剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 最新情報・レポート > 砂利や人工芝。その下には防草シートを!その効果とは?手順もご紹介

最新情報・レポート

砂利や人工芝。その下には防草シートを!その効果とは?手順もご紹介

緑色のふさふさした芝がお庭にあったら、素敵ですよね。丁寧に手入れされた芝のお庭は、とても美しいものです。

しかし、その一方で「自然芝は手入れが面倒だ…」と思われる方も多いでしょう。お庭のお手入れをしやすさを考えたときに、手軽で人気なのが砂利や人工芝です。

砂利や人工芝はそのもののお手入れはあまり必要がなく、とても便利なものです。ただ、気がかりなのは、雑草のお手入れです。お庭の雑草の管理は、思ったよりも時間と手間がかかるものなのです。

せっかく砂利や人工芝を敷いても、そこから雑草が生えてきたら、残念な気持ちになってしまいます。そんな事態を解消してくれるのが、防草シート。砂利や人工芝を敷くときには、防草シートの存在は見過ごせません。

では、雑草対策に防草シートがなぜ必要と言われるのでしょうか?今回は、雑草対策に防草シートを敷くメリットについて、お伝えしていきます。

 

 

砂利や人工芝だけはだめ?防草シートを敷くメリットとは

植物を育てている方はご存じのとおり、お庭のお手入れにおいて、雑草対策は必ず必要になってきます。

雑草というのは環境さえ整えば、たくましい成長を遂げていきます。風が雑草の種子を土がある場所に運んできて、そこに水と太陽の光があれば雑草は成長していきます。

肉眼で見えなくても、地面には風が運んできた雑草の種子が存在している可能性があります。また雑草が地面に根を張っていたら、砂利や人工芝の下から生えて来てしまいます。そのため、地面にそのまま砂利や人工芝を敷くことは、いたずらに雑草対策にかかる手間と時間を使うことになりまねないのです。

人工芝には通常、排水用にビー玉ほどの小さな穴が空いています。防草シートを敷かず、地面に直接人工芝を敷いてしまうと、その排水用の穴から雑草が生えてきてしまいます。それを防ぐには、防草シートを人工芝の下に敷いておくことが必要となります。

防草シートを敷くメリットとデメリット

防草シートは日光を地面に届かなくさせることで、雑草を生えにくい環境を作ります。また、防草シートによって水はけがよくなるメリットがあります。

また、雨が降ったときにも、防草シートの下まで雨が浸透するため、常に水はけがよい状態を保つことができます。そのため、人口芝の下に防草シートを敷いても、防草シートに湿気が充満するということがなくよいでしょう。

デメリットとしては、防草シートを敷くには費用がかかるということです。また年々、劣化していくということがあります。しかし、初めにしっかりとした防草シートで雑草対策をしておくことで、後々のメンテナンスの費用が抑えられます。

そもそも防草シートの効果とは

防草シートを敷くことで得られる最大の効果は、太陽光が土に直接当たらないようになることで、雑草の成長を妨げるということです。

雑草は光合成により、成長していきます。防草シートは日光をシャットアウトできるため、雑草の成長を妨げることができるのです。

もし雑草の種子が風で飛んできたとしても、防草シートが地面に敷いてあれば、発芽を妨げることができます。

防草シートは水はけがよいので、水たまりができたりしません。また、防草シートには、雑草の成長を妨げるための薬剤などが含まれていません。薬剤を使っていないため、お子様やペットが直接触れたりしても、健康の害がなく安心してお使いいただけるでしょう。

どんな防草シートを選べばよい?

