剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 庭木の剪定 > ジューンベリーの剪定方法!日常のお手入れや上手に育てるコツは?

最新情報・レポート

ジューンベリーの剪定方法!日常のお手入れや上手に育てるコツは?

ジューンベリーの剪定時期と方法

ジューンベリーは、樹形が美しいことや、病気や害虫被害の心配もほとんどないことなどが人気の果樹です。

ジューンベリーは初心者でも比較的育て易い庭木ではありますが、苗のころから樹形を整えるひと手間を加えてあげることで、樹形の美しさをより引き立てることができるのでお手入れのコツを知っておくとよいです。

ここでは、ジューンベリーの剪定時期や方法についてご紹介していきます。この記事を読むことで自宅のジューンベリーをより美しく育てることができるようになるでしょう。

ジューンベリーはいつ剪定するの?

ジューンベリーはいつ剪定するの?

ジューンベリーは落葉樹ですので葉っぱの落ちている時期に剪定をおこないましょう。ジューンベリーの剪定をおこなうのは、休眠期にあたる12月~2月が適期です。この時期の剪定は株へのダメージが少ないです。しかし、厳しい寒さにあたると株が弱ることがあるので、最も寒い1月中旬~2月上旬の剪定は控えましょう。

ジューンベリーの剪定方法

ジューンベリーを育てるときは、「主幹仕立て」「株立ち」2つの方法を楽しめます。ジューンベリーをシンボルツリーとして育てたい場合は、左右に枝を生やす主幹仕立てがおすすめです。樹高を低くおさえ、生け垣のようにしたい場合は株立ちをおすすめします。

主幹仕立て

主幹仕立ては、ジューンベリーを植え付けた年数によって作業方法が異なります。植え付けから1年目は、幹だけの状態にする必要があるため、苗木を60cm程度の高さに切ってください。2年目は必要な枝だけを残して、他の枝を根元から切ります。

3年目は少し複雑になります。2年目に残した枝から生える細い枝を半分程度の長さまで切り、斜めに生えている枝と株元(土に触れている根っこの部分)から生えている枝を元から切り落として整えます。4年目は、残したい枝の先端部分を軽く切り、必要以上に伸びた枝や実をつけたことのある枝を切ってください。

株立ち

株立ちという剪定方法は、まず株元から出ている枝の中から、太いものを3本前後残して他の枝は切り落とします。次に、残した太い枝を半分ほどの高さに切り整え、さらに株元に生えている小さな枝や葉をすべて残さず切り落としましょう。2~3年間そのまま成長させた後、長くなりすぎた枝や実をつけた枝や株元から生えてくる新しい枝を切り除いていきます。

切った枝はどうする?

ジューンベリーを剪定して出た枝は、20~40cmくらいにカットしてゴミに出しましょう。その際、地域によってゴミ出しのルールが異なる場合があるので、住んでいる地域のルールに従って処分しましょう。 工作が好きなかたは、切った枝を使ってリースなどのオブジェを作ってみるのも面白そうですね。

剪定って難しそう、そんなときは?

剪定の方法はわかったけど、「自分でやるには難しそう」と感じた方もいらっしゃいますよね。慣れていないかたが剪定をすると、必要な枝まで切ってしまったり、切り終えたときに不格好になってしまったりすることがあります。また、枝を切ることは木にとってダメージとなるため、必要以上に枝を切ると花や実をつけなくなってしまうことにもあります。

もし自分で剪定をするのが不安だというかたは、業者に依頼してみてはいかがでしょうか。業者であればお客様とご相談したうえで、ご希望に沿って最適な剪定をすることができます。大切なジューンベリーにも優しくお庭の見た目も非常にきれいに仕上がったら嬉しいですよね。

もっとジューンベリーのことが知りたい!

剪定方法がわかったというところで、「ジューンベリーってどんな木なのだろう」という気持ちが湧いてきませんか?ここでは、すでに自宅のお庭に植え付けてあるかたも、これから、植え付けようと検討中のかたもジューンベリーとはどんな特徴を持っていて、どのように育てると上手くいくのかを見ていきましょう。

ジューンベリーの特徴

ジューンベリーの特徴

ジューンベリーは、バラ科/ザイフリボク属の小さな白い花を咲かせる人気の高い庭木です。花以外にも、英名:Juneberry(6月になる果実)の通り6月ごろに果実が実ることや、秋の紅葉、美しい樹形が人気です。また、初夏に実る果実は生食やジャムに加工して食すことができます。

寒さや病気や害虫に強く日当たりの良い場所に植え込めばあまり手を加えなくても育ってくれるというたくましい一面を持っています。しかし、強い日差しがあたり乾燥する場所だと、上手く育たず果実の実りが悪くなります。

ジューンベリーになる果実は鳥の大好物であるため、鳥が熟した甘い実を食べに来ることがあります。果実の収穫も視野に入れてジューンベリーを育てているかたは、鳥よけネットをかけるなどの対策が必要になります。

お手入れ方法

ジューンベリーは、落葉高木のなかでは成長が遅いので、強い剪定をしなくても育ってくれるため、手間のかからない木です。樹齢が高くなってきたら、いらない枝を適度に切り落とすくらいでいいでしょう。

次に、水やりは「庭植え」か「鉢植え」で方法が変わります。庭植えの場合は、ひどく乾燥しているとき以外は不要です。鉢植えの場合は、夏場に水が切れないように気をつけて水やりをしましょう。

肥料は、芽を出す前の3月ごろに緩効性化成肥料を50g程度株元にまきます。これは寒肥といって冬の休眠期に施す肥料のことです。

ジューンベリーの実を収穫するタイミングは、果実が黒く熟したタイミングがいいでしょう。

ジューンベリーを上手に育てるコツ

ジューンベリーは、日当たりがよく適度な湿り気があり水はけのよい環境を好みます。寒さにも強く害虫や病気の被害もあまり心配ありません。ただ、強い日差しと乾燥には弱いため高温乾燥が続く真夏などは適度に水を与えてください。

まれに、カミキリムシやアブラムシが発生することがあるので、風通しの良いところに植えるとよいでしょう。もし、あまりにも虫の被害がひどい場合には殺虫剤が必要になる場合もあります。

日ごろからお手入れを忘れずにおこなおう!

