剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 敷地のぬかるみ対策をしたい!自分でできるオススメ対策方法【5選】

最新情報・レポート

敷地のぬかるみ対策をしたい!自分でできるオススメ対策方法【5選】

敷地のぬかるみ対策をしたい!自分でできるオススメ対策方法【5選】

雨が降ったりしてぬかるみが庭にできてしまうことはありませんか。なかなか水分が抜けず、ドロドロしていて大変な思いをした方もいらっしゃるかもしれません。

じつは、ちょっとしたことですが、砂利や防草シートを敷くだけでもぬかるみ対策になるのです。今回は、ぬかるみの原因や自分でもできるぬかるみ対策、それに加えて、プロの業者に依頼したいときの業者選びのポイントもご紹介します。ぜひ、最後まで読んでください。

ぬかるみが起きる原因とは?

ぬかるみが起きて困っている方は、まず、ぬかるみができてしまう原因を突きとめなければなりません。ぬかるみの原因となるのは、以下のようなものです。思いあたるものはないか、ご自身でチェックしてみてください。

土の質

粘土質や赤土質は、ぬかるみを庭に作りやすい土質です。これらは、非常に水を吸収しやすい土なので、雨が降ったあとなど、一度水分を含んでしまうとなかなか土から水分が抜けにくいのです。

また、コンクリートやがれき、石などが大量に混ざっている地質も問題です。あまり水が土に浸透しないため、水はけが悪く、ぬかるみが起きやすくなってしまいます。

土の劣化

グラウンドなどを作るとき、表面に土ではなく細かい小石などをまいて仕上げます。これにより、地面に水がたまりにくくなり、ぬかるみをできにくくしているのです。しかし、仕上げが劣化してしまうと、ぬかるみも発生しやすくなってしまいます。

グラウンドのようにぬかるみができにくいような仕上げがなされた地面では、雨が降ると細かい土や小石が飛び散ってしまいます。飛び散った細かい土や小石は、雨が流れることで泥が発生します。そして、雨が止めば泥に含まれる水が蒸発し、飛び散ってしまった細かい土や小石が地面に積もっていきます。

これが何度も起こると、細かい土がどんどん地面に積もってしまうので、雨が降るとぬかるみができやすくなってしまうのです。

排水の設置が整っていない

排水設備が整っていないと水の逃げ道がなくなってしまい、雨の水がどんどん土にたまってしまってしまいます。それにより、水たまりやぬかるみを庭に発生させてしまうのです。

【DIY】砂利を敷いたぬかるみ対策手順

【DIY】砂利を敷いたぬかるみ対策手順

では、ぬかるみを庭に作らないようにするには、どうしたらよいのでしょうか。自分でおこなう方法として、砂利を敷くという方法があります。ここでは、自分で砂利を敷いてぬかるみを防止する方法をご紹介していきます。

地面を平らにする

まず、空気や水を押しだし、地面を平らにしましょう。自分で踏み固めていくのもよいですが、重量ブロックや木材を組み合わせて押し固める転圧機を作って利用すると効率よくできます。

地面が平らでないと、砂利を敷いたときにでこぼこして見た目が悪くなってしまいます。さらに、きちんと踏み固めていないと、雨が降ったあと人が歩くと砂利が地面に埋まってしまうこともあります。見た目が悪くなったり砂利が沈んでしまったりしないように、しっかりと地面を平らに踏み固めておきましょう。

雑草を抜いておく

砂利を敷く前に、雑草は抜いておきましょう。雑草が生えたまま砂利を敷く、と見た目もよくないですし砂利も浮いてしまいます。

砂利を敷く

地面を踏み固めて雑草も除去したら、いよいよ砂利を敷いていきます。砂利を敷き終わったら、バラつきがないように全体的にならしておきましょう。

必要な砂利の量は、「砂利を敷きたい部分の面積(平方メートル)×砂利を敷きたい厚み(cm)=必要な砂利の量(kg)」で求めることができます。

他にもこんな方法がある!ぬかるみ対策方法4選

砂利を敷く以外の方法で、ぬかるみを庭に作らない方法は以下の通りです。どれも自分でおこなえるので、自分にあった方法を選んでください。

ぬかるみ対策シートを敷く

ぬかるみ対策シートを敷いてぬかるみを防止する方法です。インターネットショップやホームセンターなどで購入できます。ゴム製のもので穴があいているものが多く、必要な大きさ分だけ購入して敷くだけなので、砂利のような敷き詰める作業は必要ありません。

