剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 最新情報・レポート > 冬は剪定のチャンス

最新情報・レポート

冬は剪定のチャンス

寒い時期、通常植物は休眠状態に入っています。特徴的なのは落葉広葉樹の仲間で、秋には美しい紅葉を見せていた木々も、今の季節は葉もつけずに寒風に揺れるに任せている状態でしょう。 この状態の木は特に活動しているわけではないので、いわば仮死状態ともいえる状況です。だからこそ、この時期に大きめに選定をしてしまうというのも一つの手といえます。 植物が水を吸い上げ活発に光合成をしている時期に大きな剪定をすると、成長中の植物に対して大きなダメージを与えてしまうことになるので、枯れたり、花や実をつけなくなるということにもなります。 しかし冬の剪定が安全というわけではありません。剪定をする際に、翌春の新芽となる部分を誤って切ってしまうと、若葉が茂ることもなく、それはつまり木が枯れてしまうことに直結しています。 どの枝を切っていいのか見分けがつかないという場合にはお庭の手入れのプロにお任せになるのが良いかと思います。 もし、お庭のお手入れのプロが見つからない場合は、当サイトをお気軽にご利用ください。 皆様のご利用、お待ちしております。

お庭110番のサービス料金
  • 庭木の剪定

    3,000円〜/本

    詳しくみる
  • 伐採

    2,000円〜/本

    詳しくみる
  • 草刈り(機械刈り)

    300円〜/㎡

    詳しくみる