剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 庭木の剪定 > ソヨゴの剪定はやりすぎ注意!時期と方法・育てかたのポイントを解説

最新情報・レポート

ソヨゴの剪定はやりすぎ注意!時期と方法・育てかたのポイントを解説

ソヨゴの剪定方法

ソヨゴは育つ速度がほかの植物と比べて遅いですが、剪定は必要です。何もお手入れをしていない状態が続けば、樹形が悪くなるだけでなく、日照不足でうまく成長しなかったり、風通しが悪くなることで病害虫が発生したりします。

せっかく植えた木ですから、長く育てていくために剪定は必ずおこないましょう。とはいえ、ただ闇雲に枝を切ればよいわけではありません。ここではソヨゴの剪定方法から注意事項、業者に剪定を依頼する際のコツをご紹介します。

ソヨゴってどんな木?

ソヨゴってどんな木?

ソヨゴは雄と雌の木が存在する雌雄異株(しゆういしゅ)の植物です。雄と雌の違いは、開花後に実をつけるかで、雌しか身をつけることはありません。5月~6月頃に白い小さな花が咲き、10月~11月頃には真っ赤な実がなります。

もしご自宅で生育しているソヨゴが、赤い実のなるものであれば、それは雌の木ということになります。また、『シンボルツリー』に向いている樹木とされているところも、ソヨゴの特徴です。

シンボルツリーとは、建築物を象徴する樹木のことです。一般的によく生長した、背の高い立派な樹木が、その役目を担います。ソヨゴがその役目にふさわしい理由は、植物の中でも成長が極めて遅く、常緑樹であることから日常的に落ち葉の掃除をする必要もないため、管理がしやすいからです。

仕事や家族との生活など、忙しく日々を過ごしていき、数十年が経過したときには、立派なソヨゴが庭を彩ってくれているかと思います。ご自宅を建てられたとき、家族が増えたときなど記念となる日に植えれば、まさにシンボルとして生活を見守ってくれるはずです。

ソヨゴを剪定する必要性

ソヨゴはゆっくり生長していくため、決まった時期に剪定するのではなく、伸びすぎた枝を見つけたときや、樹形を整えたいときに不要な枝を切り落とすことが多いです。絡み合った枝を切るといった基本的な剪定もおこないましょう。

まったくお手入れしていない状態が続けば、枝葉が茂り、通気性が悪くなってしまいます。害虫の多くは日陰や湿気を好むため、風通しの悪くなったソヨゴに大量発生するおそれもあるのです。大切なソヨゴを守るためにも、生長に合わせた適切な剪定は必要となります。

ソヨゴの剪定をしやすい時期は2月頃

2月頃をおすすめする理由は、ソヨゴの実がその時期に落ちるからです。実のなるメスの木である場合、かわいらしい赤い実をしっかりと楽しんでから、不要な枝を剪定しましょう。

生育しているソヨゴがオスの木である場合は、白い花が咲き終わる5月~6月以降に剪定をおこなってください。

剪定をおこなうことによって、木全体が効率よく日光を受けられるようになり、風通しがよくなることで病害虫を予防できます。

【剪定方法】軽く枝を透く程度でOK!

ソヨゴの剪定は、『忌み枝』と呼ばれる不要な枝だけを切って、風通しをよくする程度で十分です。忌み枝とは、ほかの枝に絡まって、その枝の生長を阻害している枝のことを指します。そうしたほかの枝と絡まっている枝は生長の障害になるため、切除してください。

剪定とは枝を切ることであり、樹木に傷を負わせることになります。人が傷口から病気に感染するように、樹木も切り口から害虫や菌が入り込むおそれがあります。切り口から入った菌や害虫は、やがて樹木全体へのダメージとなってしまうため、剪定は適度におこないましょう。

プロに任せれば『正しく』『適度』な剪定ができます!

