剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 最新情報・レポート > 兼六園

最新情報・レポート

兼六園

日本三代名園の一つとして名を馳せる兼六園をご存知でしょうか。 この庭園は延宝四年、加賀藩五代藩主・綱紀がこの土地に自己の別荘を建て、 そのまわりを庭園化したのが始まりだと言われています。 その後、代々の藩主の庭として変遷を遂げつつも受け継がれていった庭は、 明治7年に全面的に市民へ開放され「藩主の庭」から「市民の庭」へ開放されます。 代々の当主、家臣、そして市民へ開放されてからは更に多くの人に親しまれてきた兼六園。 現在に至るまで四季折々のその美しさは多くの人を魅了し、愉しませてきました。 庭園の美しさは、人の心を落ち着かせ、人生を楽しむ余裕を生み出すものなのかもしれません。 少し手入れをするだけでも大きく印象が変わるので、この機会に一度、お庭の手入れをされてみてはいかがでしょうか。

お庭110番のサービス料金
  • 庭木の剪定

    3,000円〜/本

    詳しくみる
  • 伐採

    2,000円〜/本

    詳しくみる
  • 草刈り(機械刈り)

    300円〜/㎡

    詳しくみる