剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > スモークツリーの剪定方法|きれいな形を維持するための育て方まとめ

最新情報・レポート

スモークツリーの剪定方法|きれいな形を維持するための育て方まとめ

スモークツリーの剪定方法

スモークツリーはモコモコした花穂を咲かせることから、「煙の木」ともいわれています。ヨーロッパからアジアにかけて広く育てられており、栽培に手間があまりかからないため日本で育てられているご家庭も多いことでしょう。

スモークツリーは成長速度が早く簡単に育てられるのですが、剪定をせずに育てっぱなしにしておくと枝が伸び放題になり、手に負えなくなります。そうなる前に、スモークツリーの剪定をおこないましょう。

スモークツリーの特徴

スモークツリーの特徴

スモークツリーの特徴は、暑さにも寒さにも強い点です。真夏の直射日光にも、真冬の凍結にも耐え抜くことができるといわれています。そのため、日本国内でも沖縄県から北海道まで広い範囲でスモークツリーを楽しむことができるのです。

乾燥に強く湿気に弱いため、日当たりのよい場所で管理しましょう。スモークツリーは根を浅く張る植物なので、風の影響で倒れたり、雪の重さで枝が倒れることがあります。風や雪の影響を直接受けない場所で育てましょう。

スモークツリーは湿気に弱いため、水はけのよい環境で育ててあげましょう。水はけの悪い環境だと、根腐れを起こし枯れてしまう原因となります。

粘土質の土や水はけの悪い場所で育てることは避けましょう。どうしてもそのような環境で育てたいのであれば、赤玉土や腐葉土、川砂を混ぜた土で水はけのよい環境をつくってあげましょう。

スモークツリーの品種はさまざま

スモークツリーは花や葉の色違いでさまざまな品種があります。代表的な品種は「グレース」「ヤングレディ」「ロイヤルパープル」「ゴールデンスピリット」「リトルルビー」です。それぞれの特徴をみていきましょう。

赤紫色の花を咲かせる「グレース」は成長スピードが早く、花付きがとてもよいことで有名です。新葉も赤紫色をしており、枝先から下の葉にかけてのグラデーションは目を見張る美しさがあります。

「ヤングレディ」はほかの品種より小ぶりに成長するのが特徴です。木が小さい内から花をつけ始めます。花付きがとてもよく、成長とともに花の色が変化をしていくため長く楽しむことができる品種です。

花の最初の色は薄緑色で、次に白色へ、そして薄ピンク色に変化していきます。葉は緑で、秋になると赤紫色に紅葉するのです。

銅のように赤黒く光る葉を持つ「ロイヤルパープル」は銅葉の庭木の中でも代表格といわれています。夏季の葉は緑色をしていますが、秋になると美しい赤紫色に色づき始めるのです。

花も赤紫色をしていますが、花付きはよいほうではありません。ほかの品種と比較すると成長スピードは遅いです。

ライムグリーン色をしている葉が特徴的な「ゴールデンスピリット」は鮮やかで美しいです。花はピンク色をしています。ゴールデンスピリットは庭を明るく演出できることから、観賞用として育てられることが多いです。

鮮やかな赤い花をつける「リトルルビー」は日本で育成された品種になります。リトルルビーは高さ2メートル程度までしか成長しないため、ほかの品種より小ぶりです。

木が小さい内からたくさんの花を咲かせるため、育て始めのころから楽しむことができます。

剪定時期は12~2月

スモークツリーは成長スピードが早いため、放置しておくとどんどん大きくなり、気が付いたらとんでもないサイズになっていることもあります。そのため、春から夏にかけて成長した部分を、落葉期の12月~2月に剪定をしましょう。

スモークツリーは旧枝咲きの木です。花がついた枝は次の年には咲かず、新しく伸びた枝にのみ、次の年は花が咲きます。新旧の枝を見分けながら、剪定をおこないましょう。そうすることで、毎年花を楽しむことができるでしょう。

枝を透く剪定方法

スモークツリーの剪定は、古い枝や成長しすぎた枝を中心に剪定してください。内側に向かって伸びた枝や絡まっている枝を剪定すると、枝を透くことができます。切った枝から枝が生えてくることがあるため、そのようなときは間引くとよいでしょう。

剪定しすぎてしまうと、来年花がつかなくなることがあります。しかし、成長スピードが早いスモークツリーをスッキリさせたいなら、花が咲かないことを覚悟し、思い切った剪定をしてしまいましょう。

また、剪定するときは、切り口から出る樹液が洋服につくことがあります。樹液が洋服についてしまうと取れなくなってしまうため、汚れても問題ない服で作業しましょう。

プロなら「正しく」「きれい」に剪定できます!

