剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 剪定 > 庭木の伐採に必要な道具や方法を紹介。まずはDIYか業者かの判断を

最新情報・レポート

庭木の伐採に必要な道具や方法を紹介。まずはDIYか業者かの判断を

大きくなりすぎた木をそのままにしていませんか?庭木が大きくなりすぎると日当たりも悪くなり、落ち葉などの掃除も大変です。また、伐採をしても切り株抜根をせず、そのままにしておくと、シロアリの住処になるおそれもあります。

このように、不要な木を残したままにするのはデメリットが多いので、早めに処理しましょう。

そこでこの記事では、庭木の伐採や抜根の方法、業者に依頼するときの選びかたなどについてまとめてみました。

木の伐採や抜根は、自分でおこなうことも可能です。しかし、伐採には危険がともない、労力もかかってしまうため、自分でやらずに伐採業者に依頼したほうがよいこともあります。庭木の処分の仕方に困っていましたら、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

伐採を業者に頼むか自分でやるか判断する基準

伐採には刃物も使うため、労力や危険がともないます。まずは伐採を業者に頼むべきか、それとも自分で作業すべきかを判断する基準についてみていきましょう。

木の高さ・幹の太さ

木の高さ・幹の太さ

木の高さが3メートル以上、もしくは幹の直径が20センチメートル以上の場合は、業者に依頼するとよいでしょう。木は意外と重く、伐採したときに倒れてくる方向を間違えると事故につながるおそれもるため、自分で伐採をするのは危険です。

抜根する場合も、木の根が深く伸びたり横に広がって伸びたりしていることもあるので、労力や時間もかかります。伐採した木は処分するために運ぶ必要があるので、運ぶことも想定して判断しなければなりません。

木の高さや幹の太さが上記の大きさ以下であっても、体力に自信がなければ自分での作業は控えたほうが賢明です。

周囲の環境

木を倒せるだけのスペースがないと、自分で作業するのは難しいでしょう。伐採は正しい方法でおこなわないと予想外の方向に倒れていくこともあるので、木をぎりぎり寝かせられる程度のスペースでは狭いといえます。

また、広いスペースがあっても、斜面での伐採作業は大変危険です。倒した木が転がってしまうおそれがあります。伐採する木だけではなく、周囲の環境なども考慮して判断するとよいでしょう。

庭木の伐採に不安があれば業者に依頼を

大きな木を伐採する場合や、木を伐採できるだけのスペースがない場合など、安全性などに不安があれば業者へ依頼するとよいでしょう。業者であれば安全で確実に作業をしてくれます。ここからは業者に依頼した場合の作業や費用について紹介します。

業者だからできる伐採

業者だからできる伐採

自分では伐採できない場合、どうしても業者に依頼しなければなりません。また、業者だからこそできる伐採というのもあります。主に以下のような伐採をおこなう際は業者にするべきでしょう。

  • ・特殊伐採
  • ・大量の伐採

建物のすぐ近くに伐採したい木が生えていたり、倒せるほどのスペースがなかったりなど、伐採したい木を倒せない場合の伐採を特殊伐採といいます。伐採したい木が数十本あるなど大量の場合は、重機を用いて伐採をおこなう必要があります。

こうした特殊伐採や、重機を用いた大量の伐採であっても、伐採や抜根ができる業者であれば作業が可能です。

業者に伐採をしてもらう費用相場

伐採や抜根の費用相場は、高さや幹の直径などで変わります。一般的な相場は以下の通りです。

  • 【伐採の費用相場】
  • 3メートル以下:2,000円~6,000円
  • 3メートル~5メートル:9,000円~18,000円
  • 5メートル以上:23,000円~30,000円

 

  • 【抜根の費用相場】
  • 30センチメートル以下:3,000円~10,000円
  • 30センチメートル以上:10,000円~30,000円

 

これはあくまで一般的な費用相場であり、木を倒さないでおこなう特殊伐採などは費用が高くなります。どれほど費用が高くなるのか、それは現場の状況次第で変わってくるので、詳しい費用が知りたい場合は一度業者に見積りの依頼をしましょう。

また、伐採と伐根を別々に依頼すると割高になる可能性があるため、両方の作業をおこなう場合はそれぞれの費用を確認しましょう。同じ業者に依頼するなど同時に作業ができるほうが安価で済ませることができます。

作業費以外の費用

伐採や抜根の作業費以外に、重機の使用費、処分費、出張費などがかかる場合があります。これらが作業費に含まれている業者もあるので、費用内容になにが含まれているのかを確認するとよいでしょう。

また。立地条件により重機が使えない場合や、廃材処分用のトラックが入れないなどの場合は、作業費が割高になることもあります。依頼する前に状況などを伝えて確認しておきましょう。

あなたに合う業者を探すためのポイント

伐採や抜根をおこなえる業者はたくさんあります。ではその業者の中から、自分に合う業者を探すためのポイントをみていきましょう。

実績をみる

今まで伐採や抜根をどれくらいおこなっているのかホームページや口コミで実績をみましょう。実績が多いほど、どのような状況にも対応してもらえる可能性が高くなるためです。口コミは実際に作業を依頼したお客様の生の声なので参考になります。

見積りの内容をみる

無料見積りをしてくれる業者もあるため、作業を依頼する前に見積りで金額を確認するとよいでしょう。

その際、費用内容にはどういう項目が含まれているのか確認しましょう。書かれている内容以外に出張費や処分費などの費用が発生することはないかなどを確認して、追加費用の発生の有無を確認するのも大切です。

