剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 庭木の剪定 > 庭の木を切る前にお祓いが必要って本当?伐採方法と合わせて解説

最新情報・レポート

庭の木を切る前にお祓いが必要って本当?伐採方法と合わせて解説

庭の木を切る前にお祓いはするべき?

日本では、古来より木に神や精霊が宿ると伝えられています。神社などにあるご神木がパワースポットとして人気になることも少なくありません。

それゆえに、庭の木であっても簡単に切ってはいけないのではないかという考えを持つ方もいるのです。ここでは特別なものではない庭の木でもお祓いが必要なのか、お祓いに込められる思いとは何かをご紹介します。

お祓いは日本古来の考え方

お祓いは日本古来の考え方

お祓いとは、土地、建物などありとあらゆるものに神や精霊が宿っているという、日本古来の考え方です。厄払いや地鎮祭など、さまざまな場面でおこなわれています。

庭木も例外ではありません。木にはそれぞれ神や精霊が宿っているとされ、それは木霊(こだま)と呼ばれています。庭木は家の守り神とも考えられているため、伐採をおこなう際は木霊を鎮め、庭の木々に伐採の旨を報告する意味を込めてお祓いをおこなうのです。

お祓いは誰がするの?

基本的にはお祓いをおこなうのは神職の方なので、神社に依頼して神職の方に自宅に来てもらう必要があります。ただし、必ず神職の方でなければならないということではありません。

自分で必要なものを用意しておこなうこともできますし、伐採業者がお祓いを代行してくれることもあるので、難しく考えすぎなくてもよいでしょう。

自分でおこなう場合は“感謝と謝罪の気持ち”を大切に

自分でお祓いをおこなう場合は、お酒と塩(できれば粗塩や神社でいただけるお清めの塩)を用意して、お酒を木の幹にかけ、塩を木の四隅に撒いて手を合わせます。

これまで守り神として家を守ってくれたことに対する感謝と、こちらの事情で伐採してしまうことに対する謝罪の気持ちが大切になります。

なんらかの事情で木が邪魔になった、家を建て直すなど、伐採の理由はさまざまですが、いずれにせよ人の都合で木を切ることは変わりません。

そして、先にも触れたように庭木は家の守り神として考えられています。自分でおこなう簡単なお祓いであっても、きちんと気持ちを込めておこなうように心がけましょう。

お祓いをするかどうかは自由です

ここまで、木に宿るとされている神や精霊とお祓いの必要性についてみてきましたが、実はお祓いは必ずおこなわなければならないものではないのです。

言い伝えとしてお祓いをしたほうがよいとされているのは事実ですが、要するに気持ちの問題なので、木に感謝や謝罪の念を伝えようと思ったらお祓いをするようにしましょう。

伐採は業者に依頼を。お祓いも頼めるか聞いてみましょう

お祓いを単体で考えると面倒だと思う方もいるかもしれませんが、家を建てるときの地鎮祭のように、伐採業者がお祓いを代行してくれることもあるので、伐採を依頼する際にお祓いも一緒におこなえるか聞いておくとよいでしょう。

庭の木を切る方法

きちんとお祓いをおこなっても、伐採の作業が正しくおこなわれなければ、せっかく場や木を清めても意味がありません。

伐採に適した時期や用意するもの、正しい手順も覚えておきましょう。

伐採は冬がおすすめ

伐採は冬がおすすめ

庭の木を切る場合は、よほど急いでいたりなど、特別な事情がない場合は冬がおすすめです。

木は冬になると、成長が止まる休眠期に入ります。休眠期は木が乾燥して樹液が減少するため軽くなりますし、落葉樹の場合は葉が落ちて枝だけが残るので扱いやすくなります。

このような理由から冬の伐採がよいとされていますが、冬にしか伐採できない、してはいけないということはないので、伐採のタイミングは業者と相談することをおすすめします。

