剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 最新情報・レポート > 花が咲いた後の剪定

最新情報・レポート

花が咲いた後の剪定

お庭の木々の中には、花を咲かせるものもあります。美しい花が目を楽しませ、季節の移ろいを感じさせてくれるものですが、管理を怠ると、花をつけなくなってしまうこともあるので気をつけなければ行けません。
花をつける植物には花芽分化、というものがあります。花の芽をが出来る時期のことですが、この時期よりも後に剪定を行なうと、新しく花を咲かせる芽が減ってしまうので、花が咲かなくなってしまうのです。花を咲かせた後に実がなる果樹でも同じような現象が見られます。
そうなると、剪定についてはいつ行なうかがわからない方も多いでしょう。一番見分けが簡単な方法としては、花芽分化が始まるより前に剪定を行なうことです。
簡単に行ってしまえば、花が散って直ぐに剪定を行えば、まだ新しい花芽は出来ていないので、安全ということです。
しかし、植物によって花芽分化の始まる時期は違いますので、その点には十分気をつけておく必要があります。
また、花芽分化の時期にどうしても剪定が出来ないという方もいるでしょう。その場合は剪定のプロに依頼して、花木の剪定をしてもらうのをおすすめします。

お庭110番のサービス料金
  • 庭木の剪定

    3,000円〜/本

    詳しくみる
  • 伐採

    2,000円〜/本

    詳しくみる
  • 草刈り(機械刈り)

    300円〜/㎡

    詳しくみる