を探します。そして長い枝を元から剪定していきます。毎年この剪定を行うことで、お庭の大きさに適したもみじを維持することができます。

     

    ・夏場にどうしても剪定したいときは?
    もみじの状態がどうしても気になる場合のみ、真夏を避けて弱い剪定をします。強剪定をすると、勢いよく枝が成長してくるのでさらに樹形が乱れてしまうこともあります。この時期は樹形を整えるよりも、日当たり・風の抜にくさを改善する程度の剪定にとどめます。細かい枝を手で除いていきましょう。

     

    もみじ剪定の加減がわからない…業者にまかせて紅葉を確実に楽しむ!

    もみじ剪定をするには時期が大切で、剪定方法は時期によって加減が違い、希望に応じて剪定方法を変えられるということを説明しました。もみじの剪定は基本をおさえれば自分で行うことも可能です。しかし、もみじ剪定で必要なのは、適度な加減。

     

    加減が分からない、強すぎる剪定をしてもみじを枯らせてしまったらどうしよう…このようなときは、業者にまかせると安心です。「毎年の紅葉を楽しみにしている」「もみじを庭のシンボルにしている」そのような場合は、まず相談してみるのもいいでしょう。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    もみじをうまく育てるために!剪定のコツや病気について

    もみじの剪定を間違えるとどのようなリスクがあるのか。自分で剪定を行う場合はこの点を十分に理解したうえで、進めていくことが必要です。剪定に失敗すると、樹形に影響が出るばかりでなく、もみじ自体を枯らしてしまうことにも繋がります。

     

    大切なもみじを守るために、失敗しないコツや病気になったときの対処などを確認していきましょう。また、もみじにとって大切なお手入れについても取り上げます。 もみじをうまく育てていきたい!という方は、ひとつひとつチェックしていきましょう。

     

    もみじ剪定に失敗するとこんなことに…

    もみじ剪定に失敗するとこんなことに…

     

    もみじの剪定を初めて行う場合や慣れていないときは、失敗してしまうことも珍しくはありません。もみじ剪定を自分で行ってみようと考えている方は、一度失敗したときのリスクについて知っておく必要があります。考えられるリスクを以下に挙げていきます。

     

    • ・思っていた樹形に仕上がらない

    • ・もみじが一部、または全体的に枯れてしまう

    • ・もみじが病気になってしまう

     

    理想の樹形に仕上がらないばかりか、もみじそのものの生命に関わってくることもあります。自分で剪定をするときは、このようなリスクが少なからずあることを頭にいれておきましょう。

     

    上手に剪定して病気や失敗を防ぐ!必要なお手入れは?

    剪定のリスクを最小限にするためには、何に気をつけたらいいでしょうか?剪定で失敗しないコツを見ていきます。元気なもみじを維持するために、必要な手入れ、病気になってしまったときの対処も確認していきます。

     

    ▼剪定で失敗しないコツ
    「剪定時期を守ること」「強すぎる剪定を一度にしないこと」がコツです。剪定時期を間違えて強剪定を行うことはよくありません。とくにもみじが活動しはじめる2月以降に剪定をすると、切り口から水分が出てきて枯れに繋がります。強剪定をすればそのダメージはより大きくなるでしょう。強すぎる剪定も枯れの原因になるので、様子を見ながら少しずつ行った方が無難です。

     

    ▼もみじが病気になったときの症状、対処について
    もみじの病気として気を付けたいもののひとつが「うどんこ病」です。この病気にかかると、もみじの葉にうどん粉のようなカビが出てきます。放置すると木全体に被害が及んでしまうので、早めの対処が必要になります。葉に水をかける、被害に遭った葉を取り除くといった簡単な対処で改善されることもあります。

     

    ▼もみじの水やりは必須のお手入れ
    もみじは毎日の水やりが必須です。乾燥した土を好まないため、1日1回の水やりを行います。ただし水分が蒸発しやすい夏は朝晩の2回、必要になります。冬は1日1回ではなく、様子を見ながら行いましょう。

     

    もみじの剪定が面倒くさいと思ったときは・・・

    剪定方法やコツをおさえても、もみじの特徴を知ると「剪定が面倒くさい…」と感じる方も多いと思います。その理由は大きく2つあります。

     

    • ・風通しが悪くなるなどが原因で、もみじが自発的に枯れこむことがある

    • ・切らなければ大きくなって大変、逆に小さくするために切ればさらに茂るためもみじ剪定には終わりがない

     

    もみじはほとんど剪定をしない方が良いという考え方もありますが、樹勢が強いもみじの剪定を放置してお庭で育てていくには限界があります。お庭の大きさに合わせたもみじにするためにも剪定が大切になってきます。ただし切れば切るほど枝が伸びてくるので、もみじ剪定の終わりのなさにうんざりしてしまうこともあるでしょう。年に一度の剪定ならば、業者にまかせておいた方が楽です。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    もみじの剪定を依頼したときの料金

    もみじの剪定に不安を感じるとき、手間をなくしたいと考えるときは業者にまかせて安心です。しかし、料金に関してはなかなか安心できないかもしれません。依頼前にしっかりと納得したうえで、施工を進めていくことが大切になります。

     

    ここでは、もみじの剪定料金や、見積もりをとるメリットなど「お金」に関することを中心にまとめていきます。依頼はしたいけど、お金の問題が引っかかる…というときは、一度目を通してみてください。

     

    業者によって変わるもみじの剪定料金

    業者によって変わるもみじの剪定料金

     

    もみじの剪定料金は各業者によって設定されますが、設定方法は主に2パターンあるので確認しておきましょう。

     

    • ・職人一人あたりの料金

    • ・木1本あたりの料金

     

    職人一人あたりで設定される場合は、職人の人数や作業時間によって料金が上下します。木1本あたりの料金は、もみじの木の本数や高さによって料金が変わってきます。どちらのタイプの業者に頼むかによって料金が大きく変わることもあるので、見積もりをとって比較してみるのもいいでしょう。その他、オプション、主張料、処分費がかかることもあるので、依頼前に要チェックです。

     

    まずは見積もりから始めてみよう

    数ある剪定業者から、一つの業者に絞るのはなかなか大変なことです。そこで、見積もりをうまく活用することをおすすめします。業者のなかには、剪定にかかる料金を無料で見積もってくれる業者があります。

     

    まずはそういった業者を探してみて、見積もりを検討してみましょう。見積もり時に現地の庭を調査してしっかりと見積もりを出してくれる業者であれば、その際に直接いろんなことが聞けます。疑問点や不安な点などはこれを機に解消しておくこともできるでしょう。また、実際に顔を合わせることでどんな業者さんが来るのかといった、雰囲気をつかむことができます。

     

    このように、見積もりをとることは単に料金を知るためだけでなく、不安な点を一掃したり、業者の雰囲気をつかんだりするためにも有効です。依頼する際には、見積もりからはじめてみましょう。

     

    もみじ剪定は大きくなってしまう前に!まずは相談だけでもしてみませんか?