旧枝先タイプのスモークツリーは花を毎年楽しもうと思うと、古い枝と新しい枝を判断しながら剪定をおこなわなければなりません。

スモークツリーは成長スピードが早いため、気づいたときには素人には手に負えない状態になっていることもあるでしょう。自分で剪定をおこなうのは不安、手に負えないというときは剪定のプロに相談しましょう。

剪定のプロにお任せすれば、間違えて新しい枝を切ってしまい、来年花が咲かないという心配もないでしょう。手に負えなくなるほど大きく育ってしまっても、プロに任せればきれいに整えてくれます。

弊社は無料で剪定業者のご相談を受け付けておりますので、まずはご連絡ください。

スモークツリーの育て方のコツ

スモークツリーを長く楽しむためには、健康的に育てる必要があります。スモークツリーは成長力が強いため、ガーデニング初心者の方でも育てやすい植物です。

しかし、間違った育て方をしてしまうと枯らしてしまうこともあります。ここでは、スモークツリーを元気に育てるためのコツを確認していきましょう。

スモークツリーの基本的な育て方

スモークツリーの基本的な育て方

まず、スモークツリーをどの場所で育てるかが重要です。スモークツリーは暑さと寒さ、どちらにも強い特徴があります。しかし、湿気に弱いため、水はけと日当たりがよい場所で育てましょう。

スモークツリーは成長スピードが早い植物です。そのため、鉢植えで育てるとすぐに根がいっぱいになり、根詰まりをおこしてしまいます。

根詰まりを起こすと、養分の吸収率が悪くなり、枯れやすくなってしまいます。根詰まりを起こさないためにも、庭植えで育てることがおすすめです。

スモークツリーの枝は細く、深くまで根を張らない植物ですので、風や雪の影響で倒れたり、折れることがあります。庭に植える際は、風や雪などの影響を受けない場所に植えてください。

水やりのときの注意点もあります。スモークツリーは乾燥には強いですが、湿気に弱いため、水の与えすぎには注意してください。

土が湿っている間は水をあげないようにしましょう。スモークツリーを庭に植えた場合は、植え付け後だけ水を与えます。

その後の水やりはほとんど必要ありません。基本的に雨だけで十分に育つ植物のため、やや乾燥ぎみで育てましょう。

スモークツリーは、基本的に肥料がなくても育ちます。そのため、生育に心配がある場合は肥料を与えましょう。植え付けるときに、腐葉土や堆肥、有機質肥料を土に混ぜておきます。

その後、生育が悪い場合だけ12月~3月に追肥してあげるとよいでしょう。肥料は効果を長続きさせる緩効性の固形の油かすや、固形肥料がおすすめです。

肥料を与えすぎると、大きく成長しすぎてしまいます。成長しすぎると枝が伸びすぎて手に負えなくなったり、木の形が崩れる原因に繋がります。肥料を与える場合は、肥料の量に注意してください。

注意すべき病気と害虫

スモークツリーは成長力が強いですが、病気にかかることもあります。注意すべき病気は、「うどんこ病」です。うどんこ病は植物にカビが住み着くことが原因で、葉に白い斑点や粉をふくなどの症状が現れます。

スモークツリーがうどんこ病にかかると見た目が悪くなるだけでなく、生育も悪くなってしまいます。もしこのような症状が見受けられた場合は、カビがほかの植物に繁殖しないように、うどんこ病にかかった葉を切り取りましょう。

さらに、スモークツリーは「ミノムシ」や「カイガラムシ」の害虫被害を受けることがあります。ミノムシやカイガラムシがついたとしても、すぐに大きい被害が出るわけではありません。

しかし、害虫が繁殖して住み着いてしまうと、生育が悪くなり枯れることがあります。発見したら、薬剤を散布して駆除しましょう。

スモークツリーの増やし方

スモークツリーは「種まき」と「ひこばえの株分け」で増やすことができます。種まきはスモークツリーから種を採取してまく方法です。スモークツリーの種は9月~10月に採取することができます。

