TOP> 最新情報・レポート> 剪定はしごや脚立の選び方と注意点!庭木の作業を安全におこなうには

最新情報・レポート

剪定はしごや脚立の選び方と注意点!庭木の作業を安全におこなうには

剪定はしごや脚立の選び方と注意点!庭木の作業を安全におこなうには

剪定に使うはしごや脚立は必ず剪定用のものを選び、安全性を第一に使用しましょう。剪定作業は手元足元が不安定になりがちで、安全を確保しなければ転倒をしてけがをする危険性があるためです。

今回は剪定はしごや脚立の選び方、安全な使用方法と注意点をご説明します。剪定用のはしごや脚立は一般のものよりも比較的高価ですので、慎重に選びたいものです。ぜひ本記事をお役立ていただいて、自分に合ったものを選んでください。

剪定はしご・脚立の選び方

プロが使う剪定はしごには、「枝打ちはしご」というものがあります。通常のはしごは2本の脚があってその間に踏ざん(足をかける踏み台)が渡してあるのに対し、枝打ちはしごは1本の脚の両側に踏ざんが突き出しているのが特徴です。枝打ちはしごは脚を地面に突き刺し、木にロープでくくり付けて使用します。

ただ、枝打ちはしごは扱いに慣れていない素人が使うのは難しく、プロ仕様の道具といえるでしょう。一般的な住宅にある3メートル以下程度の庭木を自分で剪定するのに使うなら、剪定用の脚立がおすすめです。

一般的な脚立が4脚であるのに対して、剪定用の脚立は、3本の支柱で支える3脚タイプです。4脚の脚立は横方向の揺れに弱く、転倒の危険性が高いですが、3脚の脚立は横方向の揺れを支えることができるので、転倒しにくいのです。

ほかにも剪定用の脚立には、安全に剪定をおこなうための機能があります。ここでは、安全性を重視した剪定用の脚立の選び方をご紹介します。

踏ざんに溝がある

踏ざんに溝がある

登るときに脚をかける部分の踏ざんに滑り止めの溝が付いていると、足元が滑りにくく安全に作業しやすいです。ほとんどの剪定用の脚立には踏ざんに溝がついていますが、購入するときにはチェックしましょう。

スパイク状になっている足元

脚立の脚の底面は通常は平らになっていますが、中にはスパイク状になっているものもあります。スパイクが地面に埋まり、脚立がぐらつきにくくなります。

庭木の高さにあったものを

軽金属製品協会・はしご脚立部会では、脚立で作業するときの「作業高さ」によって、適切な脚立のサイズの基準が決められています。作業高さとは、地面から作業者の頭までの距離です。

脚立にのって作業をする場合、1.8メートル以下のタイプは上から2段目、2.1メートル以上のタイプは上から3段目より上の段にのって作業をしてはいけないと制限されています。これより上段にのると身体の支えがなくなり、危険なためです。

剪定をする庭木の高さにあわせて、必要な脚立のサイズを計算する必要があります。庭木の高さの目安は、1階の屋根あたりが約3~4メートルと考えるとよいでしょう。

作業高さと適切な脚立のサイズの基準
作業高さ 脚立の長さ(尺)
2.2メートル 0.9メートル(3尺)
2.5メートル 1.2メートル(4尺)
2.8メートル 1.5メートル(5尺)
2.8メートル 1.8メートル(6尺)
3.1メートル 2.1メートル(7尺)
3.4メートル 2.4メートル(8尺)
3.7メートル 2.7メートル(9尺)
4メートル 3メートル(10尺)

ただし、剪定に慣れていない方は、3メートル以下の剪定作業にとどめておいたほうがよいでしょう。作業高さが3メートル以上の高さで作業をしていて転落をしたときは、命を落とす危険がより高まります。

庭木が3メートル以上の剪定は業者に依頼したほうが安全です。業者なら手際よくスピーディに作業をしてくれます。また、プロのセンスで、庭木の見た目は生き返ったような元気な姿になるでしょう。

弊社は剪定業者をご紹介しております。「せっかく依頼するならきれいに木をよみがえらせてくれる業者に依頼したい」とお考えでしたら、ぜひ弊社に業者選びをサポートさせてください。

お見積後にお断りいただいても構いません!
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

一般の脚立よりも剪定用の脚立を使うべき理由

「剪定用の脚立は価格が比較的高いので、できれば自宅にある普通の脚立を使いたい」という方もいらっしゃるかもしれません。しかし剪定用の脚立は、手元足元が不安定になる剪定作業がしやすい機能を備えています。ここでは剪定には剪定用の脚立を使うべき理由をご説明します。

