剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 庭木の剪定 > 伐採とは「木を切り倒す」こと。剪定との違いや伐採方法も説明します

最新情報・レポート

伐採とは「木を切り倒す」こと。剪定との違いや伐採方法も説明します

木を切るといってもさまざまな方法があります。伸びた枝を切る剪定なのか、木そのものを切る伐採なのかで、使用する道具から内容までまったく異なります。

そのため、木を切る目的が剪定なのか伐採なのかを明確に区別しておかないと、イメージする立木の姿から遠ざかってしまうでしょう。さらに業者に切ることを依頼するとき、伝える内容を間違えてしまうと大変なことになります。

このコラムでは、伐採と剪定の違いをまず整理して、自分で伐採する方法やプロに任せたときの費用や優良な業者の選び方をご紹介していきます。木を正しくお手入れしてきれないお庭を維持していくためにこのコラムをお役立てください。

お庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

伐採とは?剪定との違いと意味

ひとくちに木を切るといってもさまざまな方法があります。自分で木を切る方法を調べたり業者に依頼したりする際、言葉を間違えて検索したり依頼したりしてしまうと、イメージする木々の姿から遠ざかってしまいます。

そこで、この章では伐採と剪定の違いと意味について説明していきます。言葉の説明が少々長くなりますが、お付き合いください。

「伐採」とは「木を切り倒す」こと

「伐採」とは「木を切り倒す」こと

伐採とは木を切り倒すことです。伐採の中にも、主伐、間伐、除伐、皆伐があります。これらの特徴についても簡単に確認をしておきます。

  • 主伐:木材などに利用する目的で木を切り倒すことです。
  • 間伐:成長の遅い木を間引くために木を切り倒すことです。
  • 除伐:育ちが悪い苗木を切り倒すことです。
  • 皆伐:ある一定の範囲にある木を全部繰り倒すことです。

このように、伐採というだけでもさまざまな木の切り倒し方があることがわかります。

「剪定」とは「枝を切る」こと

剪定とは枝を切ることです。樹木の形を整えるだけでなく、病害虫の駆除や、効率のいい養分の配分が目的です。剪定して古い枝を切り落とすと、木は養分を必要な場所に行き渡らせます。その結果、木の抵抗力が高まり病気や害虫に負けない木になります。

剪定をおこなわないと、不要な枝が養分をたくさん吸い取ることになるため、木を全体としてみたときに発育の阻害するおそれがあります。

「伐採」と「剪定」の違い

このようなことから、伐採と剪定の違いは以下のようにまとめることができます。

  • 伐採:木を切り倒して木材の確保や土地の有効活用をすること。
  • 剪定:枝を切って木の見た目を整え、成長を促すこと。

伐採は、木材を確保するためにおこないます。切り倒した木を丸太や建材に転用して販売するからです。また、開発や新たな木々を植林するために一定の範囲の木を切り倒す必要もあるので、伐採をおこないます。

剪定とは枝を切ることであり、見た目をきれいな状態に保つことができます。また、それだけでなく養分を効率よく配分することで、木の免疫力をアップし病気や害虫から木も守る役割もあります。

このように、伐採と剪定は目的や木の切り方がまったく異なります。そのため伐採と剪定を間違って認識してしまうと、イメージする庭木の様子から遠ざかることになります。

木を切る方法を調べたり業者に依頼したりする際、伐採と剪定を区別してからおこなうと、イメージする庭により近づくことができるでしょう。

「伐木」「抜根」「伐根」というものもある

もう少しお付き合いいただいて「伐木(ばつぼく)」「抜根(ばっこん)」「伐根(ばっこん)」の意味とそれぞれの違いについても確認しましょう。

伐木

木を切り倒すこと。伐採とほぼ同義です。伐採は「採」という字を当てますから、森林の木を木材として利用するために採(と)ることを意味します。そのため、木材へ転用する目的でなく庭木などを切り倒すとき、正確には伐木ということになります。

抜根

木の根だけを抜くこと。切り株の除去を意味します。伐採したあと、切り株を庭のオブジェとして残したり、切り株から伸びるひこばえという小さな枝を育てたりする目的で、根を残すことがあります。

