TOP> 最新情報・レポート> 剪定条件

最新情報・レポート

剪定条件

剪定の正しいやり方をわからずに個人で剪定を行ってしまい、後々大変なことになってしまっている方は比較的少なくありません。剪定作業はただ枝を切ればいいというわけではありません。剪定作業は必要のない枝を切るという作業のことなのです。剪定作業に必要なのはまず第一に正しい知識です。切る必要のない枝を切ってしまうとその木の元気を損なってしまうだけでなく、その景観をも大きく崩してしまいます。木には「忌み枝」と呼ばれるものがあり、これらを切ってしまうのが「剪定」です。例えば「重なり枝」「垂れ枝」といった具合に、その枝それぞれに名前が存在します。忌み枝にはほぼすべて名前がついており、これらをしっかりと見定めることが剪定作業を行う上での前提条件であるともいえるでしょう。そしてただ忌み枝を切るだけでもいけません。木に元気を与えるためにも太陽光をしっかりと受けれるような葉のつき方に調整させてあげなければいけません。なので、忌み枝でなくても切らなければいけない枝も多くあることです。木をきれいに見せるかつ、しっかりと育てるという様々な意図をもって作業を行わなければいけないのです。1流の職人はこのような知識を持っていることに加え、その空間をもデザインしていくのです。お困りの際は聞いてみるのも良いでしょう。

剪定・伐採・草刈りなどお庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

お役立ち情報お役立ち情報

対応エリア対応エリア

0120-949-864

現在 電話が繋がりやすくなっております

・利用規約 ・プライバシーポリシー

お庭110番の更新情報お庭110番の更新情報