剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 最新情報・レポート > 秋の剪定の季節です

最新情報・レポート

秋の剪定の季節です

木々の種類によって異なる剪定の時期。皆さんはどのくらい意識されているでしょうか。 日本では旧盆を祝う風習がある地域では、それに合わせた剪定を行なったり、年末の大掃除の時期に剪定したりと人間の生活リズムに合わせて選定を行うことが多いのですが、本来であれば木々の種類によって選定を行う時期やその強度を替えていく必要があります。 ここでは今の時期の剪定についてご紹介します。 1:落葉樹 落葉樹は秋になると葉を落とし休眠状態に入る木のことで、モミジやイチョウなどが代表的なものです。 休眠中の剪定は木にダメージを与えにくいので、もう少し経ってから、12月から翌年の2月ごろまでに行なうのが適していると言われています。 どうしても選定を行う場合は、枝先の長さを整えたりする軽い選定にとどめておくことがおすすめです。 2:常緑広葉樹 常緑広葉樹は、冬でも葉を落とさない木の中でも、葉が平べったい形状をしているものです。春から夏は落葉樹と見た目が変わりませんが、冬でも葉を落とさないので見分けがつきます。クスノキが代表的なものです。 常緑広葉樹については、落葉樹と異なり冬場の剪定はあまりおすすめできません。寒さに弱いので、枝葉を落とすことで樹勢が弱まってしまいます。出来れば10月中に剪定を、しかも軽いものにとどめておき、翌年の春頃からがおすすめです。 3:常緑針葉樹 常緑針葉樹はマツに代表される、葉の形が針のように細いものを指します。寒さに強いため、冬季の剪定にも耐えるため、比較的自由度が高い剪定スケジュールが組めます。ただし、日本でも寒さが厳しい北海道、東北地方や北陸地方、信越地方は少し前倒してスケジュールを立てておくのがおすすめです。

お庭110番のサービス料金
  • 庭木の剪定

    3,000円〜/本

    詳しくみる
  • 伐採

    2,000円〜/本

    詳しくみる
  • 草刈り(機械刈り)

    300円〜/㎡

    詳しくみる