    業者に剪定を依頼する場合は、コストをできるだけおさえたいものです。もみじが成長してしまうと剪定の手間だけでなく、費用も増える可能性があります。そこで早めに相談だけでもしてみることをおすすめします。

     

    お庭110番では、皆様がお気軽に相談・ご検討いただけるようにさまざまなサービスを展開中です。ご相談が無料なのはもちろん、調査や見積もりも無料で対応することが可能です。見積もり後でもキャンセル可能、見積もり確定後の追加料金は発生しないので、見積もりをしてからじっくりと考えることもできます。まずは相談だけ…というご要望も遠慮なくお申し付けください。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    オリーブ剪定の方法や時期、育て方…全部まとめます

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    目次

     

    オリーブを育てるために必要な作業は?オリーブの育て方、剪定時期について

    オリーブを育てていくためには、さまざまな作業が必要になります。水やりや肥料やりなどのほかには、何をすべきでしょうか?ここでは、オリーブの育て方を簡単に紹介していきます。必要な作業を理解し、育成に役立てましょう。

     

    また剪定をする場合の適期についても確認していきます。樹形を整えたいというときは、ある時期に行うことがポイントになります。1年のうち数か月のチャンスになるので、見逃さないようにしましょう。

     

    オリーブの上手な育て方とは?何をすべきかまとめます

    オリーブの上手な育て方とは?何をすべきかまとめます

     

    オリーブを育てるためには、たくさんの手入れが必要になります。上手に育てるために何をすべきかを確認しておきましょう。

     

    ▼水、肥料やり

    オリーブに限らず、植物を育てるために大切なことです。しかし、オリーブに関してはやりすぎは禁物です。やや乾燥した土を好むので、初夏から秋にかけて水やりを行う程度で育ちます。その他の時期は、乾きすぎないように注意する必要はあります。肥料は、植え付けの際をはじめ、3・6月、9~10月の間の計3回与えます。

     

    ▼さし木

    オリーブを増やしたい場合は、さし木を行います。さし木の方法はいくつかありますが、比較的簡単なのは「太枝さし」という方法です。直径5センチ、長さ30センチの大きめの枝先が1センチほど地面から顔を出すように埋めます。あとはその場所に水をたっぷりと与えて、新芽がでてくるのを2か月ほど待つだけです。

     

    ▼摘果

    オリーブは生理落下といって、自発的に実を落とす特徴をもっています。これが終わるころ、7月中旬~8月中旬に摘果を行います。オリーブ1個に対し、葉が10枚になるようにするのが目安になります。摘果は、より大きく美味しいオリーブにするために必要です。

     

    このようにオリーブには、さまざまなお手入れが必要になります。これら以外にも細かな作業が必要になることもありますが、忘れてはいけないのが剪定です。樹形を整えて病害虫を予防する効果があるので、オリーブのためにも剪定が必要です。

     

    オリーブ剪定をする時期は「休眠中」が狙い目!

    強い剪定は、1月から3月上旬の間に行います。この寒い時期にオリーブの剪定を行うのには、理由があります。

     

    ・オリーブが休眠中のため
    ・春の成長前に剪定を行うことで、オリーブにかかる負担が減る

     

    オリーブにとって優しい時期に行うということがポイントになります。その他、必要ない枝を剪定したいときは、3~4月の間に間引くこともできます。ただし、切り戻し剪定をすると、果実の付きに影響がでる場合があるので注意しましょう。

     

    自分でできる手入れ、業者に依頼する手入れを分けて考えてみる

    オリーブを育てていくためには、たくさんの手間がかかります。手間をかけた分、美味しい実が楽しみになるという醍醐味もありますが、オリーブの状況や本数によってはすべて自分だけで手入れするのは困難な場合があります。

     

    水やりなど簡単にできることは自分で、実の付きに影響する剪定などは業者にまかせるなど、使い分けをするのも一つの方法になります。また、剪定時期は寒さ厳しい時期になります。外での剪定が辛い…というときも業者が頼りになるはずです。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    オリーブの剪定方法とポイントをまとめます。害虫被害にあったときはどうする?

    オリーブの剪定をするときには、きちんと下調べをすることが大切です。剪定を失敗しないように、またオリーブのためにも剪定方法の基本とポイントをおさえておきましょう。ここでは、オリーブの剪定前に確認すること・剪定方法を中心にまとめていきます。

     

    また、オリーブに被害を与える害虫の特徴や、被害に遭ったときの剪定方法なども紹介していきます。

     

    オリーブ剪定のやり方と目指す樹形とは?剪定前におさえておきたいポイント

    オリーブ剪定のやり方と目指す樹形とは?剪定前におさえておきたいポイント

     

    ■剪定前の確認事項

    オリーブ剪定の前に、理想の樹形について確認しておきましょう。オリーブは、縦長・楕円形の樹形が最適といわれています。ただしこれは日本で多く流通しているオリーブにあてはまるものです。イタリア産の「ルッカ」など、オリーブの種類によっては枝が放射状に伸びている形が理想になることもあります。理想樹形を知るためには、まずオリーブの品種を確認する必要があります。

     

    ■オリーブの剪定の仕方

    オリーブ剪定は大きな枝の剪定→不要な枝を切るという順番で行います。強剪定をする時期(1月~3月上旬)は大きな枝の剪定、3~4月は不要な枝を剪定するというやや細かい作業を行います。

     

    大きな枝の剪定では、理想な樹形にするための強剪定と間引き剪定を行います。大きな枝を切った後は、癒合剤を塗ることを忘れないようにします。

     

    3~4月の剪定では、枝数の調節を行います。剪定すべき枝は、同じ枝から平行に伸びている枝、込み合っている枝、幹の方に向いている枝、突発枝などの不要なものです。ポイントはいずれも根元から切ることです。

     

    オリーブを狙ってくる害虫と被害…対処するには?

