剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 除草するなら基本を学ぶ!除草剤の目的を明確にして予防もバッチリ

最新情報・レポート

除草するなら基本を学ぶ!除草剤の目的を明確にして予防もバッチリ

除草するなら基本を学ぶ!除草剤の目的を明確にして予防もバッチリ

 

除草ってどう始めればいいの?何が必要なの?自分でおこなっても危険じゃないの?これらの疑問を持ったことはありませんか?

 

除草を自分でおこなうと聞くと、除草の準備や手順などがうまくできるのかなどと考えハードルが高く感じてしまいますよね。

 

しかし、しっかりと仕組みや工程を学べば、自分でも場所や環境に合わせた適切な除草がおこなえます。今回は、正しい除草の知識や除草剤を使用した簡単な除草方法を紹介します。

 

 

除草にはいろいろな方法があります

まず、除草の方法は1つではありません。3種類の除草方法について紹介していきます。

 

手でおこなう除草

いわゆる草むしりや、鎌、剪定用ハサミなどを用いた形の除草方法です。この方法は、重労働になってしまいますが、庭などの狭く機械が使用できないような場所におすすめの方法です。手作業のため、確実に除草をすることができますが、時間がかかってしまい、身体的にも疲れが大きいです。

 

機械を使う除草

除草をすることができる機械である草刈り機や芝刈り機を使用した方法です。機械というと大きいものを想像してしまいますが、一般家庭でも使用することができるコード式やバッテーリー式の草刈り機も販売されています。

 

こちらは、手でおこなうよりも簡単に刈り取れますが、使用する際は、小石を避けたり、服に土が飛ぶことなどに注意が必要です。

 

化学薬品を使う除草

化学薬品である除草剤を利用した方法です。この方法は上記二つの方法と比べると手間がかからないため、一番手っ取り早く除草が完了する手段です。現在では最もポピュラーな除草方法となっています。

 

除草作業は主にこの2パターン

除草作業は主にこの2パターン

 

除草作業は主に下記の2種類に分類されています。順番に紹介していきます。

 

背の高い雑草を取り除く

背の高い雑草は、手作業や草刈り機でも細かいものよりは比較的楽に取り除くことができます。もし除草剤を使用するならば、20㎝以下まで一度雑草を切らなければ除草剤が効果を発揮しないため注意が必要です。

 

細かい雑草を取り除く

背の高い目立つ雑草を取り除いた後、その隙間などに生えていた雑草の除草に入ります。こちらは細かい作業となるため、手作業でコツコツ取り除いていくか、あるいは化学薬品を使用しての作業をオススメします。

 

【除草剤】手っ取り早くおこないたい人向け

やっぱり楽に効率的に除草を完了させたい!そう思った場合に便利なのが除草剤です。しかし、除草剤ってそもそも何?どんな種類があるの?という疑問に答えていきます。

 

選択性と非選択性

まず、除草剤には選択性と非選択性の2種類があります。選択性の特徴は特定の作物に害がないという点です。そのため、畑や水田などでも利用することができます。

 

次に、非選択性の除草剤は、主に生息するすべての雑草をすべて除草することができるものです。こちらは、一緒に除草されたら困ってしまうものが生えていない場所への使用がオススメです。

 

茎葉タイプと土壌タイプ

除草剤は使用の仕方によってもタイプが分けられています。まず、茎葉タイプのものです。こちらは、雑草に直接薬品をかけることで、植物自体の葉や茎によって吸収され、効果を発揮します。そのため、枯らしたい植物にだけかけるという部分的な除草も可能です。

 

土壌タイプの除草剤は、雑草が発生する前や発生して20cm以内の植物に利用可能です。土そのものに散布し、雑草が生えてくるのを防ぎます。こちらは、土壌で層をつくり、雑草の芽や根から薬剤を吸収させるため、雑草は生えてこず、また、長期間の効果も期待されます。

 

接触型と吸収移行型

続いて除草剤の効果がある範囲によっても分類していきます。まず、接触型は、薬剤をかけた部分にのみ効果を発揮するものです。こちらのメリットは効果が表れるのが早いという点です。しかし、表面に見える雑草しか取り除くことはできません。

 

もう1種類の吸収移行型は、薬剤をかけた根や茎などなら成分を吸収し、その後薬剤が植物全体に移行するような形で効果を発揮します。こちらは、雑草全体を枯らすことができるというメリットがありますが、接触型よりも効果が表れるのは時間がかかってしまいます。

 

粒剤と液剤

では、どちらを使うべきなの?という点も解決していきます。

 

例えば、広い範囲にわたっての除草を希望する場合や、長時間の効果の持続の希望、また、生えている雑草の除去ではなく、そもそも生えてくる前からの予防としての除草剤の利用をお考えならば、粒剤タイプをオススメします。

 

この粒剤タイプというものは、土に直接まくタイプの除草剤なので、雑草が生えてくる前から予防することができ、また、根からの吸収のため、効果の持続期間も長いというのが大きな特徴です。

 

もし、もう生えてしまった雑草を今すぐに処理したいという悩みや、散布直後に植物を植える予定のある家庭、子供やペットが遊ぶ場所の除草を考えている方は、液剤タイプをオススメします。

 