採取した種を、赤玉土を混ぜた水はけのよい土を入れた鉢にまきます。苗が成長してきたら、大きい鉢や庭に植え替えましょう。

ひこばえの株分けは、ひこばえを使った増やし方です。ひこばえは草木の根や株から生えてきた芽のことを指します。スモークツリーから生えてきたひこばえを根と枝をセットで取り出し、植えたい場所へ植えたら終わりです。

若木からひこばえがたくさん出てきますが、株分けをおこなう元の若木が1メートルの高さまで成長していることを確認してから取るようにしましょう。

スモークツリーのお手入れがうまくいかないときは…

スモークツリーは比較的簡単に育てることができる植物のため、大きくなりすぎて管理ができなくなってしまうこともあります。

そのようなときは、剪定だけでも剪定の業者にご依頼ください。剪定のプロにご相談いただければ、豊富な経験と知識でお悩みを解決いたします。

弊社は24時間365日、お客様の希望に添った剪定業者を紹介させていただきます。お気軽にご連絡ください。

業者に依頼するときの費用と選び方のポイント

スモークツリーの成長スピードは、非常に早いです。そのため、気づいたときにはもう手に負えなくなっていることがあります。

剪定業者を慌てて決めることにならないように、どのぐらい費用がかかるのか、何を基準に業者を選べばよいのか事前に把握しておきましょう。

剪定にかかる費用相場

剪定にかかる費用相場

剪定にかかる費用は2通りの計算方法があります。1つ目は日当制です。時給制の場合、職人の単価×作業時間で金額が算出されます。そのため、職人の技量や経験、地域によってもかかる費用が変わってくるのです。

日当制の場合、1日あたり15,000~20,000円が相場となっています。職人の人数や木の種類で料金が変更されたり、別途で枝処分代を請求されることもありますので、事前に見積りをおこなってから決めるようにしましょう。

もう一つの料金形態は単価制です。単価制の場合は木の高さや本数で料金を設定しています。高さ3メートル未満の低木は1本1,000円~5,000円、高さ3~5メートル未満の中木は1本4,500~8,000円、高さ4~7メートル未満の高木1本は8,000~20,000円が相場です。業者によって料金の差がありますので、複数の業者から見積りを取って比較することをおすすめします。

優良業者を見つけるポイント

剪定の費用が安く済んだとしても、質のよいサービスを受けられなかったり、剪定のできあがりが悪かったら困りますよね。納得した剪定をしてもらうために、優良業者を見つけるポイントを確認しておきましょう。優良業者を見つけるポイントは以下の通りです。

  • 見積りがわかりやすいこと
  • 不安なことの相談に乗ってくれること
  • 作業実績が豊富であること
  • 親切な対応をしてくれること

見積りが明確に記載されていれば、なぜこれだけの料金がかかるのか納得して依頼することができます。わかりやすく見積りが表記されていれば、いらないサービスやオプションを外すこともできます。不明瞭の見積りで余分にお金を取られる心配がありません。

また、不安なことの相談に乗ってくれる業者であれば、不安を解決してから剪定の依頼をすることができます。満足いく剪定をしてもらうためにも、相談に乗ってくれる環境が整った業者を選ぶと安心です。

さらに、作業実績が豊富である業者であれば、満足できる剪定をおこなってもらうことができます。実績があるからこそ支持され、信頼できる業者の証だといえるでしょう。

親切な対応をしてくれる業者であれば、最後まで満足のいくサービスを受けることができます。気持ちよく剪定作業を終わるためにも、親切に対応してくれる業者かどうかを判断基準にすることが大切です。

まずは電話で相談してみよう!

スモークツリーの剪定を業者に依頼すると決めたら、まずは電話で相談してみましょう。普段忙しく剪定の依頼ができないという方でもご安心ください。

弊社では24時間365日電話で受け付けしております。無料で相談することができますので、お気軽にご連絡ください。

お庭110番のサービス料金
  • 庭木の剪定

    3,000円〜/本

    詳しくみる
  • 伐採

    2,000円〜/本

    詳しくみる
  • 草刈り(機械刈り)

    300円〜/㎡

    詳しくみる