剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 庭木の剪定 > モッコウバラの剪定と育て方|園芸業者の知恵とワザ

最新情報・レポート

モッコウバラの剪定と育て方|園芸業者の知恵とワザ

モッコウバラを美しく咲かせるためには正しい剪定をおこない、しっかり育てていくことが大切です。ここでは剪定する枝の選び方や剪定方法、育て方について園芸のプロもおこなっているお手入れの方法をご紹介します。

モッコウバラはエクステリアとしても大変人気があります。ぜひとも美しい花を咲かせて、お庭を飾ってみませんか?モッコウバラは育てやすく、初心者にもオススメです。このコラムには丈夫に育てるためのヒントが詰まっていますよ。

お庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

モッコウバラの剪定方法

モッコウバラをキレイに咲かすには、剪定は大変重要な作業です。剪定に適した時期から剪定の方法まで紹介します。

剪定時期

剪定時期

モッコウバラの剪定のシーズンは2回あります。1度目は5~6月におこなう春の剪定です。春にはよく枝が伸びるので、花が咲き終わったときに枝を落とします。

2度目は12~2月の冬の剪定です。冬は伸びすぎてしまったなど、剪定をしたい理由がないときにはおこなわなくても問題ありません。この時の剪定は伸びてしまった枝だけ切り落とすなど、控えめにしておきましょう。

どの枝を切ればよい?

春の剪定では、花の咲き終わった枝を半分くらいに切り落とします。また、太い古い枝や細くて元気のない枝は花をつけないことが多いため、このタイミングで切り落としてしまいます。大きくなりすぎて育てるスペースがなくなった場合には、樹形を整えるためにこの時期にバッサリ切りましょう。

冬の剪定では、春の剪定以降に伸びすぎてしまった枝を切って樹形を整えることや、絡まっていたり弱っていたりする枝を幹から切り落とします。そうすることで、春に元気な新芽が出やすくなります。

花が咲かない?

モッコウバラの花芽は8月~9月につきます。そのため、この時期より後に剪定をおこなってしまうと花芽を落とすことになるため、翌年の花が咲かなくなってしまうことがあります。

樹形を整えるような全体の剪定は、春の時点でしっかり済ませておきましょう。冬の剪定は少しメンテナンスをおこなう程度にしておくと、花芽を落としすぎることなく、翌年もキレイに花が咲きます。

剪定をしないとどうなる?

剪定をおこなわないと花を咲かせない古い枝や、元気のない弱い枝がエネルギーを奪ってしまいます。そのような枝を剪定によってスッキリさせると、花芽や新芽を出すことにエネルギーを使うことができるようになり、より元気なバラの木として育てることができます。

また、剪定をしないと枝が増えすぎてしまい、風通しが悪くなったり日照不足となってしまいます。このような事態になると成長の妨げになるだけでなく、病害虫の被害を受けやすくなってしまうため、剪定は健康に育てるためにも大切な作業なのです。

もしも剪定に自信がないというときには、プロに依頼するとよいでしょう。プロの手によってモッコウバラが健康に育つだけでなく、剪定方法次第でおしゃれにもなります。まずは相談してみることをおすすめします。

お庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

モッコウバラの育て方

モッコウバラを育てるために大切なことを紹介していきます。日ごろからお手入れを心がけると、健康に育てやすくなるのでぜひ実践していきましょう。

モッコウバラについて

モッコウバラについて

モッコウバラとは中国原産のつるバラです。バラといえばトゲの生えているイメージがありますが、モッコウバラにはありません。そのため小さなお子様やペットがいても、安心して庭に植えることができます。

花は優しい色合いをしており、白か淡い黄色をしています。4~5月が開花時期で3センチメートルほどの小さな花を咲かせるため、とても可憐です。

気温の影響を受けにいため、寒冷地でなければ地植えでも問題なく冬を越すことができます。また、日当たりのよい場所を好みますが、1日数時間しか当たらないような半日陰でも育てることができ、とても強く育てやすいです。しかし、そんな環境でも生長がとてもはやいため、剪定は欠かせません。

苗の選び方

モッコウバラの植え付けに適したシーズンは、10~11月ごろです。苗を選ぶ際には、しっかりと葉が茂り、艶があるものを選びましょう。根がしっかりしているのかも確認しておくと、丈夫な苗か知ることができます。花芽がついていると、翌年にはさっそく花を咲かすことができます。

苗を手に入れたらできるだけ早めに植えつけましょう。地植えをおこなう際には、日当たりと風通しのよい場所に植えると元気に育ちます。

鉢植えをおこなう際には、株よりも大きめの鉢に植えます。生長がはやいため、多少鉢が大きすぎるかなと感じても、すぐに丁度よくなります。つるの誘引をおこなうためにも、支柱を立てておきましょう。

土・肥料・水やり

モッコウバラは水はけのよい土壌を好みます。小石などの障害物が含まれている土や、硬すぎる土は植物を育てるのに向きません。庭の土がモッコウバラの生育に適していない場合には、腐葉土などを使用して土壌改善をおこなうか、鉢植えへの移動も検討しましょう。

肥料はあまりやらなくても育ちますが、植え付けの際には堆肥を混ぜ込んでおきます。元気がない場合には、花が咲いた後に緩効性粒状肥料を与えましょう。あまり与えすぎても肥料やけを起こしてしまいますので注意してください。

