剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 庭木の伐採 > 枯れ木の処分は自分でもできる!?枯れ木の伐採手順と処分方法ガイド

最新情報・レポート

枯れ木の処分は自分でもできる!?枯れ木の伐採手順と処分方法ガイド

枯れ木の処分は自分でもできる!?枯れ木の伐採手順と処分方法ガイド

「長い間お庭に放置されている枯れ木、邪魔だからそろそろ切ってしまいたいな」そうお考えの方もいることでしょう。しかし、枯れ木は自分で伐採したほうがよいのか、それとも業者に依頼したほうがよいのかで迷うところです。

この記事では枯れ木の処分方法や枯れ木がもたらす被害など、枯れ木の情報をまとめてみました。枯れ木の処分を検討されている方は、ぜひ記事を最後まで読んで、参考にしていただければ幸いです。

枯れ木の処分方法は2種類!

「長い間庭に放置されている大きな枯れ木……、あっても邪魔になるから切ろう」そう思う方もいることでしょう。では、枯れ木を伐採し、処分するにはどうすればよいのでしょうか?ここではお庭の枯れ木を処分する方法についてご紹介していきます。

自分で伐採し、自治体の回収を利用する

まず、お庭の枯れ木を処分する方法として挙げられるのが、自分で木を伐採し、処分する方法です。3mくらいの高さの木であれば、ホームセンターで道具を揃えて、自力で枯れ木を切り倒して処分することが可能です。

しかし、あまり大きな木でなくても、倒れてきた木にぶつかってしまえば大けがをする危険性があります。自分にあたらなくても、家屋にぶつかって被害が出ることもあるかもしれません。作業する際は十分に注意してください。

業者に伐採を依頼し、業者に回収してもらう

自力で枯れ木は伐採できるといっても、作業は大変困難です。もし、作業に自信のない方や、手っ取り早く枯れ木を処理したい方は、業者に依頼するのがよいでしょう。また、枯れ木が3mを超える大木である場合は、作業に危険が伴うため、自力で作業することは避けたほうがよいかもしれません。

枯れ木の処分を自分でおこなうときの手順

枯れ木の処分を自分でおこなうときの手順

「業者に依頼するほど大きな枯れ木ではないから、自力で枯れ木を伐採し、処分したい」という方のために、ここでは、自力で枯れ木を処理する際の手順についてまとめてみました。

1.伐採

まずは枯れ木を伐採していくことから始めていきましょう。枯れ木を切り倒す際には、ノコギリかチェーンソーを使用してください。伐採する枯れ木の本数が多い場合は、チェーンソーを使用することをおすすめします。

枯れ木であっても木を切り倒す作業というのは大変困難なものです。ノコギリで何本も枯れ木を切っていくと、かなり体力を消耗してしまいます。チェーンソーは楽に木を切ることができ、ホームセンターに行けば、1万円以内で購入できるものもあるのでおすすめです。

また,木を切るときは、いきなり根本から切ろうとせず、3分の2くらいの高さで一度切るようにしましょう。いきなり根本を切ってしまうと、倒木の被害が大きくなる危険性があります。また、木を切った後に切株が引っこ抜けなくなってしまう可能性もあります。

2.根を掘り起こす

木を無事に切り倒すことができたら、切株を引っこ抜くために周りに水をかけて土を柔らかくしましょう。シャベルなどでまずは切株の周りの土を掘り起こしていき、ある程度浮き彫りになったら、切株を引っこ抜いてください。

3.自治体の回収を利用する

最後は切った枯れ木の処分です。まずは自治体の木材の回収日を確認し、地域のルールに従い、枯れ木を細かく切ってまとめてください。その後は、ごみの日に枯れ木を自治体に回収してもらいましょう。

枯れ木を扱う際の注意点

自力で枯れ木を処分する手順についてはご説明しました。次はその作業の注意点についてご説明します。木を伐採する際には大きな危険がいくつもつきまとうので、どんなに小さな枯れ木であっても決して油断しないように作業するようにしてください。

気になる方は伐採前にお清めをおこなう

「木には魂が宿る」といわれています。長い間お庭で家族を見守ってきた木を伐採する際には、なにかと心に感じるものがあるかもしれません。そんなときは木を伐採する前に神職の方にお清めをしてもらうのもよいかもしれません。