    オリーブに付きやすい害虫は、以下のようなものがあります。順に確認していきましょう。

     

    ▼オリーブアナアキゾウムシ

    オリーブに害を与える代表的な害虫です。木の根元に木くずが落ちているとき、樹皮にかさぶたのようなものがみられる場合は、被害に遭っている可能性があります。幹の内側が食べられる、枯れてしまうという症状が出るため、早めに対処しておく必要があります。

     

    ▼コガネムシ

    コガネムシは根にダメージを与えてきます。根を食べられるのが、コガネムシ被害の特徴です。見た目には気づきにくいため発見が遅れることもありますが、木の元気がなさそうなときはコガネムシが原因になっていることがあります。とくに鉢植えのオリーブの場合は要注意です。

     

    これらの害虫には剪定や殺虫剤の散布が有効的です。殺虫剤は木の幹に散布することで、オリーブアナアキゾウムシの駆除になります。根がコガネムシに食べられて弱っているときは、葉の量を減らす剪定を行います。枯れている枝は取る、枝を短く切り戻すという作業も行うことで、オリーブの回復を待ちましょう。

     

    オリーブの剪定は業者におまかせ!健康的できれいなオリーブを育てましょう

    オリーブの剪定を依頼するためには、まずは業者にコンタクトを取ることからはじめます。当たり前のことかもしれませんが、具体的な金額を知りたい、安心してまかせられるか見極めたいというときには、それが一番手っ取り早いでしょう。

     

    お庭110番は、無料の現地調査や見積もり、見積もり後のキャンセル可能なので、気軽にコンタクトを取ることができます。見積もりだけ知りたい、とりあえず相談だけしたい、相談や見積もりにお金がかからないか不安…といったときでも安心してご利用ください。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    柿の剪定方法は?理想の柿に仕上げるためのポイント

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    柿剪定の基本からおさえましょう!適切な時期や基本的なお手入れ方法

    柿の木を植えている方は、美味しい柿の実を食べることを楽しみにしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?せっかく育てていくのであれば、美味しい実が生るようにしたいもの。

     

    ここでは実を確実に楽しむために、正しい剪定の基本、時期をはじめ、摘蕾など柿に大切な手入れについてお伝えしていきます。美味しい実が生るようにするには、基本をしっかりとおさえておくことが重要です。

     

    柿剪定に適した時期にはきちんと理由があります

    柿剪定に適した時期にはきちんと理由があります

     

    柿の剪定は、11月から3月の間に行います。少し開きがあるように感じますが、これはその地域の気候によって、誤差が生じるためです。剪定は秋から冬にかけて…ということになりますが、この寒い時期に行うには理由があります。

     

    • ・柿の木が休眠に入るため
    • ・樹勢を落とす心配がないため

     

    柿の木の葉が落ちたあとに剪定をすると、枝の様子がよくなるので剪定しやすくなるというメリットがあります。また、葉がついている時期に剪定を行うと樹勢を落とす原因になることがあります。そこで葉のない時期に行うことで、樹勢が落ちてしまう心配をなくすことができます。

     

    柿を育てるなら知っておきたい!剪定、摘蕾、摘果の基本

    ▼柿の剪定

    「前の年の枝から新しい枝を伸ばし、そこに実ができる」この柿の特性を理解したうえで剪定を行うことで、実の付きも保証されるでしょう。剪定では、完成の樹形をイメージすることから始めます。そして要らない枝、内側に伸びた枝、伸びすぎた枝を切っていきます。枝を切りすぎると実の付きが悪くなることがあります。やりすぎないことが大切です。

     

    ▼柿の摘蕾

    1本の枝の中ほどにある2つの蕾を残し、残りの蕾を摘んでしまうのが摘蕾です。蕾が膨らんできたなと思ったら、蕾を指で押して取り除きましょう。摘蕾を行うことで、必要な実に栄養分がしっかりといきわたるようになります。果実がよりおいしくなるために重要な作業です。

     

    ▼柿の摘果

    悪い実を取り除く作業です。6月下旬ごろに、柿は自然に果実を落下させます。これを生理落下といいます。摘果は、生理落下が終わり次第行いましょう。ポイントは、1本の枝に1~2個残すことです。また、害虫の被害にあっているもの、変色したものなど状態の悪い実も摘果することが大切です。

     

    絶対おいしい実を楽しみたい!柿の剪定は業者にまかせて安心

    柿を育てるにあたって、実を収穫するまでが楽しみの一つです。実を楽しむためには、適切な時期に正しく剪定することが大切です。さらに、美味しい実を収穫するためには、柿の剪定の他、摘蕾、摘果もする必要があります。

     

    手間が多いといえる柿のお手入れ。摘蕾は自分で出来そう、摘果は自分でやってみたい!という方も、剪定だけでも業者にまかせてみるといいでしょう。手間が省けるほか、誤った剪定で実が付かなくこともなくなります。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    実の数を調節したいときも剪定が有効?柿の状態にあわせた剪定方法

    柿の剪定は基本のやり方がありますが、美味しい実を育てるためにはこれだけでは不十分かもしれません。じつは、柿の状態によって剪定方法が変わります。

     

    「柿をどうしたいか」によって、適切な剪定方法が異なります。美味しい実をつけたい、樹形をきれいに整えたい!といった細かな希望は、剪定方法に一工夫を加えましょう。剪定方法とポイントを紹介していきます。

     

    目的別!柿剪定の方法をまとめます

    目的別!柿剪定の方法をまとめます

     

    柿の剪定では、ご自身の希望に応じて剪定方法を変えることができます。4つの目的別に、それぞれ適した剪定方法を見ていきましょう。

     

    【実の数の調節をしたいとき】

    柿の実が多すぎる場合は、栄養が行きわたらなくなります。そこで、ある程度実の数を調節する必要が出てきます。枝の先端を切ることで、余計な実付きを防ぐことができます。前の年の枝から新しい枝を伸ばし、そこに実をつけるという柿の特徴を生かした剪定です。ただし、切りすぎには注意します。

     

    【樹形を整えたいとき】

    柿は枝を高く、高く伸ばす特徴があります。樹形を整えるには、主幹を切り落とすことが大切です。樹形を整えるときは、比較的大きな枝を切ってしまうということを覚えておきましょう。枝が左右に広がるように、樹高が低くなるように仕立てるのがポイントです。

     

    【日当たりをよくしたいとき】

    透かし剪定を行います。枝の間隔が空くように、余分な枝を根本から切り落とします。枝の密度が減ることで、実が傷ついたり、葉の付きのバランスが悪くなったりといったトラブルを防ぐことができます。きれいな実をつけたい場合は、とくに必要な作業です。

     

    【実の付きをよくしたい】

    不要な枝を切り落とすことが大切です。具体的には、内向きに生えている枝、木の高い箇所にある枝が対象です。高い箇所にある枝を切り、横に枝を伸ばしていく樹形に整えていくことは、実の付きに影響します。作業時には、実をつける枝を切り落としすぎないように注意しましょう。

     

    若木と成木では剪定方法が異なります

    柿の木には、若木と成木があります。その名の通り、若い木が若木、大人の木は成木を指します。若木、成木の特徴はそれぞれ異なるため、それに応じた剪定を行うことが必要です。ポイントを確認していきましょう。

     

    ▼若木を剪定するときのポイント

    • ・強剪定ではなく、弱剪定を行う
    • ・木の内部まで日が当たるように剪定する
    • ・主枝と亜主枝の先端に多くの枝が残らないようにする

     

    ▼成木を剪定するときのポイント

    • ・樹勢を維持することを心がける
    • ・成木と若木がある場合は、健康な成木を優先に剪定する
    • ・花芽が多く付いた年は、結果母枝の先端を1~2芽取り除く

     

    柿の木は、枝が横に伸びていくような樹形が理想になります。最終的に理想の樹形に近づけるように剪定をすることを意識しましょう。樹形を整えることで、見た目の美しさだけでなく、甘い実が育つ、収穫が楽になるというメリットがあります。

     

    柿の剪定をするときは、まずは剪定のプロにご希望をお伝えください

    柿の剪定をする場合は、基本に基づいた剪定をすることが前提です。しかし、柿をどうしたいか、実をつけたいのか、病気を防ぎたいのか…など希望によって剪定を工夫することもできます。剪定の仕方によって、実の付きや美味しさに影響することもあるので、慎重に行うことが大切です。

     

    自分で行うという選択もありますが、業者にまかせてみるというのも一つの方法です。具体的な希望を業者に伝えることで、より理想の柿に近づけることも可能でしょう。まずは業者から話を聞いてみてはいかがでしょうか?

