TOP> 最新情報・レポート> 落ち葉の処理も大切です

最新情報・レポート

落ち葉の処理も大切です

冬も本番に近づき、樹木も休眠期に入るものが増えています。すると、街中でもよく見ますが、葉を落とすようになり、樹木が多い場所では地面一体に落ち葉が溢れているなんて光景も見かけます。しかし、落ち葉を放置しておくと、樹木に悪影響を与えかねません。自宅の庭木から、葉が落ちてきているという場合は、しっかり処理しましょう。落ち葉を放置しておくと、害虫が発生します。その中に樹木に寄生する病害虫などがいれば、枯らしてしまう原因になりますし、仮に病気になっている樹木の落ち葉の場合は、落ち葉からも病原菌が感染することがあるのです。特にこの時期は樹木の休眠期ということもあり、剪定されることが増えます。選定されると切り落とされた枝の断面はむき出しになるため、そこから病原菌や腐食金が感染することで木の生長を妨害してしまい、最悪の場合枯らしてしまうのです。こういった事態を防ぐためにも、落ち葉は毎日掃除し、ゴミ袋などにまとめてゴミ出しするか、焼却処理などで完全に処理してしまうのが良いです。管理する樹木が多くて、とても1人では処理できないという場合は、業者に依頼して処理してもらいましょう。いずれにしても、休眠期だからといってなにもしなくていいというわけではなく、この時期だからこそやらなくてはならないこともあるのです。

剪定・伐採・草刈りなどお庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

お役立ち情報お役立ち情報

対応エリア対応エリア

0120-949-864

現在 電話が繋がりやすくなっております

・利用規約 ・プライバシーポリシー

お庭110番の更新情報お庭110番の更新情報