剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 藤剪定|タイミングや方法を間違えると花が咲かない!という悲劇に。

最新情報・レポート

藤剪定|タイミングや方法を間違えると花が咲かない!という悲劇に。

藤の剪定時期と方法

藤の剪定をおこなうときは、季節にあわせて正しい方法で剪定するようにしましょう。藤は放っておくとどんどん生長してしまうので、適切にお手入れをしないと増えてしまった葉やつるが日光を遮り、花が枯れてしまうおそれもあります。

ここでは、季節ごとの藤の剪定方法や注意事項をご紹介するとともに、プロに藤剪定をお任せする方法もお伝えします。ご自身ではなかなか剪定できないという方は、ぜひプロの業者に剪定を依頼することもご検討ください。プロならではの細やかな作業によって美しく咲いた藤の姿に、うっとりすること間違いなしです。ぜひ参考にしていただき、美しい藤を存分に楽しみましょう。

夏の剪定

夏の剪定

夏に剪定をおこなう理由は、樹形をつくるためと花芽をたくさんつけさせるためです。藤はツルがよく伸びていく植物になります。そのため、伸びすぎたツルが重なってしまい、幹に影をつくってしまう場合があります。影ができて日が当たらないと藤全体の生長の妨げになるため、5月下旬から6月上旬のあいだに邪魔なツルは切り落としましょう。

また、6月を過ぎてもまだ勢いよく伸びているツルがあれば、先端を切って適度な長さに調整しておくようにしましょう。ただし、つるを切りすぎては見た目も悪くなってしまいます。夏は藤の生長時期ですので、むやみに切りすぎることがないように少しずつ手を入れていきましょう。

この時期にやるべき剪定は、ツルを切るだけではありません。花が咲いたあとの処理も必要になります。藤は5月ごろに花を咲かせるのですが、その花を枯らしたまま放置しておくと、種入りのサヤを実らせます。サヤがあると栄養がそちらにも回ってしまうため、藤全体の生育に悪影響を及ぼしてしまいます。枯れた花はこまめに摘みましょう。

冬の剪定

寒くなってくると藤の生育は穏やかになるため、この時期にも剪定をおこないましょう。冬の剪定は、不要な枝を切りとっていき、全体のバランスを整えるようなイメージでおこないます。11月ごろには藤の葉が落ちてしまいますので、花芽のついていない枝も取り除き、落葉とともに処分しましょう。

3~5つくらいの花芽を残すようにして剪定していきますが、なかには勢いよく生長するヤゴという枝もあります。ヤゴを発見したら根元から切りとってください。品種によっては、切るべき箇所が見分けにくい場合もあります。大胆に切らないよう、すこしずつ剪定していくようにしましょう。

藤の剪定をプロに任せたほうがよい理由

藤の剪定は、剪定後のイメージをしながら少しずつおこなうのが失敗しないポイントです。藤の生長や時期にあわせて適切におこなわなければ、花が咲かなくなってしまいます。

しかし、藤の特性や適切な剪定方法を知る業者にお任せすれば、そのような心配はありません。高所での作業が必要な場合は、自力でおこなえば落下して負傷するおそれもありますが、業者に依頼すれば安心安全に藤を美しく剪定することだって可能なのです。

さらに、自力で剪定した場合には、切りとった枝や枯れた花など処分しなければならないゴミがでてしまいますが、業者であればその処理も任せることができます。藤の剪定にお困りでしたら、ぜひ一度業者へ相談してみましょう。

弊社「お庭110番」では、あなたの剪定のお悩みに寄り添い、丁寧かつスピーディーに解決いたします。「生長に合わせた剪定なんてできるかわからない……」とお悩みでしたら、まずは弊社の無料相談窓口へご連絡ください。

藤の育て方・花を増やす3つの方法

藤の原産国は日本で、古くから日本人に愛されてきました。儚げで優しくも、長いツルを垂らして10メートル以上に生長していく様はとても大胆です。長い時間を経て現在も変わらない姿は多くの方に愛されています。そんな藤を上手に育て長く楽しむためには、剪定以外にもたくさんのことを知らなければなりません。ここでは藤の上手な育て方を3つご紹介いたします。

知っておくべき生態

知っておくべき生態

1つめは、「藤の生態を知ること」です。藤の属性や分布、生育に適した環境など藤の基本情報をご紹介しましょう。

  • <基本情報>
  • 分類・マメ科フジ属
  • 花色:淡い紫、白、ピンク
  • 形態:つる植物
  • 開花時期:4月下旬~5月上旬
  • 植付時期:11月~3月
  • 生育環境:本州以南