しかし、切り株を放置しておくと、シロアリやハチなどの害虫が集まったり、根だけが成長して地面を隆起させたりと庭に悪影響を及ぼすとこがあります。そのようなときに抜根をする必要があるのです。

伐根

伐採と抜根を同時におこなうこと。根を残しておくと、上記の通り庭に悪影響を及ぼすおそれもあるため、伐採と同時に根も抜いてしまうことです。

業者に依頼するときは違いを把握しておこう

枝だけを切って欲しいのに「伐採してほしい」といってしまうと、木を切り倒されてしまい、取返しのつかないことになるおそれがあります。それぞれの言葉の違いを知り、なにをしてほしいのか目的を把握してから、それぞれに対応した業者に連絡しましょう。

「伸びた枝を切って見た目をよくしたい。」「庭の木が腐り始めたから切りたい。」「切り株が邪魔だから除去したい。」など、さまざまなご要望をお持ちではないでしょうか。木を切る目的が、伐採なのか剪定なのかを業者に正確に伝えることで、庭木をイメージする形に整えてくれます。

弊社では、お電話いただければ迅速にお近くの伐採業者を派遣します。お客様の敷地をご要望に合う形になるよう事前に確認させていただくため、まず業者が木の様子を確認して見積りを提示いたします。

現地無料見積りは無料で承っておりますので、伐採をご検討中の方はお気軽に弊社までお問い合わせください。

お庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

伐採をおこなう前に必要なこと

伐採を業者に依頼することで、労力をかけずに伐採することができます。しかし、自分の敷地の木は自分で伐採したいとお考えの方も多いのではないでしょうか。自分でも伐採は可能なので、まずは木を伐採する前に確認すべきポイントを紹介します。

自分でできる範囲か判断する

自分でできる範囲か判断する

伐採をする前に、まずは木のサイズと周囲の状況を確認します。自分で伐採できる木のサイズは以下の通りです。

  • 樹高:3メートル以下
  • 直径:20センチメートル以下

このサイズを超えるときは、高所作業車を使うような大掛かりな作業になることが多いため、プロに依頼したほうが賢明です。

木の周囲も確認しておきましょう。

  • 木の近くにコンクリートや壁が設置されていないか。
  • 自宅や近隣の家屋と十分距離が保たれているか。
  • 地面は水平でまっすぐか。

木は伐採するときに、地面が水平でないとバランスを崩して思わぬ方向に倒れることがあります。その結果として自宅や近隣の建物を壊したり電線を切断したりすると多くの人に迷惑をかけることになるでしょう。

また、根が想像以上に広がっていることがあります。広がった根を強引に抜くと周囲のコンクリートや壁を壊すおそれがあるため、根に沿って土を掘り進めるためのスペースが必要になるのです。そのため余裕のある作業空間を確保してから伐採を始めましょう。

必要な道具を揃える

伐採をおこなう前に、必要な道具を確認しておきましょう。伐採に必要な道具は以下の通りです。

  • のこぎり、チェーンソー:木を切る道具
  • ロープ:木を正し方向に倒す道具
  • スコップ、シャベル:根を掘り出す道具
  • ヘルメット、軍手:自分を保護する道具

伐採は危険を伴う作業です。のこぎりやチェーンソーを使い、木が正しい方向に倒れるようにロープで固定しましょう。チェーンソーの扱いは難しいため、取り扱いに慣れていない人はプロに任せるのが賢明です。

チェーンソーは使っている最中に跳ね返ってしまうこともあります。ケガを予防するための保護具もしっかりと装着してください。

お祓いをするケースも

伐採をする前にお祓いをする方もいらっしゃいます。長年愛でてきた木に愛着を持つ方もいらっしゃることでしょうし、土地の守り神のような存在として崇めてきた方もいらっしゃるでしょう。

伐採をしたくない状況でも、やむを得ない事情で伐採をしなければならないということもあるかもしれません。

その際は、木に感謝と謝罪の意味を込めてお祓いをしてあげるとよいでしょう。お祓いを必要と感じるときは事前に神社にお願いすると相談に乗ってくれますよ。

お庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

自分で伐採をする方法

それでは自分で伐採をする手順を確認していきましょう。木を上手に伐採するために、これから紹介する方法でコツをつかんでください。ただし、危険な作業もありますから、無理だと感じたらすぐに業者を呼ぶことをおすすめします。

まずは安全の確保を!