防草シートはコンクリートなどに比べれば安価で使いやすい素材です。しかし、防草シートは、紫外線により劣化をするケースがあります。薄い防草シートは比較的価格安いですが、紫外線により早く劣化してしまうことが多いです。

また、繁殖力の強い雑草が下から生えてきた場合も、破れてしまう可能性があります。初期費用を抑えたい方、またはお庭のお手入れを頻繁にされるという方は、薄いシートでも良いかもしれません。

しかし防草シートの交換するのが面倒な方、普段お庭の手入れにさく時間がなかなか取れないという方は、厚手の防草シートを選んだ方が安心といえます。薄手のものは1~2年が寿命ですが、厚手で丈夫なものなら10年以上持つといわれています。

防草シートの劣化を防ぐには、紫外線を直接あてないことです。砂利を敷いておけば、防草シートの紫外線対策にもなるのでおすすめです。

自分でもできる!防草シート、砂利、人工芝の敷き方手順

自分でもできる!防草シート、砂利、人工芝の敷き方手順

 

ポイントさえ押さえれば、ご自分でも砂利や人工芝を敷くことは簡単にできます。ぜひご自宅でお試しになってみてください。

防草シートの敷き方

1.雑草を取り除く

防草シートを敷く前に、シャベルや鎌などを使って、地面に生えている雑草は、根こそぎを取り去ってしまいましょう。シートを敷くのに、じゃまな石なども撤去します。

2.整地する

雑草を取り除いた土を掘り起こし、熊手などを使って、平らにして整地します。多少体力は要りますが、踏みつけるだけでも大丈夫です。地面がでこぼこしていたり、柔らかい状態になっていたりすると仕上がりに差が出てくるため、整地はしっかりと行いましょう。

3.防草シートを敷いていく

防草シートを敷きたい場所に置き、大体の大きさを合わせたら、はさみで切っていきます。隣り合うシートの間が空かないよう、シート同士が重なるように敷いていきます。重ねた場所に専用のテープを貼り、太陽光が入らないようにします。

せっかくの防草シートがめくれないように、地面に固定をしなければなりません。防草シートを重ねたヵ所で、防草シート専用の止めピンをトンカチで固定していきます。

防草シート専用の止めピンは、鉄製で太く、先端がとがっているものがよいでしょう。鉄がさびることで抜けにくくなります。鉄は強度もあり価格も安いため、よく使われる素材です。

人工芝の敷き方

防草シートを敷いたら、人工芝の面積を確認するために、人工芝を防草シートが敷かれた場所に仮に合わせていきます。人工芝の端に生地が余っている部分があれば、1~2センチメートルほど切っておくことで仕上がりが美しくなります。

人工芝にはパイルの向きがあるので、毛の向きが同じになるように同方向に敷いていきます。普段人の視線が向く方とは、逆方向に芝の葉先が向いていると美しく見えます。

砂利と人工芝、どちらがよい?ときには融合することもオススメです

砂利と人工芝、どちらがよい?ときには融合することもオススメです

 

砂利も人工芝も、メリットは管理のしやすさにあります。砂利だけだと地味でさみしい、けれども人工芝だけだと普通でつまらない、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

砂利と人口芝で迷った場合は、いっそのこと、どちらもお庭に敷くことも考えてはいかがでしょうか?砂利と人工芝をレンガなどで仕切り、部分的に用いるという方法もあります。砂利と人工芝のそれぞれのメリットを活かし、ご自身の目的に合った使い方をすることも可能です。

砂利と人工芝のどちらも楽しめるため、もしどちらかに決めることができず困ってしまった方は、このような方法もあるということを覚えておかれると良いでしょう。

まとめ

今回は、砂利や人工芝を敷く際に、雑草対策として防草シートが効果的であることをお伝えしてきました。

雑草の成長には、まず太陽光や土、水といった環境が必要です。防草シートは、雑草が成長するのに不可欠な太陽光をシャットアウトしてくれます。今回の記事をお読みになった皆様は、防草シートが人工芝や砂利を敷く上で、なぜ必要なのかお分かりいただけたのではないでしょうか。

今回の記事で得た情報を、皆様がお庭に砂利や人工芝を敷く際の、雑草対策に役立てていただければ幸いです。

お庭110番のサービス料金
  • 庭木の剪定

    3,000円〜/本

    詳しくみる
  • 伐採

    2,000円〜/本

    詳しくみる
  • 草刈り(機械刈り)

    300円〜/㎡

    詳しくみる