TOP> 最新情報・レポート> 落ち葉の下には危険がいっぱい

最新情報・レポート

落ち葉の下には危険がいっぱい

日本は、四季の移り変わりがはっきりしているので、四季折々の風景を楽しむことが出来ます。今の季節だと紅葉といって、葉の色が紅く染まる風景を楽しむことが出来ます。日本には、様々な場所に紅葉の名所がありますので、一度はそういった場所に足を運ぶのも悪くないと思います。しかし、紅葉が終わってしまうと葉っぱ達は地面へ落ちて落ち葉となってしまいます。最近は、風も冷たくなり冬の近づきを感じます。冬が来ると葉っぱは落ちてしまいます。当然お庭に、木を植えているという方は、落ち葉の処理に追われる頃だと思います。落ち葉の処理といえば、ただ拾って捨てるだけだというイメージが強いと思いますが、思わぬ危険が潜んでいる事があります。
それは、害虫の存在です。落ち葉の下は、陽の光が当たらないので、常に暗い空間が出来上がっています。更に、落ち葉の下は外よりも暖かくなっていることが多いので、いろいろな虫が寄ってくる恐れがあります。中には、ムカデやセアカゴケグモといった、毒を持った虫が潜んでいることがあるので、落ち葉処理をしている時に噛まれてしまうことがあるかもしれません。そのような、被害に遭うことは稀なケースかもしれませんが、万全を期すなら業者を利用するのも一つの方法です。

剪定・伐採・草刈りなどお庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

お役立ち情報お役立ち情報

対応エリア対応エリア

0120-949-864

現在 電話が繋がりやすくなっております

・利用規約 ・プライバシーポリシー

お庭110番の更新情報お庭110番の更新情報