剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 最新情報・レポート > 剪定を行う目的

最新情報・レポート

剪定を行う目的

剪定には様々な目的があります。鑑賞目的・生育目的・実用目的・果実栽培目的・移植時生理調整目的などが挙げられます。その中で身近なものは、鑑賞目的・生育目的でしょう。鑑賞目的とは、樹種固有の美しい姿を表すとともに、他の樹木の生育を助ける等、連帯性のある美しさを表現する事です。この場合、観賞される樹木は、一般家庭や公園、街路樹など様々な場所が考えられます。例えば公園においては、比較的四方から眺める場合が多く、八方美人の樹木でなければなりません。街路樹や並木は一定の距離を隔てた場所からの眺めが美しく、このような樹木の場合、日照、風通、病虫害などを考えた総合的な方法による剪定作業が必要になります。また、花木の場合は開花習性に合わせて剪定を行うことで、見事な開花が望まれます。生育目的とは、植えられた樹木は放置しておくと枝葉が密生し樹形が乱れたり生育が阻害されてしまいます。適切な剪定を行うことで、樹木の発芽や発根、生育を促進し、老化を防止し若返りをはかります。そして、日照や風通しを良くし、病虫害の原因を取り除くことで樹木の健康を守ります。個人で剪定作業を行う場合、時間や体力的な問題などのお悩みを持つ方もいると思います。そのような時には、お庭の専門業者ある「お庭110番」にご相談下さい。

お庭110番のサービス料金
  • 庭木の剪定

    3,000円〜/本

    詳しくみる
  • 伐採

    2,000円〜/本

    詳しくみる
  • 草刈り(機械刈り)

    300円〜/㎡

    詳しくみる