TOP> 最新情報・レポート> 剪定していい枝ってどれなの!?

最新情報・レポート

剪定していい枝ってどれなの!?

近年ではガーデニングが比較的流行っているようです。美しい庭には美しい精神が宿るといいます。庭はその家の顔です。どんなに立派な家に住んでいたところで、庭が荒れ放題では美しくありません。そして庭を美しく見せるためには庭木の剪定作業は必要不可欠です。庭木の剪定とは、簡単に言えば木の密度を下げるなどして景観を整えたり、木の成長を阻害する枝を切り取ってしまい、木の生育を補助するといった作業です。木には切ってしまってもいい枝があり「忌み枝」と呼ばれます。これには様々な種類があり、景観を損なうものとしては「逆さ枝」「重なり枝」「かんぬき枝」「絡み枝」「垂れ枝」などがあり、生育を妨げるものとしては「ヒコバエ」「胴吹き」「枯れ枝」「懐枝」などがあります。物にもよりますが、これらをパッと見で判断するのはとても難しいです。例えば「ヒコバエ」は木の根元から出る細い枝のことを言うのですが、木の種類によってはこれと同じような現象が起きていてもそれが正常だという場合もあります。木の種類によって一概にはすべて忌み枝とも限らないのです。自分自身で判断してしまって、本来切るべきではなかった枝を切ってしまわないように気を付けましょう。

剪定・伐採・草刈りなどお庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

お役立ち情報お役立ち情報

対応エリア対応エリア

0120-949-864

現在 電話が繋がりやすくなっております

・利用規約 ・プライバシーポリシー

お庭110番の更新情報お庭110番の更新情報