剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 剪定の種類と目的

最新情報・レポート

剪定の種類と目的

剪定と言うものは、簡単に言えば木々にハサミを入れて、その樹形の維持や木々の健康を保持する事を言います。しかし、一口に剪定と言ってもいくつかの種類があります。それぞれに剪定の方法と目的は異なりますので、どのような結果を求めるかによって、剪定方法を考えなければいけません。その剪定方法の中でも、以下のようなものが代表的です。

・切りかえし剪定
大きくなりすぎた木を小さく留めるための剪定方法です。また、残された枝葉は健康的に伸びるので大きな花や果実をつけるのにも役立ちます。作業としましては、傷んだ枝や古くなった枝を切り落とします。

・切詰め剪定
樹冠の大きさを調整するために行います。伸びすぎた枝や古い枝を剪定して、葉の茂り方を整えていきます。

・枝抜き剪定
樹形を整え、日光の当たりを良くするために行う剪定です。密集した枝や伸びすぎた枝を根元から剪定バサミで切り落とします。この時枝の途中で切ってしまいますと、その切り口から小枝が生えて再び樹形を悪くしてしまいます。

これらは剪定方法の一部ですが、このように剪定方法を選択することによって木は美しく、よりたくましくなるのです。しかし逆に、間違った剪定方法は木を弱くする原因になってしまいます。無理な剪定は作業者にも木々にも良くありませんので、体力や技術の無い方はプロの剪定業者の方に剪定を依頼したほうが良いでしょう。

剪定・伐採・草刈りなどお庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

お役立ち情報お役立ち情報

対応エリア対応エリア

現在 電話が繋がりやすくなっております

・利用規約 ・プライバシーポリシー

お庭110番の更新情報お庭110番の更新情報