剪定の基本は樹木への負担をへらし、成長を促進させることです。知識や経験の少ない人が闇雲に作業してしまうと、ソヨゴに悪影響に与えることもあります。

間違った剪定を続けていれば、病害虫に毒されてしまい、最悪の場合、枯らしてしまう危険性があります。

お庭の木々と長く共生していくためにも、自力での剪定に少しでも不安や心配があるなら、業者への依頼を検討してください。当社(お庭110番)には、腕のよい剪定業者が多く加盟しています。

無料で現地調査やお見積りをおこなっていますし、作業日が確定するまではキャンセルも可能です。まずは一度、お電話にてご相談ください。

ソヨゴを健康的に育てるコツ

ソヨゴは適切な育て方をし、『すす病』や『カイガラムシ』といった病害虫を注意していれば、順調に生長していきます。以下で基本的な育て方や注意すべき病害虫、ソヨゴの増やし方などについてご紹介していきます。ぜひお役立てください。

ソヨゴの基本的な育て方

ソヨゴの基本的な育て方

植物の育て方で重要なのは『水やり』と『肥料の与え方』ですが、ソヨゴにも当てはまります。ソヨゴの水やりは、鉢植えで育てているのか、地植えで育てているかで、方法が多少変わります。鉢植えで育てている場合は、土の表面が乾燥したら多めに水を与えましょう。

地植えの場合は、植えてから根を張らすまでの約2年間、土が乾いたら水を与えてください。根が張ってからは、とくに意識して水やりをする必要はありません。ただし、明らかにソヨゴに元気がない場合や、長い期間雨が降っていない場合は、与えてもよいでしょう。

次に肥料に関してですが、まず植え付ける時点で、『有機質肥料』もしくは『緩効性化成肥料』を、植え穴の底に加えてください。

そして、地植えの場合は毎年2月ごろに有機質肥料を株元に与え、鉢植えの場合は毎年3月ごろに緩効性化成肥料を追加で与えましょう。肥料は園芸店やホームセンターで購入できます。わかれなければ店員さんに尋ねてください。

注意すべき『病気』と『害虫』

植物には種類によって発症しやすい病気や、つきやすい害虫というものがあります。ソヨゴの場合は『すす病』『褐斑病(かっぱんびょう)』『カイガラムシ』『アブラムシ』が代表的な病害虫です。以下でひとつずつ詳細にご紹介いたします。

【すす病】
カビが原因による病気です。幹や葉っぱ、枝がまるですすをかぶったように黒くなってしまいます。光合成の妨げとなり、結果、ソヨゴの生育が悪くなってしまいます。

原因であるカビは、樹木について害虫の排泄物を栄養としているため、すす病を防ぐためには害虫を付着させないことが肝心です。

【褐斑病】
褐色の斑点が葉っぱにあらわれる病気です。症状が深刻化すると、斑点は広がっていき、やがてその葉っぱは枯れてしまいます。せっかく作られた新芽も被害対象となるため、早々に発病した葉を摘み取りましょう。

病気には必ず防げるという手段はないものですが、日ごろから日当たりや風通しをよくしておくと、発病する確率を抑えることができます。

【カイガラムシ】
枝や葉っぱに寄生する害虫です。栄養を吸い取って樹木を弱らせます。さらに、カイガラムシの排泄物は、すす病をもたらすカビの栄養にもなってしまうため、早々に駆除しなければなりません。

ロウのような殻に覆われていているものは成虫で、薬剤の効き目が薄いためヘラやブラシで擦り落としてください。殻のない幼虫は専用の薬剤で駆除できます。

【アブラムシ】
アブラムシから発せられる甘露は、すす病を引き起こすカビの栄養です。園芸用品店やホームセンターで購入可能な専用の薬剤で駆除しましょう。

アブラムシの量が少ない場合はガムテープやセロテープなどで、1匹1匹、樹木から取り除く方法もあります。

ソヨゴの増やし方

ソヨゴは『種まき』と『つぎ木』で増やせますが、適切な時期や方法があるため、失敗せずに増やすことができるよう、詳しくご紹介します。

【種まき】
すでに育てているソヨゴがメスの木ならば、できた実から種を取りましょう。オスの木を育てている場合は、種を購入する必要があります。通販や園芸用品店で買いましょう。

種まきの適切な時期は、3月~4月です。適期を迎えるまでは、キレイに果肉を取り除いた種を乾燥させないように水苔で包み、密封できる袋に入れて、冷蔵庫で保存します。

そして時期がきたら、種まき用の土を入れた育苗ポットに、種をまいてください。芽がでて、10~15センチメートルまで樹高が生長したら、地面に植え替えましょう。

【つぎ木】
つぎ木とは、同じ種類の植物のうち、2つ以上の個体に人が切断面を作り、その切断面同士を接着させることで、新しい個体にするという方法です。土台になる木を『台木』、その台木に接着する木を『穂木』といいます。

