剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > ユーカリ剪定をうまくおこなう方法を紹介!手入れをして病害虫を予防

最新情報・レポート

ユーカリ剪定をうまくおこなう方法を紹介!手入れをして病害虫を予防

ユーカリ剪定の方法と気をつけるポイント

ユーカリは、丸味を帯びた可愛らしい葉が特徴的な植物です。その見た目だけでなく、室内・室外を問わずに育てられる観葉植物として非常に人気が高くなっています。

しかし、ユーカリは管理が難しく、育て方を誤るとすぐに枯れてしまうという特徴もあるのです。

ユーカリの枯れてしまった葉や枝は、剪定をおこなうことでユーカリ全体が枯れるのを防ぐことができます。そこで、この記事ではユーカリ剪定の方法や毎日の手入れ方法、業者に依頼したときの費用などについてご紹介します。

剪定の目安は年に2回

剪定の目安は年に2回

ユーカリ剪定の目安は、年に2回程度です。剪定をおこなう時期は、ユーカリが芽吹きはじめる4月ごろと、葉や枝が密集しやすい9月ごろがよいでしょう。適切な時期にユーカリ剪定をおこなうことで、ユーカリを美しく保つことができます。

ユーカリは10m以上まで成長することが多く根の張りも浅いので、倒れないように剪定しておくことが大切です。また、ユーカリは風通しがよく乾燥した場所を好んでいるので、葉や枝の密集をおさえるために剪定が必要となります。

剪定後のケアも忘れずに

剪定はおもに葉や枝を切り落とす作業のため、切り落とした箇所は非常に弱っている状態です。そのため、ユーカリ剪定をおこなうのであれば、剪定後のケアを忘れないようにしましょう。

剪定後のケアは、切り落とした葉や枝の切り口に癒合剤(ゆごうざい)を塗っておくだけです。

切り口に癒合剤を塗っておくことで、切り口から水や養分が出ていくのを防ぎ、切り口から雨水や雑菌の侵入を防ぐことができます。そのため、剪定後は必ず切り口に癒合剤を塗ってケアしておきましょう。

剪定の方法

では、実際にユーカリ剪定をおこなう場合、どのようにしておこなえばよいのでしょうか。一口に剪定といっても、さまざまな剪定方法が存在しています。そこで、以下にユーカリ剪定でおすすめの方法を2つご紹介します。

摘心

摘心(てきしん)は、枝の先についている新芽を切り落とす剪定方法です。枝の先についている新芽を切り落とすことで、切り口から脇芽を生やすことができます。

これによって、ユーカリの芽がつく位置を調整して、自分の理想にあった形のユーカリを作ることが可能です。

また、同時に必要のない枝を切っておくことで、より理想に近い形へと近づけることができます。もし枝を切るときは、分岐点の根本からしっかりと切るようにしましょう。

透かし剪定

透かし剪定は、ユーカリの樹形を整える剪定方法です。透かし剪定では、ユーカリ全体についている不要な細い枝を切り落としていきます。この不要な細い枝とは、幹とつながっていない枝のことを指します。摘心と同じく分岐点の根本から切り落としてください。

ユーカリ全体についている不要な細い枝を切り落とすことで、ユーカリの樹形を整えるだけではなく、風通しをよくするという効果もあります。また、透かし剪定と摘心をうまく使い分けることで、樹形を整えつつも風通しがよく枯れにくい状態にすることも可能です。

鉢植えの場合は根詰まりに注意

ユーカリを鉢植えで育てているという場合、根詰まりに注意する必要があります。ユーカリは根の広がり方が地面に対応しているので、鉢植えのように横幅に制限がある場合、ユーカリが根詰まりを起こしてしまいます。

ユーカリが根詰まりを起こしてしまうと、根から生育が停まって徐々に枯れていってしまいます。そのため、ユーカリの生長にあわせて鉢植えを大きいサイズに変えるか、根詰まりを起こしている部分を半分程度刈って、根詰まりを解消しておきましょう。

剪定をするうえで失敗しやすい方法

ユーカリの剪定に慣れていない方は、風通しをよくしようと葉を必要以上に切ってしまったり、幹についている枝を切ってしまったりといった失敗をしてしまいがちです。そのため、ユーカリ剪定をうまくおこなうには、必要な箇所と不要な箇所の見極めが大切です。

枝ではなく、葉を剪定

ユーカリは葉に加えて枝も多いことから、葉より枝をメインに剪定する方が多く見られます。もちろんユーカリ剪定には枝の剪定も必要なのですが、必要以上に枝を剪定してしまうと新芽が生えてこず、将来的に不格好となってしまいます。

そのため、ユーカリ剪定は枝ではなく葉をメインに剪定をおこなうのがよいでしょう。枝は必要最低限の剪定にしておき、葉をしっかりと剪定することで、将来的に樹形がきれいに整ったユーカリを育てることができます。

