剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 庭木の剪定 > 庭の芝生費用|種類・貼り方などで変わる価格と美観を保つお手入れ法

最新情報・レポート

庭の芝生費用|種類・貼り方などで変わる価格と美観を保つお手入れ法

庭に芝生を張ると費用はいくら必要か

庭に芝生を張ることで緑に癒されたり、小さな子どもが転んだりしてけがをする心配なく遊ばせることができます。また、芝生の緑が庭の印象を明るくしてくれるでしょう。では、庭に芝生を張るには、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

芝生張りの費用は、さまざまな要素で変動します。どんな要素によって、どう変わるのかみていきましょう。

芝生の種類で費用が変わる

庭の芝生費用|種類・貼り方などで変わる価格と美観を保つお手入れ法

芝生はどの種類を張るかによって、費用が異なります。天然芝と人工芝、日本芝と西洋芝の費用をそれぞれ比較してみましょう。

天然芝のほうが人工芝より安価

天然芝は名前のとおり、自然に生育している芝生用の草のことです。天然芝は生きているからこそ感じられる四季折々の色や、芝が育つことによる見た目の変化を楽しむことができるのが特徴です。価格もそれほど高くなく、1平方メートルあたり1,500~3,000円ほどで購入することができます。

しかし、長い目で考えると生きている天然芝は、定期的な管理が必要です。芝刈りなどの定期的なお手入れには、費用がかかってしまうということを頭に入れておきましょう。反対に、人工芝は人の手によってつくられた芝生です。密度や長さも均等で芝生を張ったときに、美しさが際立ちます。

人工芝の費用は、芝生1平方メートルあたり単価6,000~8,000円ほどと、天然芝の4倍ほどの価格で販売されています。初期費用は高くつきますが、とくにお手入れをする必要がないため、維持費を削減することができるでしょう。

日本芝と西洋芝では西洋芝のほうが若干高め

芝生には、日本芝と西洋芝が存在します。日本芝は夏に暑く、梅雨にじめじめしている日本の四季に適応している芝です。高麗芝、野芝などが有名です。とくに高麗芝は適応力が高く、日本の多くの地域で使用されています。日本芝の価格は、1平方メートルあたり500~600円程度で、安く手に入れることができるでしょう。

反対に西洋芝は、日本でも北海道や東北などの寒い地域に適しており、寒さや日陰でも適応できる芝です。西洋芝の種類としてはテフィトン類、ペントグラス類、フェイク類などが代表的といえるでしょう。とくにフェイク類はどんな環境にも強く丈夫なため、スポーツをおこなう施設などでも利用されています。

このような西洋芝の価格は、1平方メートルあたり1,000~2,500円ほどで販売されており、日本芝より高めです。芝生の種類は、お住まいの地域の環境に合ったものを選ぶようにしましょう。

芝生の張り方で費用が変わる

芝生は種類だけでなく、張り方によっても価格が異なります。芝生の張り方には大きく分けて、ベタ張り・条貼張り・目地張りの3種類があるのです。それぞれの特徴や費用についてみていきましょう。

ベタ張り

ベタ張りとは、地面に隙間をつくることなく芝生を並べていく張り方です。完成したときには一面が芝生になるため、見た目もきれいに仕上がります。芝生を並べるときは、芝生同士の境目が十文字にそろわないように、ずらしながら並べていくと長持ちするでしょう。

ベタ張りは、一面に芝生を張るので使用する数も多くなるため、張り方としては1番費用がかかってしまいます。しかし、一面に芝生があることで長くきれいに保つことができるのはメリットといえるでしょう。

条貼張り

条貼張りとは、芝生の部分と地面の部分を1列ずつ交互にする張り方です。単純に芝生を張る量は2分の1に減るため、コスト削減したい方にはおすすめです。しかし、貼り終わって完成ではなく、土の部分に芝生が伸びてくるのを待たなくてはなりません。とくに土の部分は、定期的な雑草の除去などのお手入れが必要になります。

目地張り

目地張りとは、1枚の芝生同士に間隔をあけながら敷いていく方法です。並べ方は、ベタ張りと同じように列ごとに互い違いになるようにしていきます。1枚ごとの間隔があく分、コスト削減につながり、条貼張りよりも早く芝生を全面に生やすことができます。コスト削減しながら、早く芝生を生やしたい方におすすめです。

芝生の購入先で費用が変わる

芝生はホームセンターや通販、産地直送などさまざまな方法で手に入れることができます。しかし、どこで購入するかによって費用は異なります。

ホームセンター

近場で手軽に手に入れたいのであれば、ホームセンターで購入するとよいでしょう。また、芝生の価格もホームセンターでは安く手に入るため、コスト削減したい方にもおすすめです。しかし、ホームセンターで購入するときに注意しておきたいのが、芝生の状態です。

