剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 除草シートを使って雑草の悩みを解決!基礎知識・選び方を解説

最新情報・レポート

除草シートを使って雑草の悩みを解決!基礎知識・選び方を解説

除草シートの種類と選び方

突然ですが、お庭にはどのような除草シートを使うと、より効果が発揮できるか知っていますか。除草シートは防草シートとも呼ばれ、その名の通り草が生えてくるのを防ぐことができるシートです。しかし、除草シートといってもさまざまな種類があり、使い方次第で効果を十分に発揮することができます。

ここからは、除草シートの種類別の特徴や魅力などについてご紹介しましょう。

雑草を押さえる除草シートの仕組み

雑草を押さえる除草シートの仕組み

何度も何度も生えてくる雑草。そんな雑草に対して、除草シートはどのようにして作用するかというと、「日光」が関係しています。植物は光と空気と水によって生長しますよね。雑草とはいえど、植物であることには変わりありません。除草シートで日光を遮断することによって、雑草が生長する条件がそろわず、雑草が伸びてこなくなるのです。

除草シートの魅力

除草シートの魅力は、なんといってもリーズナブルな価格でしょう。たとえば雑草対策として、お庭をコンクリートにすると1平方メートルあたり約8,000円~10,000円ほどかかります。その点、除草シートは1平方メートルあたり約300円と経済的です。

また、コンクリートにしてしまうと地面を埋めてしまうためガーデニングなどはできませんが、除草シートの場合は地面に戻すことができます。ほかにも、除草シートは、薬剤などを直接使うわけではないので環境への害が少なく安全です。

除草シートの種類は主に2タイプ

除草シートは基本的に2つのタイプにわけられます。シートの繊維を「織っていないもの」と「織っているもの」で、それぞれ違った特性をもっています。ここでは2つのタイプについて詳しくご紹介しましょう。

不織布タイプ

雑草をしっかりと抑えたい場合は「不織布タイプ」をおすすめします。不織布タイプはその名の通り、「織っていないもの」に分類される防草シートです。和紙と同じで、繊維を折らずにつくられており、引っ張っても破れにくいのがメリットです。除草の効果は期待できますが、値段は織布タイプに比べ少し高めなところが玉にキズかもしれませんね。

織布タイプ

不織布タイプとは反対に、繊維をひとつひとつ「織っているもの」のことを織布タイプといいます。比較的安価で、農地などといった広いところへ敷くのに優れているのが特徴です。破れやすかったり、植物によってはシートの隙間から突き抜けてしまったりすることもあるので注意しましょう。

除草シートは砂利と併用がおすすめ!

除草シートを敷くときは、砂利もあわせて使うとさらに除草の効果を発揮しやすくなります。砂利を敷くことで、さらに日光が当たりづらくなるからです。

防草シートに使用する砂利ですが、おすすめは化粧砂利です。なぜかというと、化粧砂利は角がなく丸みを帯びているため、防草シートが傷んだり破れたりしません。さらに、砂利の大きさや色の選択によってお庭の印象を変えられます。

たとえば、小さな砂利を敷き詰めると、かわいらしいおしゃれな雰囲気になるでしょう。大きめの砂利はインパクトが強く高級感が増すのではないでしょうか。砂利にはさまざまな色合いがあるので、それらもあわせて楽しむことができます。それだけでなく、砂利の上を歩いたときに音がするため、防犯対策にもなるのです。

除草シートの選び方4つ

さまざまな除草シートがあるので、選ぶときに迷ってしまうという人もいるかもしれません。ここでは、用途別の除草シートの選び方についてご紹介します。

【選び方1】使用する方法

除草シートが露出している場合景観にも影響を与えるので、色合いも気を配りましょう。除草シートを敷いてから植物を植える「植栽」用の場合は、除草シートが除草を続けるタイプと、分解されるタイプに分かれます。砂利と併用する場合は、紫外線以外で劣化しない、強力なものかどうかをチェックしましょう。

【選び方2】使用する場所

日当たりが悪い場所に除草シートを使用する場合、地面の土などが崩れてしまうのを防ぐため、透水性が高いものを選びましょう。除草シートと砂利を併用するのも効果的です。人がよく通る場所は、摩擦などで破れやすくなってしまうので強力な除草シートを使うようにしましょう。

【選び方3】雑草の種類

対策したい雑草によって、除草シートの種類も異なります。スギナやイネなどの強力な雑草には密度が高く、貫通しづらい不織布タイプを選ぶようにしましょう。なお、背が低くて葉が丸い雑草しか生えない場合は、どのタイプの除草シートでも活用することができます。

【選び方4】水はけの良さ

水はけの良さは土壌によって大きく違いますよね。除草シートの中には水を通すものと通さないものがあり、一般的に使われる除草シートは、雑草以外の植物に水分を与えるために水を通すものが使われているのです。土壌のようすにあわせて除草シートを選ぶようにしましょう。

気になることはプロに相談してみましょう

除草シートの種類はさまざまで、除草をしたい環境によって必要な条件はそれぞれ異なります。「自分のお庭に適した除草シートは、どのようなものなのかわからない……」という人もいるのではないでしょうか。除草シートや砂利の種類選びに迷っているときは、プロにおまかせしてみましょう。

プロは土壌や砂利の知識が豊富なので、自分のお庭に最適な除草シートを選ぶことができます。より高い効果を発揮するために、気になることや不安なことがあれば相談してみるといいでしょう。