ジューンベリーを美しく育てるためには日ごろのお手入れが欠かせません。木の健康を保つためには適度な剪定や環境を良い状態に保つことが必要です。特にジューンベリーの剪定をするときは、枯れている枝葉や不自然な成長をしている枝にとどめます。これは、ジューンベリーが成長と共に自然と樹形が整ってくるという特徴があるからです。

若木のうちのジューンベリーは枝の密度が高くなりやすいため、強めに剪定をしてしまいがちですが、それがかえって実をつけない原因になる場合があります。

慣れているかたでない場合は、誤って必要な枝を落としてしまうことも少なくないので自分で剪定をおこなうのが不安だというかたは業者に依頼すると安心です。プロならば枝が沢山あっても正確に枝の取捨選択をしてきれいに剪定をしてくれるでしょう。

剪定をプロに依頼した場合の費用やメリット

大切に育てているジューンベリーの剪定は失敗したくないですよね。そこでプロに剪定を依頼したいというかたも多いと思います。

ただ、依頼を検討するときに気になるポイントは料金相場ではないでしょうか。剪定にはどれくらいの金額がかかるのかを知ってからじゃないと依頼に踏み切ることはできません。

そこで、ここでは剪定にかかる費用相場や業者選びのポイントなどについてまとめました。

庭木の剪定費用の相場

庭木の剪定費用の相場

業者によって単価制や日当制や時給制など、採用している料金形態が異なるため、依頼する前に料金を確認しましょう。

単価制……剪定を依頼する木一本あたりいくらという料金形態です。単価制の場合は、庭木を剪定するときは剪定する木の高さによって料金が変わります。

日当制……職人を一日いくらで雇うという料金形態です。

時給制……職人の作業一時間あたりいくらという料金形態です。

  • ・低木(高さ0~3m未満)……1,000~4,000円前後
  • ・中木(高さ3~5m未満)……5,000円~9,000円前後
  • ・高木(高さ5~7m未満)……15,000円~20,000円前後
  • ※単価制の場合
  • ※料金相場はおよそ上記の通りになります。

ジューンベリーの場合は3~5mの中木に当てはまります。

剪定以外にかかる費用

業者に依頼するときに、剪定以外にも別途料金がかかることがあります。これから、おもな3つの費用を紹介していきます。

1.出張費

依頼する場所や業者の対応エリアなどによって別途出張費用がかかることがあります。電話などであらかじめ確認しておくと良いでしょう。

2.駐車料金

自宅や依頼した場所に駐車スペースがない場合、コインパーキングなどを利用してもらうことがあります。その場合は、駐車料金がかかってしまう業者もあるので、依頼する前に確認しておくと良いです。

3.枝や木の処分費用

剪定の際に出た枝木の処分費用の相場は、45リットルのゴミ袋1つあたり500円程で、軽トラック1台分で3,000~8,000円程になります。剪定費用の見積りに枝木の処分代が含まれている業者もありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

処分費用をおさえたい場合は、まとめたゴミ袋を自分で地域のクリーンセンターに持っていくと良いでしょう。

庭木の剪定をプロに依頼するメリット

庭木の剪定は自分でもできる作業ではありますが、プロのような仕上がりにはならないというかたが大半ではないでしょうか。また、時間がとてもかかってしまったり、場合によってはケガをしてしまったりする場合もあります。

それに対して、プロに依頼すればきれいな仕上がりで庭木の健康も保てるというメリットや、作業時間も短くて済み、ケガをするリスクもないといったメリットがあります。

業者選びのポイント!

ここでは、業者を選ぶときのポイントをご紹介していきます。

まず、業者の作業実績は豊富であるかを確認します。作業実績が豊富であるということはそれだけ依頼を受けてきているということなので技術などを信頼できると考えられるからです。

次に、見積もりには詳細な記載や説明があるかを確認しましょう。もし見積もりの説明のなかに「一式」などの曖昧な表現が使われている場合は注意が必要です。そのときは、「一式」の内容を明確にしてもらうようにすると良いです。

最後に、対応が親切な業者を選びましょう。プロは豊富な知識と経験を持っているはずなので質問や疑問点がある場合は、はっきりと聞いてしまいましょう。そこで、親身になって回答をしてくれる業者はいい業者と言えます。また、その際に木一本からの剪定が可能かどうかも確認すると良いです。

まずは見積もりを依頼してみよう

 

業者に依頼をするときに最初にするのは見積もりの依頼です。自宅の庭木の剪定にかかる費用の見積もりを複数の業者に出してもらってから最も条件がいい業者に依頼するようにしましょう。

弊社は24時間365日電話対応を受け付けているのでいつでもご相談可能です。「どこの業者に依頼したらいいのか」「おすすめの業者は?」などのご質問にも丁寧にお答えいたしますので、一度お問い合わせください。

お庭110番のサービス料金
  • 庭木の剪定

    3,000円〜/本

    詳しくみる
  • 伐採

    2,000円〜/本

    詳しくみる
  • 草刈り(機械刈り)

    300円〜/㎡

    詳しくみる