TOP> 最新情報・レポート> 夏椿の剪定は、あまりしなくてもいい?剪定時期や注意点について解説

最新情報・レポート

夏椿の剪定は、あまりしなくてもいい?剪定時期や注意点について解説

夏椿の剪定は、あまりしなくてもいい?剪定時期や注意点について解説

夏椿の剪定は基本的にはおこなわなくても大丈夫です。なぜなら、夏椿は放っておいても樹形が自然にまとまるからです。逆に無理に剪定をしたり、強い剪定をしたりすると枯れるおそれがありますので注意しましょう。

剪定をする場合は、最小限にするのがポイントです。当記事では、夏椿の剪定時期や剪定方法について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

夏椿の剪定は最小限にしましょう!

夏椿は、剪定をしなくても自然な樹形を楽しめる樹木です。とくに若木のうちは自然に樹形が整うので、剪定はほぼ必要ありません。もし木が大きくなりすぎて樹形が崩れたなと思ったときには、最小限の範囲で剪定をおこなうのがよいでしょう。この章で剪定時期や剪定のポイントについてお伝えしてきます。

剪定時期や剪定のポイントについて

剪定時期や剪定のポイントについて

夏椿の剪定は、休眠期の2月~3月ごろにおこなうのが最適です。夏椿は落葉樹なので、冬には葉を落としてほとんど活動をしていません。そのため、剪定によって樹液が流れてこないので剪定には最適な時期になのです。

夏椿は芽吹く力が弱いので、強い剪定はおこなわず基本的には透かし剪定をおこないましょう。透かし剪定では、混み合っている枝や、枯れた枝を付け根から切り落とし、枝の数を減らして風通しをよくしていきます。そうすることで虫がつきにくくなるのです。

剪定するときの注意点

夏椿を剪定するときは、注意しなければいけないことがいくつかあるので見ていきましょう。

・太い枝は切り落とさない

太い枝を切ると、切り口から細菌に感染するリスクが高まるので切り落とさないほうがよいです。

・枝を途中で切らない

枝の途中で切ると芽つきが悪くなったり、枯れたりするおそれがあります。そのため、剪定するときは枝分かれしている付け根から切り落とすことが大切です。

・癒合剤を塗る

枝の切り口をそのままにしておくと、雑菌が入り込んで枯れるおそれがあります。それを防ぐため、切り口には癒合剤を塗っておきましょう。癒合剤は、樹木の切り口の治りを早めて、病原菌入るのを防ぐための薬剤です。ホームセンターやネット通販で購入することができます。

夏椿は強く剪定すると枯れるおそれがあるので、最小限にすることが大切です。しかし剪定の加減が難しいので自分でできるか不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。その場合は業者にお任せすれば、夏椿の健康を保ちながら適度に剪定をしてスッキリさせてくれます。

夏椿の剪定でお困りの際は弊社までお気軽にご相談ください。弊社では、お客様のご要望に応じた業者のご紹介をおこなっております。

お見積後にお断りいただいても構いません!
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

夏椿を育てるときのポイント

夏椿を育てるためには、剪定以外にも気をつけなければいけないポイントがありますので見てきましょう。

置き場所や土づくり

置き場所や土づくり

日当たりや風通しのよい場所を好みます。しかし、強い日差しは苦手なので、直射日光が当たる場合は、株元にわらを敷いておくとよいです。また、堆肥や腐葉土などの有機物を含んだ土がよいです。鉢植えの場合は、赤玉土、腐葉土、川砂を混ぜた土を使いましょう。

水やり

乾燥に弱いので、水が切れると葉先から枯れてしまいます。庭植えでも鉢植えでもとくに夏は水切れしないように注意しましょう。また、土の表面が乾燥したら、朝か夕方に水をたっぷり与えるようにしてください。

肥料

庭植えの場合はとくに必要ありません。肥料を与える場合は2月ごろに寒肥として与えます。株の周辺にゆっくり効果があらわれる緩効性肥料を埋めましょう。肥料を与えることで新芽や花芽が増加する効果があります。また、鉢植えの場合は2月と秋に緩効性肥料を株元に与えてください。

病気や害虫

病気はさび病に注意しましょう。さび病は、葉の裏に黄白色や黒色などの斑点ができ、カビが生えるのが特徴です。病気が進行すると、葉がねじれたりして枯れる場合があります。植物の種類によって症状はさまざまです。

発生時期は、4~5月ごろと、9~10月ごろです。風通しの悪い環境が続くと発生しやすいといわれています。そのため、葉や茎が生い茂らないように剪定することが大切です。さび病にかかった葉を見つけたときは、すぐにその葉を切り取りましょう。

また、害虫の被害はまれにチャドクガの幼虫が発生することがあります。チャドクガはツバキ科の植物を好みむのです。小さい毒毛をもっているので、触ると数時間後にかゆみが出るおそれがあります。また抜けた毛にも毒があるので要注意です。

幼虫の発生時期は、4~5月ごろと、8~9月ごろです。チャドクガの幼虫を見かけたら、市販の毒針毛固着剤を使って固まらせ、チャドクガの幼虫がいる葉ごと切り落としましょう。

弊社では植栽や移植、施肥、消毒、害虫駆除などに対応した業者の手配が可能です。ご相談いただきましたらすばやくお客様のお近くの業者をご紹介いたします。

お見積後にお断りいただいても構いません!
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

夏椿の剪定で困ったときは業者に相談しよう!

夏椿は、樹高が8m~12mほどです。高い庭木の場合、自分で剪定をすると脚立から転落してケガをするおそれがあるので、業者に依頼するのがおすすめします。また、自分で剪定する時間がとれないときも業者に依頼するのがよいでしょう。

業者に依頼した場合の費用相場

業者に依頼した場合の費用相場

剪定を業者に依頼するときの費用は、2種類の料金システムがあります。まずひとつ目が職人さんの1人当たりの時給または日給がいくらとなっている場合です。その場合、職人さん1人当たり費用相場は日給で1日約1万5千円~3万円、時給で1時間約2千円~3千円となっています。

ふたつ目は庭木1本あたりいくらといった単価制の場合です。単価制は、庭木の高さによって費用が変わってきますので確認していきましょう。

・剪定(庭木1本あたり)
3m未満:3,000円~5,000円
3~5m程度:6,000円~7,000円
5m~7m程度:1万5千円~3万円
7m以上の高い木の場合は、別途で見積りが必要になる場合があります。

また剪定費用以外にも、以下の費用がかかってくるということを覚えておきましょう。

  • ゴミの処分費用
  • 出張費用
  • 駐車料金

業者に依頼する場合は2~3社ほどから見積りをもらい、費用やサービス内容を比較しながら選んでいくことが大切です。ご紹介した費用相場も参考にしながら、自分で納得した業者に依頼しましょう。

業者選びに迷ったときには弊社にご相談ください。弊社では、剪定に関するご相談を24時間365日電話とメールで受け付けております。ご相談いただきましたら、お客様のご希望に応じた業者の手配をしてまいります。お見積りは無料となっておりますのでお気軽にご相談ください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】
【コンテンツ作成時の情報です】

お見積後にお断りいただいても構いません!
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー
剪定・伐採・草刈りなどお庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

お役立ち情報お役立ち情報

対応エリア対応エリア

0120-949-864

現在 電話が繋がりやすくなっております

・利用規約 ・プライバシーポリシー

各種クレジットカード、
現金がご利用いただけます

クレジットカードロゴ

※手数料がかかる場合がございます。※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

お庭110番の更新情報お庭110番の更新情報