地植えの場合は基本的に水やりの必要はありません。しかし夏に雨が降らない日が続き、土が過度に乾いてるようでしたら水をやりましょう。鉢植えの場合には、土の表面が乾いたのを目安に水をやりましょう。しかし、水をやりすると根腐りすることがありますので、注意してください。

病気と害虫

モッコウバラは病気にかかりにくく、害虫の被害にもあいにくいです。しかし、風通しの悪い状態であると新芽をアブラムシに食べられたり、ハダニが繁殖して植物の養分を吸い取ってしまわれたりするので注意が必要です。害虫が発生した際には、薬剤などを使用して退治しましょう。

誘引

モッコウバラはつる性であるため、壁につたわせたりフェンスに誘引して緑のカーテンを作ることができます。誘引の方法次第でとても素敵な空間を演出できるでしょう。

キレイに誘引するには、太い枝をしっかり麻縄などで固定させます。細い枝は支柱に絡めて隙間を埋めていくようにすると、成長とともに茂っていきます。上から垂らしてモッコウバラの屋根を作るのも素敵ですね。

増やし方

モッコウバラは挿し木によって増やすことができます。花の咲き終わったころに太い枝を15センチメートルほどに切り落とします。切り口を斜めに切ってから水に2時間ほどつけたら土に挿しましょう。発根促進剤を切り口に塗ると、発根がよりはやくなります。

土に挿してからは日光の当たる場所で土が乾かないように水やりをします。根が生え始めたら地植えや鉢に移しましょう。

モッコウバラでナチュラルガーデン作り

キレイに誘引してモッコウバラを庭のシンボルにしましょう。アーチに誘引したり、玄関の屋根に伝わせたりすることで自然の屋根を作ることができます。ベランダから吊り下げてもカーテンのようでとてもキレイです。

しかし、このような誘引はなかなか自分でおこなうのは難しいでしょう。キレイな庭を造るには、庭師など庭のプロに依頼すると、理想をかなえてもらいやすいです。庭作りにお困りでしたら、ご相談ください。

お客様のご要望に適したお庭のプロを派遣いたします。お電話でのご相談は年中無休で受け付けていますよ。

お庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

バラの剪定をプロに依頼するとどうなの?

バラの剪定をプロに依頼する際のメリットや費用相場など、知りたい情報を詰め込みました。

プロに依頼するメリット

プロに依頼するメリット

自分で剪定をおこなうとなると、切り込みバサミや脚立など道具が必要となります。また、作業をおこなうにも時間が必要となるため、一日仕事になってしまいますよね。

プロに剪定を依頼すると、手際よく剪定をおこなってもらうことができるため、時間の短縮になり、さらに自由な時間を作ることができます。また、プロに依頼することによって洗練されたお庭にすると、より気持ちよく過ごすこともできるでしょう。

費用相場

剪定を業者に依頼するとなると、基本の作業費+出張費+枝の処分費がかかります。また、近場の駐車場を利用した場合にはパーキング代や、土日祝には別途費用がかかる場合がありますよ。

この作業費は木の大きさによって異なります。小ぶりのものなら、4,000円ほどから、大きいものになると20,000円ほどになる場合があります。

また、業者によっては時間制である場合もあります。1時間いくらと作業費を計算します。そのような場合には、1時間4,000~5,000円ほどが相場です。業者に依頼するときにはまずは見積りをとり、費用の計算してもらいましょう。

業者の選び方ポイント

依頼するのなら信頼できる業者がいいですね。業者選びのポイントをご紹介します。

【見積り書がわかりやすい】
まず依頼前に見積りをおこないましょう。どのような内訳になっているのか、必要ないものが含まれていないかなど確認します。

【HP、口コミがよい】
ホームページでは、自分のイメージにあった業者であるか確認できます。また、業者比較サイトや業者仲介サイトどの口コミを確認します。口コミを見ておくとどんな人が来るのかなどイメージしやすいです。

【こちらの要望や希望をきちんと聞いてくれる】
しっかり相談にのってくれるのか、適切な説明をしてくれるのかは大切です。イメージ通りできるのか確認しましょう。

【アフターケア】
剪定内容に不安があった場合や、他の問題が起きたときにしっかり対応してもらえるのかは大切です。

【対応が早い】
後回しにされるようだと、信用できません。しっかり対応をしてくれる業者に依頼したいですね。

【追加料金なし】
しっかり見積りをおこなっていたら、追加料金がかかることはまれです。もしも他の作業が必要となった場合には、確認してくれるのか確認しましょう。

お庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

まとめ

モッコウバラはエクステリアとしてとても人気の高いバラです。しかし、生長がはやいことによって剪定は必要不可欠です。しっかり剪定をおこなって美しいバラを咲かせましょう。

自分で剪定や誘引が難しいと感じたときには、プロに依頼するのも一つの手です。プロに素敵な庭作りを手伝ってもらいましょう。

剪定をおこなわないとうまく花芽がつかなかったり、害虫による被害が起きてしまったりと、よいことがありません。しっかりと日ごろのお手入れからおこなって、健康なモッコウバラにしましょう。

剪定・伐採・草刈りなどお庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

お役立ち情報お役立ち情報

対応エリア対応エリア

現在 電話が繋がりやすくなっております

・利用規約 ・プライバシーポリシー

お庭110番の更新情報お庭110番の更新情報