庭の木を切る前に確認すること

庭の木を切るにあたり、事前に確認しておくべきことがあります。木の立っている場所とその大きさです。依頼の際の料金の目安にもなりますし、人員や道具、場合によっては重機など、作業内容によって必要なものが異なるので、スムーズに伐採できるよう調べておきましょう。

準備するもの

木の場所や大きさなどの必要な情報が揃ったら、次は道具の準備をします。必要な道具は以下の通りです。

  • チェーンソー
  • 防護服(作業中のケガ防止)
  • 防護メガネ(飛散物から目を守る)
  • ヘルメット(落下物や転倒時に頭を守る)
  • ロープ・スリングベルト・滑車・くさび(必ず4つセットで用意してください)(木を倒す際にバランスを取る)
  • ゴミ袋(作業後の木の処分に使用)
  • 掃除道具(作業後に整地をする)
  • スコップ(根を掘り出す)
  • 除草剤(作業後の雑草対策)

ほかにも、チェーンソーが故障した場合を想定してノコギリを用意したり、周囲の邪魔な木や枝を処分するのに、ナタがあってもよいでしょう。

作業の手順

情報と道具が揃ったらいよいよ伐採作業をおこないます。安全面に十分配慮して作業するよう心がけましょう。

【手順1】切る方向を決める
まずはどの方向に木を切って倒すかを決めます。確実に決めた方向に倒せるように、ここでロープやスリングベルト、滑車を木に取り付けます。そして倒す方向に障害物がないかを確認し、人が通らないように看板などを立てて注意を促しましょう。

【手順2】倒す場所の反対側にある障害物を撤去する
倒す方向が決まっても、必ずその方向に倒れるとは限りません。木が倒れ始めたら近くを離れる必要があるので、倒す方向の反対側にある工具を片づけたり、木の枝や足をひっかけるおそれのある草などナタなどを使用して撤去します。

【手順3】枝が多い場合は余分な枝を切り落とす
伐採する木の枝が多いと、倒れる際に周りの木に引っかかったり、バランスが崩れるおそれがあるので、先に余分な枝を落としておくとよいでしょう。

【手順4】チェーンソーを入れる場所に印をつける
方向と周囲の準備が整ったら、チェーンソーを入れる場所に間違いのないよう印をつけておきます。

【手順5】受け口と追い口に切り込みを入れる
倒す方向に幹の3分の1くらいの大きさで受け口と呼ばれる切り込みを入れます。約45度の角度で膝くらいの位置からチェーンソーで切り込みを入れてください。

受け口ができたら次は追い口を入れます。受け口の反対側のやや上にまっすぐに少しずつ切り込みを入れます。このとき伐採後の伐根作業をやりやすくするために、幹の根元から10分の1くらいが残るようにすることがポイントです。

【手順6】木を倒す
木が傾き始める前にチェーンソーを木から離し、木が傾き始めたら、速やかにその場から離れます。ただし、なかなか木が倒れないときは追い口から受け口に向けて力を加えて倒します。このとき、滑車を利用しロープを引っ張って木が安全な方向に倒れるようコントロールします。

【手順7】根っこを抜いて除草剤を散布する
木を倒したら、スコップで根を掘り起こして、作業範囲全体に雑草が生えてこないよう除草剤を散布して完了です。

切った木の処分方法

伐採した木の処分にはいくつかの方法があります。以下に3つの方法をご紹介すので参考にしてみてください。

【自分で可燃ゴミとして処分する】
通常の可燃ゴミとして処分することができます。ただし、袋に入る大きさにするなど、自治体によって規定がある場合もあるので注意が必要です。自治体のホームページなどで確認しておきましょう。

【自治体の処分施設に持っていく】
地域によっては専用の処理施設に持っていく必要がある場合もあります。お住いの地域のルールを確認しておくとよいでしょう。

【業者に依頼する】
伐採業者に処分まで任せてしまうという手もあります。処分のために木を切ったり運んだりする必要もないので、ケガの心配や、道具や運搬車両の準備も必要ないため、最も楽な方法といえます。

プロなら伐採から処分までお任せできます

伐採をおこなうには必要な道具や薬剤などが多くあり、事故を防ぐための安全対策も非常に重要です。また、木の処分方法も考えておく必要があるなど、手間がかかるうえに事故のリスクもともないます。不安がある場合はすべてをまとめておこなってくれる業者に依頼することをおすすめします。

庭の木の伐採とお祓いはどれくらいかかる?

