剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 梅雨時の注意点

最新情報・レポート

梅雨時の注意点

今年も梅雨の季節が始まりました。雨天の日が多く、お庭の水やりの手間が省けるとお考えの方も多いでしょうが、梅雨こそ草刈りをはじめとする、しっかりとしたお庭の管理が必要です。
まず、頻繁に雨が降ることにより、湿った状態は病害虫の発生を助けることがあります。また、梅雨が終われば今度は人間にとっては厳しい夏が訪れますが、こちらも植物にとっては生長をする好期と言えますから、梅雨から秋口に掛けてまでは油断してはいけません。
一般的に、梅雨時に注意が必要なのが、害虫だとナメクジ、カタツムリをはじめとする、植物の葉を餌とする害虫です。チョウの幼虫であるアオムシ、ガの幼虫であるケムシも梅雨時に発生しやすいので要注意です。
病気の方では、うどんこ病や灰色かび病、炭疽病というものがよく見られます。いずれも感染した植物が枯れてしまうために、せっかく手入れをしたお庭が台無しになってしまうことがあります。
これからの季節、雨が降っていても蒸し暑いものです。外での作業は、特にご高齢の方や女性の方には辛いものです。そんな時こそ、当サイトをご利用ください。皆様のご要望にお答えできるように24時間コールセンターが稼働しております。お困りのことがございましたら、どうぞお気軽にお電話ください。

剪定・伐採・草刈りなどお庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

お役立ち情報お役立ち情報

対応エリア対応エリア

現在 電話が繋がりやすくなっております

・利用規約 ・プライバシーポリシー

お庭110番の更新情報お庭110番の更新情報