TOP> 最新情報・レポート> 冬のお手入れも行いましょう

最新情報・レポート

冬のお手入れも行いましょう

冬になりますと、多くの草木は休眠期に入ります。春や夏と違い大きな変化も見られない冬の間は、お庭のお手入れを殆ど行わないという方もいるのではないでしょうか。しかし、冬の間でもできることはあります。きちんとお手入れしておけば来シーズンの草木がより一層元気になるかもしれないので、できることをしておくと良いでしょう。
まず、肥料です。休眠期に入っている以上目立った生長は見られませんが、この時期に肥料を与えておけば、暖かくなれば葉が生い茂りやすくなる効果が期待できます。これは「寒肥(かんごえ)」と呼ばれるもので、作業をしても木々にダメージを与えることが少なく、春先に向けての土壌の改良が行いやすいのです。
他には、草木の消毒を行っておくのがよろしいでしょう。冬でも、一部の害虫が被害をもたらすことはありますし、卵やサナギの状態で生き残っている事があります。また、目に見えない菌が付着している事もあります。草木の健康のためにも、消毒も忘れないようにしましょう。
このように、冬の間でもお庭のお手入れをすることは可能です。そのような経験が無いという方は、お庭のプロにご相談されてはいかがでしょうか。皆様に代わってお庭の知識と技術を活かし、より魅力的なお庭づくりをサポートしてくれることでしょう。

剪定・伐採・草刈りなどお庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

お役立ち情報お役立ち情報

対応エリア対応エリア

0120-949-864

現在 電話が繋がりやすくなっております

・利用規約 ・プライバシーポリシー

各種クレジットカード、
現金がご利用いただけます

クレジットカードロゴ

※手数料がかかる場合がございます。※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

お庭110番の更新情報お庭110番の更新情報