剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 最新情報・レポート > ひまわりの育て方をご紹介!枯らさないために気をつけるポイントとは

最新情報・レポート

ひまわりの育て方をご紹介!枯らさないために気をつけるポイントとは

ひまわりの育て方をご紹介!枯らさないために気をつけるポイントとは

明るく夏を彩る花、ひまわり。漢字では「向日葵」と書くように、ひまわりは太陽の移動によって向きを変える向日性を持つ花です。太陽に向かってすっくと立つその姿は、暑い夏に私たちを元気づけてくれます。

ひまわりは基本的には2m以上の大きさに成長する花です。しかし最近では植木鉢で育てられるような小ぶりな種もあり、その手軽さと可愛さが人気を得ています。ポイントさえ押さえれば、ひまわりの育て方は決して難しいものではありません。ひまわりの育て方のポイントを知って、元気なひまわりを育ててみませんか。

ひまわりを育てるにはまず何をしたらいい?

ひまわりは、いつどのように植えればよいのでしょうか。ひまわりの育て方を始めから見ていくことにしましょう。

ひまわりの時期

まずはひまわりについて基本的なこと、種を植える時期と開花時期について知っておきましょう。種はホームセンターやインターネットで手軽に買うことができ、4~6月頃に植えます。

できるだけ早めにまいた方が、背丈や花も大きく育つようです。開花するのは、7~9月頃。まさに、夏の盛りを彩る花です。夏の初めから終わりまで、暑さに負けないたくましい立ち姿で私たちを魅了してくれるでしょう。

種から育てる

ひまわりは植え替えを嫌うので、種から育てるのが一般的です。まず春に、種まきをします。3号鉢ほどのビニールポットに、底石、用土の順に入れていきます。種をまいたら土で覆い、十分水やりをします。ひまわりの発芽と成長には、20~25℃ほどの温かさが適しているため、遅くとも7月までに種まきを終わらせましょう。

発芽するまでは毎日1日2回ほど十分に水をやり、常に土が濡れている状態を保ちます。種は1週間ほどで発芽してきます。発芽すると、双葉ができます。その後本葉ができるので、良い葉を1本選んで弱い葉は間引きします。

発芽後は、水は控えめにして土をやや乾燥気味の状態に保ちます。

土は有機物の多い良く肥えた土で、水はけが良いものがひまわりに適しています。ひまわりは生命力の強い植物なので、土質が良いなら肥料がなくても育つほどです。

ただ、ひまわりには弱酸性や中性の土が適しており、アルカリ性の強い土は避けた方が良いでしょう。ホームセンターに売っている培養土に、腐葉土または堆肥を入れて水はけの良い土を作ってやると、ひまわりが育ちやすくなります。

鉢植え

本葉が3~6枚ほどになったら、植木鉢に植え替えます。苗のポットよりやや大きい穴に、植え付けます。そのとき、根を触って傷めないよう気をつけます。

植木鉢は、ひまわりがきちんと根が張れるような深さがあるものが適しています。水はけが良く、吸水性の良い土を用いましょう。

地植え

地植えの場合は、2~3粒を一か所にまきます。ひまわりの品種の大きさに合わせて20~40cmほど間隔をあけてまいたら、1cmほど上から盛り土をします。

ひまわりは直根性といって根が傷みやすく、移植を嫌う植物です。何度も植え替えたりすることはできません。ポットで育てていた苗は、ポットの底から根が出てきたら早めに地面に埋めてあげましょう。苗から植え替えるときは、根についた土は触らずにそっと植え替えましょう。

苗を買う場合

種から育てるのが基本ではありますが、苗から育てることも可能です。苗は園芸用品店などで、手軽に手に入れることができます。購入するときにはすでに苗まで育っている状態なので、種を植えて発芽させる手間が省ける分、とても育てやすいと言えます。苗を地植えするときは、傷みやすい根には触らずにそっと植えましょう。

ひまわりを育てるポイントとは

ひまわりを育てるポイントとは

 

ひまわりの育て方をマスターするポイントは、環境を整えること。ひまわりが好む環境を知って、元気な成長をサポートしていきましょう。

肥料

ひまわりの本葉が出たら週に1度の割合で、液肥をやります。液肥は持続性がないので定期的に与えなければいけませんが、早く効果が表れやすい肥料です。

開花する前の時期にリン酸が多い肥料にすると、ひまわりの開花を促すことができます。ただし、与えすぎは逆効果です。ひまわりは土の養分を吸収しやすいので、肥料焼けを起こして根が傷むこともあるからです。

