剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 最新情報・レポート > 林と森の違い

最新情報・レポート

林と森の違い

小学校の低学年で覚える「林」「森」という漢字。 沢山の木が生えている場所のことを表すために、太古の人々が木を2つ3つと重ねて漢字を作ったんだろうということが手に取るように分かる、なんともシンプルな漢字です。 ところで林と森、この2つにはどのような違いがあるかご存知でしょうか? 森の方が林よりも木が沢山生えているのでは?と考える人もいます。無理もありません、森の方が林よりも「木」の数が一つ少ないのですから。 実際に一般的に林は森よりも小規模なものを指すことが多く、この答えは完全な間違いとは言えませんが、正解とも言えません。辞書で引いても、林も森も「木が沢山生えているところ」という趣旨の解説が多く、根本的な違いを指しているとは言えません。 最も近い正解だと言われているのが、「林」は人が手を加えている、「森」は自然が作り上げた、という解説です。 林(はやし)という言葉は「生やし」という言葉が語源になっていると言われていて、人が木を生やすという意志が音の響きの中に組み込まれています。 また、森(もり)という言葉は、「盛り」が語源と言われており、木がまるで盛られているような様子がその言葉の中に生きています。 これにより、間伐や伐採を積極的に行うのは林だということがよく分かります。 森は自然が長い年月をかけて築き上げたものです。 しかし林は人が手入れをし続けないと長く生きることは出来ません。 もしも間伐や伐採をお考えの方は是非一度当サイトにご相談ください。

お庭110番のサービス料金
  • 庭木の剪定

    3,000円〜/本

    詳しくみる
  • 伐採

    2,000円〜/本

    詳しくみる
  • 草刈り(機械刈り)

    300円〜/㎡

    詳しくみる