TOP> 最新情報・レポート> しだれ桃を剪定して美しく仕上げる!剪定方法や育て方などをご紹介

最新情報・レポート

しだれ桃を剪定して美しく仕上げる!剪定方法や育て方などをご紹介

しだれ桃を剪定して美しく仕上げる!剪定方法や育て方などをご紹介

しだれ桃を剪定するときは、生長期や開花期を避けて、休眠期におこなうことが大切です。生長期や開花期にしだれ梅の剪定をおこなうと、樹勢を落としたり花芽を切り落としたりしてしまうおそれがあります。

しかし、休眠期の剪定であれば、剪定のダメージを少なくすることができるのです。そのため、しだれ桃を剪定するのであれば、休眠期である11月以降におこなうようにしましょう。

この記事では、しだれ桃の剪定方法や育て方などについてご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

しだれ桃の剪定方法

しだれ桃は垂れる枝と流れるように咲く花が魅力的な植物ですが、樹形が乱れやすいという特徴があります。そのため、正しい剪定をおこなって樹形を整えてあげることが大切です。この項目では、しだれ桃の剪定方法について、準備する道具や剪定時期などを踏まえながらご紹介します。

準備する道具

準備する道具

まずは、しだれ桃の剪定で準備しておくべき道具について理解しておきましょう。しだれ桃の剪定で準備しておくべき道具は、以下のとおりです。

  • 軍手
  • 剪定ばさみ
  • のこぎり

軍手は、しだれ桃を剪定する際にケガをしないために装着します。剪定ばさみは枝葉を切るために使用し、のこぎりは剪定ばさみで切ることが難しい場合に使用します。これらの道具は、ホームセンターや通販などで購入することができるので、準備しておきましょう。

しだれ桃の剪定時期

しだれ桃の剪定時期は、基本的に休眠期である11月以降となっています。しだれ桃は3月ごろから芽吹き始め、9月~10月ごろに開花期を迎えます。この3月~10月に剪定をおこなうと、樹勢を落としたり花芽を切り落としたりしてしまうおそれがあるのです。

しかし、休眠期である11月以降に剪定をおこなうことで、しだれ桃へのダメージを抑えることができます。

元枝から伸びている枝を切る

しだれ桃を剪定するときは、全体的に風とおしがよくなるように整えていきます。基本的には、元枝から下に伸びている枝を切っていきましょう。元枝から下に伸びている枝を切っていくことで、美しい樹形に仕上げることができます。また、混み合っている枝や枯れている枝などの不要な枝を切ることで、全体の風とおしをよくすることが可能です。

業者に剪定を依頼しよう!

しだれ桃の樹形を美しく整えるためには、しっかりと全体の確認しつつ剪定することが大切です。しかし、素人がしだれ桃の剪定をおこなった場合、慣れない作業で樹形を乱してしまうおそれがあります。

そのため、自分でしだれ桃の剪定をおこなうのが心配であれば、業者に依頼するのがおすすめです。業者であれば、豊富な知識と経験でしだれ桃が美しく仕上がるように、しっかりと剪定してもらうことができます。

弊社にご連絡いただければ、しだれ桃の剪定が可能な業者をご紹介いたします。

お見積後にお断りいただいても構いません!
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

しだれ桃の育て方

しだれ桃を美しく仕上げたい場合、剪定だけではなく正しい育て方も理解しておくことが大切です。間違った育て方をすると、うまく生長しなかったり花が咲かなかったりするおそれがあるためです。この項目では、しだれ桃の育て方についてご紹介します。

鉢植えではなく地植え

鉢植えではなく地植え

しだれ桃を育てるとき、植え方に注意する必要があります。しだれ桃は樹高が7m前後まで生長することもある植物であるため、基本的には地植えで育てるのがおすすめです。鉢植えでも育てることはできますが、地植えと比べて管理に手間がかかってしまいます。

そのため、とくに理由がなければ地植えで育ててあげるようにしましょう。また、しだれ桃を植えるときは、充分にスペースを確保したうえで水はけがよく日当たりのよい場所が最適です。

肥料の与え方

しだれ桃の肥料は、落葉期である2月~3月に与えます。このとき与える肥料は、緩効性化成肥料か専用の油かす(有機質肥料)などがおすすめです。また、しだれ桃が苗木の状態である場合、9月ごろに同様の肥料を与えることで生長を促進させることができます。

水の与え方

しだれ桃は、基本的に水やりをおこなう必要はありません。しかし、真夏となる8月前後は極端に乾燥してしまうおそれがあるため、朝か夕方にしっかりと水やりをおこなって、乾燥しないようにしてあげましょう。

業者に相談してみよう!

自分では、なぜかしだれ桃がうまく育たたないという場合、業者に相談してみるのがおすすめです。業者に相談することで、しだれ桃がうまく育たたない原因を見つけ出し、的確なアドバイスをもらうことができます。

また、必要であれば、代わりに植え付けや肥料・水やりをおこなってもらうことも可能です。弊社にご連絡いただければ、しだれ桃の育て方を熟知した業者をご紹介いたします。

お見積後にお断りいただいても構いません!
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

しだれ桃で注意すべき病害虫

しだれ桃を美しく育てるのであれば、病害虫について注意しておくことが大切です。しだれ桃で注意すべき病害虫を理解しておくことで、手遅れになる前に対処することができます。ここからは、しだれ桃で注意すべき病害虫について見ていきましょう。

縮葉病

縮葉病

縮葉病とは、植物の葉が変色して縮んでいく病気です。縮葉病にかかった植物は、縮んだ部分が火ぶくれを起こし、悪化すると白いカビに覆われた状態で葉が落ちてしまいます。そのため、縮葉病にかかっている葉を見つけたら、早急に駆除したうえで、専用の薬剤で対処するようにしましょう。

灰星病

灰星病とは、おもに桃の花や枝などに発生する病気です。灰星病にかかった植物は、感染部分が褐色に変色してへこみ、そのまま枯れていってしまいます。そのため、灰星病を見つけたときは、感染部分を駆除してから専用の殺菌剤で対処するようにしましょう。

カイガラムシ

カイガラムシとは、体長1mm~3mm程度で国内に400種類以上存在する害虫の一種です。カイガラムシに寄生された植物は、カイガラムシの排泄物によって病気にかかったり、枝や葉から栄養を吸い取られたりしてしまいます。そのため、カイガラムシを見つけたときは、つまようじなどを使って剥がすように駆除しましょう。

アブラムシ

アブラムシとは、体長2mm~3mm前後で国内に700種類以上存在する害虫の一種です。アブラムシに寄生された植物は、根や茎から栄養を吸い取ってしまいます。そのため、アブラムシを見つけたときは、専用の薬剤で対処したりピンセットや歯ブラシを使って剥がしたりして駆除しましょう。

もし、自分では病害虫の対処が難しいと感じる場合、業者に対処してもらうのがおすすめです。業者であれば、病害虫の種類に合わせて、最適な方法で対処してもらうことができます。

弊社にご連絡いただければ、しだれ桃で発生しやすい病害虫に対処が可能な業者をご紹介いたします。また、「剪定も同時におこなってほしい」「しだれ桃の育て方について相談したい」といったご要望にもお応えいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

お見積後にお断りいただいても構いません!
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー
剪定・伐採・草刈りなどお庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

お役立ち情報お役立ち情報

対応エリア対応エリア

0120-949-864

現在 電話が繋がりやすくなっております

・利用規約 ・プライバシーポリシー

各種クレジットカード、
現金がご利用いただけます

クレジットカードロゴ

※手数料がかかる場合がございます。※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

お庭110番の更新情報お庭110番の更新情報