TOP> 最新情報・レポート> ヒメウツギの剪定|適切な時期や方法を知ってきれいな花を咲かせよう

最新情報・レポート

ヒメウツギの剪定|適切な時期や方法を知ってきれいな花を咲かせよう

ヒメウツギの剪定|適切な時期や方法を知ってきれいな花を咲かせよう

ヒメウツギの剪定は、花後と落葉期の時期におこなうことが大切です。なぜなら、花後に剪定をおこなわないと、花芽のついた枝を切り落として花が咲かなくなる可能性があるからです。また、落葉期には伸びすぎた枝や込み合った枝を剪定して風通しをよくしていきましょう。当記事では、ヒメウツギの剪定時期や方法について解説していきます。

ヒメウツギの剪定時期・方法を解説!

ヒメウツギは生長が盛んなので、株が大きくなるのが早いです。樹高は約20~60cmと低いですが、横に広がるので適切な時期に剪定していくことが大切です。この章では、ヒメウツギの剪定時期や方法を解説していきます。

花後の6月~7月上旬ごろ

花後の6月~7月上旬ごろ

込み合った枝やほかの枝に絡む枝、極端に伸びすぎた枝を根本から切る間引き剪定をしていきます。また、枯れた枝があれば一緒に切り落としていきましょう。

ヒメウツギは7月中旬から花芽ができ始めます。そのため、あまりたくさん切りすぎると花芽をつける枝がなくなってしまうので気をつけてください。また、花後早めに剪定をするのがよいでしょう。剪定時期が遅くなると、花芽のついた枝を切り落としてしまうおそれがあるからです。

また、葉が込み合って風通しが悪いときは、花が咲いている4月~5月の時期に剪定をすることもあります。剪定することで風通しをよくし、病気や害虫が発生するのを防ぐことが可能になるのです。

落葉期の12月~2月ごろ

通常は花後の剪定と同様に、不要な枝を間引き剪定します。3~4年に一度、すべての枝を切り戻しすると株を更新することができます。

切り戻しは、枝を途中で切り樹形を小さくする剪定方法です。切り戻しをするときは、2月頃に根元から20~30cmのところを切り取ってください。切り戻しをした年は花が咲きませんので、花よりも樹形を整えることを優先したいときにおこないましょう。

「剪定に失敗して花が咲かなくなるのはイヤ」という方は、業者に相談してみてはいかがでしょうか。業者に依頼をすれば、剪定してもよい枝を見極めておこなってくれるでしょう。弊社では、ヒメウツギの剪定に対応が可能な業者のご紹介をおこなっております。剪定でお困りの際はお気軽にご相談ください。

お見積後にお断りいただいても構いません!
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

ヒメウツギの増やし方

ヒメウツギを増やして花をもっと楽しみたいといった場合は、株分けや挿し木や種まきといった方法を試してみましょう。この章では、ヒメウツギの増やし方について解説していきますのでぜひ参考にしてみてください。

株分け

株分け

株分けは、大きく生長した植物の根や茎を切り取って、新しく株を増やしたり株を更新したりすることです。ヒメウツギの株分けは、落葉期の11月~12月におこないましょう。株分けの方法は、発根しているものを本体から切り取り、新しい場所に植え付けます。株分けをしたあとは、水をたっぷり与えましょう。

挿し木

挿し木とは、植物の枝や茎を切り取り、土に挿して植物を増やす方法です。ヒメウツギの挿し木をおこなう時期は、3月、6月~7月の梅雨入り前が最適です。3月は前年に伸びた枝を挿し穂にし、6~7月は新しく伸びた枝を挿し穂にしていきましょう。

【挿し木の方法】

  1. 枝を10~15cm切り取り、挿し穂にします。
  2. 葉をすべてとりのぞき、水に漬けます。
  3. 挿し木用の土に挿していきます。
  4. 明るい日陰で管理し、土が乾燥しないように水やりをします。
  5. 発根をして1ヶ月半ほどしたら、鉢植えや地植えに植え替えをします。

種まき

ヒメウツギは花が咲いたあとに実ができます。その実のなかには数個の種ができるので、採取して土にまくと増やすことができます。

ヒメウツギを健康に育てるためのポイント

ヒメウツギを健康に育てていくためには、剪定だけでなく育て方について知っておくことも大切です。この章では、ヒメウツギを健康に育てるためのポイントについて解説していきます。

