TOP> 最新情報・レポート> レンギョウの剪定はいつおこなうの?剪定時期と方法について解説!

最新情報・レポート

レンギョウの剪定はいつおこなうの?剪定時期と方法について解説!

レンギョウの剪定はいつおこなうの?剪定時期と方法について解説!

レンギョウの剪定は年に2回、正しい時期におこなうことが大切です。なぜなら、間違った時期に剪定してしまうと翌年の花が咲かなくなってしまうこともあるからです。当記事ではレンギョウの剪定時期や剪定方法について解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

レンギョウの剪定時期と剪定方法について

レンギョウは中国原産の低木で、3~4月ごろになると黄色い花を咲かせるのが特徴です。樹高は約2~3mになります。また枝が長く伸びるので、剪定をしないと枝が垂れ下がってきて樹形を崩してしまうのです。そのため樹形を整えるためには、毎年剪定作業をおこなうことが必要になります。

この章では、レンギョウの剪定時期や剪定方法について解説していきますので、自分で剪定をしたいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

剪定時期は年に2回ある!

剪定時期は年に2回ある!

レンギョウの剪定は休眠期である冬(12月~3月ごろ)と、花が咲き終わったあとの5月ごろにおこなうのが最適です。

冬の休眠期はレンギョウが消耗する体力が少ないので、剪定をしてもダメージが少なく済みます。また、レンギョウは6月以降に翌年に花になる花芽ができ始めるので、その前の5月ごろに剪定をすることで花芽を切り落としてしまうのを防ぐことができるのです。

剪定方法

冬場の剪定では、不要な枝を取り除きます。枯れた枝や病気になっている枝があれば、根元から切り落とします。

ほかにも極端に勢いよく伸びて栄養を独占する枝、ほかの枝に絡まったり内側に伸びたりして混み合う枝などは不要な枝です。これら枝はそれ自体が健康でも、木全体の生育を阻害しますので、思い切って切り落としておきましょう。

また、冬の時期には4~5年に一度、全体が白っぽくなっている古い幹を中心に全体の枝を3分の2ほど切り落として量を減らすことで、若い枝の生育がよくなります。

5月は、冬の剪定で切り残した部分を整えたり、夏の生長期に備えて大きさを調整したりといった軽めの剪定をおこないます。枯れた枝や病気の枝を取り除くのは冬と同様です。太くて長い枝は、全体のバランスに合わせて途中で切って長さを調節しましょう。

「自分で剪定するのは難しそう」「自分で剪定して失敗して花が咲かなくなったらイヤだな」という方は、業者に依頼することをおすすめします。弊社では、レンギョウの剪定に対応可能な業者のご紹介をおこなっております。24時間365日お電話とメールで相談を受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。

お見積後にお断りいただいても構いません!
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

レンギョウを育てる環境について

レンギョウは、寒さや暑さにも強く育てやすい花木といわれています。しかし、元気にレンギョウを育てるためには適切な環境で育てることも大切です。この章では、レンギョウを育てる環境について解説していきます。

日当たりの良い場所を好む

日当たりの良い場所を好む

レンギョウは暑さに強いので、1年中日当たりのよい場所で育てるのがよいです。日当たりが悪い場所で育てると、花が付きにくくなる可能性があります。ただし、日差しが強すぎると株元が乾燥して枯れてしまうので、西日が当たる場所は避けたほうがよいでしょう。

湿り気のある土で育てよう

レンギョウを育てるときは湿り気のある土が向いています。鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをしましょう。また庭植えの場合は、基本的には降水のみでも大丈夫です。しかし、夏場は乾燥しやすいので水やりを1日2回ほどおこないます。

肥料はそれほど必要ない

肥料を与える場合は、寒肥として1月~2月ごろに有機肥料(鶏ふんや油かす)を与えましょう。寒肥とは樹木が冬眠中に与える肥料のことで、春に肥料の成分が根に行き渡らせて花芽を増やす目的があります。

また鉢植えの場合は、花後の5月ごろにはゆっくり効果のあらわれる緩効性化成肥料を与えます。花後はエネルギーが不足している状態なので、肥料でエネルギーを補ってあげましょう。

病気や害虫にも注意しよう

この章では、レンギョウがかかりやすい病気や害虫について解説していきます。病気や害虫の被害にあわないために予防対策をおこない、レンギョウの花がきれいに咲くように気を付けましょう。

カイガラムシ

カイガラムシ

カイガラムシは春~夏にかけて発生する害虫です。成虫のカイガラムシは、かたい貝殻のような殻を被っているので薬剤が効きません。そのため、幼虫のときに殺虫剤を使って駆除しておくとよいでしょう。

カイガラムシを見つけたら葉を傷つけないようにして、歯ブラシなどを使って落としていきます。カイガラムシの発生を防ぐためには、剪定をして風通しをよくしておくことも大事です。

うどんこ病

うどんこ病はカビの菌によって葉っぱが白っぽくなる病気です。春(4月~6月)や、秋(9月~11月)に発生します。うどんこ病は自然に治る病気ともいわれていますが、カビで白くなった部分は光合成ができなくなり、やがて葉っぱが枯れてしまうおそれがあるのです。

そのためうどんこ病が発生した葉っぱは、被害が広がる前に切り取っておくのがよいでしょう。またうどんこ病は、枝葉が生い茂り日当たりや風通しが悪いと発生しやすくなるので、密集している枝や伸びすぎた枝を剪定しておきましょう。

レンギョウに発生する害虫や病気が心配だという方は、業者に依頼をして消毒してもらうことをおすすめします。弊社では、剪定はもちろん花や庭木の消毒をおこなう業者も手配することが可能です。レンギョウを病気や害虫の被害から守り、きれいな花を咲かせたいというかたはぜひ弊社までご相談ください。

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

お見積後にお断りいただいても構いません!
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー
剪定・伐採・草刈りなどお庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

お役立ち情報お役立ち情報

対応エリア対応エリア

0120-949-864

現在 電話が繋がりやすくなっております

・利用規約 ・プライバシーポリシー

各種クレジットカード、
現金がご利用いただけます

クレジットカードロゴ

※手数料がかかる場合がございます。※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

お庭110番の更新情報お庭110番の更新情報