【DIY】除草シートと砂利の敷き方

ここまでは、除草シートの選び方や種類などについて解説してきました。使う除草シートが決まったら、実際に除草シートと砂利を敷いていきましょう。ただ敷くだけでは効果が十分に発揮されないので、敷く際のポイントをおさえておくのが大切です。

「除草シートを敷きたいけど、何からはじめればいいかわからない……」という方でも大丈夫。ここからは、事前に準備しておくべきものや除草シートと砂利の敷き方、さらに、敷くときのポイントをご紹介しています。

準備するもの

準備するもの

除草シートを敷くときは、事前に以下のものを準備しておきましょう。

  • 除草シート
  • 固定ピン
  • ハンマー
  • 粘着テープ
  • 軍手
  • カッター

なお、「除草シートの上から砂利を置きたい」という場合は、このときに砂利も準備しておくといいですね。

【手順1】雑草を取り除いて整地する

除草シートの効果をより発揮するため、まず雑草を取り除く必要があります。雑草を取り除いた後は、地面をしっかりと平らに整地しましょう。余裕があれば除草剤などを散布しておくのもいいですね。なお、この作業を怠ると、除草シートの破れやズレの原因になりかねませんので、しっかりおこなうようにしましょう。

【手順2】シートを広げる

平らになった地面に除草シートを少しずつ転がしながら広げていきます。勢いよく広げてしまうとズレの原因になるので、丁寧に、ゆっくりと設置するのが大切です。砂利を敷かない場合はさらに慎重におこないましょう。長さを指定したら、けがに気をつけながらカッターでシートを切ります。大きなお庭の場合は、複数枚の除草シートを重なるように置いていきましょう。

【手順3】ピンを打って止める

せっかく敷いた除草シートが飛ばされないようにハンマーでピンを打ち込みます。複数枚シートを敷いていて、重なる部分があるときは10cm以上重ねるのがポイントです。ピンを止める場所には、事前にチョークなどを使って印をつけておくことでスムーズに作業がすすみます。ピンを打って止めた後は、砂などを掃除してから粘着テープでしっかりと固定しましょう。

砂利の敷き方

除草シートを設置してから、水たまりをなくすためや見栄えを良くするために砂利を敷く場合の手順です。

1.砂利を敷く場所の面積と厚みを計算する

どのくらいの広さかによって、必要な砂利の量が変わってきます。

2.実際に使用する砂利の量を計算する

大体、砂利は1平米あたり約80kg必要です。なお、使う砂利の大きさによって必要な量は異なります。

3.砂利を敷く

実際に砂利を置いていきます。砂利が強風によって飛んでいってしまったり、靴などに挟まったりなど、時間の経過とともに砂利が減ってしまうこともあるでしょう。そんなときに備えて、砂利の種類を覚えておくと便利ですね。

プロなら整地から施工まですべてお任せ!

自分で除草シートを敷いたのに、詰めが甘く、すぐに雑草が生えてきてしまっては元も子もないですよね。とくに女性やお年寄りの方の場合、整地したり砂利を運んだりする作業は、意外にも重労働です。また、お忙しい方や徹底的に除草したいという方、さらに「自分でこのような作業をするのは気が引ける……」という人はプロに依頼してみましょう。

プロに依頼することで、雑草対策にもっとも大切な整地から丁寧な施行が可能です。除草シートの設置後のメンテナンスなどもしてもらえることがあります。抜かりなく除草するために、検討してみてはいかがでしょうか。

業者に依頼してみよう!

実際に業者へ依頼するとなると、さまざまな業者が見つかるかと思います。ここからはどのような業者がおすすめなのか、除草シートの費用相場などについてご紹介しましょう。

費用相場はどれくらい?

費用相場はどれくらい?

除草シートを設置してもらうのに、費用相場はいくらくらいなのでしょうか。例として、30平米の場所に除草作業、地面をならし、除草シートを敷いて、砂利を敷いたとします。そのときの費用相場は約80,000円です。もしも整地だけ自分でおこなうなどして、作業工程を減らせばその分費用も下がります。

業者選びのポイント

さまざまな業者があり、どこの業者を選べばいいか迷ってしまうという人もいるのではないでしょうか。下記のポイントを目安に業者を選んでみましょう。

きちんと見積りを出してくれるか

見積りを出してくれるかどうかはもちろんですが、業者によっては、見積り後に不当な追加料金が発生することもあります。電話などで、事前に確認しておきましょう。

対応は丁寧か

電話で相談したときの雰囲気は、業者の雰囲気に直結するといっても過言ではありません。丁寧でわかりやすい対応かどうかをチェックしておくといいですね。

相談など親身に対応してくれるか

初めて依頼する場合はとくに、わからないことや不安なことがあるかもしれません。そんなときのためにも、親身になって話を聞いてくれる業者を選ぶことをおすすめします。

雑草対策はお早めに!

雑草を放置しているとさまざまなリスクがあります。たとえば、害虫の発生源になったり、アレルギーなど健康被害を及ぼしたり、景観を悪くしたりすることが考えられますね。雑草の中には手ごわい種類のものもあります。「今はいいか」と思っていると、手の施しようがないほどに成長していくこともあるでしょう。

そうならないためにも、徹底的な雑草対策が必要です。除草シートの施行についてお困りのことがあれば、業者へ相談するといいでしょう。

お庭110番のサービス料金
  • 庭木の剪定

    3,000円〜/本

    詳しくみる
  • 伐採

    2,000円〜/本

    詳しくみる
  • 草刈り(機械刈り)

    300円〜/㎡

    詳しくみる