まずは安全の確保を!

伐採をするときには安全確保がとても重要です。木が倒れたときを想定して、逃げられるスペースを確保しておきましょう。落ち葉などで地面が見えないときには掃除しておくのも大切です。万が一のとき、足が引っかかったり小石につまずいてしまったりしたら大変です。

また、お周囲に人が入らないようテープや札で封鎖しておくと他人へ危害を加えずに伐採することができます。木が倒れる範囲には壊してはいけないものがないか、しっかり周囲を確認しましょう。

伐倒方向を決める

木を倒す方向を事前に決めておきましょう。平地で十分なスペースがある方を選ぶと安全な作業ができます。木が倒れたときに、周囲の人やものに当たらず安全に作業することができます。

木を倒す方向が決まったら、ロープを結んで切り倒したい方向に張っておきます。ロープを張っても予想外の方向へ倒れることがあるため、ピンと張った状態で結ぶことが重要です。

伐倒方向に受け口を作る

受け口とは倒す方向に刃物で入れる切り口のことです。受け口を作ることで木の重心を倒したい方向に傾けることができます。具体的な方法は以下の手順です。

【1】幹の1/3のところまで地面と平行になるように刃物を入れる。
※地面から10センチメートル上あたりに受け口を作ると、あとで根を掘り出すときにつかみやすくなります。

【2】切り口の30~45度斜め上から1で入れた刃の先端に届くよう、切れ込みを入れる。
※1と2の切れ込みを入れることで、横から見ると直角三角形の空洞ができます。

伐倒方向の反対から追い口を入れて倒す

追い口とは、伐採方向の反対側に入れる切り口です。木には受け口を作られてもまっすぐに立とうとしているバランスの力が働いています。しかし、受け口の反対側に追い口をいれることで、木のバランスをすべて受け口側に流すことになるため木が倒れやすくなるのです。

【1】受け口の反対側から地面と平行になるように刃切り口入れる。切り口入れる位置は、受け口の水平面から2/3の位置が目安です。

【2】幹の2/3程度追い口を入れたら受け口を入れた方向に木を倒す。

追い口を入れている途中から木が傾き始めることがあります。できれば、追い口を入れる人と木を正しい方向に倒す人というように複数人で役割分担ができるとよいでしょう。

根を掘り起こす

木が倒すことができたら、根を掘り出します。以下が、根を掘り起こす手順です。

【1】スコップなどで根の周囲を掘る。
周囲の根を切り取るためのスペースを作っていきます

【2】根の広がり具合と周囲の障害物を確認する。
広がった根を取り除く際、周囲に壊れそうなものがないか確認しましょう

【3】細い根→太い根の順番に切り株から根を切り離す。
切り株抜き取る際に、根が引きずられないように根を取り除いておきましょう

【4】切り株を抜き取る。
根は重たいこともありますから、途中で落とさないよう慎重に持ち上げましょう

根は予想以上に重いこともあります。また、周囲に根が伸びていると自分では取り切れないこともあります。自分で根を抜くことが難しいときは、抜根だけでも対応してくれる業者に依頼するとよいでしょう。

切った木・掘り起こした根を処分する

伐採した木や抜いた根はゴミになります。処分方法は自治体ごとに異なりますから事前自治体のホームページなどで確認をしておきましょう。また自分で処分することが難しいときは伐採業者に木や枝などの処分を依頼することもできます。

弊社では、確かな技術と豊富な伐採経験を持つ加盟店と多数提携しています。周囲の状況を確認木して木を正確な方向に倒すため安全な伐採が期待できるでしょう。重たい木を持ち上げる重労働や、切った木の枝や根の処分などもすべて任せることができます。

お庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

伐採をするときに注意する点

前章でご紹介した方法を参照して自分で伐採しようと思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、自分で伐採しようとして周りのものを壊したり近隣に迷惑をかけたりしては本末転倒です。

