TOP> 最新情報・レポート> 強剪定で木が枯れるのを防ぐためにはどうしたらいい?剪定時期に注意

最新情報・レポート

強剪定で木が枯れるのを防ぐためにはどうしたらいい?剪定時期に注意

強剪定で木が枯れるのを防ぐためにはどうしたらいい?剪定時期に注意

強剪定で木が枯れるといったことを防ぐためには、剪定する時期に注意しましょう。なぜなら、間違った時期に剪定をすると木に負担がかかり枯れてしまうからです。当記事では木の種類ごとの剪定時期や、強剪定により木が枯れてしまう理由などを解説していきます。

強剪定をおこなう時期と注意点について

強剪定は、樹形を小さくするために枝や葉をバッサリ切り落とす剪定方法です。そのため木への負担が大きく、木に体力がないときにすると弱って枯れてしまうおそれがあるのです。木の健康を保ちつつ大きさを調節するには、木に十分な体力のある適切な時期を選んで強剪定をおこなわなければいけません。

この章では強剪定の適切な時期や、注意点について解説していくので、参考にしてみてください。

剪定時期は種類によってちがう

剪定時期は種類によってちがう

適切な剪定時期は木の種類によって異なります。木の種類に適した時期に剪定をおこなっていきましょう。

・落葉樹(桜、紅葉など)

落葉樹は秋から冬にかけて葉っぱを落とし、春には新しい葉っぱがつきます。落葉樹の場合、剪定は冬におこなうのがおすすめです。冬なら、落葉していて休眠期なので強剪定をしても木の負担にはならないからです。

・常緑針葉樹(スギ、マツ、モミなど)

常緑針葉樹は葉っぱが針のように細く、一年中葉っぱをつけているのが特徴です。針葉樹は木の種類によって剪定時期が異なります。また、ほかの木よりも強剪定の影響を受けやすいといわれています。そのため大きい木を小さくするときは、毎年少しずつ剪定していくとよいでしょう。

・常緑広葉樹(ツバキ、サザンカなど)

常緑広葉樹は、一年中平たくて丸っこい葉っぱをつけている樹木です。常緑広葉樹は寒さに弱い木が多いので、冬に強剪定をすると枯れてしまうおそれがあります。剪定時期は春以降がおすすめです。しかし真夏に強剪定をすると、生長を妨げてしまうので夏場の剪定は避けましょう。

夏場の強剪定は厳禁!

どの種類の木であっても、夏場の剪定は厳禁です。夏は葉がたくさん生えたり花を咲かせたりするため多くの体力を使っています。その時期に剪定をすると、枝を切られたダメージを回復することができずに弱ってしまうのです。

また日光をさえぎるための葉を切り落としてしまうと、幹に直射日光が当たり日焼けして弱ってしまうおそれもあります。夏に強剪定をしてしまったという場合は、遮光ネットなどを使って日差しが直接当たらないようにしましょう。

このように木の種類によって強剪定をする時期が異なってきます。また木によっては強剪定できない木もあります。そのため、強剪定をするときは木の種類ごとの特性を見極めなければいけません。

自分で強剪定をして失敗するのが嫌だなという方は、業者に相談してみてはいかがでしょうか。弊社では、剪定に関する疑問や相談を受け付けております。さまざまな樹木の剪定に対応が可能な業者を手配いたしますので、お気軽にご相談ください。

お見積後にお断りいただいても構いません!
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

強剪定によって枯れてしまう理由について

強剪定は太い枝を根元から切り落とししたり多くの枝や芽を切り落としたりするので、木の切り口が大きくなります。そのため木への負担も大きく、強剪定で枝が枯れるおそれがあるのです。また、強剪定をして葉っぱを少なくしてしまうと寒さに弱い木の場合は、寒さに耐えきれずに枯れることがあります。

木に負担が少ない方法

木に負担が少ない方法

強剪定に比べて、木への負担が少ないのが弱剪定です。弱剪定は、芽を残して枝先を切り落とし樹形を整えていきます。そのため、木へのストレスは少なく済みます。また弱剪定では、樹形はあまり大きくは変えません。

強剪定をすればいいのか弱剪定をすればいいのか、木によって剪定方法は変わってきます。どの方法で剪定したらいいかわからないという方は業者に相談してみることもおすすめです。弊社では剪定に関するご相談を24時間365日、お電話またはメールで受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

お見積後にお断りいただいても構いません!
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

自分で剪定するのが難しい場合は業者に依頼しよう!

「自分で強剪定しようと思って剪定方法を調べてみたが、自分にできそうにない」といった場合など、自分で強剪定をする自信がないという方は、業者に依頼するのも手です。業者に依頼すれば、樹木にあった剪定方法で正しく剪定してもらえます。また、剪定で出たゴミの処理に困らないというメリットもあります。

しかし業者に依頼するときに気になるのが剪定の費用かと思います。早速、剪定にかかる費用に相場について見ていきましょう。

費用相場について解説

費用相場について解説

庭木の剪定を業者に依頼した場合、2種類の料金体系があります。

・日当制・時給制

職人さんの一人当たりの日当や時給で費用を計算します。費用の相場は、職人さん一人1日当たり約15,000円~30,000円となっております。また、1時間当たりだと2,000円~3,000円が一般的です。

・単価制

庭木1本あたりがいくらになるかという考え方です。費用相場は、庭木の高さによって異なってきますので見てきましょう。

  • 低木(~3m未満):約3,000円
  • 中木(3~5m):約6,000円
  • 高木(5~7m):約1万5千円~

7m以上は別途見積りになる場合があります。また、強剪定で樹形を大きく変える場合も費用が高くなる場合があるということも覚えておきましょう。

剪定にかかる費用がどれぐらいか気になるという方は、一度見積りをしてみてはいかがでしょうか?弊社では、剪定をおこなう業者のご紹介をおこなっております。お見積りは無料となっておりますのでお気軽にお電話またはメールにてご相談ください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】
【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

お見積後にお断りいただいても構いません!
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー
剪定・伐採・草刈りなどお庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

お役立ち情報お役立ち情報

対応エリア対応エリア

0120-949-864

現在 電話が繋がりやすくなっております

・利用規約 ・プライバシーポリシー

各種クレジットカード、
現金がご利用いただけます

クレジットカードロゴ

※手数料がかかる場合がございます。※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

お庭110番の更新情報お庭110番の更新情報