最新情報・レポート

草むしりを効率よく、楽に行うコツ6選!やり方や時期がポイント

草むしりを効率よく、楽に行うコツ6選!やり方や時期がポイント

草むしりをする際に効率よくできる方法や、自分にあった作業方法を知りたい!という方もいるのではないでしょうか。草むしりは屋外で行うことが多いため、体に負担のかかる作業です。また、夏場は日差しが強く熱中症になってしまう可能性もあるため注意しなくてはなりません。

これから草むしりをするという方におすすめの作業方法や注意点をご紹介します。効率よく、楽に行う6つのコツをわかりやすくまとめます。

草むしりは時期やタイミングが大事!

草むしりをする際は、時間や時期を調節することで負担を減らすことができます。

雨の翌日は柔らかい

普段は地面が固く一つ一つを抜き取る作業が手間ですが、雨が降った後や翌日は地面が濡れて柔らかい状態なので草むしりには最適です。また、晴れの日でも作業する前にあらかじめ水をまいておくのも一つの手です。地面を濡らし柔らかくすることで、抜きやすく負担を減らすことができるでしょう。

草むしりは朝が最適?

日中は太陽の日差しが強いため、体調を崩しやすくなってしまいます。夏場はとくに熱中症にもなりやすく、体への負担が大きく注意しないと危険です。そのため、比較的日差しも弱く涼しい朝方に草むしりをするといいでしょう。朝から体を動かすことで健康にもいいですし、日差しや気温による体への負担を減らすことができます。

これはおさえたい!草むしりのコツ6点

これはおさえたい!草むしりのコツ6点

草むしりをするうえで、コツや豆知識を知っておくと簡単に作業することができます。

コツ① 雑草は根っこから抜く

雑草は根っこから抜き取りましょう。根っこを残してしまうと、すぐに新しい芽を出してしまうので草むしりをする頻度が増えてしまうのです。

コツ② 狭くて目立つところから行う

広い場所から始めてしまうと、先が見えずやめたくなってしまいます。狭くて目立つ場所から作業することで達成感を感じることができるため、モチベーションをあげることができるのではないでしょうか。また、人目を気にされる方は、目につきやすい場所から作業することで、できるだけ早く見た目をスッキリさせると同時に達成感が得られます。

コツ③ 草むしりの道具を活用する

必要に応じて部分にあった道具を使うといいでしょう。比較的狭い範囲な場合は、小さな草刈りガマがおすすめです。刃先がギザギザしているもので根っこから抜くこともでき、まだ芽が出ていない雑草も処理することができるのです。道具はホームセンターなどで安価で売っているので、手に入れやすいのではないでしょうか。

広い範囲や量が多い場合は草刈り機を使う方法があります。できるだけ早く草むしりを終えたい場合や一時的なものでもいいという方にはとても便利な道具です。しかし、草刈り機では根っこから抜くことができないため、利用前によく考えてみましょう。草刈り機はホームセンターなどでも売っていますし、レンタルを行っている会社もあります。

コツ④ 的をしばって集中的に頑張る

短時間で簡単に草むしりをしたい方は的をしばって集中的に作業するといいでしょう。目立つ草だけを抜き取ったり、端や角を集中的に作業することで見た目をきれいにすることができます。

コツ⑤ 草むしりをこまめにおこなう

長く放っておいた雑草たちが草むしりの苦労の原因です。気づいたときや時間があるときはこまめに草むしりをしてみます。1回の草むしりにかける負担を減らすことができるのではないでしょうか。

コツ⑥ 雑草に熱湯をかける

雑草に熱湯をかけることで雑草を枯らすことができます。作業する範囲が狭い場合はとてもいい対策でしょう。しかし、熱湯で根っこから枯らすことは難しいのです。雑草の種類によっては根っこまで枯らさなくては効果がないものもあるので、すべての雑草に効くとはいえないため注意が必要です。

草むしりをするときの服装と注意点

草むしりは外で行うためとても体力を使うものです。夏場は熱中症になってしまったり、体調を崩してしまう恐れがあります。草むしりをするにあたって注意しなくてはならないことをご紹介します。

草むしりに最適な服装

草むしりをする場所は虫が生息していることが多いです。虫に刺されるなどの被害を予防するために長袖、長ズボンで作業することをおすすめします。夏場は麦わら帽子などの帽子を着用する、冷却グッズで身体を冷やすなどで熱中症対策をすることができます。また、素手で行うのは危険なので軍手をするといいでしょう。

飲み物を用意しましょう

草むしりを行う際は必ず飲み物を用意し、こまめに水分補給をして体調を崩さないように注意してください。水分はできるだけスポーツドリンクなどの塩分や糖分を補給できるものを選ぶといいでしょう。

業者に依頼するときの費用とおすすめの防草工事

業者に依頼するときの費用とおすすめの防草工事

範囲が広い場合や自分では草むしりできないという方は業者に依頼するといいでしょう。業者に依頼する際の費用をご紹介します。また、何度も草むしりをするのが面倒な方は防草工事がおすすめです。

費用は面積で変わる

業者に草むしりを依頼する際の費用は面積によって異なります。業者によっては職人一人あたりの単価になるところもあり値段の設定はさまざまです。事前にホームページで費用を確認しておいたり、見積もりを出してもらうと安心かもしれません。

定期的な草むしりが面倒くさい!おすすめは防草工事

定期的に草むしりを行うのが面倒な方は、防草工事をすることをおすすめします。業者に依頼する際に防草工事も行ってもらうことで、定期的に何度も業者に依頼するという手間や自分での作業を減らすことができるのです。 費用は一度の施工と比べてかかってしまいますが、何度も依頼するより手間や費用を軽減することができるでしょう。

まとめ

草むしりをする際は、ちょっとしたコツを活用すると楽に効率よく草むしりをすることができます。状況に合わせて道具を使ったり、作業場所の順番を工夫することで草むしりへのモチベーションを高めることにもなるでしょう。作業する際は、比較的日差しが少なく涼しい朝にするなどと体調管理にも気をつけて行いましょう。自分では対応できない広い範囲の場合や、体力面で不安な方は業者に依頼するといいかもしれません。

お庭110番のサービス料金
  • 庭木の剪定

    3,000円〜/本

    詳しくみる
  • 伐採

    2,000円〜/本

    詳しくみる
  • 草刈り(機械刈り)

    300円〜/㎡

    詳しくみる
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-864

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

私たちが24時間365日サポートいたします

通話料無料!携帯電話・PHS OK

0120-949-864

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない
 場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-864
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