ソヨゴのつぎ木は『切りつぎ』と呼ばれる方法です。適切な時期は3月~4月ごろになります。まずはソヨゴの台木となる木の、地面から4~10センチメートルくらいの位置に、刃物で三角形の切り口を作るように、切れ込みを入れます。

切れ込みを入れるのは、木の凹凸のない部分にしてください。次に、穂木とする枝を10~15センチメートルほどの長さに切り、台木に作った切り口に、切り口同士が密着するように差し込みましょう。

つぎ木の成功率を上げるためには、つぎ木テープを使って、切り口をしっかりと密着させることが大切です。つぎ木テープは園芸用品店やホームセンターで購入できます。

テープを使って切り口を密着させたら、切り口が乾いてしまわないように、テープを巻いた部分をビニールで覆ってください。切り口が乾燥すると、うまくつぎ木がおこなえません。

ソヨゴのお手入れがうまくいかないときは……

自力でお手入れをしても、なぜか病害虫にやられてしまったりする場合は、剪定を業者に依頼することで改善させることがあります。病害虫は基本的に日当たりが悪く、湿度の高い場所を好むからです。

適切な剪定により、枝葉にしっかりと日光があたり、樹木全体の風通しもよくなれば、トラブル防止になります。

当社(お庭110番)は24時間365日、コールセンターでソヨゴのお悩みに対し、さまざまな助言をさせていただいております。ソヨゴの基本的な育て方から、病害虫対策のコツまで、困っていることがあればぜひ一度、ご相談ください。

剪定を依頼するときの費用と業者の選び方

多くの剪定業者は、対象の植物がどれほどの高さなのか、葉を含めたうえでの木の横幅が最も広い部分の長さといった要素で、剪定費用を決めています。

業者に依頼した場合の費用相場や業者選びのコツについて、以下でご紹介いたします。ぜひご参考にしてください。

費用はどれくらい?

費用はどれくらい?

樹木の高さが3メートル未満の場合、費用相場は『1,000円~5,000円』になります。高さが3メートルを超えたところから、費用が倍近く必要になることも多いです。

さらに、木の最も広い横幅の長さや、現場が作業をおこないやすい環境かどうかといった要素でも費用は変動するため、金額の予想をつけることは大変難しいです。

正確な費用を知りたいときは、業者に見積もってもらうのがベストです。見積りを取ったときには、どういう理由でその金額になっているかを細かく教えてもらうことも大切です。

適正な価格で依頼したいのであれば、相見積りをおこなうことも大切です。見積りを複数の業者に依頼し、費用について納得のできる説明をおこなった業者の見積りを比較することで、適正な価格を知ることができます。

失敗しない業者選びのコツ

基本的なポイントは以下の6つです。
  • 見積りがわかりやすいこと
  • 不安な点があれば相談にのってくれること
  • 対応が丁寧であること
  • 作業実績が豊富であること
  • 無料で見積りや現地調査をおこなってくれること
  • 24時間365日、剪定に関する問題に対応してくれること

業者を選ぶ際は、これらのポイントは満たしているところにしましょう。もしほかに自分なりの基準があるという方は、その基準をクリアしている業者を選ぶようにしてください。

まずは電話で相談してみましょう

剪定が必要だからといって、相談もなしに業者へ依頼する必要はありません。まずは電話で困っていることや悩んでいることを相談しましょう。

業者の中には病害虫対策や、育て方のコツについては、電話口で教えてくれるところもあります。それで問題が解決するのであれば、わざわざ業者に剪定を依頼することもありません。

当社(お庭110番)では、24時間365日コールセンターが稼働しているため、ソヨゴの育て方や剪定に関するご相談に、いつでもお答えすることができます。

無料で現地調査とお見積りもおこなっていますので、直接ソヨゴを見てアドバイスすることも可能です。大切なソヨゴを守るためにも、何かご不安な点がございましたら、ぜひ一度、お電話ください。

お庭110番のサービス料金
  • 庭木の剪定

    3,000円〜/本

    詳しくみる
  • 伐採

    2,000円〜/本

    詳しくみる
  • 草刈り(機械刈り)

    300円〜/㎡

    詳しくみる