こちらは、即効性に優れているタイプのため、気になる雑草があった場合2~3日程度で効果を発揮し、除去することが可能です。また、根ではなく、茎や葉から除草剤を除去するので、まいて雑草を処分した後でも10日程度期間を空けるとまた、植物を植えることも可能です。

 

除草剤は安全か?気になる毒性と自然派さん

除草剤は安全か?気になる毒性と自然派さんへ

 

除草剤の種類については分かったけどそもそも除草剤は人体に害などはないのでしょうか。安全面でとても気になるこの部分についても解決していきます。

 

除草剤の安全性について

除草剤の安全性についてですが、こちらは使用するにあたってとても大切なことだと思います。実際に化学薬品ということであまりよくないイメージなどと結びついてしまうかもしれません。しかし、正しい使い方をすることによって危険は防ぐことができます。

 

除草剤を使用するときは、手袋やマスクの着用、肌の露出のない服の着用により、皮膚への付着を防ぐことが大切です。また、現在は、土壌に残留しない除草剤なども発売されているため、小さいお子さんがいる家庭や、ペットを飼っている家庭ではそちらの利用もおすすめです。

 

薬品以外で除草剤に代わるもの

どうしても化学薬品に抵抗があるという場合には、除草剤に代わる4つのとある商品の使用もおススメです。今から紹介していきます。

 

まずは、塩水を使った除草です。塩には、塩化ナトリウムが含まれており、その塩化ナトリウムには脱水作用があるため、その効果によって雑草が枯れ、除草効果が見込めます。そのため、雑草の生えている部分に塩水をまくことで除草が可能です。しかし、塩は土壌に染み込むと分解されないのでもし、その場所に今後何かを植えたいという場合には塩水での除草はおすすめできないので注意が必要です。

 

次に、お湯を使った除草です。この方法は、お湯を雑草の上にかけ、お湯の持っている温度によって雑草が熱に耐えきれなくなり、枯死させることにより除草するというシンプルなもので、大きく効果を発揮してくれるものではありません。

 

また、地上に生えている植物にしか効果がないのがデメリットのひとつでしょう。しかし、即効性には優れているため、現在生えてしまっている雑草をすぐにどうにかしたいという場合にはおすすめの方法です。また、この方法ではお湯の温度が重要となってくるためなるべく温度の高いものを使用してください。

 

次に酢を使った除草です。こちらは、雑草に酢をかけるという至ってシンプルな方法です。酢に含まれた酢酸が雑草を枯らすことで除草をします。スプレーなどに入れるとよりスムーズに使用することができます。

 

酢は食品なので安全面では問題はありませんが、範囲によっては大量の酢を使用することになるため、コストがかかってしまいます。しかし、酢を使用するということでニオイという問題が発生してしまいます。この点がクリアできる環境の場合は利用してみるのも手です。

 

最後に重曹です。重曹は、別名炭酸水素ナトリウムと呼ばれ、植物を老化させることにより、細胞の死を早める効果があります。こちらも水に溶かし、雑草にかけて除草します。重曹自体、ご家庭にある場合が少ないかもしれませんが安全性は高く、また、においなどもありません。しかし、持続性や浸透性にあまり期待はできないというのが難点です。

 

除草のあとは防草シートを敷こう

除草が終わったあとの処理も、今後のお手入れを楽にするためには大切なことです除草が完了した後の地面に防草シートを敷くことにより、日光を遮断でき、雑草の生長を防止することができます。防草シートはとてもおすすめですが、敷くのに少しコツが必要です。また、うまく敷けていないと効果を発揮しないため注意しましょう。

 

そのほかにも、ウッドチップや砂利を敷く方法もあります。この2つはしばらくは効果が期待できますが、いずれ地面に沈んで行ってしまうため、効果はなくなってしまいます。また、大きなコストがかかってしまうのが難点です。

 

除草も対策予防もすべてまかせたい人は?

除草も対策もある程度のコツと知識が必要となってしまいます。時間をかけても失敗してしまうこともあります。時間を無駄にしたくない……そのような心配を解決してくれるのがプロの存在です。

 

プロの業者に依頼することの大きなメリットは、時間や手間の省略です。そして、仕上がりもとてもきれいなものが期待できます。せっかく時間を割いたのに全然除草できなかった、なんて後悔することもありません。毎日忙しい中でやはり時間は大切にしたいものです。それならば最初からプロにお願いすることも1つの手ではないでしょうか。

 

また、除草後には雑草の処理も必要になってきます。少量であればごみとして処理できますが、大量に発生してしまった場合には、個人では処理しきれないおそれもでてきます。しかし、業者に依頼すれば、処理後の雑草はすべて回収してもらえるため、除草後の雑草の処分に悩む必要もなくなります。このような点を考えても、プロにお願いするのがオススメです。

 

まとめ

除草についての手順や除草剤の種類などについて紹介してきました。除草剤は正しい知識をもって使用することによって安全に、取り組むことができます。

 

しかし、周りへの配慮やコツなどが必要になる場合もあるため、ちょっと自信がないな……などお考えの場合はプロの業者にお願いするのも簡単に除草を終えることができる手段です。

お庭110番のサービス料金
  • 庭木の剪定

    3,000円〜/本

    詳しくみる
  • 伐採

    2,000円〜/本

    詳しくみる
  • 草刈り(機械刈り)

    300円〜/㎡

    詳しくみる