剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 剪定する枝はどんな枝?

最新情報・レポート

剪定する枝はどんな枝?

そろそろ秋も深まってきました。紅葉が見頃となり、その後は落葉。樹木の多くは冬になると成長が緩やかになり、いわゆるお休みの時期になります。このお休みの時期に是非やっておきたいのが「剪定」という作業。設備で言えばメンテナンスを行うということですね。樹木もメンテナンスを怠れば、枯れたり腐ったりすることも十分考えられますので、定期的に行うようにしましょう。
さて、剪定とは枝葉を整えることを言います。落葉樹であれば葉が落ちてしまうので、葉を揃える必要はあまりないかもしれませんが、葉が無いことで枝のラインがはっきり目視出来るようになるので、無駄に伸びた枝をカットしたり、樹木全体のシルエットを綺麗にまとめるはわかりやすくちょうど良いと言えます。剪定でカットするのは、横に広がるはずの枝が真っ直ぐ上に伸びてしまった「立ち枝」、横に伸びた枝から下に伸びてしまった「下がり枝」、枝同士が絡んだり交差している「からみ枝」「交差枝」などの枝です。これらを剪定で整えておけば、春また樹木が活発に成長活動を始めた時には、綺麗に葉が生え花が咲くことでしょう。『でもどの枝をどうしたら良いかわからない』そんな人がほとんどだと思います。樹木の剪定は、経験豊富な本サイト「お庭110番」に是非ご依頼ください。

剪定・伐採・草刈りなどお庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

お役立ち情報お役立ち情報

対応エリア対応エリア

現在 電話が繋がりやすくなっております

・利用規約 ・プライバシーポリシー

お庭110番の更新情報お庭110番の更新情報