お店がどのように管理しているかにもよりますが、長期間の保管や水不足などで芝生が元気のない状態になってしまっていることがあります。よりよい状態で購入するには、取り寄せてもらったり、仕入れされる日を確認しておいたりすると確実です。

通販

インターネットなどを利用して、通販で購入することもできます。種類も豊富なので、好みの芝生を手に入れることができるのもメリットでしょう。

ただし、インターネット上の画像などでしかみることができないので、実際に届いたらイメージと違ったということが起こってくることも考えられます。また、価格も安く手に入れることができますが同時に配送料もかかってしまうため、その分高くついてしまうこともあるのです。

産地直送

せっかく庭に芝生を張るのであれば、元気な芝を張りたいという方は産地直送のものがよいでしょう。芝生をつくっている農家から直送されるため、刈り取ったばかりの新鮮な芝生を手に入れることができます。

元気な状態の芝生であれば、庭に張ったあともすくすく育ってくれるでしょう。産地直送ということから多少割高になりますが、芝生の質にこだわりたい方にはおすすめです。

芝張りにかかる費用の計算方法

芝張りにかかる費用は、主に土地の整地代、芝生を張る作業代、作業時にでたゴミの処分代、業者の出張費がかかります。どれもきれいな芝生を張るためにはかかせない料金となります。

また、庭の広さによっても費用は大きく変わってきます。面積が広ければ広いほど、使用する芝生の量が増えるため費用が高くなります。まずは芝生を張りたい面積を計算してみましょう。

【面積の計算方法】
芝生張りをしたい土地の縦幅(メートル)×芝生張りをしたい土地の横幅(メートル)=芝張りの面積(平方メートル)

【坪数から面積をだす計算方法】
芝生張りをしたい土地の坪数(坪)×3.3=芝生張りの面積(平方メートル)

芝生張りの面積がわかったら、芝生張りにかかる1平方メートルあたりの単価を掛け合わせて、費用を算出します。業者によっては、作業員の数によって料金を設定するところもあるため、あらかじめ確認しておくとよいしょう。

また、芝生張りの際にでたゴミは、自治体によって燃えるごみとして回収してくれる場合があります。少しでも費用を節約したい方は、自分で処分することも考えてみましょう。

芝生の維持管理にも費用はかかる

きれいな芝生を維持するためには、定期的なお手入れと日々の管理が大切になってきます。では、維持していくためにはどのような管理が必要なのでしょうか。

維持管理とは何をするのか

きれいに芝生を保つには、水まきも大切な作業です。基本的には雨の力を利用して自然に水をあげればよいでしょう。しかし、夏の暑く日差しが強い日は、芝生がカラカラになって元気がなくなってしまいます。そのようなときには、ホースなどを使って水を与えてあげましょう。

肥料を使って、芝生にとってよい環境を整える作業も維持管理のひとつです。春先から秋にかけて、毎月肥料を与えてください。肥料をまいたあとは、よく土にしみこむように水まきをおこないます。さらに、きれいに見せるためには、芝刈りもかかせない作業です。芝刈りを定期的におこなうことで面が整い、美しい芝生を維持することができます。

加えておこなうのが、サッチングという作業です。芝刈りをしたあとは、サッチと呼ばれる芝生の断片や枯れてしまった芝が散らかってしまいます。枯れた芝やサッチをきれいに片付けることをサッチングというのです。サッチングをおこなうことで、芝生の蒸れなどを防ぎ、病害虫を予防してくれます。

また、定期的な薬剤散布などの消毒も、病気や害虫の予防になるでしょう。さらに人が歩いたりすることで芝生がはがれてしまうこともあります。その場合はそのままにするのではなく、土や砂を芝生にかぶせる目土をしましょう。目土をすることで周りの芝生が根を伸ばし、元通りに補修してくれます。

頻繁な手入れではないですが、エアレーションも維持管理をするうえでかかせません。エアレーションとは、芝生が生えた土に穴をあけ、地中に空気を入れてあげて発育を促す作業です。毎年ではなくていいので、春先に定期的におこなうとよいでしょう。

費用を安くおさえるワザ

芝生を張る費用を少しでもおさえたい方は、1社に絞らず複数の業者から見積りを取ることをおすすめします。見積りを取ることで料金を比較できることはもちろん、作業内容も比べることができます。比較することによって、より自分の条件に合う業者をみつけることができるでしょう。

弊社にご依頼いただければ、予算や作業内容も含めてお客様にぴったりの業者をご紹介します。少しでも料金をおさえて、希望通りの仕上がりにしたい方は一度ご相談ください。

天然芝のお手入れ方法

庭に天然芝を張った場合、人工芝と異なり日々のお手入れが必要です。春夏秋冬で変化を楽しめる天然芝を元気に育てるには、いくつかのポイントがあるので紹介していきます。

水やりが大事!