3脚は植木に近づいて作業できる

3脚は植木に近づいて作業できる

剪定用の脚立は、足置きがある両側2本の主支柱、後ろの支柱1本の合計3本の構造です。傾斜があるお庭は、3点で支えた3脚のほうがぐらつきにくくなります。後ろ支柱が1本だけで心もとないように思えますが、3脚のほうが左右に力を分散できるのです。

また、後ろ支柱を枝葉のなかにさしこめるので、4脚よりも3脚のほうが木に近づいて作業できます。枝葉の量を少なくする透かし剪定など、木の内側の剪定がしやすくなります。

アルミ製で軽い

剪定用の脚立のほとんどはアルミニウム製で、一般の脚立よりも比較的に軽い材質です。剪定は切る場所によって移動しながらおこないますので、軽いほうが作業の負担を軽減できます。また、庭木の本数が多い場合はなおさら、軽いほうが作業ははかどるでしょう。

伸縮タイプで安全に使える

脚が伸縮して長さを変えられるのも、剪定用の脚立のメリットです。後ろ支柱だけ伸縮できるもの、また主支柱・後ろすべての支柱が伸縮できるタイプなどがあります。

庭石を配置したお庭などは、剪定をする場所によっては平らなスペースがない場合もあります。そんなときも剪定用の脚立であれば、片側の主支柱は縮めて石の上に置き、もう片側の主支柱は伸ばして地面に置くという使い方ができるのです。

「うちの庭木は樹高が高いので剪定はしごを使ったほうがよいかもしれないが、2メートル超ある大きなはしごを保管する場所がない」という方もいらっしゃるでしょう。そんなときは、業者に剪定を依頼することを検討してみてはいかがでしょうか。

弊社に加盟している剪定業者は無料でお見積りをさせていただいております。剪定はしごを購入・保管するコストと、業者に依頼したときのコストを比較する際にお役立ていただけるでしょう。まずはお気軽に、弊社コールセンターまでお問い合わせください。

お見積後にお断りいただいても構いません!
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

剪定はしごを使うときの注意点

最後に剪定はしごを安全に使うために気をつけたいことをご説明します。剪定はしごを使ったときに起きた事故は、故障などの本体が原因によるのものよりも、作業者の誤った使い方によるものが多いのです。

天板をまたがない、一番上にのらない

天板をまたがない、一番上にのらない

軽金属製品協会・はしご脚立部会の基準では、脚立を使用するときに一番上の天板にのってはいけません。また、天板に片足だけをのせたり、またがって天板に座るのも禁止されています。

これは、天板部分にのると重心が真下にかかり、前後左右にバランスを崩したときに支えがなく転落しやすいためです。必ず片側の踏ざんにのり、脚立に重心を預けながら作業をしましょう。

身をのりださない

3脚タイプの脚立は、直立で作業する場合にのみ安全に使えます。脚立の外側に身をのり出すようにして作業をすると重心の傾きを支えきれず、脚立自体が倒れるおそれがあり大変危険です。

悪天候下では使わない

風が強いときや雨が降っているときは、脚立を使って作業をおこなってはいけません。風にあおられて脚立が倒れる、また雨で足が滑るなど転落のおそれがあります。

ときには「脚立から少し身を乗り出さなければ、内側の枝を剪定できない」といったようなむずかしい剪定もあるかもしれません。そんなときは、業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

プロならむずかしいケースの剪定でも、スムーズに作業をしてくれます。不安な気持ちで作業を続けるよりも、業者に依頼をしたほうが安心安全です。

「話だけでも聞いてみたい」という方は、まず弊社までご連絡ください。弊社コールセンタースタッフが、きめ細かな対応でお悩み・不明点をおうかがいさせていただきます。毎日24時間、いつでもご相談をお待ちしております。

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

お見積後にお断りいただいても構いません!
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー
剪定・伐採・草刈りなどお庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

お役立ち情報お役立ち情報

対応エリア対応エリア

0120-949-864

現在 電話が繋がりやすくなっております

・利用規約 ・プライバシーポリシー

各種クレジットカード、
現金がご利用いただけます

クレジットカードロゴ

※手数料がかかる場合がございます。※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

お庭110番の更新情報お庭110番の更新情報