藤は育てやすい植物です。鉢植えから楽しむことのできる藤ですが、品種によっては約10メートルの樹高になるものもあり、園芸に最適な植物です。

藤を上手に育てるために、よく日光が当たる場所に植え付けるようにしましょう。植え付けの際に使用する土は、水をたっぷりと吸収し、かつ水はけもよい土が最適です。品種によっては大きくなりツルもよく伸びるので、できるだけ広い空間で生育することもうまく育てるためのポイントです。

水やりは、お庭に植えるか鉢で育てるかによって少し異なります。お庭に藤を植えた場合は基本的に水やりをしなくてもよいですが、猛暑が続いて土が乾燥してしまう場合には十分に水やりをしてください。鉢で育てる場合には、夏は朝か夕方に1日1回、冬は土が乾燥してきたら水やりをするようにしましょう。春と秋は極端に土が乾くことはあまりないので、2日に1回くらいのペースで水やりをするとよいでしょう。

藤には12月~2月ごろに、『寒肥(かんごえ)』として肥料を与えてください。寒肥とはこれから1年間生育していくうえで、藤の状態を良好に保つ働きをするものです。さら新芽や花芽の数を増やす効果もあります。肥料には緩効性タイプを選びましょう。栄養分が1年間をかけて浸透していき、継続的に肥料の恩恵に授かれます。

気をつけるべき病害虫

2つめは、「害虫に注意すること」です。比較的簡単に育てることができる藤ですが、以下のような害虫や病気には十分注意しましょう。

根頭がん腫病

根頭がん腫病とは、根や根の近くの茎にこぶができる病気です。根が土の中にいる細菌に感染してこぶができると、栄養を吸収できなくなってしまいます。最悪の場合は、枯れてしまうこともあるのです。

さらに、病気に感染してしまったところを除去しても根本的な解決にならず、再発してしまうおそれもあります。感染に気がついたら、土ごと植えかえるようにしましょう。

この病気は、細菌が根や茎にある傷口から侵入することで発症するものです。植えかえをおこなう際に、細菌が手や道具に付着していれば、そこから感染するおそれがあります。軍手をしっかりと着用し、道具を消毒用のアルコールでキレイにしてから、藤を傷つけないように注意して植えかえてください。

こぶ病

こぶ病とは、ツルや枝に淡い緑色のこぶができてしまう病気です。こぶができてしまうと少しずつ腐敗が進み、枯れたり折れてしまったりするおそれもあり危険です。

藤を購入するときはこぶがなく健全なものを選ぶようにし、生育中にこぶを発見したらそのツルや枝を必ず剪定するようにしましょう。

ハマキムシ

ハマキムシとは黄緑色の細長い形をした、葉を丸めた中に隠れて暮らすガの幼虫です。葉や新芽、つぼみや果実を食べ荒らし、藤の生育に大きな影響を及ぼします。

ハマキムシは小さく葉に隠れているので見つけにくいですが、新芽や新葉をさがしてみてください。葉が食害されていたり丸まっていたりするところに潜んでいます。とくに、夏ごろはハマキムシの被害が多いため、食害によって藤が枯れてしまうことのないよう、発見したら確実に駆除しましょう。薬剤で駆除すれば、素早く確実な除去が可能です。駆除する際の薬剤は園芸用品店で購入することができます。

コガネムシ

コガネムシは、光沢がありまさに宝石のような輝きをした色合いをもつ昆虫です。見た目は美しいコガネムシですが、藤の生育に被害を与えることもあります。コガネムシの成虫は羽をもっているため飛び回り、葉や花を網目状に食べ荒らしていきます。また、成虫のコガネムシが産卵し幼虫が生まれると、その幼虫が根を食べてしまうのです。

コガネムシを発見したら、成虫でも幼虫でも完全に除去するようにしましょう。土の中のコガネムシは、薬剤を用いて駆除すれば卵もまとめて死滅させることができます。コガネムシ対策となる薬剤も園芸用品店で購入することができます。

花が咲かない理由

3つめは、「花が咲かない原因や失敗例を知っておくこと」です。藤を育てる楽しみは春の終わりから初夏に、あの淡く優しい花を見られることですよね。しかし、藤の花が咲かないとなると一生懸命お手入れをしたことが無駄になってしまいます。花が咲かない理由には以下のような原因があるので、生育の際には確認しておくとよいでしょう。

  • ・お手入れする時期が適切ではなかった
  • ・水やりを十分にしていなかった
  • ・剪定の際、枝や芽を多く切ってしまった
  • ・日当たりの悪い場所に植えてしまった