花のつきや茎を丈夫にしたければ、液体肥料や固形の化学肥料を月に1回ほど与えると効果的です。

日当たり

ひまわりは高温に強く、日当たりと風通しが良い場所を好みます。日当たりが良くないと、茎がやせてしまいます。また葉の色も黄色く変わってしまうことがあり、ひまわりが弱る原因となります。また風通しが良い場所は、病気や害虫を防ぐ効果があります。

水やり

土の表面が乾いてきたら、水を十分与えます。水が足りないと、枯れる原因になってしまいます。開花した後は気温も高い時期になりますので、土が乾きやすいため十分水をやりましょう。ただし、やりすぎは禁物です。乾きすぎず湿りすぎず、適度な保湿性を保つようにしましょう。

支柱立て

ひまわりは成長すると、背が高くなり花も重くなります。そこで側に支柱を立ててやると、ひまわりが倒れるのを予防できます。ひまわりが大きく成長してきたら、ホームセンターに売られている支柱を横にさして、ひもで縛ってあげましょう。

日頃からひまわりをよく観察して、病気にかかっていると早めに気づき、状況に合った対策をすることが肝心です。

剪定

ひまわりの花びらが散りだした頃、新しいつぼみの上から剪定をします。開花を終えたひまわりをそのままにしておくと、やがて花の重さを茎が支えきれなくなり倒れてしまいます。早めに花を剪定して、養分を次のつぼみの開花に使わせるようにします。

ひまわりを枯らしてしまう病気や害虫

ひまわりを枯らしてしまう病気や害虫

 

ひまわりは育てるのを怠ってしまうと、病気や害虫の被害にあい枯らしてしまうことがあります。ひまわりが枯れる原因として、さまざまな病気があります。

枯れる原因

【黒斑病】

6~8月になると地面に近い方の葉から、黒褐色の斑点ができることがあります。斑点が広がると、その周辺が黄変していきます。そのままにしておくと葉が枯れてしまうので、見つけたらすぐ消毒液をまきます。病変した葉は、切り取ってしまいましょう。

 

【ベト病】

ひまわりは、じめじめした季節が苦手で、梅雨の時期に【ベト病】という病気にかかることがあります。【ベト病】とはひまわりが気孔から糸状の菌に感染し、葉に褐色の病斑ができるものです。そのままにしておくと、枯れてしまうので気づいたら薬剤をまきましょう。病変した葉は、切り取ります。

 

【菌核病】

6月と9月になると、花の裏に病斑ができることがあります。病気が進行すると、花が枯れてしまいます。気づいたら、ひまわりを根から抜いて焼却しましょう。

 

【褐斑病】

7~8月の暑い時期になると、葉に褐色の斑点ができることがあります。そのままにしておくと、葉が枯れてひまわりが弱ってしまいます。早めに病変した葉を、切り取ります。

 

害虫

【ナメクジ】

発芽する頃になると、ナメクジが発生することがあります。ナメクジ退治液をまいておくと予防することができますし、塩を直接かけても良いでしょう。

 

【アブラムシ】

アブラムシは新芽や葉の裏などに発生し、養分が含まれたひまわりの汁を吸ってしまいます。ひまわりが弱る原因になりますので、殺虫剤などを散布する必要があります。

また、アブラムシが出す甘い蜜は、アリが寄ってくる原因にもなります。アリがいなくなったら、アブラムシが駆除できている証拠です。

 

【ハダニ】

ハダニは、葉の裏に発生し、葉の養分を吸ってひまわりを弱らせてしまいます。養分を吸われた場所に白い斑点ができるため、気づきます。ハダニは水が苦手なので、十分水やりをしましょう。また殺虫剤などをまいておくことで、駆除できます。

まとめ

日頃からひまわりの様子を観察し、いつもと違う様子なら早めに対応してあげること。基本的なことですが、これを毎日のように行うことが元気なひまわりを育てる上で欠かせません。

また丈夫なひまわりの育て方としては、何といっても環境を整え肥料に気を配ることが大切です。そして適度な水やりや剪定を施すことで、ひまわりを病気や害虫の被害から守ってあげられます。そのようにして手を加えたひまわりは、すくすくと成長していくでしょう。

ひまわりをこれから育てようとしている方も、かつて育てていたけど上手く行かなかった方も、今回の記事で見てきたことをぜひご参考になさってみてください。これから皆さんの育てられるひまわりが、元気な花を咲かせるように願っています。

お庭110番のサービス料金
  • 庭木の剪定

    3,000円〜/本

    詳しくみる
  • 伐採

    2,000円〜/本

    詳しくみる
  • 草刈り(機械刈り)

    300円〜/㎡

    詳しくみる