TOP> 最新情報・レポート> 春を迎える準備をしましょう

最新情報・レポート

春を迎える準備をしましょう

年末が間近になり、仕事も私生活も忙しくなってきた頃だと思います。
対して庭の植物達は冬を越す準備に入ってることでしょう。落葉樹は葉を落として成長を止め、春まで待ちます。
植物だけで行う準備もありますが、私たちもその手伝いをしましょう。
今回は冬の間にしておいた方が良い庭の手入れを紹介します。
まずは樹の寒肥(かんごえ)です。これは冬に与える肥料なのですが、冬に成長をしない庭木に与える意味があるのかと思われるかもしれません。ですが、この肥料は冬ではなく春の成長時期により肥料が効きやすくするために慣らしておく目的があるのです。
春の成長に影響を与えるのでやっておきたい作業になります。
剪定作業は落葉樹に限ってやっておきましょう。成長をしない時期ですので、樹木を弱らせずに切ることができます。次の年にどれだけ伸びるかを見ながらやり、今年と同じように成長させるのか、もう少し成長させるのかを考えながら剪定します。
この時期には植物だけでなく害虫も冬眠をする時期ですので、その駆除や対策も行いましょう。樹についた害虫の卵や細菌を退治したり、落ち葉を掃除して菌の居場所や害虫の冬眠場所をなくすのです。
春になると増えてしまうので、動かなかったり卵の時期だったりするこの時期に適切な処理をしておきましょう。
こういった作業は自力でやるのも良いかもしれませんが、業者の手を借りるのも1つの手段です。忙しい時期ですので手伝ってもらうのも良いのではないでしょうか。
冬の間にしっかり準備をし、春にまた綺麗な庭になるように目指しましょう。

剪定・伐採・草刈りなどお庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

お役立ち情報お役立ち情報

対応エリア対応エリア

0120-949-864

現在 電話が繋がりやすくなっております

・利用規約 ・プライバシーポリシー

各種クレジットカード、
現金がご利用いただけます

クレジットカードロゴ

※手数料がかかる場合がございます。※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

お庭110番の更新情報お庭110番の更新情報