庭の芝生費用|種類・貼り方などで変わる価格と美観を保つお手入れ法

芝生は水分が不足して乾燥してくると、元気がなくなって枯れてしまいます。乾燥しすぎることがないように水やりをおこないましょう。

自然な雨はまんべんなく水分を与えられえるため、水やりには最適ですが雨が連日降らない夏は水をあげなくてはなりません。自分で水やりをおこなうときは、午前中の早い時間におこないましょう。

ホースにシャワーヘッドを取り付けて、全体に水がかかるように水やりをします。全体的に水をかけることで、乾いている芝生の明るい緑が少し暗い緑にみえるようになるでしょう。普段から水はけが悪く、日が差さない場所は水がたまりやすいため、あまり水をあげすぎないように注意しましょう。

雑草を取り除けば元気になる

芝生の中に雑草が生えてきてしまうと、栄養分を取られてしまうため元気がなくなってしまい、最悪の場合枯れてしまうこともあるでしょう。また、生い茂った雑草が芝生の影になってしまうと、害虫の発生も考えられます。

それだけでなく雑草が生い茂った芝生は見た目も悪く、手入れが行き届いてないようにみえてしまいます。そのため、定期的な雑草の除去が必要です。こまめに草むしりをするのもよいですが、芝生には除草剤を使うのがおすすめです。除草剤には、土壌処理剤と茎葉処理剤を使用しましょう。

まずは、土壌処理剤で雑草が生えてこないように予防しておきます。基本的には春と秋の2回おこない、伸びてしまった雑草は抜いてから土壌処理剤を使用してください。土壌処理剤を使うことによって、これから生えてくる雑草の成長を抑制してくれるのです。

放置しすぎて成長してしまった雑草には、茎葉処理剤がおすすめです。茎葉処理剤は、伸びている茎や葉を枯らしてくれる働きがあります。年に3回程度、おこなうようにしましょう。風の強い日におこなうと、育てている植物や洗濯物などについてしまうこともあるため注意してください。

密度を高くする作業

もう少しふっくらと密度の高い芝生にしたい方は、目土入れをおこなってはいかがでしょうか。目土入れは、春と秋の年に2回芝生のうえにまんべんなく土をかぶせる作業のことです。

目土入れをおこなうことによって、凸凹していた地面をなだらかにしたり、芝生の生育がよくなることで芝生がふっくら厚みを増したりします。密度も高くなり、豊かな芝生になるでしょう。

人工芝も検討してみよう~メリットデメリット~

定期的な管理をする時間が取れない、面倒なので手間をかけたくないという方は、庭に人工芝を利用するのもおすすめです。人工芝は冬の寒さや夏の暑さで枯れることがないため、365日緑のきれいな芝生を楽しむことができます。また、水やりや肥料などのお世話が必要ない点も、手間をかけたくない方にはぴったりです。

また、種類も豊富なため、自宅の庭の雰囲気に合わせた色を選ぶこともできます。しかし、外構の人工芝の費用は普段のメンテナンス料金がかからない分、初期費用がかさむのがデメリットといえるでしょう。また、天然芝のような柔らかさはなく、少し硬い印象を受ける方もいるかもしれません。

上手く育てればずっと楽しむことができる天然芝に比べて、人工でつくられたものなので10年ほどで買い替えなければならないのもデメリットのひとつといえるでしょう。それでも人工芝は長年手をかけず楽しめるものなので、1度検討でしてみてもよいかもしれません。

芝生張り:プロの作業内容

また、天然芝と人工芝は張り方が異なるため、自分で張ると水たまりができてしまったり、凸凹が目立ってしまったりすることがあります。庭の芝生張りも業者に依頼すれば、見た目にもきれいな芝生に仕上げてくれるでしょう。

業者依頼した場合、天然芝を張る際はまず整地作業から始まります。庭の固くなった土を掘り起こし、大きな石などを取り除きます。掘り起こした土は、水はけがよくなるように傾きをつけながら、平らにしていきます。さらに、水はけをよくするために床砂を敷くのです。床砂を平らに敷くことによって、地面がよりきれいに整うでしょう。

整地が終了したら、芝生を互い違いに敷いていきます。敷き終わった状態では、まだ凸凹が気になるので転圧器などを使って押し固めていきます。芝生の面がきれいに整備されたら、目土入れをして、作業終了です。

