剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 休眠期にできること

最新情報・レポート

休眠期にできること

冬も本番が近づいてきましたが、この時期になると冬眠する動物が現れるように、植物も休眠期に入ります。休眠期に入った植物は、活動を停止し生長を止めるのです。そして、その休眠期だからこそ出来ることがあります。例えば、雑草の処理は生長の止まるこの時期や梅雨のときに行うといいとされています。大きく生長する前であれば、それほどしっかり根を張っていないため、生長した雑草と比べると抜きやすくなっています。生長前の処理しやすい段階で草むしりをしておけば、後々楽になりますし、庭の景観を損なわずに済むのです。また、庭木の剪定なども休眠期に行うと良いです。この時期に行う剪定は樹木へのダメージが少なく、生長の妨げにもならないのです。また、正月なども近いため、きれいな状態で新年を迎えたいという方が、この時期に剪定を依頼することがあるようです。また、寒さに弱い樹木などは防寒対策として幹にワラを巻いて保護することで、必要以上に樹木が弱ってしまうのを防ぐことができます。12月頃には病害虫の卵が目につき始めます。放置すれば樹木に悪影響を与えるため、剪定バサミや鎌を使い、卵を除去します。落ち葉の処理も忘れずに行いましょう。根本などに放置していると、病原菌や病害虫の発生原因になるため、焼却処分に出すと良いです。そして、1月には寒肥を行います。根の活動が最も低下している時期に、有機質肥料を与えることで、根にダメージを与えることもなくなるのです。このように休眠期だからこそ出来ることはいろいろあります。自分では難しいという場合は、業者に依頼しましょう。

剪定・伐採・草刈りなどお庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

お役立ち情報お役立ち情報

対応エリア対応エリア

現在 電話が繋がりやすくなっております

・利用規約 ・プライバシーポリシー

お庭110番の更新情報お庭110番の更新情報