剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 庭木の剪定 > ヒメシャラの剪定は”やりすぎないこと”が大切|基本の育て方まとめ

最新情報・レポート

ヒメシャラの剪定は”やりすぎないこと”が大切|基本の育て方まとめ

ヒメシャラ剪定方法

ヒメシャラは非常に繊細な植物なので、過度な剪定をおこなってしまうと花が咲かずに、最悪の場合は枯れてしまう危険性もあります。そのため、過度な剪定はあまり必要としない木です。まっすぐ上に向かって伸びる性質を持っているので、狭いスペースでも育てることができます。新居のシンボルツリーとしても人気です。

それでも正しい剪定をおこなわないと、風通しが悪くなって病害虫が発生してしまうおそれがあります。頻度は少なくてよいですが、剪定はしたほうがよいでしょう。ここではヒメシャラの剪定時期や方法、剪定業者を選ぶ際のポイントについてご紹介します。

ヒメシャラの香りやシンボルツリーとしての魅力

ヒメシャラの剪定は"やりすぎないこと"が大切|基本の育て方まとめ

ヒメシャラは白色のかわいらしい花を咲かせます。しかし香りはあまりありません。とくに手を加えなくても、育っていくなかで自然と樹形は整っていきます。こまめな管理が必要ないため、家の顔として植えられるシンボルツリーとして、非常に高い人気がある樹木です。秋には葉がオレンジや赤に色づくため、紅葉を楽しむこともできます。

ヒメシャラ剪定の必要性

ヒメシャラはほとんど剪定の必要がない木ではありますが、枝が混み、重なり合ってくると日当たりが悪くなってきます。また、風通しも悪くなると病気や害虫が発生するおそれがあるため、枝を透く程度の剪定は必要です。

しかし、強剪定をしてしまうと枯れてしまう危険性があります。強剪定とは、枝を根元付近まで切りつめたり、多数の枝や芽を切り落としたりすることをいいます。そのため、木への負担が大きく、ヒメシャラのような繊細な樹木ですと枯れてしまうおそれがあります。切りすぎには注意しましょう。

剪定時期は11~3月頃

ヒメシャラを剪定するのであれば、細かい枝が混みあってくる11~3月の落葉期におこなうとよいでしょう。萌芽力が弱いので無理な剪定をしてはいけません。枯れてしまうおそれがあります。

【剪定方法】軽く枝を透く程度でOK!

剪定方法としては、細くなった枝を軽く透く、間引いていく程度で十分です。園芸用のハサミはいくつか種類がありますが、ヒメシャラのように強剪定を必要としない樹木の場合は剪定ハサミで十分です。

強剪定をしてしまうと、ヒメシャラの美しい樹形が崩れてしまう危険性があります。またヒメシャラは樹木としての回復力が弱く、強剪定で木にダメージを与えてしまうと最悪の場合は枯れてしまうおそれもあります。切りすぎないようにしてください。

「正しく」「適度」な剪定はプロにお任せ!

ヒメシャラはほとんど剪定をする必要がないですが、不要な枝を切り落とさなければ日光が当たらない芽ができて、満足に花を咲かせることができないおそれがあります。さらに、風通しが悪くなって病害虫の被害がでる危険性もあります。

大切なヒメシャラを健やかに育てるためにも、適度に正しい剪定をしなければなりません。しかし、適切な頻度で正しくおこなうことは、決して簡単なことではないです。もしご自身の剪定に自信がもてないときは、プロの剪定業者に依頼することをおすすめします。

弊社では24時間365日お電話での受け付けをおこなっていますので、いつでもご相談にのることが可能です。ぜひ一度、ご連絡ください。

ヒメシャラを上手に育てるコツ

ヒメシャラは庭に植える木の中では、剪定も少なく比較的育てやすい木です。しかし上手に育てなければ枯れてしまうおそれもあるため、育て方には注意しなければなりません。ここからは育て方のコツについてご説明します。ぜひ参考にしてください。

ヒメシャラの育て方

ヒメシャラの剪定は"やりすぎないこと"が大切|基本の育て方まとめ

ヒメシャラを育てるときに重要なのは、育てる環境・水やり・肥料になります。順に詳しくご説明をしていきます。

【環境】

ヒメシャラは暑さに弱いので、日光に当たりすぎると花が咲きにくくなるおそれがあります。一日の半分は陰に置いておくのが最適です。そのため、強い西日が差すところは避け、ほどよく明るくなる北側や東側に植えてください。暑さには弱いヒメシャラですが、寒さには強いため、冬はほとんど手がかかりません。

