剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 最新情報・レポート > 伐採した木の下敷きになる可能性も

最新情報・レポート

伐採した木の下敷きになる可能性も

皆さんの中には、ご自宅のお庭に落葉樹が生えているところがありますでしょうか? 落葉樹はその名の通り、毎年秋の季節になると葉っぱが落ちて、 来年の春にまた新しい葉っぱが生える樹木のことです。 葉っぱが落ちる様はなかなか風情があると言えますが、 落ちた葉っぱがお隣の庭に落ちてしまうと、 ご近所トラブルに発展してしまう可能性があります。 なので、落葉樹はなるべく早い内に伐採した方が良いのですが、 専門業者に依頼せず、ご自分で伐採を試みる方もいらっしゃると思います。 伐採は特に何か資格が必要というわけではなく、 一般の方でも充分にできる作業なのですが、 樹木を伐採するということは、 周囲に危害が及ぶ危険性がないかどうかが重要になってきます。 例えば、一人が脚立の樹木の枝をノコギリで切って、 もう一人が樹木の下に待機しているというケースは危ないです。 もし、切り倒した枝が待機している人の上に落下したら、 その人が大きな怪我をしてしまうからです。 伐採は何かと危険を共にする作業とも言えるので、 もし不安であれば、伐採のプロである専門業者に委託してもらうことをオススメいたします。 依頼人から評判の良い業者であれば、 誰も怪我をすることなく作業が完了するかと思います。

お庭110番のサービス料金
  • 庭木の剪定

    3,000円〜/本

    詳しくみる
  • 伐採

    2,000円〜/本

    詳しくみる
  • 草刈り(機械刈り)

    300円〜/㎡

    詳しくみる