自分で庭の木を伐採してお祓いもおこなう場合、準備も考えると非常に手間と時間がかかります。業者に依頼することを検討している方に向けて、業者に依頼した場合の費用の相場や業者選びのポイントをご紹介します。

自分でお祓いを依頼したら費用はどれくらい?

自分でお祓いを依頼したら費用はどれくらい?

伐採の際のお祓いを神職の方に自分で依頼する場合にかかる費用は、お祓いの料金やお供えものを含めて10,000~50,000円ほどです。

お米・お酒・塩・水などの供えものや送迎費など、自分で用意するか神社に用意してもらうかによっても費用が異なります。具体的な費用については神社や業者に問い合わせてみましょう。

伐採の費用相場

伐採には、人件費・伐採費・重機代などの作業費と、木の解体費用・木の運搬費などの処分費の大きく2種類の費用がかかります。

低い木ならだいたい1本4,000~6,000円程度ですが、処分費や出張費が別途になっている業者もあり、木の高さや状況によって必要な道具や重機、作業の難易度も異なるので、一概にいくらという目安を出すのは難しいのが現実です。

業者に依頼する場合はまず見積りを取ってみるのがよいでしょう。その際に、お祓いをおこなってくれるか否か、おこなってくれる場合はお祓いの分の費用はいくらになるのかなども確認しましょう。

どんな業者を選ぶ?

業者選択で重要なのが自分に合った業者を選ぶということです。無料見積り、作業前のお祓い代行など、業者によってサービスの内容が異なります。

まずは自分が何に重点を置いているのかを考え、複数の業者を比較してみましょう。業者選びのポイントをいくつかご紹介いたしますので、参考にしてください。

【経験豊富】
作業員の技術や経験を重要視する方は、ホームページを確認してみましょう。施工例が多く載っているなど、さまざまなケースの作業をおこなっている実績のある業者は、それだけ技術と経験があるといえるでしょう。

【丁寧な対応】
近隣への対応や作業の安全性、伐採の本数や作業後の庭の管理方法などを相談しながら話を進めたいとお考えの方は、積極的に要望を聞き出し、不安な点に対して快く回答をしてくれる業者がおすすめです。

【対応範囲】
大きな森林のような場所から庭木1本まで、人によって依頼内容はさまざまです。ご自身の作業してほしい規模や範囲などに対応可能な業者を選びましょう。

【わかりやすい見積り】
費用面が気になる方は、どの作業や機械、薬剤にどれだけ費用がかかっているのかが理解できるような見積りを出してくれたり、見積りに不明点があった場合に噛み砕いて説明してくれるなど、わかりやすい見積りをしてくれる業者が安心です。

まずは相談してみましょう

庭木の伐採とお祓いの費用、業者選びのポイントを踏まえてもまだ気がかりなことがある方、自分だけでは何から始めたらよいのかわからないという方は、弊社「お庭110番」にご相談ください。

弊社では日本各地の伐採を請け負う加盟業者のなかから、可能な限りお客様のご希望に沿える業者をご紹介いたしております。

弊社の無料相談窓口は24時間365日対応しています。不安や心配がある方は相談だけでも構いませんのでまずは気軽にお電話ください。

お庭110番のサービス料金
  • 庭木の剪定

    3,000円〜/本

    詳しくみる
  • 伐採

    2,000円〜/本

    詳しくみる
  • 草刈り(機械刈り)

    300円〜/㎡

    詳しくみる