比較的簡単に育てることができる藤ですが、植えかえや植えつけの時期が間違っていた場合はうまく花が咲かないおそれがあります。また、十分に日光が当たらなかったり水分を確保できなかったりすると、栄養をつくることができないのです。庭植えでも鉢植えでも十分に日光を取り入れ、水分を吸収できる環境で育ててあげることが大切です。

また藤を剪定する際は、枝の根元を大胆に切ったり無作為に切ったりすることはやめましょう。もし間違って芽のある枝を切ってしまえば、せっかくの美しい花が咲かなくなってしまいます。とはいえ剪定しないで放置していれば、木の生長に栄養がどんどん回されてしまい、立派に開花しないおそれもあります。また、切ったあとの樹形を考えることも重要です。剪定後の藤の姿を思い浮かべながら、少しずつ剪定していくことを心がけてください。

プロに任せれば適切な剪定が可能

藤の上手な育て方や注意事項をお話ししましたが、毎日水やりをしたり害虫がついていないか確認したりするのは大変ですよね。また、お手入れするにしてもどのように剪定すればよいのか、失敗しないかと不安になることもあるでしょう。

そんなときは、藤に詳しいプロにお任せしてしまいましょう!弊社では、剪定以外にも害虫被害に対処したり今後の予防をしたりするなど、幅広いフォローをさせていただきます。藤のお手入れに関してお悩みでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。より長く藤を楽しんでいただくためにも、一時的な対処ではなく害虫の徹底した駆除や正しい剪定をさせていただきます。

藤の剪定・相場は?業者の選び方

藤の剪定を業者に依頼するとき、どのくらいの費用がかかるのか知りたいですよね。費用は剪定する藤の大きさに応じて変化します。ここでは、藤剪定にかかる費用の相場と、安心してお任せできる業者を選ぶために必要となるポイントをご紹介します。

藤の剪定・相場はいくら?

藤の剪定・相場はいくら?

藤の剪定費用は業者や作業内容、樹木の大きさなどさまざまな理由で差が生じますが、植木1本あたり以下のような相場で剪定してくれます。

  • ・高さ3メートル未満の低木……約3,000円前後
  • ・高さ5メートル未満の中木……約7,000円前後
  • ・高さ7メートル未満の高木……約20,000円前後

このように木が大きいほど費用が高くなり、大きさによっては個別の見積りとなることもあります。業者によって費用は異なるので、必ず正式な依頼の前に複数の業者から見積りをとるようにしましょう。費用や作業内容などをしっかりと比較検討してみてください。

相見積りをとる理由

相見積りをとることは、安心して業者にお願いするためには非常に重要なポイントとなります。相見積りをとると各業者の作業内容に無駄がないか、作業漏れがないかがわかりやすいからです。料金が安いことはうれしいポイントですが、大切な作業が抜けていては元も子もありません。見積書に「作業一式」など不明瞭な記載がないかを確認し、隅々まで内容を理解しておくと安心です。

また、料金設定が適切かどうかを見極めることもできます。極端に高い、安すぎるという場合には要注意です。どんな作業にどのくらい費用がかかるのかも見ておき、わからない箇所があれば必ず作業前に確認しておくようにしましょう。

どんな業者を選ぶべき?

藤剪定の業者を選ぶときは、失敗を防ぐためにも以下のようなポイントをおさえておけば安心です。ぜひ、業者選びの参考にしてくださいね。

  • ・要望を聞いてもらえる
  • ・専門知識や実績がある
  • ・見積りがわかりやすい
  • ・口コミや評判がよい
  • ・庭周りの悩みを相談しやすい

ポイントはいくつもありますが、業者のサイトやSNSを見ると口コミや評判が豊富に記載されていますので、ぜひ参考にしてみましょう。また、丁寧かつ親切に相談に乗ってくれて、剪定以外の庭周りのお悩みごとにも対処してくれる業者なら、長くお付き合いすることができます。

弊社は、全国各地の剪定業者が在籍しており、お客様のお悩みに応じて適切な業者をご紹介することが可能です。見積りに関しましても、きちんと現地の状況を確認してからお見積りを作成し、見積り内容や作業の詳細をわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。見積りが確定したあと追加請求などは一切ございませんので、どなたさまも安心してご利用いただけます。

藤の剪定以外にも、なにかお庭に関するお悩みごとがございましたら、ぜひ弊社の無料相談窓口にご連絡ください。みなさまからのお電話、お待ちしております。

お庭110番のサービス料金
  • 庭木の剪定

    3,000円〜/本

    詳しくみる
  • 伐採

    2,000円〜/本

    詳しくみる
  • 草刈り(機械刈り)

    300円〜/㎡

    詳しくみる