剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 庭木の剪定 > 木の伐採費用と安く抑えるポイント!自分でできる基準と業者の選び方

最新情報・レポート

木の伐採費用と安く抑えるポイント!自分でできる基準と業者の選び方

木の伐採費用と安く抑えるポイント!自分でできる基準と業者の選び方

枯れたり腐ったりした木を放置しておくと、倒れたり病原虫が発生したりするおそれがあり、危険です。自分の家だけではなく近隣の方にも迷惑をかけてしまう場合もあります。そのため、枯れたり腐ったりした木は早めに伐採しておく必要があります。

しかし、「庭木の伐採を依頼すると、高額な費用がかかりそう……」と不安になる方もいるかもしれません。そこで今回は、庭木の伐採費用についてご説明していきます。伐採せずに放置した場合のリスクや、自分で伐採ができるかどうかについてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

木の伐採費用の内訳と相場

まずは、木の伐採にかかる費用相場についてご説明します。もちろん業者によって実際の費用は異なりますが、費用相場を知っておけば、業者選びもおこないやすくなるはずです。庭木などの伐採を考えているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

伐採費用の内訳

伐採費用の内訳

庭木の伐採を業者に依頼する場合の費用は、以下のような内訳になります。

  • ・作業費
  • ・重機
  • ・処分費
  • ・出張費

まず、どの業者であっても必ずかかるのが“作業費”です。業者は、「単価制」になっているところが多く、1本あたりの料金に本数を乗じることで作業費を算出します。また、伐採の本数が多いときには重機を使うことがあるのですが、その場合は追加で料金がかかります。

そのほか、庭木の処分までお願いする場合は処分費がかかるでしょう。業者によっては出張費や駐車料金がかかるところもあります。

木の高さで変わる伐採費用の相場

庭木の伐採料金の相場は、木の高さによって異なります。また、伐根(ばっこん/木を根ごと引き抜くこと)を依頼する場合は、幹の太さ(直径)によって金額が変動します。費用相場はそれぞれ以下のとおりです。

【伐採】

  • 高さ3m未満:3,000円~5,000円
  • 3m~5m:8,000円~15,000円
  • 5m~7m:12,000円~30,000円

【伐根】

  • 直径30cm未満:6,000~10,000円
  • 30cm~50cm:15,000~25,000
  • 50cm~80cm:25,000~35,000円
  • 追加でかかる費用の相場

    重機を使う場合や、伐採した木の処分を依頼する場合、別途料金がかかります。費用相場は以下のとおりです。

    【重機を使う場合(1日あたり)】

    ・クレーン
    • 80,000円~100,000円
    ・油圧ショベル
    • 1.5トン:20,000円
    • 5トン:30,000円
    • 10トン:50,000円

    【処分費】

    • 高さ3m未満:3,000~5,000円
    • 3~5m:8,000~10,000円
    • 5m以上:12,000~15,000円

    そのほか、業者によっては追加費用として出張費(駐車料金や高速料金など)がかかる場合があります。

    補助金が出るケースも

    伐採費用を少しでも抑えるために、補助金についても確認しておくことをおすすめします。自治体によっては、「危険木(古かったり枯れてしまったりして、倒れやすくなっている木)」や「病害虫に侵されている木」を伐採するときに、補助金が出る場合があるのです。

    条件を満たせば伐採費や処分費用を半額負担してもらうことができる自治体も存在します(補助限度額は10万円)。自治体によって対象となる木の条件や負担額は異なるので、一度調べてみるとよいかもしれません。

    伐採費用を安く抑えるには?

