剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 最新情報・レポート > 除草剤の種類について

最新情報・レポート

除草剤の種類について

草刈りや草むしりが面倒になってきたという時には除草剤が便利です。草刈りなどの作業中に熱中症といった体調不良になる場合もありますので、そういった時には手作業よりも薬剤によって雑草を処分することを考えてみてはいかがでしょうか。ただし除草剤にも種類がありますので、皆さまの庭の様子などから適切な除草剤を利用するようにしないといけません。今回はその種類についてご説明いたします。まず除草剤は形状によって種類が分かれています。液体のもの、粒状のものです。この2つの種類を庭の環境などによって使い分けましょう。まず液体の除草剤については即効性が特徴です。数日で除草することができるので、すぐにでも雑草の処分をしたい方にとってはオススメの除草剤となっています。ただし雨がよく降る地域の場合は液体ですと流れてしまいますので、天気をよく見て使うようにしましょう。粒の除草剤については即効性はありませんが、長期間じわじわと除草の効果を発揮し続けます。予防の効果がありますが、雑草以外の草花に影響を与える可能性がありますので花壇の近くではあまり使わない方が良いでしょう。除草剤は手作業なしに除草をすることができますが、使い方を間違えると庭の環境を悪くしてしまいますので使う場合には業者に依頼をした方が良いかもしれません。

お庭110番のサービス料金
  • 庭木の剪定

    3,000円〜/本

    詳しくみる
  • 伐採

    2,000円〜/本

    詳しくみる
  • 草刈り(機械刈り)

    300円〜/㎡

    詳しくみる