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    柿の剪定にかかる料金はどれくらい?気になる「お金のこと」まとめます

    柿の剪定を業者にまかせることで、手間が減る、柿の実を守ることができるといったメリットがあります。メリットがあるとはいえ、料金について気になる…という方も大勢いらっしゃることでしょう。

     

    ここでは柿の剪定で発生する「お金」に焦点を当てます。剪定料金はどう決まるのか、料金をおさえるために重要な業者選びのポイントなどをまとめていきます。剪定業者に依頼する前に確認しておきましょう。

     

    柿の剪定でかかる料金はどう決定する?

    柿の剪定でかかる料金はどう決定する?

     

    柿の剪定でかかる料金は業者によって変わります。差が生まれる原因の一つが、料金の設定方法によるものです。大きく2つの料金設定があります。

     

    ・職人さん単位の計算

    職人さんの人件費と考えると分かりやすいです。職人さんの人数、対応時間などによって料金が変動します。作業時間によって変わるというのは、職人さんの腕によって左右されることでもあるので、業者選びの際に尋ねておくのもいいでしょう。

     

    ・柿の木に対する計算

    柿の木に対して料金が決められます。木の種類、本数や高さによって料金が計算されます。あくまで木に対しての料金なので、時間がかかったからといって料金が増すことはありません。比較的わかりやすい料金設定といえるでしょう。

     

    柿の剪定を安心してまかせるために…優良な剪定業者の探し方

    安心してまかせるには、信頼できる業者選びが必須です。良い剪定業者を見分けるために、以下の項目を確認しましょう。

     

    • ☑見積もりは適切か
    • ☑わかりやすい料金提示があるか
    • ☑不明な点はすべて説明してくれるか
    • ☑柿の木1本から対応してくれるか
    • ☑説明のないまま料金が追加されないか
    • ☑地域に密着した業者であるか

     

    柿の剪定を業者に依頼する前には、これらのことをチェックして安心してまかせられる業者なのかを判断しましょう。まずは直接業者と話してみるのもいいでしょう。良心的な価格で丁寧に施工してくれる良い業者を見つけることが、結果的にコストを抑えることにもつながります。

     

    柿剪定の具体的な金額を知りたい!まずはお見積りからはじめてみませんか?

    柿の剪定をするときには、業者によって料金設定の違いがあります。そのため料金の目安を知ることは出来ても、具体的な金額を知るのはなかなか容易ではありません。そこで役に立つのが見積もりです。お庭110番でも、見積もりのご依頼をいつでも受付けています。

     

    「無料の現地調査と見積もり、見積もり確定後の追加料金なし、見積もり後のキャンセル可能」なので、どなたにも安心してご利用していただける体制が整っています。柿剪定の具体的な金額を知りたい、見積もりのためにお金をかけたくないという方は、まずは無料かつ気軽にできる相談を検討してみませんか?

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    目次

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    シマトネリコ剪定コツ!樹形や株立ちの整え方

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    シマトネリコの特徴を一挙公開!シマトネリコの剪定に適している時期

    シマトネリコは、自宅の庭やカフェの前などでよく見かける身近な樹木で、観葉植物としても親しまれています。ここでは、シマトネリコ剪定をする前におさえておきたい情報をまとめていきます。シマトネリコの特徴を理解しておくことで、剪定をする意味が見えてきます。 剪定に適した時期も合わせて確認し、剪定作業をする際に役立ててみましょう。

     

    まずはシマトネリコの特徴を理解して剪定に役立てましょう

    まずはシマトネリコの特徴を理解して剪定に役立てましょう

     

    シマトネリコの剪定をする前に、まずはシマトネリコの特徴をおさえておくことが大切です。特徴を理解したうえで、シマトネリコに合った剪定をしていきましょう。シマトネリコの特徴をいくつか挙げていきます。

     

    ▼概要

    シマトネリコは常緑の木です。1年中緑を楽しむことができる、丈夫で寒さや暑さに対応できるという育てやすさが魅力です。そのため、家や店舗などで庭木として取り入れられている様子をよく見かけます。育てることに慣れていない方でも、比較的扱いやすいと言えるでしょう。

     

    ▼成長が早い

    シマトネリコは成長が早いことで有名な木です。枝や葉がどんどん茂っていくと、見た目が損なわれてしまいます。放置すると、自分での剪定が難しい高さに達することもあります。定期的な剪定は、シマトネリコだからこそ怠ってはいけません。

     

    ▼特定の害虫に注意

    シマトネリコは丈夫な木なので虫にも強いといわれていますが、特定の害虫には注意しなくてはいけません。ハマキムシがその例です。ハマキムシはシマトネリコの葉を巻いて住み着きます。年に何回か発生するので、手入れを怠らないことが大切です。

     

    シマトネリコの剪定に向いている時期とポイント

    見た目を整える剪定なのか、花を咲かせるための剪定なのか、これによって最適な剪定時期が異なります。まず見た目を整える剪定をするときは、3~4月上旬、6~7月上旬、9~10月上旬が最適です。ポイントは、シマトネリコが枝を生やしやすい時期に行うということです。

     

    ただし、花を咲かせるための剪定をするときは、ある時期を避けなくてはいけません。開花前の剪定はリスクが高いので、6~7月に行うのは避けた方が無難です。地域の気候によって、若干誤差が生まれることがあるため注意しておきましょう。

     

    シマトネリコの特徴を知り尽くした業者に頼るのもおすすめ!