    庭木の伐採を業者に依頼する際、複数業者から相見積りを取ることも費用を抑えることにつながります。相見積りを取ることで、複数業者の見積り額を比較・検討することができるので、自分の予算に合った業者を見つけることができるのです。

    このとき、見積り費用がかかる業者とかからない業者があります。費用を抑えるためにも、見積りが無料の業者に依頼するとよいでしょう。

    弊社は全国各地に加盟店があり、都心部でない方も相談していただくことができます。見積り費はかかりません。料金面に納得がいかなかった場合は、キャンセルしていただくことも可能です。木の伐採でお悩みの方は、まずは弊社のフリーダイヤルまでご連絡ください。

    伐採せずに放置するリスク

    「伐採には費用がかかるし、放置しておこうかな」と思う方もいるかもしれません。しかし伐採すべき木を放置しておくことには、さまざまなリスクが考えられます。

    【1】倒木のおそれ

    倒木のおそれ

    以下のような木を伐採せずに放置しておくと、倒れてくるおそれがあります。

    • ・幹が枯れている木
    • ・幹が腐っている木
    • ・根が切れている木
    • ・幹が極端に傾いている木

    幹が枯れていたり腐っていたりすると、徐々に木の水分が抜けていきます。そうなると木が乾燥してもろくなり、倒れやすくなってしまうのです。また、根が切れている場合や、幹が極端に傾いている場合も、木の重バランスを保つのが難しくなるので、倒れやすくなります。

    木が倒れるとその近くにいた人にぶつかってしまう場合があり、大ケガにつながることもあるので、危険な木は早めに伐採するようにしましょう。

    【2】近隣トラブルに発展

    木を放置しておくと、近隣の敷地内にはみ出してしまうことがあるかもしれません。その場合、近隣の方の邪魔になるだけではなく、日当たりを悪くしてしまう危険性もあります。また、落ち葉や散った花が近隣の敷地内に落ちて、あまどいを詰まらせてしまう場合もあるでしょう。

    そうなると、近隣の方とのトラブルに繋がって関係を悪化させてしまうかもしれません。トラブルを避けるためにも、近隣の方に迷惑をかけている場合は伐採しましょう。

    【3】病害虫が発生

    枯れた木や腐った木を放置すると、病害虫が発生してしまうおそれがあります。家に被害を及ぼすことで知られる「シロアリ」もその一種で、放置した木材に住み着いてしまうおそれがあるのです。

    シロアリは、住み着くと木をどんどん食い荒らしていきます。そのため木に空洞部分が多くなり、倒れてしまう危険性が高まるのです。

    また、シロアリは庭木だけではなく、家の中に被害をもたらすおそれもあります。シロアリが家の中に侵入してくると、柱などに使用されている木材まで食い荒らしてしまうため、家の強度が下がってしまうこともあるでしょう。

    シロアリによって木が倒れたり家が倒壊したりしないためにも、枯れた木や腐った木を伐採することは重要なのです。

    伐採が必要な木は早めに処理しよう!

    枯れた木や腐った木など、伐採が必要な木は早めに処理しておきましょう。早めに処理しておくことで、倒木や近隣トラブル、シロアリの発生を防ぐことができます。

    ただ、「伐採したことがなくて、自分でできるか不安」という方もいるでしょう。その場合は伐採のプロに依頼することをおすすめします。

    弊社にご相談いただければ、実績のある加盟店をご紹介することが可能です。不安やご不明点がある場合は丁寧にご説明させていただきますので、安心してご依頼いただけます。自分での伐採が不安な場合は、ぜひ弊社にご連絡ください。

    木の伐採って自分でもできる?

    木の伐採を業者に依頼するのではなく、自分でおこないたいという方もいるかもしれません。しかし、木の伐採は自分でおこなうことができる場合と、業者に依頼したほうがよい場合があり、正しく見極めないと危険な目にあってしまうことがあります。

    そこで、以下では自分で伐採できる基準についてご説明していきます。

    自分で伐採できる木の判断基準

    自分で伐採できる木の判断基準

    自分で伐採できるのは、以下のような場合です。

    • ・木が3m未満
    • ・幹の太さが20cm未満

    木の高さが高いと、伐採の仕方次第では、切った木がほかの木や電線にひっかかってしまう場合があります。ほかの木にひっかかると、いつひっかかりが外れて倒れてくるかわかりませんし、電線にひっかかれば停電を引き起こしてしまうかもしれません。そのため、自分で伐採をおこなう場合は、高さが3m以内の木のみを切るようにしましょう。

