TOP> 最新情報・レポート> 環境に合わせた剪定

最新情報・レポート

環境に合わせた剪定

大切な庭の環境を守るために剪定は大切な作業です。ですが、ただ大きくなりすぎた植物枝葉を落とすだけでは見た目も悪くなりますし、庭全体の環境に悪い影響が残ることもあります。常に成長して形を変える植物を正しく剪定するためには色々な点で注意が必要なのです。
剪定によって変化する庭の環境の中でも、代表的なものが日当たりです。住まいに注ぐ日差しを適度に遮りつつ、下にある地面と植物に必要な日光が届くのが律僧的な剪定です。特に高くの伸びた庭木の剪定では、成長した枝葉の先端を切るだけでなく全体の密度や成長方向に配慮してバランスよく剪定する必要があります。また、季節によって枝の新芽を摘むなど手段も変えることで、その後の成長方向も調整して日日照環境を長く整えることも重要です。
住宅街では近隣の住まいへの影響も気になるところです。不用意に剪定を行った結果、隣の住まいとの垣根が突然無くなってしまってはご近所付き合いにも悪い影響が出るかもしれません。庭木が鬱蒼と茂っていては花粉や果実が近隣に飛散して迷惑を生むこともありますが、とはいえやり過ぎることのないよう、最終的な仕上がりに十分注意して作業を行わなければなりません。
このように、剪定は全体の状態を常に考えながら剪作業を進めなくてはならず、知識と経験がなければ難しく時間もかかってしまいます。ですから、気になった時は一度業者にしっかりと相談して長く維持できる最適な環境を整えてもらうことがおすすめでです。

剪定・伐採・草刈りなどお庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

お役立ち情報お役立ち情報

対応エリア対応エリア

0120-949-864

現在 電話が繋がりやすくなっております

・利用規約 ・プライバシーポリシー

各種クレジットカード、
現金がご利用いただけます

クレジットカードロゴ

※手数料がかかる場合がございます。※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

お庭110番の更新情報お庭110番の更新情報