しかし、お清めは絶対におこなわなければいけないものではないため、神職の方に頼まず、自分でおこなう方もいるそうです。大事なのは気持ちです。どうするべきか、木に対する思い入れで考えればよいでしょう。

十分な防護をおこなう

枯れ木を伐採する際は十分な防護をおこなった上で作業をするようにしましょう。チェーンソーやノコギリで木を切れば、木屑が舞うので、ゴーグルは着用するとよいしょう。また、木の枝は意外に鋭い部分もあるので、ケガを防止するために作業着を着用してください。

木を伐採するときに一番気を付けないといけないことが倒木による被害です。あまり大きくない木であっても、倒れてきて頭にぶつかれば大けがをしてしまいます。ヘルメットの着用は必須です。

チェーンソーやノコギリの扱いに注意する

自力で作業をする方は、チェーンソーやノコギリの使用には十分に気を付けてください。枯れ木であってもノコギリで木を切るのには結構な力が必要です。切れないからといって力任せにノコギリを使用すると、誤って腕などにケガをしてしまう危険性があります。

また、チェーンソーをなにかの拍子に落としてしまうと、足や腕に当たり大けがをするかもしれません。実際に木を伐採しようとして、チェーンソーやノコギリでケガをしてしまう事件は発生しています。自分は大丈夫と思わずに、慎重に作業にあたるようにしてください。

枯れ木を放置してはいけない理由

枯れ木を放置してはいけない理由

「そもそも、枯れ木は放置しておいても、成長することがないから無理して処理しなくても大丈夫なのではないか」そう考えていらっしゃる方もいるかもしれません。しかし、枯れ木を放置することはよいとはいえません。

たしかに枯れ木は放置していても成長することはありません。枝が伸びて、近所の迷惑になるとか、電線に引っかかることもないでしょう。ですが、枯れ木にはシロアリが集まってくることがあるのです。枯れ木にシロアリが巣を作ってしまうと、いずれ家屋へ浸入してくるかもしれません。

自分の家だけでなく、隣の家にもシロアリが被害を与えるかもしれません。ですので、枯れ木がお庭にある場合はそういった被害を未然に防ぐためにも、早めに処理することをおすすめします。

樹木が枯れたかどうかの判断がつかない!

「枯れ木は処分したほうがよいかもしれないけれど、どうやって木が枯れているかどうかを判断すればよいかわからない」こんなことでお悩みの方もいるかもしれません。そんなときのための、木が枯れているかどうかを判断する方法があります。

まずは、木の枝を切ってみてください。もし、切り口の中心が薄緑色を帯びていたら、その木はまだ生きています。どこまで切っても中心が乾燥し、茶色くなっている場合は、その木はもう枯れています。枯れ木かどうか判断がつかないときは、ぜひこの方法を試してみてください。 

枯れ木の伐採・処分について不安なとき

枯れ木の処分は自力でもおこなうことができますが、やはり作業には大きな危険が伴います。もし、自力での作業に少しでも不安のある方は業者に依頼したほうがよいかもしれません。業者なら、安全かつ迅速に枯れ木を処分してくれます。

とはいえ、初めて業者に依頼する方はどの業者に依頼すればよいかわからないかもしれません。そんなときは、業者を紹介してくれるサイトを利用するとよいでしょう。その中でも自分に合った業者を見つけたい方は、見積りをとってもらいましょう。業者同士を比較検討することで、あなたにとって最適な業者をきっと見つけることができますよ。

まとめ

枯れ木を放置しておくとシロアリが湧いてしまうので、被害を未然に防ぐために、早急に対処するようにしましょう。また、お庭の枯れ木の処分は自力でおこなうことができます。

しかし、作業には多くの危険が伴うので、十分に注意して作業するようにしてください。もし、自力での作業に不安のある方は、業者に依頼することをおすすめします。

剪定・伐採・草刈りなどお庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

お役立ち情報お役立ち情報

対応エリア対応エリア

現在 電話が繋がりやすくなっております

・利用規約 ・プライバシーポリシー

お庭110番の更新情報お庭110番の更新情報