    また、太い木を切る場合はチェーンソーを使いますが、使い方を間違えると死亡事故につながってしまうおそれもあります。自分で伐採をおこなう場合は、チェーンソーがなくても無理なく切れる20cm未満の木に限定したほうがよいでしょう。

    業者に伐採を依頼するメリット

    木の高さが3m未満、幹の太さが20cm未満であっても、自分で伐採できるか不安な場合は業者に依頼することをおすすめします。業者に依頼することで、以下のようなメリットがあるからです。

    • ・作業しづらい場所でも作業をおこなってもらうことができる
    • ・伐採した木の処分も頼める

    業者に依頼すれば、建物が密集している場所でも、建物や配管を傷つけずにおこなってもらうことができます。また、伐採した後の木を運んで処理することはとても大変ですが、業者にお願いすれば、代わりにおこなってもらうことができるでしょう。

    業者がおこなう伐採作業の流れ

    木の伐採を業者に依頼する場合、以下のような手順で伐採をおこないます。

    1. 1.木を倒す方向を決める
    2. 2.安全の確保(倒す方向のスペースと作業者の避難経路を確保する)
    3. 3.受け口をつくる
    4. 4.追い口をつくる
    5. 5.安全を確認して伐倒

    まず、木を倒す方向を決めます。平坦な場所なのか、地形が傾いている場所なのかを確認することで、安全に倒すことができるからです。

    次に安全を確保します。安全確保の方法としては、倒すスペースを確保すること、木が倒れるときの作業者の経路を確保すること、作業場の障害物を取り除いておくことなどが挙げられます。

    安全確保ができたら、次におこなうのが「受け口」をつくることです。受け口とは、倒したい方向に入れる切込みのことで、斜め45度程度の角度で入れていきます。このとき、切り抜かずに3分の1~4分の1程度を切るようにするのがポイントです。

    受け口をつくったら、「追い口」をつくっていきます。追い口とは、倒したい方向の反対側に入れる切込みのことで、水平に切込みを入れていきます。追い口をつくって再度安全を確認したら、ロープなどで牽引(けんいん)しながら倒していきます。

    伐採業者を選ぶときのポイント!

    伐採を依頼する際は以下の点を確認しておきましょう。

    • ・見積書が詳細まで書かれているか
    • ・追加料金がないか
    • ・実績が多いか
    • ・相談がしやすいか

    業者から見積りを取る際は、詳細まで書かれている見積書かどうかを確認しましょう。詳細まで書かれた見積書は、より細かく見積り額を比較することができるため、自分の要望や予算に合った業者を選びやすくなるからです。

    また、追加料金が発生しないかも確認しておきましょう。確認しておかないと、作業後に思っているよりも高額な費用を請求される場合があります。

    そのほか、実績の多さも確認しておきましょう。実績が多いところはそれだけ多くの人に選ばれているということなので、信頼性が高いといえます。さらに、不明点や不安点を取り除くためにも、相談のしやすさも確認しておきましょう。

    弊社の加盟店では、見積りを無料でおこなっているほか、見積書を詳細までご提示しております。また、追加料金も発生いたしません。24時間365日受付中の相談窓口を設けておりますので、不明点や不安点があった場合にはお気軽にご連絡していただくことができます。

    「木を伐採してほしい」「どの業者にしようか迷っている」という方は、ぜひ一度、ご連絡ください。

    お庭110番のサービス料金
    • 庭木の剪定

      3,000円〜/本

      詳しくみる
    • 伐採

      2,000円〜/本

      詳しくみる
    • 草刈り(機械刈り)

      300円〜/㎡

      詳しくみる