    シマトネリコの特徴のひとつが、丈夫で育てやすいということです。このため、自宅の庭、玄関先などに取り入れている方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか?しかし丈夫な分、生命力が強く、成長が早いため剪定が必須の作業になります。ほかにも、剪定をして風を通すことで害虫予防にもなるので、剪定をする意味は大きいです。

     

    気づいたら大きくなってしまった、手が届かない箇所がある・・・。このようなシマトネリコを所有されている方は、一度剪定業者に相談してみるといいでしょう。高所での作業は危険を伴います。シマトネリコに詳しい剪定業者に依頼すると安心です。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    シマトネリコ剪定の基本をおさらい!株立ちのお手入れもおさえましょう

    シマトネリコは丈夫であるがゆえ、剪定は適当に行っても大丈夫とお思いの方はいらっしゃいませんか?しかし、木も生きています。シマトネリコに合った剪定をしてあげることが大切といえるでしょう。ここでは、シマトネリコ剪定についての基本を確認していきます。剪定で必要なもの、基本の剪定方法を見ていきましょう。また、シマトネリコに必要な株立ちの整え方についてもまとめていきます。

     

    シマトネリコ剪定で必要なものと基本の剪定方法

    シマトネリコ剪定で必要なものと基本の剪定方法

     

    ■剪定に必要な道具

    剪定ばさみと癒合剤は必須のアイテムです。剪定ばさみは、ご自宅で普段から使っているハサミで代用する方も少なくありませんが、これはあまりおすすめできるものではありません。効率の良さを考えたら、剪定用のハサミを使うのが一番です。シマトネリコの剪定に適したハサミを用意しましょう。癒合剤は剪定後に必須のアイテムです。大きな枝の切り口に塗ります。こちらも墨汁やろうそくで代用する手もありますが、効果の持続性を考えると市販のものを用意した方が安心です。

     

    ■シマトネリコ剪定の基本

    シマトネリコの剪定に失敗してしまわないよう、まずは剪定の基本をおさらいします。基本の剪定手順を確認していきましょう。

     

    • 1.主幹になる枝の先を1本に絞ったあと、不要な枝を除いていく
    • 2.シマトネリコの樹形、枝の勢いを整える
    • 3.大きな枝を切った場合は、切り口に癒合剤を塗る

     

    この3つが基本になります。不要な枝とは、古いものや太すぎる、伸びすぎているもののほか、下や内などの変な方向に生えている枝を指します。シマトネリコの理想樹形は楕円形です。切ったあとの枝先がそのまま樹形ラインになるので、最後の仕上げまで慎重に行うことが大切です。また、なかには樹高を高くしたいという場合もあるでしょう。その場合は、新芽を剪定することで、成長を促すことができます。

     

    シマトネリコのきれいな株立ちの作り方

    株立ちとは、一つの根から複数の茎が立ち上がっていることを指します。シマトネリコに見られるものです。シマトネリコをきれいにするためには、この株立ちのお手入れも必要になります。

     

    株立ちを整えるために、まずはシマトネリコを真上からのぞいてみてください。中心の幹を見定めたら、それを中心に周りの幹が構成されるように整えていきます。また、このときに、内側に向かうなど中心の幹を邪魔するような枝、幹の生え際に生えている枝は取り除いておきましょう。株立ちを整えるには、様子を見ながら少しずつ行うことがポイントです。手入れの時期は、12月中が目安になります。

     

    理想のシマトネリコを作り上げるにはどうしたらいい?

    シマトネリコの剪定は基本をおさえれば、自分で対処することも可能です。しかし、シマトネリコが大きいなど状況によっては手間になることもあります。シンボルツリーとして活用している場合は、どうしても見た目が重要になります。美しい見た目のためには、株立ちを整える作業も必要です。

     

    家の前や店舗の前など、目立つ場所に植えられることの多いシマトネリコ。お庭の第一印象を決めるともいえますので、きれいな形に仕上げられれば好印象を与えられるでしょう。理想のシマトネリコにするために、業者にまかせてみるのも方法の一つです。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    シマトネリコの剪定を依頼したときの料金

    シマトネリコの剪定には、いったいどれくらいの料金がかかるのでしょうか?剪定業者は数多く存在しますが、それぞれ料金設定が異なります。じつは、その計算方法は大きく2つに分かれます。料金設定によってかかるコストが大きく変わることもあるので、業者選びの際は確認するようにしましょう。

     

    業者選びを迷ってしまう、初めての剪定依頼でどこにまかせたらいいのかわからないというときは、業者を見極めるポイントをおさえておきましょう。

     

    シマトネリコの剪定でかかる費用とは?

    シマトネリコの剪定でかかる費用とは?

     

    シマトネリコの剪定を依頼する場合は、各業者のホームページで料金を確認することも多いでしょう。業者によって料金の基準や示し方が違うと気づかれた方も多いかもしれません。剪定でかかる料金は、主に2つのパターンで決まります。

     

    ・シマトネリコの状態によって金額が決まるパターン

    シマトネリコの高さや本数によって、料金が決まる計算方法です。木が大きいほど料金が上がる傾向にあるので、成長が早いシマトネリコは放置しないことが大切です。

     

    ・職人さん単位で金額が決まるパターン

    対応してくれる職人さんの人数や作業時間によって、料金が決まる計算方法です。人件費と考えるとわかりやすいでしょう。

     

    その他、業者によっては別途料金がかかることもあります。木の処分費、出張費などがこれに当てはまります。依頼をする際は、見積もり書などによく目を通すようにしましょう。

     

    シマトネリコの剪定はどこに依頼するのが正解?信頼できる業者の見つけ方

    信頼できる優良業者に依頼することで、的確な作業の完了だけでなく、適正な料金での施工が望めます。余計なコストをかけないためにも、しっかりと業者を見極めることが大切です。6つのポイントを紹介します。

     

    • ・わかりやすい料金提示があるか
    • ・見積もりは適切か
    • ・見積もり後に追加料金が発生しないか
    • ・シマトネリコ1本から対応してくれるか
    • ・対応は親切・丁寧か
    • ・地域に特化した業者であるか

     

    このようなポイントをよくチェックして、依頼する業者を決定しましょう。

     

    シマトネリコの剪定をご検討の方は、まずはお見積りからはじめてみませんか?

    シマトネリコの剪定を業者に依頼する時には、料金も決め手のひとつになります。具体的な料金を知ってから施工を依頼したい、と思っている方は多いことでしょう。具体的な料金を確認するためにも、見積りを活用してみませんか?

     

    まだ施工を確定したわけではない、たくさん悩んでから決めていきたい…。このようにお考えの方も、気軽に見積りができるよう、3つのサービスを提供しています。「無料の現地調査と見積り」「見積り後でもキャンセル可能」「見積り確定後の追加料金なし」ぜひ、お見積りをご活用ください!

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    目次

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    バラ剪定の基本はこれ!適期やシュートの剪定とは?

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    バラの剪定の時期と剪定方法のキホンを確認!品種別によって剪定時期は違う?