常温アスファルトを敷く

常温アスファルトとは、水だけで固まるアスファルトです。熱を加えたり、混合したりする作業が必要なく、固めるだけで地面にアスファルトを敷くことができるのです。

常温アスファルトの敷き方は、常温アスファルトを地面に敷き詰めてから踏み固めます。数時間で歩いても大丈夫な状態になります。固まるのが早く、作業時間が少ないので、あまり時間をとられたくない方などにおすすめです。

防草シートを敷く

防草シートを庭に敷いておくと、ぬかるみの予防対策になります。また、雑草が生えることを防ぐことができます。防草シートを砂利の下に敷いておくと、砂利の下から雑草が生えてきにくいというメリットもあります。

ウッドチップを敷く

ウッドチップとは、木材を細かく砕いたものです。杉やヒノキなど、高い防虫効果を持った木が使用されることもあります。ウッドチップを敷き詰めることでぬかるみ対策ができるだけでなく、雑草が生えてくるのを防ぐことができます。

ウッドチップを使用するときは、木の種類によっては日当たりの悪い場所で使用すると虫が発生してしまうおそれがあるので注意しましょう。

プロに頼むメリットは?どんなことをしてくれるの?

プロに頼むメリットは?どんなことをしてくれるの?

自分でDIYをおこなうのは面倒だと感じる方や、なかなか自分でおこなう時間がないという方もいらっしゃるでしょう。その場合は、業者に依頼するのもひとつです。

プロに頼むメリット

プロの業者に頼むと、自分でやるよりきれいに仕上げてくれることと、時間がなくても代わりに仕上げてくれるという点が大きなメリットです。

また、砂利を敷く作業だけでなく、素人には難しいコンクリートで固めるなどの作業もおこなってくれます。ぬかるみができないよう排水をスムーズにするため水脈を作ることや排水管の設置などもおこなってくれます。排水工事は自分でできるものではありませんので、そのあたりもプロに依頼すると安心でしょう。

費用はどのくらいかかるの

たとえば、庭の一部などの比較的狭い範囲に砂利を敷く場合、業者に依頼すれば5,000円くらいからが費用相場です。庭全体に敷き詰めると、10万円から20万円が相場となっています。

また、色がついた砂利など見栄えを意識すると、その分値段も変わるでしょう。さらに、砂利を敷き詰める厚さによっても値段は変わります。コンクリートを敷き詰める場合は、1平方メートルにつき約1万円前後が相場になっています。

どうしたらよい?プロの選び方

プロの業者なら、DIYよりもより美しい仕上がりが期待できますし、道具を用意する手間も省けますので楽ですよね。そうはいっても、いざ依頼したいと思ったとき、「どんな業者に頼んだら安心してお願いできるのだろう……」といったお悩みもあることでしょう。

ここでは、プロの業者に作業を依頼する際、注意すべき点や確認しておくべき点をご紹介します。できるかぎり費用をおさえ、信頼できる業者を見極める知識を知っておきましょう。

・価格を明確に記載している業者

価格がはっきり提示されている業者を選ぶと、失敗が少ないです。最初から料金設定が明記されている業者は、料金が上乗せされるなどのトラブルが少ない業者であることが多いでしょう。見積りの際に、しっかりと確認しておくことが重要です。

・口コミサイトや評判サイトをチェックしておく

口コミサイトや評判の書かれた掲示板などで、利用したい業者の評判をチェックしておきましょう。実際にその業者を利用した人の意見が書かれているので、業者選びをするのに参考にしてみるとよいでしょう。

・経験が多い業者

工事の経験が多い業者であると、その分、職人の技術が優れている可能性も高いです。また、こちらの注文にも、柔軟に対応してもらえることもあるかもしれませんね。

まとめ

ぬかるみが庭にできてしまうとなかなか水がはけないことが多いです。ぬかるみができてしまうのは、土質や土の劣化などが大きく関わっています。

ぬかるみを防ぐために、砂利を敷きつめる際はしっかりと地面を平らにし、敷きつめた砂利が均等になることを意識しましょう。また、ぬかるみ対策シートや防草シートなども利用してみてください。

自分で砂利を敷き詰めるのは大変と感じる方や、なかなか時間が取れないという方はプロの業者に依頼するとよいでしょう。具体的にどれくらいの価格なのか知りたい場合は、一度見積り依頼をしてみることをおすすめします。じっくり検討し、見た目も美しいぬかるみ対策を施しましょう。

お庭110番のサービス料金
  • 庭木の剪定

    3,000円〜/本

    詳しくみる
  • 伐採

    2,000円〜/本

    詳しくみる
  • 草刈り(機械刈り)

    300円〜/㎡

    詳しくみる