剪定が難しいと感じたらプロに相談

ユーカリをきれいに育てていくうえで、剪定は欠かせない作業ですが、「自分でユーカリ剪定をするのは不安」という方もいるのではないでしょうか。もし、自分ではユーカリ剪定が難しいと感じるのであれば、剪定のプロに相談するのがおすすめです。

経験豊富な剪定のプロであれば、しっかりと健康的できれいな状態に剪定してくれます。自分では必要かどうか判断の難しい葉や枝であっても、将来的にきれいに整うように考えて剪定してもらえるでしょう。

また、ユーカリは枯れやすい植物なので、剪定に失敗して枯らせてしまうリスクも大幅に減らすことができます。「絶対にユーカリ剪定を成功させたい」という方は、ぜひ剪定のプロに相談してみてはいかがでしょうか。

毎日の手入れで病害虫を防ごう!ユーカリの楽しみ方も紹介

ユーカリを健康的できれいに保つためには、毎日の手入れが欠かせません。ユーカリの手入れを怠ってしまうと、病害虫によって枯れてしまうおそれがあるのです。

せっかくきれいに育てたユーカリも、病害虫にかかって枯れてしまっては台無しです。そのため、ユーカリが病害虫の被害を受けないように、毎日の手入れで病害虫を防いでおきましょう。

病害虫の被害を受けず、ユーカリがきれいに育てば、さまざまな方法でユーカリを楽しむこともできます。ここからは、ユーカリを病害虫から防ぐための手入れ方法とユーカリの楽しみ方についてご紹介します。

健康に育てて病害虫を防ぐ

健康に育てて病害虫を防ぐ

ユーカリを病害虫から防ぐためには、ユーカリを健康的に育てることが一番です。ユーカリを健康的に育てるためには、以下の3つの要素が必要になります。

日光

ユーカリは風通しがよく乾燥した場所を好むため、しっかりと日光に当ててあげることが大切です。室内で育てているという方は、日光が当たる場所へと移動させましょう。ユーカリは半日陰でも問題なく生長するため、それほど手間もかかりません。

肥料

ユーカリは肥料がなくても大きく生長する植物ですが、肥料を与えることで、葉全体の色味や根の張り方をよくすることができます。肥料を与える場合は、ユーカリの生育期に少しの量を与えるようにしましょう。

水やり

ユーカリの水やりは、時期によって頻度を変える必要があります。苗を植えてから1年間は、ときどき水をあげるようにしてください。2年目からは根が張っているため、ほとんど水やりの必要がなく、降雨だけでも問題ありません。

しかし、真夏のように雨が降りづらく乾燥も激しい時期は、様子を見てしっかりと水やりをおこなうようにしましょう。室内で育てているという方は、土が乾燥しきったタイミングで水やりをしてください。

ユーカリで発生しやすい病害虫

ユーカリを育てていくうえで、問題となりやすいのが病害虫です。病害虫を放置してしまうと、ユーカリが枯れてしまうおそれがあります。そこで、以下にユーカリに発生しやすい病害虫をいくつかご紹介します。

ハダニ

ハダニは、葉の裏などに生息している非常に小型の害虫です。ハダニは葉の裏から植物の汁を吸い取ることで、植物の葉緑素を一緒に吸い込んでユーカリを病気にしてしまいます。

ハダニが発生した際は、植物から葉緑素が抜けるまで症状らしい症状が出てきません。病気になってから葉に白い模様が浮かびあがるため、被害に気づきにくいという特徴があります。

しかし、ハダニはその小ささから非常に水に弱く、定期的な水やりで予防することが可能です。また、葉を濡れたティッシュなどで拭くことでも、同様の効果が得られるでしょう。

コガネムシの幼虫

コガネムシの幼虫は、植物の根を食い荒らす食欲旺盛な害虫です。ユーカリのように根の張り方が浅い植物の場合、コガネムシの幼虫によって株を一気にダメにされてしまうおそれがあります。対処方法としては、土に撒くタイプの殺虫剤を使うのが一番でしょう。

コガネムシの幼虫は、植物の根を食料にしていることから土の中に生息しており、普段では目にする機会がほとんどありません。

しかし、ユーカリに水を与えてもしんなりしているようであれば、コガネムシが原因であることが考えられます。そのため、「コガネムシの幼虫がいるかも?」と思ったら、土に撒くタイプの殺虫剤で対処しましょう。

ウドンコ病

ウドンコ病は、植物の葉や茎などが白くなってしまう病気のことです。一目でわかるほど、はっきりと白くなるので、症状が発生したらすぐに気づくことができます。

植物が乾燥することで起こりやすい病気となっており、乾燥した場所を好むユーカリにとって、発生する危険が高い病気です。白くなった部分を切り取るか、薬剤を撒くことで対処しましょう。