人工芝の場合にも、はじめに雑草や石を取り除きます。そして、路盤材と呼ばれる砕石などを敷き詰めていくのです。人工芝は四角いシートのうえに人工芝がついた状態で販売されているため、砂だけではへこんでしまうことが考えられます。砕石などの路盤材を利用することで人工芝が安定しておけるようになるのです。

全体に路盤材を敷き詰めたら、転圧機で押し固めます。路盤材として使用した砕石だけでは、完全で凸凹をならすことはできません。凸凹が残ってしまった部分は細かい砂などで調節し、より平らに近づけていくのです。

雑草が生えてくるのが心配な方は、このあとに防草シートを全体にひくことがあります。ここまで終わったら人工芝を敷いていきます。庭と家の境目などは、人工芝をカットして調節することで見栄えもきれいに仕上がるのです。あとは、人工芝と地面をU字のピンでつなぎ留めたら完成です。

このような手間がかかったり、技術が必要だったりする作業も、業者に依頼すればきれいに仕上げてくれます。見た目はもちろんのこと、芝生が長持ちするように1から整地をしてくれるので安心です。費用などが気になる方は、現地調査をしてもらってから見積りをだしてもらうとよいでしょう。

芝生張り・業者はどこに頼んだらいい?

いざ業者に芝生張りを依頼しようとおもっても、経験がないとどこに依頼してよいかわからなくなってしまいます。芝生は人工芝でも最長10年ほど、天然芝ならもっと長い年月を付き合っていくものといえるでしょう。長くきれいに芝生を楽しむには、長く付き合える業者を選ぶのが理想的です。ここでは、業者の選び方について紹介します。

業者選びは慎重に!

庭の芝生費用|種類・貼り方などで変わる価格と美観を保つお手入れ法

長く付き合っていける業者を選ぶには、いくつかのポイントがあります。ポイントを把握して、信頼できる業者を選んでみましょう。

見積りが明確

業者に依頼すると、現地調査をおこなったうえで作業前に必ず見積りをだしてくれます。見積もりには料金以外にも作業内容などが記載されていますが、できる限り明確に記載されている業者を選ぶとよいでしょう。どんな作業にいくらかかるのかわかるのは、とても良心的な業者といえるでしょう。

受付対応が親切

電話したときの対応や担当してくれる作業員などの対応がよいのも、業者選びのポイントです。庭に芝生を張ってきれいにしたいという希望を親身になって聞いてくれる業者は、人としても安心してまかせることができるでしょう。

作業内容が分かりやすい

多くの業者は、芝生張りの作業前に必ず作業内容について説明してくれるでしょう。しかし、専門用語や難しい言葉では、なかなか作業内容が理解できないことがありますよね。お客様にもわかりやすく、どんなことをおこなうのか説明してくれることは、安心や信頼にもつながるでしょう。

庭のことを相談しやすい

今まで芝生張りの経験がないと、どうやるとよりよくなるのかもわからないことが多いかもしれません。その点でいえば、芝張りに関して、知識も経験も豊富な業者はいろいろな業者は相談しやすいでしょう。不安に感じる部分や悩む部分を気軽に相談できると、希望通りの仕上がりになってくるはずです。

現地調査、見積り無料

業者によっては、現地調査や見積りに対して料金が発生することがあります。費用をおさえるためにも、できる限り現地調査や見積りを無料でおこなってくれる業者がおすすめです。

現地調査や見積りを無料でおこなってくれることで、複数社を比較することもできるので、よりご自身に合った業者を選ぶことができるでしょう。

庭の芝生・平方メートル単価

庭に天然芝で芝生張りをおこなった場合の費用は、整地から芝生張りを含めて1平方メートルあたり3,000~6,000円ほどとされています。また、人工芝で芝生張りをおこなった場合は整地から芝生張りを含めて、6,000~12,000円ほどです。庭の面積や業者によって料金は異なるので、1度見積りを取ってみるとよいでしょう。

業者選びの注意点

芝生張りの料金は、安ければ安いほどよいというわけではありません。見積りを取ったときは作業内容もしっかりと確認して、選ぶようにしましょう。また、天然芝などの場合、定期的なメンテナンスが必要になってきます。

芝生張りが終わったあとも、アフターケアをしっかりおこなってくれる業者を選ぶことで長く楽しむことができます。弊社ではアフターケアも含め、お客様の要望にあった業者をご紹介することができます。24時間365日受付いたしておりますので、お気軽にお電話ください。

お庭110番のサービス料金
  • 庭木の剪定

    3,000円〜/本

    詳しくみる
  • 伐採

    2,000円〜/本

    詳しくみる
  • 草刈り(機械刈り)

    300円〜/㎡

    詳しくみる