    バラには、剪定時期や方法がさまざまあります。バラにはさまざまな品種、イメージする樹形が数多くあるため、それに沿った剪定方法や時期が設けられているからです。どの剪定方法で行ったらいいかわからない、バラの正しい剪定方法を知りたいというときは、まずは基本を見ていきましょう。夏剪定と冬剪定の知識を提示したうえで、品種別に適切な剪定時期についてまとめていきます。

     

    まずはバラ剪定の基本をチェック!夏と冬の剪定時期とやり方

    まずはバラ剪定の基本をチェック!夏と冬の剪定時期とやり方

     

    バラの剪定の基本として、夏剪定と冬剪定について知っておくことが大切です。それぞれの内容を紹介していきます。

     

    ・夏剪定

    9月の上旬、夏の終わりに行う剪定です。対象は四季咲きのバラで、夏剪定をすることで秋にきれいな花を咲かせることができます。切る場所は外芽の上です。新しい芽を切り落とさないこと、剪定をしすぎないことがポイントです。

     

    ・冬剪定

    夏剪定が秋の開花に向けて行うのに対し、冬剪定は春の開花に向けて、2月に行います。作業前に葉が残っている場合は、作業をする1~2週間前にすべての葉を取っておきます。つるバラの場合は、時期が若干早くなります。12月下旬から1月上旬が適期です。品種にもよりますが、思い切った剪定が必要です。傷んでいる枝や枯れている枝など、不要な枝も切ってしまうと同時に株の形を整えていく作業です。

     

    品種別にみるバラの剪定に適した時期

    バラの品種を大きく3つに分けて、剪定に適した時期について確認していきます。

     

    ■ハイブリッド・ティーの剪定時期

    ハイブリッド・ティーとは、冬以外の時期に花を楽しむことのできる四季咲きのバラです。バラの花が大きく、バラが目立つ、そして色彩豊かなのが特徴になります。12月以降、バラが休眠に入ったら、高さを整える、枯れた枝を剪定するといった簡単な剪定を行います。そして、新芽に動きがでる前(おおよそ2月中旬まで)に本格的な剪定を行います。不要な枝を取り除くほか、シュートが十分に充実している場合は古い枝を根本から切り落とします。

     

    夏剪定は、8月下旬から9月初旬にかけて行います。フロリバンダ、ミニチュアに関してもほぼ同様ですが、品種によって剪定方法や剪定の加減が異なってきます。

     

     

    ■オールドローズの剪定時期

    オールドローズとは、原種同様、西洋に古くから親しまれるバラのことを指します。香りと優雅な形が特徴です。オールドローズには、一季咲きと四季咲きに分かれます。

     

    一季咲きのバラを夏に剪定するときは、8月下旬ごろに行います。日当たりをよくする、樹形を整える効果があります。冬剪定は、おもに枝と株の整理になります。1月から2月初旬に行うのが望ましいとされています。四季咲きのバラの剪定時期は、ハイブリッド・ティーと同じです。剪定方法の加減は異なるので注意しましょう。

     

     

    ■つるバラの剪定時期

    つるバラの冬剪定は、12月下旬から1月上旬が適期です。ハイブリッド・ティーのバラと同じ時期に剪定すると、寒くなりすぎているため枝が固くなってしまうことがあるからです。夏剪定は、四季咲きの場合は行いません。ただし、一季咲きのつるバラに関しては、7月から8月に剪定します。

     

    このように、バラの品種によって剪定時期が異なります。ご自宅のバラに合わせた剪定を心がけましょう。

     

    バラの剪定って難しい…?不安に感じるとき、理想のバラに仕上げたいときはプロに相談してみましょう

    バラの剪定は、夏と冬に剪定を行うことが基本ですが、品種によって適期が細かく分かれています。バラの種類に合わせた剪定が必要といえそうです。種類だけでなく、バラを植えている環境によって適期がずれてくることがあります。その地域の気候や、その年の気象状況などを考慮することも大切です。

     

    意外と難しいといえるバラの剪定時期の見極め。わからなくて不安、今年は異常気象だったから剪定時期を変えた方がいいのかな…。このようにお悩みの際は、剪定のプロまでご相談ください。

     

    また、品種に合わせたバラの剪定が難しい、家にたくさんの品種があってそれぞれの剪定方法が覚えられないというときも、業者が力になります。正しい剪定をおこなうだけでなく、業者の腕によって好みの樹形に近づける、理想のイメージに仕上げてもらうことも可能です。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    バラの剪定方法を品種別にまとめます!バラに必要なシュート剪定とは?

    バラは枝を切ることで花を咲かせるようになるので、剪定は必要な作業になります。古くなった枝は、次第に花がつきにくくなってしまいます。きれいな花をたくさん咲かせたい!というときは、剪定を正しく行うことが大切です。

     

    剪定方法には基本的なやり方のほか、種類別で剪定方法を変える必要がありますが、バラの状況にあわせた剪定も重要になってきます。ここではバラの状況別に対処の仕方を簡単に紹介していきます。また、シュートの剪定についても確認します。

     

    こんなときどうする?バラの状況、希望に合わせた剪定方法を紹介!

    こんなときどうする?バラの状況、希望に合わせた剪定方法を紹介!

     

    バラの剪定は品種によって方法を変えることも大切ですが、バラの状態やバラをどうしたいかといった希望に合わせて剪定方法を選ぶことも大切です。以下に例を挙げて紹介していきます。

     

    ・株が傷んでしまったとき

    病気や害虫などによってバラの株が傷んでしまったときは、できるだけそっとしておきたいという心理が働きますが、バラにいたっては思いきりが大切です。深く剪定をすれば、株元の根を回復することも可能です。

     

     

    ・優しいイメージに仕上げたいとき

    剪定を軽く行うことが大切です。枝の本数は残し、丈の長さを少し調節する程度の剪定にとどめておきます。バラは小さくなりますが、花数が多くなるため、咲いたときに優しいイメージになります。

     

     

    ・秋にきれいな花を咲かせたいとき

    四季咲きのバラは、秋に多くの花を咲かせます。この時期のバラをより楽しみたいときは、夏剪定がかかせません。不要な枝を取り除くことで、本当に必要な枝に栄養を送り届けることができるようになります。切る枝の位置は、品種によって異なります。

     

     

    ・つるバラの花をたくさん咲かせたいとき

    冬の剪定時に傷んだ枝など不要な枝を取るとともに、古枝も除きます。そうすると古枝のあった場所にスペースが生まれるので、元気で新しい枝を誘引することができます。

     

    バラの状態や完成形のイメージによって、剪定方法を少し工夫することで理想のバラに近づけることも可能です。具体的なバラのイメージや、バラに関して困っていることがあれば、剪定のプロに尋ねてみると解決することもあります。

     

    バラはシュートの剪定も必要です

    シュートとは、簡単にいうとバラの枝のことです。シュートのなかでも、根元から勢いよく出ているシュートは、ベーサルシュートと呼びます。品種や環境によっても変わってきますが、シュートはたっぷりの養分を蓄えているバラならどんどん伸びていきます。これを整理するのが、シュートの剪定です。シュートの剪定をすることで、花付きを良くし、なおかつ樹形を整えることができます。

     

    ミニチュア、オールドローズなど品種によっては、シュートの剪定に神経質になる必要がないものもありますが、ハイブリッド・ティーやフロリバンダなどのバラはシュートの剪定が必要になります。

     

