剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 最新情報・レポート > 草刈りと草むしりの違いは?効果・費用・道具・時期を比較

最新情報・レポート

草刈りと草むしりの違いは?効果・費用・道具・時期を比較

草刈りと草むしりの違いは?効果・費用・道具・時期を比較

 

「草刈り」と「草むしり」は同じ作業だと勘違いされがちです。気づかないうちに、草むしりのこと考えながら「草刈り」と言っている方もいらっしゃるでしょう。しかし、実際には意味がそれぞれ違い、使う道具も異なるのです。違いを知らずに業者に除草を頼むと、思っていたのとは違う…なんてことになるかもしれません。今回は、混同されがちな草刈りと草むしりの違いを、業者に依頼するときの費用や効果、適切な時期を比較しながら詳しくご紹介します。

 

 

 

草を「刈る」のと草を「むしる」のはどう違う?

草むしりと草刈りの違いは、簡潔に説明すると、「根ごと取り除くかそうでないか」です。それぞれの除草作業を詳しく見ていきましょう。

 

●草を切り取る「草刈り」

草刈りは、草を切り取る作業です。芝刈りを想像すると良いでしょう。芝刈りでは、長すぎる葉を切るだけで、芝を抜き取るわけではありません。草刈りをするときは、できるだけ短くなるよう根元のギリギリ上の部分を刈ることが多いようです。

 

草を刈ることのメリットは、成長力を弱められるということです。さらに成長前に刈れば、雑草が種をばらまき増殖するのを防ぐこともできます。しかし、根が土の中に残ってしまっているので、成長が早く繁殖力のある雑草の場合、刈っても数日で元通りになってしまうのがデメリットです。

 

●根っこごと引き抜くのが「草むしり」

一方の草むしりは「草取り」とも呼ばれます。草を引き抜く作業を示し、土の中に張る根ごと取り除くのが目的です。根が強く張るタイプの雑草だと、根っこから引き抜くのは大変です。とくにタンポポなどの根が長い雑草は、根を完全に取り除こうと思うと土を深く掘り起こす必要があり、なかなかの根気が必要です。しかし、根っこごと除草できれば、草刈りの場合のように数日でまた伸びてくるということはありません。

 

やることが違えば道具も違います

やることが違えば道具も違います

 

草刈りと草むしりでは使う道具が異なります。どのような道具がつかわれるのか、それぞれチェックしていきましょう。

●草刈りに使う道具

鎌:さまざまな形状のものが販売されています。弱い力でも使えるうえ、使い方も簡単です
剪定用ハサミ:庭木や植木にも使えるハサミです。力が弱く、鎌などに慣れていない方も簡単に使えます
草刈り機:広い場所の草を素早く効率的に刈るのに適した、エンジン付きの草刈り道具です
熊手:お庭やガーデニングエリアに生えた細かい雑草をかき集めるように刈ることができます

 

●草むしりに使う道具

素手:人の手で引き抜きます。草で指を切ってしまうこともあるので、軍手を使うと安全です
鍬:土を耕し柔らかくすることで、根を引き抜きやすくするのに効果的です
鎌:根元を刈るように使うことで草むしりも可能です。柄が長いものが長時間の作業に向いています
除草剤:雑草除去に効果的な薬品を畑やお庭に散布して、草の枯渇を促します
草取り用フォーク:先が2つに分かれており、テコの原理を使って簡単に草むしりできます

 

草むしりと草刈り、どっちをおこなうべき?

むしることと刈ることの違いはお分かりいただけたことと思います。では、どちらをおこなうべきでしょうか?

 

じつは、草刈りにも草むしりにもメリット・デメリットがあり、どちらが適切かというのは賛否両論あります。どちらにするのか決めるには、状況に応じた適切な判断が不可欠といえます。以下でご紹介する効果・費用・時期の3点を参考にして、ご自分の状況に合せて選択してみましょう。

 

草むしりは草刈りに比べて、一度で大きな効果を得ることができます。繁殖力や成長力が非常に強い雑草は、できるならば草むしりで根こそぎ取り除いておくと、しばらくの間は雑草を心配する必要がなく、楽だと感じるでしょう。

 

しかし、せっかく草むしりで草を一掃しても、風に乗ってやってきた種によって草が増えるのは時間の問題です。大変な作業をおこなうことになるくらいなら、定期的に草刈りをした方がいい、と考えることもできます。

 

また、ボウボウに生い茂り伸びきってしまっている雑草をどうにかしたい!というときは、根元から引き抜くのは大変です。まずは草刈りで成長力を抑えるのがよいでしょう。

 

業者に依頼するときには、草刈りと草むしりでは費用が変わります。一般的に、草刈りよりも草むしりの方が時間と手間がかかるため、費用が高くなる傾向にあります。予算に見合った方法を選ぶとよいでしょう。

 

また、季節や草の状態を参考にしてどちらかを決めることもできます。たとえば、雨が降る前日や、降雨量が多い梅雨の時期に草刈りをこまめにおこなえば、畑の栄養を奪う雑草のエネルギーを奪い、お庭の景観を保つことに役立ちます。草がまだ発芽したばかりの時期、とくに春には、草むしりが効果的です。

 

発芽したばかりの草はまだ根が柔らかく、長い根を張っていることも少ないので草むしりがしやすいのです。しかし、雑草の種類によっては秋に発芽するものや、一年中生い茂る植物もあります。お庭や畑に生えている雑草の種類を調べ、発芽の時期を知っておくとよいでしょう。

 

勘違いで損することも!業者に頼むときは違いを確認しよう

勘違いで損することも!業者に頼むときは違いを確認しよう

 

先ほどご紹介したような「刈ること」と「むしること」の違いを理解していないと、業者に依頼するときに勘違いで無駄な出費をする可能性があります。

 

たとえば、「いつもは草の葉を切っているだけだけど、草を一掃してしまいたいでの根から抜きたい。手間がかかるのは嫌だから業者に依頼しよう」と思った場合。業者に「根から抜いてほしい」としっかりと伝えておかないと、草を刈るだけでいいのだと勘違いされるかもしれません。

 

比較的手間がかからない草刈りなら自分でやろうと思う方もきっといらっしゃるでしょう。業者に依頼するときは、草刈りをしてほしいのか草むしりしてほしいのかをきちんと伝え、無駄な出費にならないように気をつけましょう。

 

まとめ

草刈りが草の葉を根の上部分から切り取ることであり、草むしりは草を根っこから引き抜くことです。ボウボウと茂った雑草をとりあえず短く整えたいときには草刈り、お庭や畑の雑草を完全に除去したいときは草むしり、というように使い分けることができます。どちらの作業をすべきか迷うときは、それぞれの効果のほかに、季節や雑草の状態、費用を比較して決めるとよいでしょう。業者に除草を依頼するときは、草を根から抜いてほしいのか、それとも葉を刈るだけでいいのかをしっかりと伝え、齟齬がないようにしましょう。

 

お庭110番のサービス料金
  • 庭木の剪定

    3,000円〜/本

    詳しくみる
  • 伐採

    2,000円〜/本

    詳しくみる
  • 草刈り(機械刈り)

    300円〜/㎡

    詳しくみる