TOP> 最新情報・レポート> コーヒーの木の剪定方法を解説!健やかに育てて実をならせよう

最新情報・レポート

コーヒーの木の剪定方法を解説!健やかに育てて実をならせよう

コーヒーの木の剪定方法を解説!健やかに育てて実をならせよう

観葉植物としてコーヒーの木を育てるなら、適度な剪定をおこないましょう。

コーヒーの木は放っておいても自然に樹形が整う木ですが、枝葉が伸びすぎると風通しが悪くなり、病害虫が発生しやすくなります。また樹高が高くなりすぎると、手入れしづらくなってしまいます。

コーヒーの木を上手に育てればコーヒー豆を収穫することも夢ではありません。ぜひ当記事を参考に、コーヒーの木の剪定に挑戦してみてください。またコーヒーの木の育て方や実のならせ方についてもご紹介しますので、参考になれば幸いです。

観葉植物のコーヒーの木はいつでも剪定OK

最初にお伝えしたように、観葉植物としてコーヒーの木を育てる場合は、適度に剪定をすることが大切です。コーヒーの木の剪定時期はとくに決まっていないので、枝葉が伸びて混み合ってきたらその都度剪定をおこないましょう。不要な枝葉を剪定ばさみで根元から切落としてて風通しをよくします。

またコーヒーの木を小さく育てたい場合や、大きくなりすぎた木を小さくしたい場合は、切り戻し剪定をおこないましょう。ただし、将来的に実をならせたい場合はできるだけ切り戻さずにそのまま生長させてください。切り戻し剪定の時期と方法は以下で解説します。

小さく仕立てる切り戻し剪定は4~6月に!

小さく仕立てる切り戻し剪定は4~6月に!

切り戻し剪定は、枝を途中で切って長さを調節する剪定方法です。コーヒーの木の切り戻し剪定は4~6月の間で、できるだけ早めにおこなうのがよいです。

コーヒーの木の枝葉はゆっくり伸びるので、早めに剪定を終わらせておくと、葉が茂るタイミングを真夏の生長期に合わせることができます。すべての枝を株元から20~50㎝くらい上でバッサリと切り戻しましょう。

剪定をプロに依頼してみよう!

コーヒーの木に限らず、基本的にどの樹木も、手順どおりにおこなえば自分で剪定することは可能です。しかし「剪定が初めてで自信がない」「普段忙しくてまとまった時間がとれない」という方もいらっしゃるでしょう。そのような方はプロに依頼するのがおすすめです。

プロに依頼すれば失敗もありませんし、自分で道具を準備する手間もありません。弊社ではさまざまな剪定業者をご紹介しておりますので、お困りのさいはお気軽にご相談ください。

お見積後にお断りいただいても構いません!
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

コーヒーの木の育て方

コーヒーの木を上手に育てることができれば、将来的に実(コーヒー豆)を収穫することも夢ではありません。ここではコーヒーの木の育て方を解説しますので、ぜひお役立てください。

栽培環境

栽培環境

コーヒーの木は年間を通して日当たりと風通しのよい場所で育てましょう。ただし夏場は直射日光が当たらないようにカーテンなどで遮光した日陰に移動させてください。秋になったら1~2週間かけて少しずつ日の当たる場所に移動させましょう。急に強い日差しが当たると葉焼けを起こすおそれがあるからです。

また、日差しが柔らかくなる秋から冬の間は、日中は屋外に出したほうがよく育ちます。そして肌寒いと感じるようになったら、室内に取り込んで育てましょう。冬の夜間は窓辺の気温が下がるので、窓辺から離れた場所に置いて栽培するようにしてください。

水やりの頻度

コーヒーの木は季節によって水やりの頻度が変わります。春から秋は土が乾いたらたっぷり水をあげましょう。冬場は2~3日に1回、暖かい日中に水やりをします。また毎日のお手入れとして、霧吹きで水をかける作業や、濡れた布で葉を拭く作業も忘れずにおこないましょう。

肥料を与える頻度

コーヒーの木は生長期の5~9月にかけて、観葉植物用の置き肥を月1回与えます。さらに夏バテしやすい7~8月には薄めた液体肥料も一緒に与えるとよいでしょう。冬越しの準備期間となる9~10月にかけても、薄めた液体肥料を一緒に与えると株が強く育ちます。

植え替えの時期

コーヒーの木はよく育つので、早ければ毎年、最低でも2年に1回は植え替えが必要です。5~7月ごろにひとまわり大きな鉢植えに植え替えましょう。植え替えるときに根の周りの土を落として根をほぐしてあげると、新しい根が育ちやすくなります。

病害虫対策

コーヒーの木にはハダニやカイガラムシがつきやすいです。ハダニは水に弱いので葉の裏にシャワーをかけて予防しましょう。もし見つけたらガムテープで引きはがすか、薬剤を使って駆除してください。カイガラムシは歯ブラシなどでこすると駆除できます。

またサビ病にも注意しましょう。サビ病にかかると葉に白色の斑点ができて、最終的には葉や茎が変形し、植物自体が枯れてしまいます。白色の斑点がある葉を見つけたらその葉を切り落としましょう。サビ病は、肥料の成分バランスがよいものを使ったり、風通しのよい環境にしたりすることで予防できます。

弊社では庭木の剪定、害虫駆除、消毒、お庭の手入れなど、庭木やお庭に関するさまざまなサービスに対応できる業者をご紹介しております。お見積り、現地調査は無料ですので、まずはお電話ください。

お見積後にお断りいただいても構いません!
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

コーヒーの木に実をならせる方法

コーヒーの木は樹高が1mを超えると白くて甘い香りがする花を咲かせます。開花時期は5~7月ごろで、たった2日間しか開花しません。実をつけるためには、この短い開花期間に受粉が完了する必要があります。

通常は昆虫の力を借りますが、室内で育てている場合は難しいので、花が咲いたら細い筆で花の雄しべと雌しべを触って人工授粉をおこないましょう。受粉が成功すると、約10ヶ月後に褐色の実がなります。

この実を割ると出てくる大きな種がコーヒー豆です。このようにコーヒーの実を収穫するためには根気と努力が必要ですが、自分で育てたコーヒー豆を使ったコーヒーを飲むというのは格別でしょう。ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

弊社では剪定業者をご紹介中!

弊社では剪定業者をご紹介中!

樹木の剪定やお手入れができる剪定業者をお探しのさいは弊社にお電話ください。加盟店の中から、予算などお客様のご希望に沿った業者をご紹介いたします。

【記載内容はコンテンツ作成時の情報です】

お見積後にお断りいただいても構いません!
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー
剪定・伐採・草刈りなどお庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

お役立ち情報お役立ち情報

対応エリア対応エリア

0120-949-864

現在 電話が繋がりやすくなっております

・利用規約 ・プライバシーポリシー

各種クレジットカード、
現金がご利用いただけます

クレジットカードロゴ

※手数料がかかる場合がございます。※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

お庭110番の更新情報お庭110番の更新情報