【水やり】

水やりはとても重要で、水きれを起こして土が乾燥してしまうと、葉が垂れ下がってしまいます。土が乾いてくると地表面が白くなるため、そうなったら水をたっぷり与えましょう。

【肥料】

ヒメシャラには1~2月に与える寒肥(かんごえ)と、6月~7月に与えるお礼肥(おれいごえ)をおこなうとよいです。寒肥は、花芽や新芽を増量する、年間を通してのヒメシャラの健康を維持することが目的でおこないます。肥料には、ゆっくりと効果があらわれる緩効性のものを使いましょう。お礼肥は、花が開花する時期に、ヒメシャラの疲労回復を目的としておこないます。お礼肥も寒肥と同じく緩効性の肥料か、もしくは有機肥料がおすすめです。

ヒメシャラの病気と虫対策

ここではヒメシャラのかかってしまう病気と、害虫対策についてのご紹介をしていきます。

【病気】

ヒメシャラはさび病といった葉の病気にかかるおそれがあります。春と秋の雨が多い時期に多発します。この病気は病原菌が特定の植物に寄生していくため、近くにさび病の植物があれば次から次へと被害は拡大します。

さび病は、最悪の場合は葉が枯れてしまう危険性もある、おそろしい病気です。もし発症した樹木があれば、速やかに葉の除去をおこないましょう。落ち葉にも菌が付着している危険性があるため、落ち葉も除去してください。

【害虫】

ヒメシャラには害虫がわくときもあるので、ヒメシャラに発生する害虫についてみていきましょう。

1.チャドクガ
チャドクガは毒の毛を持っている毛虫ですので、かなり危険です。そのため、発見した際は早急な駆除が必要となります。チャドクガが猛威をふるうのは、4月~6月・8月~9月です。駆除方法には、殺虫スプレーをふきかける方法があります。

しかし、毛虫は見た目も気持ちが悪く、刺される危険性もあります。チャドクガの対処は、剪定と合わせて業者に駆除をしてもらうことがおすすめです。

2.カイガラムシ
カイガラムシはとても小さいため、発見したときには大量発生しているケースがあります。この害虫に寄生されると、生育に必要な養分が吸われてしまうため、枝枯れを起こす危険性もあります。このカイガラムシは、成虫になると自身の体液や排泄物でつくったかいがらを被るため、薬剤では駆除しにくくなります。さらに、カイガラムシは種類が多く、ひとつの薬剤がすべてのカイガラムシに効くわけではないため、とても厄介な害虫なのです。

カイガラムシを駆除する際は、硬いヘラのようなもので削り落とすようにしましょう。もし幼虫のときに発見することができれば、薬剤を使って駆除することも可能です。幼虫のときはかいがらを被っていないため、薬剤が効くからです。

3.ミノムシ
ミノムシは園芸の世界では食性害虫として、枝や葉を食べる害虫として扱われます。ミノムシはミノの上からは薬剤が効きにくいです。しかし、ミノムシの駆除方法は意外と簡単で、そのまま手づかみで取ることができます。ですが、「虫を触るのは嫌だ!」という方もいますよね。そんなときは業者に1度ご相談してはいかがでしょうか。

ヒメシャラの増やし方

ヒメシャラは種まきか挿し木で増やします。1つずつ説明したいと思います。

【種まき】

ヒメシャラは地植えをする場合は半日陰の場所を選びましょう。根鉢の倍ほどの植え穴を掘ります。そこに苗を植え付けて、株を支える支柱を立てます。

鉢植えの場合は、鉢に鉢底石と土を入れたあとに苗を植え付けます。花が咲いたら種を取り出します。その種を2日~3日乾燥させて、ビニール袋の中で春まで保管します。

時期になったら、底が浅い鉢に種まき用の土を入れ、種をまいて水をたっぷりとかけましょう。乾燥には弱いので、土の乾燥に注意してください。葉が4枚~5枚育ったら、浅い鉢へ植え替えます。植木鉢は大きければよいというものでもなく、生育の具合に合わせて適切なサイズの鉢に植え替えて育てます。

植え替えは、植え付けてから2年~3年ほど経って水はけが悪くなったときにおこないましょう。2月~3月の休眠期に、生育具合を見て大きめの鉢へ植え替えるとよいです。

【挿し木】

6月~7月の枝が伸びる時期におこないましょう。すでに育てているヒメシャラの枝を切り取り、水に30分ほど浸した後で発根促進剤を与え、土に挿します。水を与えて土が乾燥しないようにしてください。やがて根が出てくれば、無事に挿し木の成功です。

ヒメシャラはシンボルツリーにもおすすめ!