そこで、業者に任せた方が安全なケースとはどのようなときなのか確認しておきましょう。また、業者に依頼したときの費用や優良な業者の選び方もご紹介します。この章を参考に、安全で信頼できる業者を見つけてください。

他の木に引っかかったりすると危険

他の木に引っかかったりすると危険

伐採する木の周囲にある障害物はあらかじめ取り除いておきましょう。切った木が木立に引っかかったり、岩などにもたれかかったりすると、予期せぬ方向に木が倒れたり、バウンドして周囲の人々にぶつかったりするおそれがあるためです。

伐採する木の高さが3メートルなら、木の半径3メートル以内にある障害物を取り除いておくことで安全に作業ができます。

電線や建物付近の木の伐採は業者に任せよう

電線や建物付近の木を伐採するときは業者に任せた方が賢明です。伐採中に電線を誤って切断すると、近隣の住宅が停電して大きな迷惑をかけることになります。また木が隣家に直撃すると、損害賠償や住民トラブルの原因となってしまうおそれがあります。

伐採業者は木の周りに電線や隣家があるとき、木の上から少しずつ切っていく特殊伐採をおこないます。伐採が難しい場所でも豊富なノウハウや経験があるため難なく伐採をおこなうため、たいへん頼もしいです。

伐採をしてもらう費用

伐採は木の高さ、太さ、難易度で決まるため一概にいくらとはいえませんが、一般的な目安を確認しておきましょう。

  • 3メートル以下:3,000円~10,000円
  • 3メートル~5メートル:4,000円~20,000円
  • 5メートル以上:20,000円~40,000円

山の斜面など人力だけでは不安定で作業が難しい場所では、別途費用が発生することもあります。たとえば、斜面などでは転がらないよう木を支えるために人員を増やすための人件費。

木の周囲に建物や電線があるときには「特殊伐採」といって、重機を使うこともあり機材費が発生することもあります。

弊社では、加盟店を派遣することで現地無料見積りをおこなっております。詳細をご希望の方はお気軽にお申し付けください。

信頼できる業者を選ぶには

信頼できる業者を選ぶためには、いくつかのポイントをおさえていくことが大切です。以下にそのポイントを4つご紹介します。

実績を見る

伐採実績が高い業者とは、多くのノウハウや高い技術力の証といえます。伐採を依頼する際は、事前に同じ種類を伐採したことがある業者だと安心です。業者を選ぶ際には実績をホームページや電話などで確認しましょう。

地域密着型

密着の業者はその地域の方々の信頼を得られているといえます。なぜなら会社の様子や作業員の人柄などが地域の人に認められないと、その土地で長く仕事をおこなえないからです。また住まいの地域によく生えている木々のことも熟知しているため最適な作業を期待できます。

実際に会ってみる

現地調査などの機会に業者の方とお話をしてみるとよいでしょう。作業方針や料金のこと、木々のお手入れ方法など丁寧に説明してくれる業者は信頼できます。

無料見積り

納得のいく料金を知るポイントは、相見積りといって複数の業者から見積りをとることです。料金の比較をすることで、作業後にもっと安い業者があることを知って後悔することはなくなります。

さらに複数の業者から作業方法を聞いて比較できるため、納得のいく剪定作業を依頼できる点もメリットです。無料見積りやキャンセル無料などが明記された業者に依頼すると相見積りが容易です。業者によっては、見積りを無料でおこなってくれる場合もあります。

弊社では全国の伐採業者と数多く提携しております。どの業者も信頼と実績のある加盟店ばかりです。もちろん現地無料見積りもおこなっているため料金も明確です。

1本からの伐採でも構いません。現地無料見積りだけでも大丈夫です。木の伐採をお考えのかたはお気軽に弊社までお電話ください。

剪定・伐採・草刈りなどお庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
お庭110番のサービス料金
  • 庭木の剪定

    3,000円〜/本

    詳しくみる
  • 伐採

    2,000円〜/本

    詳しくみる
  • 草刈り(機械刈り)

    300円〜/㎡

    詳しくみる