【装飾として楽しむ】おすすめのユーカリの種類

ユーカリにはさまざまな種類が存在しており、それぞれの種類で観葉植物として育てる楽しみだけではなく、装飾としても楽しむことができます。たとえば、ユーカリを切り花として楽しんだり、リースにして飾ったりと楽しみ方はさまざまです。

また、ユーカリの種類によって香りや色味が異なっているので、同じ切り花やリースといった装飾でも違った楽しみ方ができるでしょう。中でもおすすめの種類が、レモンユーカリとマルバユーカリです。

レモンユーカリはその名の通り、葉の部分からレモンの香りがするユーカリです。入浴剤として使われることも多く、その香りのよさから切り花としておすすめです。

マルバユーカリは葉の形がハートに近く濃い水色をしています。葉に特徴があるため、リースなどにして飾ることでおしゃれな空間を楽しむことができるでしょう。

ユーカリの手入れで困ったらプロに相談

もし、定期的にユーカリの手入れをおこなうのが難しいという方は、剪定のプロに相談してみましょう。ユーカリの手入れは、ユーカリを育てる場所や鉢植えのサイズに加えて、病害虫の予防など多岐にわたります。

そのため、自分だけでは手入れがおろそかになってしまいがちです。

しかし、剪定のプロであれば、ユーカリが健康的できれいに育つようにしっかりと手入れをおこなってくれます。とくに、ハダニやコガネムシのような被害がわかりづらい害虫は、自分で早期発見して対処することが難しいでしょう。

また、ウドンコ病のように病気になった箇所を切り落とさなければいけない場合、切り落としたあとのケアも必要です。

こうした病害虫の被害に対しても、剪定のプロであれば、ユーカリと病害虫に関しての豊富な知識と経験で対応してもらえるでしょう。「ユーカリの手入れをしたいけれど、失敗しないか不安」という方は、ぜひ、剪定のプロに相談してみてはいかがでしょうか。

剪定にかかる費用・業者選びのポイントを紹介

実際にユーカリ剪定を業者に依頼する場合、剪定にかかる費用は業者によってさまざまです。そのため、ユーカリ剪定にかかる費用相場と比べて、適正な価格であるか確かめることが大切です。

そこで、ここからはユーカリ剪定を業者に依頼したときにかかる費用相場と、剪定業者を選ぶ際に注目しておきたいポイントなどをご紹介します。

業者に依頼したときにかかる費用相場

業者に依頼したときにかかる費用相場

ユーカリ剪定にかかる費用相場は、計算方法によって異なります。1つ目の方法が、日当制です。日当制は時給制とも呼ばれ、作業終了までにかかった時間で費用が決まります。職人1人あたりで1日20,000円前後のところが多いでしょう。

2つ目の方法が、単価制です。単価制は、剪定をおこなう樹木の大きさや高さによって費用が異なります。ユーカリの高さが5m未満であれば3,000円から7,000円前後、5m以上であれば16,000円前後、それ以上の高さは要相談となっているところが多いでしょう。

また、日当制と単価制ともに、剪定で出たゴミの回収費用が必要となる場合があります。こちらも業者によって費用が異なりますが、トラック1台分でおおよそ5,000円前後のところが多いでしょう。

業者選びで注目するポイント

大切に育てたユーカリの剪定を業者に依頼するのであれば、できるだけよい剪定業者を選びたいですよね。よい剪定業者を選ぶにはいくつかのポイントがあります。

まず確認しておきたいのが、無料で見積りができるかどうかです。剪定業者に依頼するのであれば、費用の確認は必須だといえます。

そこで、あらかじめ見積りをとっておけば、費用相場と比較してその業者が適切な価格を提示しているか判断することができます。また、業者によっては現地見積りを無料でおこなってくれることもあるので、見積りの際は業者に確認してみましょう。

次に注目しておきたいポイントが、いつでも対応してもらえるかどうかです。費用もサービスも希望通りの業者を見つけることができても、こちらの日程にあわせてもらえなければ、依頼することができません。

しかし、当社のお庭110番であれば24時間365日の電話対応で、お客様の希望にあった剪定業者をご紹介することができます。

当社は全国に多数の剪定業者と加盟店契約を結んでいるので、「即日対応してほしい」「この予算内で探してほしい」といったご要望にもお応えすることができます。

また、現地見積りも無料でおこなっており、はじめに提示させていただく費用から追加料金をいただくことはありません。そのため、「見積りを見てから依頼するか決めたい」という方でも安心してご利用いただけます。

ぜひ、ユーカリ剪定業者をお探しであれば、当社のお庭110番までご連絡ください。

お庭110番のサービス料金
  • 庭木の剪定

    3,000円〜/本

    詳しくみる
  • 伐採

    2,000円〜/本

    詳しくみる
  • 草刈り(機械刈り)

    300円〜/㎡

    詳しくみる