    シュートの剪定は、バラの状態によって方法を変えなくてはいけません。まだ若いバラの場合は、株が安定していません。花を咲かせることよりも、株をしっかりと育てることに集中します。太いシュートが出た場合は、できるだけ早く強剪定をします。株が大きくなったバラの場合は、花を咲かせてからシュートを切りもどします。全体の樹形を整えるようにシュートを切り戻すことがポイントです。

     

    バラのお手入れはじつはやることだらけ?!剪定だけでも業者に依頼して手間を減らしましょう

    バラの剪定は、基本事項をおさえたうえで、バラの種類、バラの状況や希望に合わせた剪定方法を選んでいく必要があります。また、バラは手入れが常に必要です。ご紹介した剪定やシュートの手入れのみならず、マルチングや水やり、つるバラの場合は誘引などさまざまなお手入れが必要になります。

     

    このように、バラを美しく保つためにはやらなくてはいけないことがたくさんあります。その一部、剪定だけでも業者に任せてみませんか?水やりやマルチングは自分で、剪定や誘引は業者にまかせるといった使い方もあります。業者の手を借りつつ、バラを育てていくこともおすすめです!

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    バラの剪定を依頼したときの料金

    バラの剪定を業者に依頼した場合、どうしても避けられない出費。業者に依頼するときに、一番ひっかかるのが「かかる費用のこと」ではないでしょうか?ここでは、バラの剪定を依頼した場合の計算方法をはじめ、業者に依頼すべきタイミングについてまとめます。業者に依頼の電話をする前に、一度確認をしてみましょう。

     

    バラの剪定でかかる費用の計算方法

    バラの剪定でかかる費用の計算方法

     

    バラの剪定を行ってくれる業者はたくさんありますが、それぞれ料金の計算方法が違います。【職人1人あたりの計算】【バラに対しての計算】と大きく分かれているので、簡単に説明します。

     

    ・職人一人あたりの計算

    対応してくれる職人さんの人数や、作業時間によって金額が変わってきます。1時間単位での計算、1日あたりで計算することがあります。人件費と考えると分かりやすいでしょう。

     

    ・バラに対しての計算

    バラの本数や高さ、種類や作業内容によって金額が変わってきます。職人さんの人数などは関係がありません。あくまでの剪定の対象によって料金を決めていきます。

     

    バラ剪定、こんなときは依頼をしてみませんか?

    バラの剪定を業者に依頼することで手間が減り、大切なバラを維持するのに安心できます。とくにこのような状況にある場合は、一度相談してみてはいかがでしょうか?

     

    • ・人手がないとき
    • ・自分での作業が不安なとき
    • ・バラでお庭の華やかさを演出したいとき
    • ・バラの調子が悪いとき
    • ・安全にバラを楽しみたいとき

     

    作業に不安を感じるときや手間をかけたくないとき以外に、より華やかなお庭づくりをしたいとき、バラの様子がおかしいときにも業者の腕が頼りになります。

     

    バラの剪定をご検討の方は、まずは相談からはじめてみませんか?

    当サイトでは相談を無料でおこなっています。「バラのここに悩んでいる」「バラの剪定方法がいまいちよくわからないからお願いしたい」このようなときは、まずはご相談からお待ちしております。

     

    見積もりも無料でおこなっています。お客様にご納得いただいてから施工に入るため、安心してご利用いただけます。また、見積もり確定後の追加料金はなし、見積もり後のキャンセルも可能です。そのため、ご相談からお見積りまではお金の心配なく利用できるのも、魅力のひとつです。まずは相談、見積もりからというご依頼も大歓迎ですので、遠慮なくお電話ください。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    目次

    お客様情報
    ご年齢

    代・

    依頼種別

    施工エリア

    施工評価
    代・

    松剪定で知りたいこと!時期や剪定方法、料金について

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    松の剪定と適切な時期と松の種類について!きれいに松の樹形を作るコツ

    松の剪定はきれいな樹形を作るため、日当たりをよくするためなどさまざまな目的があります。剪定はきれいな松を維持するために、必須の作業といえます。ここでは、松の剪定に適した時期とその作業内容をわかりやすくまとめます。また、一般的な松の種類についても紹介していきます。「自宅にある松の種類を知らない…」という方は、一度松の種類を確認してみましょう。

     

    松の剪定に最適な時期ときれいに仕上げるコツ

    松の剪定に最適な時期ときれいに仕上げるコツ

     

    松に必要な剪定は大きく2つに分かれます。春と冬に行うお手入れが重要になるので、確認していきましょう。

     

    ■春に行う剪定は【芽摘み】と【ミドリ摘み】

    松の枝づくりには欠かせない作業になります。春先には新芽が出てくるので、それを摘むのが「芽摘み」という作業になります。芽を摘むといってもすべての芽を摘むわけではありません。全体の樹形などをよく観察して芽を摘むことで、松の樹形を整えることができます。 5月中旬から6月中旬にかけては「ミドリ摘み」を行います。立ち上がっている数本の新芽を剪定していく作業です。樹形を維持する目的があります。

     

    ■冬に行う剪定は【もみあげ】と【透かし剪定】

    「もみあげ」は、11月初旬から2月中旬にかけて行います。日当たりを好む松にとって大切な作業です。古い葉を取り除くことで、日当たりが悪くなっている松の環境を整えてあげます。

     

    一方、松の木をきれいに見せるために重要な作業が「透かし剪定」です。11月から12月頃に行うものです。枝の重なりや出来上がりの樹形をイメージしながら、上から下へ、奥から手前に向かって剪定を行っていきます。重なっている枝、Y字になっている真ん中に生えている枝、下向きの枝など、不要な枝を切り落としていく作業です。

     

    松の種類を3つ紹介!それぞれの特徴や育て方、いつものお手入れは?

    日本でよく育てられている松は、アカマツ、クロマツ、ゴヨウマツがあります。それぞれの特徴や育て方について簡単にみてみましょう。

     

    ・アカマツ

    樹皮が赤いのが特徴で、一般的によく見かける松です。針葉は細いですが柔らかいので、見た目ほど触っても痛くありません。

     

    ・クロマツ

    樹皮が黒っぽいのが特徴の樹木です。葉はアカマツよりしっかりとしており、触るとチクチクします。そのため、雌松と呼ばれるアカマツにたいして、「雄松」という別名をもちます。

     

    ・ゴヨウマツ

    樹皮は暗褐色で、庭園や盆栽用として親しまれることが多い松です。徒長枝があまり伸びないので、狭い場所でも庭木として活躍できます。

     

    ▼育て方・いつものお手入れは?