ヒメシャラは人が手を加えて形を美しくみせる木ではなく、自然に育ったことでつくられる樹形を楽しむ木なので、剪定をあまり必要としません。そのため、忙しい人でもメンテナンスに時間をとられることないのです。また、株立ち種であれば樹高が高くなるので、目隠しになりますし、日陰をつくることもできます。そうした管理のやりやすさ、家の防犯性や快適性を高めるという点から、シンボルツリーとして人気があるのです。

「害虫で困った」「うまく育たない」そんなお悩みはありませんか?

ヒメシャラは剪定の必要が少なく、手間がかかりにくい樹木ではあります。ですが、乾燥に弱く、害虫が発生したときには駆除に危険がともなう樹木でもあります。ヒメシャラにつくチャドクガは毒の毛をもっているため、ヒメシャラに触れたときに刺されてしまうおそれがあるからです。

ヒメシャラは自然樹形が美しい樹木で、素敵な美観をほこっています。その美観をそこなうおそれを感じたときは、業者に依頼をしてみましょう。適切な処置でヒメシャラの美しく育てるサポートをしてくれます。

弊社では、ヒメシャラのような繊細な木々を育てるサポートが充実している業者をご紹介することができます。24時間365日、剪定方法や害虫被害のお悩みについてお電話で受け付けているため、もし何かお困りのことがあればぜひ一度ご連絡ください。

剪定や手入れに自信がない…そんな方はプロに相談!

ヒメシャラは強剪定をおこなってはいけない植物ですが、そのかわり繊細な剪定はしなければなりません。ヒメシャラは美しい外観を保ってこその植物ですので、剪定や手入れは剪定のプロに任せてみましょう。ここでは剪定をプロに依頼した場合の費用と、業者を選ぶ際のポイントについてご紹介します。

プロに依頼するといくら必要?

ヒメシャラの剪定は"やりすぎないこと"が大切|基本の育て方まとめ

ヒメシャラなど植木の剪定では、木の大きさにもより異なりますが、相場は剪定作業だけで「低い木(0~3メートル未満)で4,000円~」「中木(3~5メートル未満)で8,000円~」「高木(5~7メートル未満)で20,000円~」となります。さらに、オプションでゴミ処理や除草作業をつけると、料金は高くなっていきます。

信頼できる優良業者か判断するポイント

美しいヒメシャラを剪定してもらうのだから安心安全の信頼できる業者にお願いをしたいですよね。業者を判断するうえで重要なのが以下の点になります。

  1. 1.明朗会計であるかどうか。
  2. 2.ホームページがあり、稼働しているかどうか。
  3. 3.電話などきちんとつながり連絡がとれるかどうか。
  4. 4.ヒメシャラの剪定実績があるかどうか。

明朗会計であるかどうかは、後々追加料金を請求されないためにも、とても重要です。ホームページの有無は、業者としてどのような活動をしているのか、会社概要などが簡単に知ることができるため、その業者の信頼性安全性につながるといえます。

また、電話やメールフォームなどで連絡が取りやすい意味でも、ホームページは重要といえます。樹木によって剪定方法も違うので、ヒメシャラの剪定実績を確認することも大事です。こういった点を抑えて業者を選べば、失敗する危険性は大きく下がるといえるでしょう。

まずは見積りを活用してみよう

ヒメシャラの剪定をお願いしようかどうか迷っているときは、まず見積りを依頼してみましょう。ネット上に載っている相場で頭を悩ませるよりも、現場を見ていただいて業者に見積りをだしてもらうことが非常に重要です。無料見積りをぜひ活用してください。

プロの力も借りて植物の栽培を楽しもう

ヒメシャラはシンボルツリーとしても美しく、強剪定を必要としないため比較的育てやすいことから、庭木として人気の樹木です。ヒメシャラは四季を感じさせる樹木ですので、非常に育て甲斐のある植物といえます。

しかし、頻繁なお手入れは必要ないといっても、適度な剪定をおこなわなければ病気や害虫の被害がでるおそれがあります。ヒメシャラはとても大きくなる木になりますので、高所での作業は刃物をもっておこなうことになります。そのため、落下時に負傷をしたり、刃物を落とすことで周りに被害をだしたりしてしまうおそれもあるのです。

もしヒメシャラの剪定に関してわからないことがあれば、ぜひ一度弊社へご相談ください。24時間365日、お電話での対応をしていますので、昼夜問わずのご相談に対応することができます。

お庭110番のサービス料金
  • 庭木の剪定

    3,000円〜/本

    詳しくみる
  • 伐採

    2,000円〜/本

    詳しくみる
  • 草刈り(機械刈り)

    300円〜/㎡

    詳しくみる