日当たり

日当たり

日当たりのよく水はけのよい場所を好みますが、半日陰の場所でも育てることは可能です。半日陰とは、1日のうちにある時間だけ日が当たる場所のことをいいます。ある程度の耐陰性はありますが、日当たりが少なくなるので室内での栽培にはあまり向いていません。

用土

湿り気のある土を好みます。庭植えの場合は、植え付ける場所に5割ほど腐葉土を混ぜ込みましょう。腐葉土を土に混ぜると保水や通気性を高め、土の環境をよくしてくれます。鉢植えの場合は、赤玉小土と腐葉土を混ぜた土を使うのがよいでしょう。

水やり

庭植えの場合は、基本的には降雨だけでも大丈夫です。しかし、雨が降らなくて乾燥した日が続くときは、水やりをしましょう。

鉢植えの場合は、土の表面が乾いてきたらたっぷり水やりをおこなってください。またヒメウツギは乾燥に弱いので、鉢植えの場合は水切れしないように気をつけることが大切です。そのため夏場は朝と夕に水やりをおこなってください。

肥料

ヒメウツギは、とくに肥料を与えなくても大丈夫といわれています。しかし、きれいに花を咲かせたいときには肥料を与えましょう。

植え付けるときに、元肥として緩効性化成肥料を土に混ぜ込みましょう。緩効性化成肥料とは、ゆっくり効き目のあらわれる肥料のことをいいます。庭植えの場合は春(3~4月)と秋(10~11月)と冬場(1~2月)に、追肥として緩効性肥料を株元に埋め込むと、花つきがよくなります。

また鉢植えの場合は、月に1回ほど緩効性化成肥料を施すと、生長を促すことができます。ただし肥料を施すときは株から離して与えてください。なぜなら根に肥料が当たると、肥料焼けで株が弱るおそれがあるからです。

植え替え

ヒメウツギは樹高は高くなりませんが、枝が横に広がっていきます。枝が横に伸びると周りの植物の生長を妨げてしまうため、広い場所に植え替えるのがよいです。鉢植えの場合は、2~3年に一度ひと回り大きい鉢に植え替えをしないと根詰まりしてしまいます。植え替えの時期は、落葉期の冬から春がおすすめです。

「自分でどうやって植え替えしたらいいのかわからない」といった場合は業者に相談してみるのもよいでしょう。弊社では、植物の植裁や移植に対応した業者の手配をおこなっております。ご相談は24時間365日お電話またはメールで受け付けております。

お見積後にお断りいただいても構いません!
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

ヒメウツギがかかりやすい病気や害虫を知ろう

ヒメウツギを育てるうえで注意したいのが、病気や害虫です。病害虫を放置していると、最悪の場合ヒメウツギが枯れてしまうおそれがあるので注意しましょう。この章ではヒメウツギが被害にあいやすい病気や害虫について解説していきます。病気や害虫が発生する原因を知り、しっかり対策をおこなっておくことが大切です。

うどんこ病

うどんこ病

うどんこ病は、葉っぱの表面がうどんこのように白くなる病気です。5~6月、9月~11月に発生しやすいといわれています。カビで白くなったところは、うまく光合成をおこなうことができず葉が枯れてしまいます。症状が進んでしまった場合は、葉っぱを切り取らなければいけません。

対策方法としては、うどんこ病が発生しやすい時期の前に殺菌剤を散布しておきましょう。また葉っぱや枝の剪定をおこない、風通しや日当たりをよくしておくことも予防対策になります。

アブラムシ

春になると新芽にアブラムシが発生することがあります。アブラムシの発生しやすい時期は4~6月、9~10月ごろです。アブラムシは、茎や葉の栄養を吸い取ってしまうので早めに薬剤を散布して予防をしておきましょう。また風通しの悪い場所で発生しやすいので、枝葉を剪定して予防するのが大切です。

ヒメウツギの病気や害虫の発生でお困りの際は、業者に相談するのがおすすめです。弊社では、剪定だけでなく消毒や施肥にも対応が可能な業者のご紹介をおこなっております。「病気や害虫の予防をしたい」「肥料を施して栄養を補いたい」などのお悩みも受け付けております。お見積りは無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

お見積後にお断りいただいても構いません!
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー
剪定・伐採・草刈りなどお庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

お役立ち情報お役立ち情報

対応エリア対応エリア

0120-949-864

現在 電話が繋がりやすくなっております

・利用規約 ・プライバシーポリシー

各種クレジットカード、
現金がご利用いただけます

クレジットカードロゴ

※手数料がかかる場合がございます。※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

お庭110番の更新情報お庭110番の更新情報