    松の根は過剰な水分を好みません。そのため、とくに水やりを行う必要はないのですが、植えてから2年未満の若い松は、土の表面が乾きしだい水を与えましょう。肥料は、1年に1回与えます。1月ごろに株元の周辺に埋めておきます。害虫に侵される場合もあるので、必要に応じて薬剤を散布することもあります。

     

    いつでもご相談可能!松の剪定時期や種類に合わせて対応いたします

    松の剪定は適期におこなうことが大切です。1年のなかで大きく2回、剪定をするタイミングがあるため見逃さないようにします。また、松といっても種類があるので、それに応じた剪定や、松を植えている周辺環境、気候、枝の生え方によって対処を変えていく必要もあります。

     

    基本的な剪定方法は調べればでてきますが、ご自宅にある松の剪定方法をズバリ教えてくれる媒体があるとは言い切れません。まずは、剪定のプロにご自身の松の状態を見てもらうことが肝心です。

     

    当サイトでは、24時間365日対応しています。松の剪定に適した時期にも対応できますので、お気軽にご相談ください。「春も冬もお願いしたい」「寒いなかでの作業は苦痛なので冬の剪定だけお願いしたい」など、みなさまのご希望にお応えします。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    松は剪定が難しい木のひとつ…間違った剪定をしていませんか?

    松の剪定の基本をおさえたとしても、いざ作業に入るとなると難しいと感じる方も多いのではないでしょうか?そのワケにせまります。松剪定はなぜ難しいと言われているのか、剪定をするときにやってはいけないことなど、注意点を中心にまとめていきます。剪定をする前に確認しておきましょう。

     

    松の剪定は難易度が高い!剪定で松が枯れることも…そのワケとは?

    松の剪定は難易度が高い!剪定で松が枯れることも…そのワケとは?

     

    「松剪定ができるようになったら一人前」といわれるほど、松の剪定は難易度が高いです。では、なぜそのように言われるのでしょうか?難しいとされる理由をいくつか挙げます。

     

    • ・切るべき枝の見極めが難しい
    • ・芽の数が多いので手間がかかる
    • ・松の状態をみて手入れ時期を考えなくてはいけない
    • ・剪定を誤る、やりすぎると枯れてしまうことがある
    • ・松の大きさによっては、日をまたぐこともあるほど時間がかかる

     

    このように見ていくと、松剪定の難易度が高いのは「手間がかかる」「職人でも時間がかかる」という理由が見受けられます。これ以外にも、剪定を誤ることで枯れてしまうこともあるようです。防ぐためには、松の状態を観察して剪定時期や切るべき枝、剪定の度合いを見極める必要があります。これには、長年の経験や知識が必要といえます。

     

    自分でも松剪定は可能?ハサミを使うなど間違った剪定をしていませんか?

    松剪定は正しい方法でおこなうことが重要です。しかし、間違った剪定をしている人も少なからずいらっしゃるようです。松剪定で行ってはいけないことを確認しておきましょう。

     

    ・松が弱っているのに強剪定を行う

    とくにゴヨウマツやアカマツは、強剪定を行うことで枯れてしまうことがあります。松が通常の状態にあるとしても注意が必要ですが、さらに気をつけなくてはいけないのが害虫被害に遭っているときです。松が弱っているときに強剪定を行うことは避けましょう。

     

    ・針葉をハサミで切る

    葉は手でむしった方が、根本からしっかりと除くことができます。ハサミで切ると、その後手でむしりにくくなるだけではなく、樹形が乱れてしまう原因になることがあります。

     

    ・剪定の順番を理解していない

    松剪定は、上から下、奥から手前におこなうことが基本です。正しい順番で行うことで作業をスムーズに進めるだけでなく、松の枝や葉を守ることにもつながります。

     

    松剪定の方法を自分で調べてもわからない!きちんと剪定をしたい方はプロにおまかせください

    松剪定をネットで調べてみると、さまざまな情報が載っています。職人さんの考え方の違いなどによって、剪定方法が異なることが出てくるからです。そのため、ホームページには情報が錯乱しているともいえます。

     

    「どれを参考にしたらいいのかわからない」「たくさんの注意点があるから作業に不安を感じる」、「難易度が高いから自分でできるだろうか」このようにお悩みの方は、一度剪定のプロまでご相談ください。まずは相談だけしたい、作業を依頼すると決めたわけではないという方も、お気軽に問い合わせいただくことができます。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    松の剪定を依頼したときの料金は?お得に依頼するためのポイントを紹介

    松の剪定を業者に依頼すれば、安心してまかせられることができます。しかし、頭をよぎるのは料金のことではないでしょうか?出費をともなうものなので、どうしても気になることだと思います。

     

    松の剪定にかかる料金の計算方法や、知っておいて損はない「お得に剪定を行うコツ」など、お金に関することをまとめていきます。剪定業者を選ぶときの参考にしてみてください。

    松の剪定でかかる費用の計算方法

    松の剪定でかかる費用の計算方法

     

    松の剪定を業者に依頼した場合は、費用は主に以下の方法で計算されます。

     

    ■職人さん一人あたりの料金設定

    対応する職人さんの人数、作業時間に基づいて剪定料金が決まる方法です。

     

    ■木1本単位の料金設定

    木の種類、高さなどによって剪定料金が決まる方法です。作業時間は影響しません。

     

    どちらを採用しているかは、業者によって変わります。依頼する作業内容によって、お得になる計算方法の見極めることが必要です。依頼する松の本数や状態を見て、考えていきましょう。

     

    松の剪定を少しでも安く済ませるためのコツをまとめます

    料金を少しでもおさえたい!こう感じる方は、大勢いらっしゃると思います。そこで、松剪定を少しでもお得に行うポイントをまとめて紹介します。

     

    • ・1本単位で計算している業者を利用する
    • ・剪定した枝の処分や消毒などのオプションは省く(本当に必要な作業を吟味する)
    • ・料金の相場を確認する
    • ・極端に安すぎる業者、説明が不透明な業者に注意する
    • ・無料の見積もりを行ってくれる業者を探す
    • ・出張料がかかる場合は、できるだけ近くの業者を探して費用をおさえる

     

    松剪定をお得にするためには、業者選びが鍵を握っています。上に挙げたポイントをきちんとチェックして、優良な業者を見つけることが大切です。

     

    費用があまりかけられない…そんなときもまずはプロに相談を!

    松剪定を依頼したいけど、お金がかかるから…という理由であきらめてしまうのはもったいないかもしれません。希望の予算を含めて、まずは相談をしてみることをおすすめします。本当に必要な作業のみを提案してもらうことも可能です。自分でできることは自分で行うという選択もあるでしょう。

     

    お庭110番では、現地の調査からお見積りまで無料で対応することができます。見積もりをしてから、作業内容や依頼について考えてみるという方もお気軽にご利用いただくことができます。見積もり確定後の追加料金も発生しないので、安心してご相談ください。

    無料相談窓口へ

    無料相談窓口へ!

    目次

    • ※弊社加盟店の年間合計件数

    • ※当社受付の満足度調査によるもの

    • ※拠点数は弊社加盟店を含めた合計数

    よくいただくご相談 よくいただくご相談

    やむを得ず対応できない場合もありますので、ご了承ください

    追加料金が一切不要