わからない点や不安な点を相談してみる

わからない点や不安な点などは事前に相談をしてみましょう。その時の対応などをみて、誠意をもって対応してくれるかどうかも、業者を選ぶポイントになります。

また、依頼する前に不明な点などについて相談や質問をすることによって、作業後のトラブルなどを防ぐこともできます。

相見積りをとって比べる

いくつかの業者に見積りを依頼して比較するのもよいでしょう。弊社で紹介する業者は無料で見積りをおこなっており、見積り後に追加の費用はかかりません。ぜひお気軽にお電話ください。

自分で庭木を伐採するための準備

ここまで業者に依頼する際に注目したいポイントについて解説してきました。しかし、自分で伐採を済ませたいと思うこともあるでしょう。では、自分で伐採をする場合はどのようなことに気をつけたらよいのか、まずは準備するものや注意点について紹介していきます。

必要な道具を揃える

必要な道具を揃える

伐採や抜根に必要な道具を揃えましょう。

【ノコギリ・チェーンソー】
伐採をするために必要な道具です。ノコギリは労力がかかりますが、チェーンソーであれば簡単に伐採することができます。しかし、作業をしている人に向かってチェーンソーが跳ね上がるキックバックという現象が起こることがあり、大変危険です。

使い方を間違えると事故につながるおそれもあるので、使用する場合は注意が必要です。

【防護用品】
防護服や防護メガネ、ヘルメットも着用しましょう。木くずが散ったり、枝が落ちてきたりすることがあり、万が一のケガを防ぐために必要です。いずれもインターネット通販やホームセンターで購入することができます。

【ロープ】
ロープは、伐採した木が倒れる方向を操作するときに使用します。直径1センチメートル以上の丈夫なロープを用意しましょう。

【スコップ・除草剤】
抜根をするときや処分するとき、取り除くことが難しい根の処理に使用します。

【廃棄用品】
ゴミ袋、ガムテープ、ほうきなどは伐採した木を処分するときに必要となります。処分方法などを考慮し必要なものを準備しましょう。

お祓いをする

木には神が宿るといわれ、家の守り神とされています。そのため自宅の庭木を伐採、抜根をするときには感謝と謝罪の意をこめてお祓いをしましょう。

伐採や抜根を業者に依頼する場合は、お祓いを一緒にしてくれる場合もあります。自分で作業をする場合は、神社にお願いをすればしっかりとした供養をしてくれます。

自分で略式のお祓いをする場合は、塩とお酒を木の四隅それぞれに少しずつまいてから手を合わせるようにしましょう。

【重要】安全を確保する

伐採をするときには木が倒れてくる方向を決めますが、倒れて欲しい方向とは違う方向に倒れてくるおそれもあります。そのため人が近くに来ないように家族や近所の方にも伝え、万が一の場合に備えて逃げる方向を決めておくとよいでしょう。

庭木を伐採する方法

闇雲に木を伐採してしまうと、木が自分のほうに倒れてくることもあり危険です。安全に効率よく作業を進めるために、伐採するまでの手順をご説明します。

伐採する

伐採する

まずは伐採の手順についてみていきましょう。

【邪魔な枝を切り落とす】
伐採する前に、木を倒す方向を決めます。そして、木が倒れるときに周囲のものに引っかかりそうな枝を切り落としていきましょう。枝を切ることにより、重心をある程度操作することもできます。

【受け口を作る】
倒したい方向に受け口を作ります。受け口は幹の直径の1/3程度まで切り込みを入れ、「∠」このような形になるように角度30~45°程度に切ります。根を抜くときのために、ある程度の切り株の高さを残して作るとよいでしょう。

【追い口を作る】
受け口の反対側へ追い口を作ります。受け口の2/3くらいの高さのところから、幹の直径の1/3程度まで水平に切れ込みを入れていきます。

倒したい方向に引っ張るようにロープを張っておくと、間違った方向へ倒れることを防ぐ助けとなります。全然倒れない、倒れそうにないからといって切りすぎてはいけません。受け口と追い口が重ならないようにしましょう。

【木を倒す】
追い口を作れたら、追い口側から受け口側に押して木を倒しましょう。

根を掘り起こす

スコップで根を掘り起こし、揺らしながら引っ張れば、根を抜くことができます。切り株をそのまま放置すると、シロアリの住処となるおそれもあります。すべての根を取り除くことが難しければ、除草剤を使用して枯らすとよいでしょう。

木や根を処分する

お住まいの地域の自治体によって、廃棄方法が変わります。細かく切れば可燃ゴミとして収集してもらえる場合もあるので、地域の自治体へ確認するとよいでしょう。ゴミとしての収集が難しい場合は、廃材処理業者などに依頼することもできます。

木を細かく切ることや処分することが面倒な場合は、伐採や抜根を業者に依頼すると、処分も一緒におこなってくれます。処分費用が別途かかる場合もあるので、事前に確認するとよいでしょう。

伐採や抜根は自分でおこなうこともできますが、労力や危険がともないます。体力やテクニックに自信がなければ、業者に依頼をしたほうが安心です。伐採のみ、抜根のみを依頼することや、両方依頼することもできます。

伐採はしたけど抜根まではできない、という場合も業者へ相談するとよいでしょう。

弊社ではいつでもご連絡いただけるように、24時間365日お電話を受け付けております。作業前のご質問やご相談も喜んでお応えいたしますので、ぜひご利用ください。

お庭110番のサービス料金
  • 庭木の剪定

    3,000円〜/本

    詳しくみる
  • 伐採

    2,000円〜/本

    詳しくみる
  • 草刈り(機械刈り)

    300円〜/㎡

    詳しくみる